2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【やるのが】ストーリーを教えてもらうスレ Part4【面倒】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 19:50 ID:TTJvx0V0
自分でやるのが面倒だけどストーリーが知りたい、という
ゲームのストーリーを教えてもらうスレです。


515 ◆A.ilTwwjjQ さんが作った今までのまとめサイト
http://storyteller515.hp.infoseek.co.jp/

まずこちらで既出かどうか調べてからリクしましょう。


前スレ
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1072109254/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 19:51 ID:l+uCYeRK
ゴリラ松井

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 19:52 ID:TTJvx0V0
●未解決分
■PS2 ・スペクトラルソウルズ ・ライゼリート ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ブラックマトリクス2 ・カオスレギオン
・ネビュラ〜エコーナイト〜 ・鋼の錬金術師-翔べない天使-
■PS ・里見の謎 ・リアルロボット戦線 ・クロックタワー3 ・るろうに剣心 十勇士陰謀編
・アークザラッド ・聖刻1092 操兵伝 ・フロントミッション2 ・フロントミッション3
・ビヨンドザビヨンド ・戦国サイバー藤丸地獄変 ・魔道物語(ぷよぷよ) ・ブレスオブファイア4
・テイルズオブエターニア ・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・「真・聖刻」 ・バズ-魔法世界 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝
・ラストバイブル3 ・イデアの日 ・マザー2 ・ジャングルウォーズ2
■FC ・ラグランジュポイント ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・サンサーラナーガ
・ボディコンクエスト ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活 ・銀河の3人 ・たけしの挑戦状 ・FF2
■セガ系 ・バハムート戦記 ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参!
・エターナルアルカディア
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・月姫
■携帯機 ・アークザラッド 機神復活 ・伝説のオウガバトル外伝 ゼノビアの皇子
・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・カエルのために鐘はなる
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox)
・天使の詩(PCエンジン)
●途中
■前スレから放置 ・ミッシングパーツ ・ワイルドアームズ(希望 エルミナ ゼット等の隠し)
・新スーパロボット大戦 ・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・FF11 ・デュープリズム
・ライブアライブ(中世主以外の最終編) ・サモンナイト(カルマルート) ・サモンナイト2
・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
●最後まであるがテンプレ管理人様が未完成と判断  ・ラングリッサー2 ・ボクと魔王
・ワイルドアームズ3
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・仙窟活龍大戦カオスシード ・ガンパレードマーチ


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 20:04 ID:u8l6vKoh
4

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 20:16 ID:ar5SUBRA
おっつー
このスレも1000前に使いつぶすぜ!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 21:08 ID:xN2xa9AA
乙。>>3のテンプレは最新版?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 22:14 ID:iz1hJIDt
最新ではないですね

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 22:47 ID:AVz633HN
あれ?RPG限定にはしないんじゃなかったっけ?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/24 23:06 ID:BYPE6VCh
これで正しいか分からないけど、テンプレを調整しますた。
●未解決分
■PS2 ・スペクトラルソウルズ ・ライゼリート ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ブラックマトリクス2 ・カオスレギオン
・ネビュラ〜エコーナイト〜 ・鋼の錬金術師-翔べない天使-
■PS ・里見の謎 ・リアルロボット戦線 ・クロックタワー3 ・るろうに剣心 十勇士陰謀編
・アークザラッド ・聖刻1092 操兵伝 ・フロントミッション2 ・フロントミッション3
・ビヨンドザビヨンド ・戦国サイバー藤丸地獄変 ・魔道物語(ぷよぷよ) ・ブレスオブファイア4
・テイルズオブエターニア ・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・「真・聖刻」 ・バズ-魔法世界 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝
・ラストバイブル3 ・イデアの日 ・マザー2 ・ジャングルウォーズ2
■FC ・ラグランジュポイント ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・サンサーラナーガ
・ボディコンクエスト ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活 ・FF2
■セガ系 ・バハムート戦記 ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参!
■PCゲー ・ダイナソア 〜リザレクション〜 ・月姫
■携帯機 ・アークザラッド 機神復活 ・伝説のオウガバトル外伝 ゼノビアの皇子
・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・カエルのために鐘はなる
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)
●途中
■前スレから放置 ・ミッシングパーツ ・ワイルドアームズ(希望 エルミナ ゼット等の隠し)
・新スーパロボット大戦 ・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・デュープリズム
・ライブアライブ(中世主以外の最終編) ・サモンナイト(カルマルート) ・サモンナイト2
・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
●最後まであるがテンプレ管理人様が未完成と判断  ・ボクと魔王
・ワイルドアームズ3
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・仙窟活龍大戦カオスシード ・ガンパレードマーチ

10 :カエルのために鐘はなる :04/02/25 19:25 ID:T8U5JZJ1
ちゃっかりもののカスタード国王子リチャード
あわてんぼうのサブレ王国の王子である主人公
2人は幼馴染で永遠のライバル関係にありました。

ルックス・スタイル・おつむのできは互角でも武術の腕だけは
リチャードに適わない主人公。ある日2人が試合をしていると
友好国であるミルフィーユ王国が謎の軍団「ゲロニアン」に襲われて
占領されたとの情報が入ります。
絶世の美女「ティラミス姫」を救うため出発するリチャード。
主人公もまけじと船を即金800万で買いとって出発しました。
ゲロニアン兵を倒しエクレア宮殿に向かいますが途中で大地震が発生。
宮殿はデラーリンによって占領されています。リチャードも城下町のほうへ
一時撤退したそうですが跳ね橋が上がっており渡れません。(カナヅチだから)
兵士を倒し、跳ね橋を掛けアラモードに着きますががゲロニアンの仲間だと思われ
リンチされます。誤解は解けましたが、金は「ジャム」というスリに持ち逃げされました。
ババロア山に救国の魔女「マンドラ」が山頂にいるらしいと聞き向かいます。
魔法の掛かった森を抜け「しあわせのかじつ」という毒りんごを食べたりしながら
なんとか到着。マンドラはデラーリンを倒すため…実にあやしい薬をくれます。
おだてられて出発したところでジャムと遭遇。おいかけて井戸に落ちたところ
主人公はカエルになってしまいました。城下町にいたカエルはリチャードでした。
罠かとも思いますが、ゲロニアン兵がカエルを大事にするということで
もしかしたら、味方かもしれないとリチャードはいい。一緒に城に潜入します。
そこで兵士達の会話からデラーリンの正体はヘビであることが発覚します。
リチャードにそのことを伝え、マンドラへ抗議すると。デラーリンの目覚める春になれば
自然と人間に戻れるといわれます。すぐにもどるための薬を全財産で購入しますが
飲んでも元に戻りません。もうけた金で温泉にいくと言っていたので追いかけます。
温泉の前にいる毒ヘビにかまれてしまいますが、おかげで人間に戻れました。
マンドラの言うには毒の副作用でヘビにも変身できるようになったそうです。
リチャード達を元に戻すにはスプリングヒルの春を告げるベルを鳴らすしかない
と言われさらに旅はつづきます。

11 :カエルのために鐘はなる:04/02/25 19:27 ID:T8U5JZJ1
春を告げるベルが壊されていた>修理費用を金と交換だ!>金の場所を知る人物は城下町
ところが城下町の住民は反逆罪でみんな捕まっていました。
リチャードは主人公の話を聞いて自分だけ薬を買って助かった(おかげでベルは修理できない
と誤解し、主人公を見損なって去っていきます。
街の人を救出し、金山の場所を聞きますが大岩が邪魔して通れません。
リストバンドの新型を手に入れるため船でクロザ島に渡り株式会社ナンテンドウに
アレヲ・シタイン博士はすしにつけるワサビと交換でハイパーグローブをくれます。
途中のエスキモー村で赤ずきんからバイリンガエルをもらいカエルと話せる様になる。
長老から呪文を教えてもらい、氷付けのマンモスがいる洞窟を抜け火山の町フーリンへ
火山はゲロニアン兵に占領されている。どうやらデラーリンの恐れる何かがあるらしい。
酒場で管をまいているヘースケを説得し、カザンオールスターズを雇い金堀開始。
「誠の友と出会いし時。黄金の剣あらわれん」「ふっ…友か。懐かしい響きだ…」
火山の奥に封印されていた最強の剣「スネークキラー」を手に入れるもそのせいで火山が噴火。
おかげで氷が溶けマンモスがよみがえってしまいます。
鏡の盾で姿を映し隙を作るも歯が立たない。シタイン博士が開発していた動物洗脳機械
「マンモス・コントローラー」をもらい、やっとマンモスを倒すことが出来る。
洗脳したマンモスに金の山をひかせアルフレド・じんべぇに売り払います。
ベルの修理を頼んだところでカエル一斉捕獲の話を聞き城下街へ帰還。
兵士達を救出しにいくも牢屋で兵士にとりかこまれ主人公は捕まってしまう。
そこで出会うのが「マドレーヌ」どうやら姫と間違えられて捕まったらしい。
アイテムは全て奪われたがスリのジャムが救出してくれる。
マドレーヌを捕まえようとした兵士の言動から姫はまだ捕まっていないことが分かる。
マドレーヌ父にベルを鳴らしてもらうように伝言を頼み最終決戦へ向かう。
玉座の間にいたのはただのヘビだった。調子に乗って攻撃をしかける主人公。
「なるほど、最後のボスが強いとは限らないわけだな」そんなワケはない。
真の姿を現したデラーリンには適わない。Zの笛を吹きパワードスーツに乗り込んだ
博士が援護にやってくる。その名も「東京コミックショーZ」
圧倒的な力でデラーリンの体力を3分の1まで削るもギャラクティカアタックで自爆。
回復の踊りで援護してくれるがデラーリンの体力まで回復させてしまう。
そこで駆けつけたのがリチャードとその部下達。
しかし、カエルだったため部下は全員食べられてしまう。
その時、春を告げるベルが鳴り響きカエルの呪いは解けた。
兵士達は腹の中から攻撃をしかける。たまらず吐き出すデラーリン。
怒ったリチャードが攻撃を仕掛けるも魔法のバリアを展開され追い詰められる。
そこにじんべぇがあらわれ剣を投げつけた。剣はデラーリンの眼に刺さり
バリアに隙が生まれる。友情の力によって黄金に輝くスネークソードを手に
主人公はデラーリンの野望を打ち砕いた。
王座へと進むじんべぇ、その奥にはをマンドラが待っていた。「まだ気づきませんか?」
その正体はティラミス姫その人だった。じんべぇの正体は騎士団長ポルナレフ。

12 :カエルのために鐘はなる:04/02/25 19:30 ID:T8U5JZJ1
ポルナレフは悲劇を繰り返さないためこの国には強い国王が必要だと言う
主人公とリチャードは大勢の見守る中、一騎打ちをおこなうのだった。
「君はボクには勝てない運命なのさ」「私もかつての私ではない!」
激しい攻防が繰り広げられる。弾き飛ばされる剣…最後に立っていたのは
リチャードだった…。
「何も言うな…」
主人公の勝てなかった理由。それはリチャードを傷つけまいとする「やさしさ」
だが、時には大切なもののため優しさを捨てる「勇気」が必要だなのだ…
「フッ…ちょっと、キザだったかな。」
リチャードは主人公にそう告げ去っていく。
主人公とティラミス姫は港で彼を見送る…ハートマークを飛ばしながら。

「…つかぬ事を聞くが、マンドラの姿が本物ということはないだろうな。」
「はっはっはっ…どっちだって同じではありませんか!」
終わり

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 20:35 ID:3S1oZUOX
禿乙 懐かしいなぁ デラーリソの辺り全然覚えてないな〜10年前だもんなぁ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 20:53 ID:VUnxnRbu
乙! めちゃめちゃ懐かしい〜。
当時は名称の元ネタなんてさっぱりだったが
今見るといろいろ面白いな。

15 :サモンナイト2@:04/02/25 20:58 ID:L9sMT18W
主人公は幼い頃、突如魔力を暴走させ、それがきっかけで蒼の派閥に保護され、召喚師としての修業を受けることとなる。
それから数年後、主人公に召喚師としての最終試験が課されていた。最終課題は「護衛獣」の召喚と実戦。主人公はその試験を見事パスする。
主人公の召喚師としての最初の任務は「視察」の旅。目標があるようでない曖昧な内容。事実上の左遷である。これは「成り上がり」を嫌う派閥幹部フリップの陰湿な策謀によるものである。
しかし、楽天的な気質を持つ主人公はそれを気にする様子もない。主人公は主人公を心配する先輩ネスティと共に任務に着く。

16 :サモンナイト2A:04/02/25 21:33 ID:L9sMT18W
盗賊退治が縁で知り合ったフォルテ&ケイナを加えた二人は最初の目的地をレルム村とする。そこには「聖女」がいて、どのような病も治すという。
ケイナは過去の記憶を失っており、回復の望みをその「聖女」に賭けてみることにした。
レルムに着くとそこは人だかりの山。聖女の噂を聞き付けた人々が大挙してやって来ていたのだ。四人は愕然とする。主人公は宿をとるため、順番待ちの行列を離れ、村を散策する。
主人公は宿探しもそっちのけで昼寝をしていた。すると頭上から少女が落下して来た。少女=アメルは謝ると主人公の傷を癒す。彼女こそが「聖女」であった。
一方ネスティ達は自警団員(ロッカ&リューグ)の紹介でアグラ宅に泊まることになった。アグラはアメルの祖父である。
深夜、主人公達が目覚めると村は火に包まれていた。そして黒い鎧の兵士達が村人達を虐殺していたのだ。彼等は「聖女」を探していた。
抵抗するも圧倒的な数と、司令官ルヴァイドの強さには敵わず、アメルや自警団員達と村を脱出するのが精一杯であった。

17 :15:04/02/25 21:37 ID:L9sMT18W
「二人」「四人」て護衛獣の存在忘れていた…

○| ̄|_

少し時間がかかりそうなので気長に待ってください

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 21:42 ID:3S1oZUOX
なんか以前読んだサモンナイト3にも出た単語がちらほら…
続き待ってます(・∀・)ノシ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/25 22:34 ID:wajvz2fV
>10-12+15+16 乙 

今だからこそ言える!
アニメサロン板でガンダムとキングゲイナー書いて下さった方々、
本当に乙!!
レスするとすぐに荒らされるのでレスできなかった…・°・(ノД`)・°・
ちなみにそのスレは過去ログ倉庫へ逝きますた、やっと…_| ̄|○

20 :サモンナイト2B:04/02/25 22:44 ID:L9sMT18W
レルムを逃げ出した主人公一行はゼラム(主人公が最初に居た街・聖王国首都)の先輩の家であった。先輩=ギブソン&ミモザは「無色の反乱(1での出来事)」における命令違反で謹慎処分を受け、現在はある事件の調査をしている。
先輩に匿われた一行だが、黒の旅団はしつこく追って来た。槍使いイオス、機界の兵士ゼルフィルド率いる軍勢がギブソン・ミモザ邸に押し寄せて来た。
一旦撃退したものの、それからはしばらく膠着状態が続く。

(この間、ミニスとケルマとの喧嘩(?)、ミニスの加入、ピクニック等イベントがあるが割愛。あとパッフェルはケーキの売り子をしている)

アメルは何故狙われるのか?主人公達は彼女のルーツを調べるため、祖母が居るという「村」へ向かうことにする。だが地図には載っておらず、ゼラムからは遠すぎる。一行は黒の旅団の包囲網を突破し、ファナンへと走った。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 00:58 ID:4CT36Ofy
どなたかFFX-2インタのラストミッションのストーリー解説をお願いします。
本編の方はけっこうですので。
3ヶ月後の話は知りたいけどこれだけのために買うのはちょっと嫌なので。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 01:06 ID:gKPS+nRO
誰かFF2の話教えてくれぃ。
一応ゲームあるんだけどあんな面倒なゲーム二度とやりたくないし。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 01:20 ID:4czSjAqY
>>22
てったいしなければ ならかった
      ↓
じらさないで はやくきて・・・
      ↓
おまえたちを まっていた!
      ↓
おまえは  な に も の ウボァー

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 02:17 ID:RU8Ejg5r
>じらさないで はやくきて・・・
前後が逆だぞ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 02:26 ID:5r3XIIcn
>>22
>>1をちゃんと読んだか?既に紹介済みだ。

26 : ◆toRGKJouHo :04/02/26 02:36 ID:XyUQXfwy
サンサーラ・ナーガ1
まだ見たい人いますか?
少し時間頂ければまとめられると思いますが・・・

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 11:15 ID:6gfqv0Hf
頑張れ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 11:16 ID:3RFB12jd
ファイトッ

29 :前スレ610:04/02/26 13:35 ID:imfYLYsQ
天使の詩2はどうしましょう?
まだ見たい人いますか?
折角知りたい人がいたから書いたのに、
つまらなさそうとか言われてモチベーション下がりまくりなんですが。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 13:54 ID:iiJx164C
>>29 自分知りたいです(・∀・)

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 14:31 ID:1QnThLD6
>>29
天使の詩良かったっすよ!

32 :29:04/02/26 15:38 ID:imfYLYsQ
>>30>>31

(TдT) アリガトウ
まとめるのにちょっと時間がかかるかもしれませんが、
必ずやりますんで気長にお待ちください。m(__)m

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 17:02 ID:f96wpq/o
はうっ!「カエルのために鐘は鳴る」先越された!

34 :15:04/02/26 19:35 ID:ABqa8IJ9
今、サモンナイト2の内容を思い出しながら書いているけど「実際やってみたら違った」部分が出て来そうで…

(;゚Д゚)

ま…そうなったら指摘するなり改訂版だすなりしてください。お願いします

m(_ _)m

35 :サンサーラ・ナーガ その1:04/02/26 19:57 ID:XyUQXfwy
それは竜使いになりたいという、一人の夢から始まった…
竜使いになりたいという主人公は、村の宝である竜の卵を持って追いかける村人から必死に逃げた。
しかし…その卵は、ダチョウの卵だった!
孵ったダチョウを追いかけ、入った祠に住む老人に「竜の巣からウンコを取って来れば卵と交換してやる」と言われた主人公は、巨大な樹を捜して竜のウンコと卵を交換してもらう。
竜を育てるために都を目指す主人公は、途中に立ち寄ったはらたまで、ふしぎな老人に出会う。
「幼き竜、鱗生え牙の揃いし時旅立て。苦難の後翼生えし者、聖なる竜とならん」
卵から孵った竜を都の託児所に預け、エサやおもちゃを与えて竜の成長を見守る中、主人公は保母から「竜使いになるのならば竜使いのヘルメットが必要」と教えられる。
昔は城で手にはいったという情報を得た主人公は、地下水路を通って王城へ。
地下水路に巣食っている盗賊を退治したらヘルメットを貰えると聞き、主人公は盗賊退治へ。
退治した盗賊に反省文を書かせ、ヘルメットを手に入れた主人公は、竜使いの笛を作ってくれるという伝説の竜使いに会うため、ミーナの町を目指す。
その途中、雨の草原で出会った同じ夢を持つ少女、アムリタと出会う。
「竜使いの道は遠く険しい・・・多くの者が修行に耐え切れず、道を外れて崩れ竜使いになっていった・・・きみは大丈夫か?」アムリタの問いに答える主人公。再会を約束して、二人は別れる。
ミーナに住む伝説の竜使い、アル・シンハは、魚竜を倒したら竜使いとして認めて笛をくれるという。
魚竜を倒してミーナに戻ると、シンハは主人公を弟子にとるという。
しかし、翌日主人公が約束の笛を取りに行くと、アル・シンハはすでに旅立ち、笛だけが残されていた。
都へ戻り、牙の生え揃った竜を連れて、主人公の竜使いへの旅が始まった。

36 :サモンナイト2C:04/02/26 19:57 ID:ABqa8IJ9
黒の旅団と戦っていて分かってきたことがある。彼等はデグレア(旧王国のひとつ)の正規軍であること、聖王国との全面戦争を避けるために隠密行動を主としているものの、手段を選ばないことなどである。
しかし、それを訴えた所で聖女引き渡しの政治決着が計られるだろう。誰が一人の女性のために戦争を起こせるだろうか。そういったことから一行は自分達で事態を収集する事を決意する。
港町ファナンに着いた一行はモーリン宅に居候することになる。彼女の家は道場で彼女自身、下町の治安を守っていた。
そこへ海賊ジャキーニ一家が襲撃して来たため、これを撃退。頭目のジャキーニを金の派閥へ引き渡す。後日議長ファミィから謝礼をうける。
それから数日後、一行は「村」を探し、北を目指す。ネスティは強硬に反対したが…。

(ここで分かりやすくするために時系列を少しずらします)

北には禁忌の森があり、結界で封印されていた。しかも、森の近くに住むルウの話によると村など聞いたこともないという。森の奥に進むと悪魔が大量に発生し、とても入れるものではなかった。

37 :サンサーラ・ナーガ その2:04/02/26 20:09 ID:XyUQXfwy
――ルズの泉で水を浴びれば、竜の鱗が硬くなる
託児所を出るときにそう聞いた主人公は、一路ルズがあるという方角を目指す。
途中立ち寄ったイクシュの町で、ターラという踊り子がルズの場所を教えてくれる。
辺境を進み、たどり着いたルズの泉は既に枯れて久しかった。
先日もおんなの竜使いが来たらしいが、この泉を最後に使ったのはアル・シンハだという話。
ルズを出たところを魔物のマーヤーが襲う。倒すと、イクシュのターラが探していた紅サンゴのかんざしを手に入れる。
ターラを捜してイクシュに戻ると、ターラはもうこの町にいないという。
彼女と最後に話した竜使いを追って、温泉に向かうとそれはアムリタだった。
ターラは都の酒場へ向かったらしい。都へ戻る主人公。
誤解したヒモに襲われながらも、無事ターラにかんざしを届け、お礼に調理セットを貰う。
はらたまでアル・シンハから「シャクンタに向かえ」との伝言を受け取った主人公は、
シャクンタでソーマの樹に向かった子供を助けに行くことに。
ソーマの樹でガルーダを倒し、戻った子供の家はアムリタの実家だった。
アケルナルに向かったというアムリタを追うことにした主人公は、
都の下町で情報屋と元締めに会い、アケルナルに向かう方法が書かれた石碑が涙の谷にあると聞く。
涙の谷を通ると襲ってくるシンをかわしながらたどり着いた石碑で、蜃気楼の町であるアケルナルに入るには盗賊のアジトでみつけた夢見の鏡でシンの夢を写さなければいけないことがわかる。
鏡でシンを封じ込め、逃げる蜃気楼の動きを止めて中に入る主人公。
アケルナルでは竜を連れて歩けないため、入り口で竜を預け、情報を集めるとローカ・アローカを通りマハトマ尼僧院とマハンガ寺院に向かわねばならないらしい。
ローカ・アローカで門番のラクシャサに賄賂の牛丼弁当を手渡すが、鱗がまだ硬くないと門前払いを受けてしまう。
鱗を硬くするにはナムチの血を浴びればよいとのこと。
ナムチの巣の場所を聞きに、主人公はまた竜を連れて都へ。
下町の情報屋で酒場の双子がナムチの巣を知っていると聞き、
酒場で双子のドーリとコーマにナムチの巣のありかを聞く。
ナムチの巣でナムチを倒し、その血をあびて奥の間からワープするとアケルナルに到着。
脱皮の近づいた竜を預けてダチョウに乗って探索を終えて戻ると、竜が崩れ竜使いにさらわれてしまっている。

38 :サンサーラ・ナーガ その3:04/02/26 20:15 ID:XyUQXfwy
崩れ竜使いを追ってルズの東にあるねぐらを訪れると、
竜はイクシュに連れて行かれたらしい。
イクシュでは竜が暴れて警察に連行されてしまったこと、
警察は竜を城に護送したことがわかる。
城では竜の料理が出ると騒ぎになっているが、
地下水路から調理場に出ると竜が逃げ出していたことがわかる。
侍女長に話かけて城から抜け出すと、かつてのターラのヒモが
ミーナに戻ったターラなら行方を知っているかもしれないと教えてくれる。
ミーナの村へターラを訪ねると、ターラはかつての魚竜の巣が
ノラ竜の棲家になっているのでそこにいるかもしれないと教えてくれる。
ノラ竜の棲家を捜し、一番奥の間でノラ竜に囲まれる主人公。
そこで竜使いの笛を吹くと、ノラ竜は一匹、また一匹と立ち去り、
残った竜に主人公が話しかける。

「…おぼえてる?ぼくだよ」
――放浪の末逞しくなった竜は、無事竜使いの元へと戻った。

ローカ・アローカを抜け、マハトマとマハンガで金と銀のバジュラを手に入れ、
王宮の奥にあるリタ・サティヤの封印を解くことができるようになった。
封印を解けば、竜の生まれたという天界へと行けるらしい。
リタ・サティヤで封印を解き、その先に進むと、何故かはらたまが。
その中にはアムリタがいた。聖なる竜に竜を殺されたという。
「あんなものは聖なる竜なんかじゃない!」激昂するアムリタ。
アル・シンハに聖なる竜、カオスドラゴンを倒すように言われ、
主人公は竜とカオスドラゴンの巣へと向かう。
広い竜の巣を彷徨い、ついにあったカオスドラゴンと目が合う。
その途端、主人公を眩暈が襲い、カオスドラゴンの術に落ちていく…

カオスドラゴンの八つの幻に主人公はさいなまれる。
目の前に現れるのは、親しかった人たちが襲いかかってくる幻。
手助けをしてくれた人々、夢を応援してくれたばっちゃん、夢を語りあったアムリタ…
全ての人に襲われ、殺し、最後に現れる自分すらも殺す。交互に襲う血と眩暈。

そして、主人公はカオスドラゴンの目前へ戻ってきた。
激しい戦いに主人公の竜の命が尽きようとしたそのとき、竜が伝説のブレスを吐く。
自分の命と引き換えに、主を守る伝説のブレス。
カオスドラゴンは滅びたが、同時に主人公も竜を失う。
手許に残ったのは、出発の時と同じひとつの竜の卵。
卵から一匹の竜が孵る。

そして…

おわり

39 :サモンナイト2D:04/02/26 20:22 ID:ABqa8IJ9
三砦都市トライドラは旧王国からの侵略を阻む聖王国の要塞である。名前の通り三つの砦で構成されており、スルゼン・ローウェン・トライドラである。
「村」探しの途中、通り雨にあった一行はスルゼン砦で雨宿りをしようとしたが、人の気配がない。
砦は既に壊滅していたのだ。生存者の話によるとゾンビが大挙して襲来し、殺された者もゾンビとなり全滅したとの事。
一行は事情をファミィに伝えると残りの砦にスルゼン壊滅の報告をしに行った。だが、残りの砦も壊滅したあとだった。
これらはデグレアの召喚師ガレアノ・ビーニャ・キュラーの仕業であった。城主のリゴールも鬼に変じられて非業の死を遂げ、無事でいた兵士は守備隊長シャムロックのみであった。

40 :サモンナイト2:04/02/26 20:40 ID:ABqa8IJ9
《天使アルミネの話》
かつてリインバウム(サモンナイトの世界)に結界が無かった頃、他の世界(機界、鬼妖界、霊界、幻獣界)からの侵略を受けていた。
特に霊界の悪魔達は侵略に積極的であり、リインバウムの住人は次第に追い詰められていった。大悪魔メルギトスはその中で有力な悪魔の一人であった。
しかし、リインバウムに味方する者もいた。天使や龍神などである。特に天使アルミネは慈愛の精神が強く、単身メルギトスに挑み、自らの命と引き換えにメルギトスの封印に成功した。
(それからは制約者=エルゴの王が出現し、リインバウムに結界が張られたことで平和な世界が訪れることになる。ちなみに1や3で無色の派閥がやろうとしていたのはエルゴの王を生みだし、自分達の望む世界を創造することであった)

41 :エストポリス伝記2 その7:04/02/26 20:46 ID:ZDeRs9pG
第二部

新婚生活も一年になろうとしたある日、マキシムとセレナの自宅にいつぞやの
イドゥラが現れ、息子のラルフをさらっていってしまった。
「北の灯台へ来い」というイドゥラの挑戦を受け、マキシムとセレナは灯台に
向かった。イドゥラは、「さるお方」の命令でマキシムの血筋を残されては困る、
とラルフを殺そうとする。「さるお方」とは、ガデス以外の神らしいのだ。

さっさとイドゥラを倒してラルフを取り戻したいマキシム夫妻だが、ラルフはイドゥラの
手の中。下手に手を出してはイドゥラの前にラルフが死んでしまう。どうすれば……。
と、そこへ突然アイリスが瞬間移動で現れ、ラルフをイドゥラの手から奪い返して
くれた。イドゥラを倒すには至らなかったが、退けることはできた。

アイリスは、マキシムはガデスとの戦いで死ぬ予定だった、と言った。
その後「でも私が」と続けようとしたが、何故かそこでやめてしまった。
何かまた大きな悪が動き出しているのかもしれない。
マキシムとセレナは、ラルフを伯母に預け、イドゥラの上に立つ者、さらなる悪を
追うべく再び旅に出た。

港町に行くと、既にハイデッカとガイが二人を迎えてくれた。
離れ離れになって暮らしていたが、考えていることは皆同じだったのだ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 20:53 ID:qRIGhnnV
ベイグラは既出?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 20:57 ID:uHivjRu2
>>42
まとめサイトに収納済みでごじゃる>ベイグラ

44 :サモンナイト2E:04/02/26 21:05 ID:ABqa8IJ9
トライドラの陥落はファナン住人に知らされることはなかった。パニックを恐れてのことであるが、デグレアの動きが鎮静化したためでもある。
主人公は海岸でアグラと再会する。彼はレルムでルヴァイドに挑み掛かったきり行方をくらましていたのである。アグラは自分の身の上やアメルの出生について語る。
アグラことアグラバインはデグレアの騎士であった。当時デグレアでは軍事力の増強が急務であった。
そこに一人の召喚師が禁忌の森に兵器が封印されているとの報告が為されたため、アグラバインの指揮の下、召喚師を引き連れ、捜索隊が結成された。
しかし、任務は悲惨な結果に終わる。悪魔に襲われ、部隊は壊滅。責任を感じたアグラバインは自害しようと森をさ迷っていた。すると赤子の泣き声が聞こえてきたのだ。その赤子こそアメルであった。
アグラバインは心を打たれ、国を捨て子と共に生きる決意をした。アグラは主人公に禁忌の森へ入る「鍵」を渡すのであった。


一行は禁忌の森の捜索を再開することにしたが、ネスティはやはり反対の姿勢を崩さない。主人公問い詰めると「場合によっては君を殺さなければならない」と追い詰められた表情をしていた。

…何故?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 21:18 ID:JsUuZDlD
サンサーラナーガ乙。あのEDは2の方だったか…

46 :サモンナイト2F:04/02/26 21:24 ID:ABqa8IJ9
ネスティの意志が無視される形で禁忌の森捜索は再開された。遅いかかる悪魔を駆逐しつつ最深部に到達した一行が目にしたのは機械で出来た遺跡であった。
遺跡には入口がない。しかし、主人公の声に反応し、遺跡は動き出した。主人公は突如遺跡の中に転送される。
遺跡は主人公に話し掛ける。「ようこそクレスメントの血を引くものよ」。混乱する主人公。遺跡は主人公を調律者と呼ぶ。
遺跡は主人公に様々な画像を見せるが、その中に「召喚兵器アルミネ」はあった。アルミネはアメルと生き写しであった。
そとにいた仲間は侵入者として機械で改造された召喚獣に襲われていいた。「機械魔」はいくら攻撃を加えても再生し、幾度も襲い掛かってくる。
追い詰められた一行。その危機を救ったのは天使の力に目覚めたアメルと機界の能力を発現させたネスティであった。

47 :サモンナイト2G:04/02/26 21:49 ID:ABqa8IJ9
ネスティは天使アルミネの話における真相について話す。
ネスティは機融人であり人と機械の融合体である。故郷である機界は環境の激変で機融人は種として淘汰される運命にあった。そこで機界で生を全うするか、リインバウムに移住するかの選択を迫られた。
ネスティの血筋であるライル一族は後者を選択した。しかし、当時のリインバウムは結界がなく、侵略を受けていた。ライル一族は当時有力だった召喚師クレスメント一族と協力し、兵器の開発を余儀なくされた。
悪魔王メルギトスの侵攻激しく、クレスメント・ライル一族は召喚兵器の開発に着手する。痛みや意思といった戦闘に邪魔な機能を排除し、半永久的に戦い続ける戦闘マシンである。そのプロトタイプが「召喚兵器アルミネ」である。
しかし、同朋を玩具にされた天使や龍神はその事実に怒り、リインバウムからの撤退を決定した。
いよいよ追い詰められたクレスメント・ライル一族はアルミネを暴走させ、メルギトスに特攻させた。クレスメント・ライル一族はメルギトスの封印に成功したもののアルミネの呪いを受け、召喚師としての力を失い没落していった。

主人公…クレスメント
ネスティ…ライル
アメル…アルミネ

48 :サモンナイト2H:04/02/26 22:15 ID:ABqa8IJ9
自分の状況を受け入れ切れず、殻に閉じ篭る主人公。そんな主人公を叱咤したのは護衛獣であった。
主人公は最も信頼を置いている仲間に自分の心の中身を打ち明け、今ある自分を受け入れようと決意する。

(ここで本編とカルマルートに分岐。番外編ならサイジェントへと向かう)


ファナンではデグレア侵攻の噂でもちきりであった。これは金の派閥でもトップシークレットだったのに何故?
吟遊詩人レイムは盛んにデグレア侵攻の噂を吹聴していた。信じ切れない主人公とアメル(レイムは序盤からあちこちの街で竪琴を引いており二人は面識があった)。実はレイムはデグレアの諜報員だったのだ。
黒の旅団との戦闘には勝ったもののデグレア侵攻がいよいよ現実味を帯びてきた。
アグラバインと再会したルヴァイドは「あの召喚師ではなくあなたが戻ったならこんな事にはならなかった」と責める。ルヴァイドの言葉を聞いたアグラバインは激しく動揺する。
アグラバインとルヴァイドの父は知己である。アグラバインが国を捨て、ルヴァイドの父は反逆罪の嫌疑で処刑。ルヴァイドは父の汚名をそそぐために敢えて汚れ役を引き受けたのだ。

49 :サモンナイト2I:04/02/26 22:35 ID:ABqa8IJ9
一行はデグレアの実情を探ることにした。忍者シオンの協力の下、デグレアの評議会に潜入。デグレアでは評議会の決定が全てである。
そこで見つけたのはゾンビと化した議員達とかつてトライドラで戦った召喚師達であった。デグレアはレイムや三人の召喚師によって牛耳られていたのだ。そしてそれに気付いたルヴァイドの父は反逆罪の汚名を着せられ殺害されていたのだ。
そして彼等は悪魔であった。ギブソン&ミモザの担当していた事件は召喚師連続失踪事件であったが、失踪した召喚師は「血識」を奪うためにレイム達によって殺害されていたのだ。
(悪魔の中には血肉を取り入れる事により能力を獲得できる者がいる)

真相を知ったルヴァイドはレイムに挑み掛かるが返り討ちにあい、ゼルフィルドはルヴァイド・イオスを守るために自爆して果てる。
(ここでカルマ値が高いとルヴァイド・イオスも死亡する)

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 22:47 ID:/as/YObN
かまいたちの夜2お願いします。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 23:01 ID:KOtDQMxw
需要があるとは思えんけど暇なんでまとめとく。

〜前書き〜
ジャングルの平和を守る偉大な男ジャングルパパの息子・ボーイが主人公。
GBソフト「ジャングルウォーズ」においてボーイは、ジャングルの平和を乱す
「ゴート団」と対決、見事勝利してジャングルの平和は保たれる。2はその数年後が舞台。


52 :サモンナイト2J:04/02/26 23:01 ID:ABqa8IJ9
デグレアとの決戦を控え、真相が明らかになっていく…。
先ずはレイムについて。かつてアグラバインと共に禁忌の森へいった召喚師。それこそがレイムであった。しかし、彼は死んだというのである。では「彼」は何者なのか。実は復活したメルギトスが乗り移っていたのである。
そしてアルミネの後日談。蒼の派閥の長エクスによると、アルミネの呪いはでっちあげであり、真実はクレスメント・ライル一族の力を恐れた召喚師達によって力を封じられ、監視された。それは蒼の派閥に引き継がれ、現在まで続いてきたのである。

《解説》
ネスティが主人公を殺さなければならないと言ったのはフリップに監視役を厳命されていたからである。
ネスティは定期的にワクチンを投与しなければ生きていけない体質(これは機融人全てに言える)であり、ワクチンを持っていたフリップには逆らえなかった。
もっとも、フリップが監視役を命じたのは派閥の使命によるものではなかったが…

フリップは不法に召喚術を教えた罪によって処罰された。それを内偵していたのがエクスの命を受けたパッフェルである

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 23:03 ID:4lthDrum
>>50
やってもいいかな?
張るのは明日以降になるかもしれないですが。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/26 23:21 ID:6gfqv0Hf
マルチエンディングだし、ストーリー自体がたくさんあるわけだが頑張れ。

55 :ジャングルウォーズ2@:04/02/26 23:35 ID:KOtDQMxw
〜ここから2〜
ジャングルパパはジャングルに新しく出来た鉄道「ジャングル鉄道」の社長であるため、
鉄道の仕事に出かけていった。ジャングルのパトロールは息子のボーイの仕事になった。
パトロール中のボーイは、村の占いおババより「西のダンジョンで何かが起きる」という
予言を聞く。西のダンジョンに向かったボーイは、怪しい連中がコソコソと相談していることを
発見する。ここでいきなり大地震がおき、怪しい連中はどさくさにまぎれていなくなってしまう。

地震でジャングルパパの身に何か起きたかもしれないと感じたボーイは、パパの元へ向かう。途中、
前回(ジャングルウォーズ1)の旅で一緒に冒険した仲間である猿のサスケが鷲のケン(同じく前回の冒険で
知り合った鷲)に乗って飛んでくる。2人の情報によると、ジャングルパパは工事中のトンネルの中に
閉じ込められてしまい、しかもケガをして動けないという。ボーイはサスケと合流しパパを助けに東へ向かう。
東へ向かう途中、ボーイはチーズで出来たダンジョンを発見する。中には、以前地震が起きる前に西のダンジョンで
見かけた怪しいネズミが居たが、逃げられてしまう。逃げたネズミの部下の話によると、連中は「ウルウル団」の団員で
あることがわかる。逃げたボスネズミを追って外へ出ると、「ウルウルマーケット」という名のマーケットがある。
マーケットでは色々な出店が並んでいるが、通常の2倍の値段で押し売りを行っている模様。店員をこらしめながら奥へ進むと、
先ほど逃げられたネズミのボス・フライパンデチュがいる。悪事を働くウルウル団を懲らしめるべく、ボーイはフライパンデチュと
戦闘開始。そのとき、前回の旅で共に戦った仲間である魔法使い少女のミオがネズミに追われて登場。ボーイたちはミオと協力して
フライパンデチュを懲らしめる。降参したフライパンデチュはウルウルマーケットを引き払い、一件落着。

ミオの話では、この先にある「ヘビ王の島」が山火事で大変なことになっていて、火を消す魔法「フリオ」を覚えるために占いおババの
ところへ向かう途中だったという。ボーイ達はミオと合流し、ヘビ王とジャングルパパを救うべく、東へと向かう。

56 :サモンナイト2K:04/02/26 23:51 ID:ABqa8IJ9
聖王国とデグレア間の戦争が遂に始まった。一行は軍本隊とは別行動をとり、遊撃部隊として直接レイムと三人の召喚師を討つ事にする。
岬の屋敷、崖城都市デグレア、ギエン砦で三人の召喚師を討ち、大勢は決まった。しかし、レイムの姿はなかった。実は戦争そのものが時間稼ぎであり、クレスメントの遺産が目的だったのだ。一行は禁忌の森へと急いだ。
レイム=メルギトスは召喚師から得た「血識」を基に封印を解除、召喚兵器を自在に操り、立ちはだかる。しかし次第に追い詰められていくメルギトス。彼はクレスメントの遺跡そのものと融合し、最後の戦いを挑む…。

(ここでメルギトスを倒してゲーム終了。最も好感度の高い仲間とエンディング)

57 :サモンナイト2:04/02/26 23:59 ID:ABqa8IJ9
(ひとつエンディングをカキコします)

《アメルED》
メルギトスの力を弱めたものの遺跡の力で再生を続けている。アメルは決断する。天使アルミネの力を使い、メルギトスを消滅させる事を。それが自分の死を意味することである事を承知のうえで。
天使アルミネの力により消滅していくメルギトス。彼はもがき苦しみながらアメルの命が既に尽きている事に気付く。

《一年後》
マグナ(♂主)はネスティと遺跡の跡にいた。命の尽きたアメルは巨樹と化していた。
かつての仲間は既に自分の道を歩んでいたが二人はどうしても離れることができなかった(当然、護衛獣もそこにいる)。
そしてある日のこと、マグナは樹から聞き慣れた声を聞いたような気がした。マグナが樹を覗き込むと…

END

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 00:46 ID:kX1FrUM9
皆さんお疲れさん。
でも、書き込むときは直前のレスを確かめた方がいいかも。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 07:55 ID:94XchAM4
誰も言わないから言うが…上げんな。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 09:03 ID:Eho+d0fq
カエルリクエストした者です。ありがとうございました。
うわ、全然覚えてないや。もう一回やってみたいなあ。


61 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:20 ID:zQgD1sUQ
■ザ・主人公
ウル:悪魔に変身できる能力を持つ主人公、馬鹿だけど決めるところは決める憎い奴。

■ヒロイン
カレン:ドイツ軍少尉、実家は貧乏。性格良し。

■仲間
ゼペット:人形師、アリスの親戚
ヨアヒム:変態プロレスラー、前作仲間だった吸血鬼の兄
ブランカ:狼、ロリコン、決め台詞は坊やだからさ(中の人は同じ
ルチア:占い館の看板娘、巨乳、癒し系、影が薄い
アナスタシア:ロシアの皇女、突っ込み役として大活躍する
蔵人:ウルの従兄弟、ウルと同じくフュージョン能力者

■重要人物
アリス:ウルの恋人、前作でウルを守るため死亡
ロジャー・ベーコン:700年生きてる変な生きもの。魔術師。ウルとマブダチ。
アルバート・サイモン:前作のラスボス、ウルに殺された。

■サピエンティス・グラディオ
ラスプーチン:首謀者、ロシア乗っ取りを計画
ニコル:悪党、ロシア乗っ取りに賛同する

■日本軍
加藤:前作の登場人物、川島芳子の部下であり恋人だった様子
川島芳子:男装の女スパイ、前作で死亡

■ウルの家族、血縁
日向甚八郎:日本人の父親。ウルが10歳の時死亡、ウルの能力性格ルックスは父譲り
アンヌ:ロシア人の母親。同じく10歳の時ウルを守って死亡
犬神咲:甚八郎の妹、ウルの叔母、蔵人の母親、美しき未亡人


62 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:21 ID:zQgD1sUQ
一章
1915年、第一次世界大戦勃発。
フランスのドンレミ村の教会に悪魔が住み着いていると言う噂が流れた。
悪魔を排除し、村を制圧するため
カレン・ケーニッヒ少尉率いるドイツ軍が攻め込んだ。
そこでカレンが見たものは、圧倒的な力でドイツ軍兵士を蹴散らす
魔物の姿だった。

敗退したカレンだったがドイツ軍から、バチカンのニコルを連れ、
もう一度ドンレミに攻め込むことを命じられる。
悪魔祓いに使うアイテムを手に入れた二人は、兵を連れドンレミ村に侵攻。
そして二人の前に現れた悪魔は変身をといた、それは前作のザ・主人公ウル。
ウルと対峙したニコルは聖職者の仮面を取り、冷酷な素顔を現した。

ニコルはサピエンティス・グラディオという秘密結社の一員で
神殺しの男の異名を持つウルを、自分たちの計画の脅威になる前に殺そうとしてきたのだ。
おまけに口封じのため、兵や村人やカレンも皆殺しにするという。
混乱しながらも事態を把握したカレンはニコルに銃を向けた。
カレンに襲い掛かるニコル、ニコルをぶっとばすウル。

しかしニコルは、悪魔祓いのアイテム・ヤドリギを
ウルの胸に突きたてていた。がっくり膝をついたウル絶叫。
「なんじゃ、こりゃあああああああー!!」

ウルが目が覚ますとそこは、洞窟の中だった。
そこにはカレンと、ウルに付きまとっている老人ゼペット、
そしてドンレミ村の少女ジャンヌの飼い狼、ブランカがいた。
あの時、ウルは胸にヤドリギを突きつけられ光を放出、混乱した現場から
ゼペットとカレンがウルを連れて逃げ出したらしい。
村は制圧され、避難していた村人は見つかって捕らわれてしまったという。
ひとまず、一同はゼペットのアパートのあるパリ目指して村を後にする。
森を抜けた場所で突如ウルは意識を失って倒れた。


63 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:22 ID:zQgD1sUQ
二章

ウルは心の中に悪魔の魂を封じ込め、その力を自在に使える能力があるのだが
その変身能力・フュージョンができなくなっていた。
ヤドリギの呪いはそれだけでは終わらなかった。
ウルの心の中の世界「グレイブヤード」が、暗闇の廃墟に変貌していたのだ。
驚くウルの目の前に、巨大な枯れ木が出現する。
そしてその木にウルの半身がにょっきり生えてきた。
ピクリとも動かない自分の半身に、ひたすらキモがるウル。
戦闘に勝利して魔物の魂を回収していけば、
フュージョン能力は復活することはわかった。が、
ヤドリギの呪いの目的は果たしてなんなのかは謎なまま。

ウルが意識を失って倒れたので、一同はその場で野営。
ゼペットがウルとの出会いを語りだした。
ゼペットは前作で死んだウルの恋人、アリスの親戚だった。
半年前、ウルがアリスの遺体を抱えて現われ、一人で墓を建てたと言う。
自身も妻子を亡くしているゼペットは、
以降なんとなくウルが心配で付きまとっているらしい。
その話を聞き、神妙な面持ちになるカレンだった。


64 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:23 ID:zQgD1sUQ
3章〜6章、長いのでちょっとはしょりますよ

グレイブヤードに、ドンレミの少女ジャンヌの幽霊が出現する。
結社に拉致されてあのまま殺されてしまったのだと言う。
ウルに確かめたいことと探し物があるからここに来たと告げる。
ジャンヌはウルに問い掛ける「一人で生きる旅は怖い?」

パリに着き、これからの作戦を練る一同、
ウルがイギリスに頼りになる爺さんがいるから会いに行こうと提案。
前作で出てきた700年生きてる変な生き物で伝説の魔術師ロジャー・ベーコン
彼なら何か知ってるかもしれない。

移動の途中、ウルは意外な人物と遭遇する。
日本の軍人、加藤だった。加藤は前作でウルと同じく、
恋人である川島芳子(男装の女スパイ)を亡くしていた。

ロジャーの住むウェールズに到着したら、ロジャーは誘拐されたあとだった。
ニコルは「生命再生の秘術書エミグレ文書を持ってくればロジャーを返してやる」と
ウルに告げる。

ルアーブルで静岡弁の変態筋肉覆面プロレスラー、ヨアヒムが仲間に加入。
フィレンツェでは占い館の看板巨乳美女、ルチアが仲間に加入。

65 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:24 ID:zQgD1sUQ
7章〜9章
ウルは前作で禁断の秘術書を手に入れていたが地下遺跡に封印していた。
しかたなく取りに戻り、ニコルに指定された場所へ。
しかし簡単に罠にはまり、エミグレ文書をあっさり奪われる。
おまけに投獄され、敵のSMクイーンに恥ずかしい責め苦を受ける。
結局、狼のブランカの活躍で脱出。無事ロジャーも救出。
ロジャーはエミグレ文書を取り返してくれと駄々をこねる。

700年生きた魔術師で変な生き物のロジャーはさすがに物知り。
結社の首謀者はロシアの怪僧ラスプーチン、
ニコルが行った先もロシアで間違いないと断言。
ロジャーの作った最先端飛行船で、一同はロシアに飛ぶ。

ラスプーチンはロシア乗っ取りを画策、すでに絶大な権力を握っていた。
唯一、皇女のアナスタシアだけがラスプーチンの胡散臭さに気づき
彼の尻尾をつかもうと画策。結局尾行が見つかって
殺されそうになったところをウルたちに助けられ、仲間に加わる。

ニコルは日本の軍人・加藤にエミグレ文書を渡していた。
加藤は代償に、結社に食料や武器を提供することを約束する。

ラスプーチンに戦いを挑んだウルだったが
相手は無敵バリヤーの持ち主でまったく攻撃が通じない。
おまけにラスプーチンの策にはまり、
アナスタシアと一緒にロシアから逃げ出す羽目になる。


66 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:27 ID:zQgD1sUQ
10章〜12章、
ウルたちはラスプーチンを倒すための策を練るため情報収集。
なんと前作のラスボス、アルバート・サイモンはラスプーチンを倒すために
破壊神アモンを呼び出したりしていたらしい。なんだってー!!
それをウルが倒しちゃったのかよ!

ラスプーチンをぶっ殺すためには、ウルの心の中に封印された破壊神アモンの力を
引き出さなければいけないことがわかった。
カレンの助けを受け、二人でグレイブヤードに突入し、見事アモン掌握に成功。

ロシアに戻ったウルは、さっそくアモンに変身してラスプーチンの無敵バリヤー破壊。
怒り狂ったラスプーチンは魔神アスモデウスの力を暴走させる。
魔神アスモデウスに意識を乗っ取られたラスプーチンはもはや人間ではなくなっていた。

見事ラスプーチンをぶっ倒したウルたちだったが
死ぬ間際、ヤドリギの呪いの目的を知らされる。
それは心を、意思を、記憶を食らい尽くし廃人にする呪いだった。
しかも解く方法は無いという。ウルはそんな呪いにゃ負けねーぜ!と宣言。

次の相手はニコルだ!
ニコルは堕天使アスタロトと契約していた。が、やはりウルには勝てなかった。
とどめを刺そうとしたウルだったが、なんと日本軍人・加藤が邪魔に入り
ニコルをさらっていってしまった。実はニコルはロシア皇帝の隠し子だった。
(ニコルがロシア乗っ取りに固執したのはそのせい)
今度は日本帝国がロシア乗っ取りのためニコルを利用するつもりらしい。

67 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:29 ID:zQgD1sUQ
13章〜15章
舞台は極東の地、日本帝国へ。ここで袴姿の美少年、蔵人が仲間に。
蔵人もフュージョン能力を持っており、なんとウルの父方の従兄弟だった。
カレンは日本と敵対しているドイツの名前を隠すため、
ウルの母親の名前、アンヌの名を使うことになった。

ここらでカレンとウルの関係が一気に親密に。
カレンは夕暮れの公園でウルを質問責めにする。
「お母さんはどんな人?綺麗だった?」
ウルの母親はロシア人で、日本に来て父親に一目ぼれ、
そしてウルの名前は初恋の男の名前らしい。
「ウルがいれば母さんはとても幸せよ」と母はいつも言っていた。
父親は、当時前作の中盤ボス徳壊と戦っており、ウルが10歳の時死亡、
母もその時、徳壊の部下からウルを守るために殺されてしまったと言う。
ウルを励ますカレン、カレンに礼を言うウル。二人はピッタリよりそう。
カレンは意を決して最後に質問をした「アリスを愛してた?」
ウルはそれには答えず、うんちもれそう!と叫んで逃げてしまう。

加藤はニコルから入手した死者再生のエミグレ文書を使い
前作で死んだ恋人、川島芳子のクローン、桜花を作り出していた。
ニコルはというと堕天使アスタロトを意識化から取り出す拷問実験にかけられ精神崩壊。
ニコルの意識という檻がなくなった堕天使アスタロトは暴れ出し、やすやすと逃亡。

ウルと対峙した加藤は、ウルとは戦いたくない、日本から去れと忠告。
敵ながら時には共同戦線をはり、友情も生まれていた加藤とウルだったが
ウルはそれをきっぱり拒否。

68 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:31 ID:zQgD1sUQ
16章〜19章
蔵人の母であり、ウルの叔母である咲の能力によって
堕天使アスタロト(ニコル)は富士山の地下で力を貯めていることがわかった。
ニコルが富士山噴火させたら日本は沈没する。あわてて富士山に向かう一同。
加藤はいち早くニコルの居場所を突きとめ。、
桜花ら戦闘員と共に、ニコルに戦いを挑んだが破れウルたちに助けられる。

死闘の末、堕天使アスタロトを倒したウルたちだったが
しぶといニコルは、最後の力を振り絞りウルに襲い掛かる。
ウルをかばいニコルを吹っ飛ばす加藤、加藤に刃をむけるニコル、
そしてその刃は加藤をかばった桜花の命を奪う。
またしても恋人を亡くした加藤、ぶちぎれて素手でニコルの頭を握りつぶす。

意識を取り戻したウルは加藤に呼び出された。
加藤はエミグレ文書をウルに返し、アリスを復活させろとウルにささやく。
次にいきなり「もうこんな世の中は嫌だ、私は一人で世界を滅ぼすことにした。
自分と戦うつもりがあれば向かって来い」と突然の宣戦布告して
どっかに行ってしまう。

世界を滅ぼす方法はエミグレ文書を使えばわかる、と加藤は言った。
それをきっかけに、ロジャーは研究者として禁断の秘術を行いたい欲求が沸き出し、
また、ウルもアリスに会いたい気持ちで一杯になっていた。
命の危険を覚悟して、ロジャーとウルはアリス再生の禁断秘術を行うことを決意、
準備をするためヨーロッパに戻ることにした。

日本を発つ直前、カレンはウルの叔母、咲に呼び出され
ウルが三歳の時に撮った家族の写真を渡された。
「あの子を愛した気持ちを大切にしてね」咲は微笑んだ。

69 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:35 ID:zQgD1sUQ
20章(あと1章で終りだガンガレ)
チューリッヒのアリスの墓に、カレンを連れてきたウル。
墓にはウルの母親の形見でもあり、アリスに受け継がれたクロスが掛かっていた。
「これは俺の大切な人が持っていたクロスだからカレンに持っていて欲しい」
カレンはクロスを受け取る。

準備が揃い、ロジャーとウルはアリス復活のための儀式を行った。
ところが途中まではうまくいったのだが、やはり完全な死者再生秘術は
ロジャーの力を持ってしても難しく、失敗してしまう。
ウルの目の前で、アリスの体が崩れ落ちていく・・・。
その時奇跡は起こった。アリスが目を開け「愛してる」とウルに微笑んだのだ。
「俺も・・!」泣きながら叫ぶウル。アリスは消え去った。
部屋の外では、中の様子をうかがっていたカレンも泣き崩れていた。

実験は失敗したが、加藤の言っていたヒントはつかむことが出来た。
エミグレ文書には、死者を再生するため時間をさかのぼる秘術が組み込まれていたのだ。
おそらく加藤も死者再生はできなかったが、時間を操る秘術を見つけ出し
それを川島芳子のクローン(桜花)のスピード培養に応用したのだろう。
そして今度はそれを世界に使って、現代を消滅させるつもりなのだ。
時間を遡るためのエネルギーを放出できる地域に加藤はいるはずだ。
そして、ついに加藤の居場所を突き止める。

ウルは意識を失い倒れた。ヤドリギの呪いは着々と進んでいるらしい。
グレイブヤードの闇の中では、すでに仲間やカレンの名前すら言えなくなっていた。
と、突然アリスと死に別れた列車の中にウルはいた。そしてアリスもそこに居た。
驚きと喜びで胸が一杯になるウル。二人はピッタリと寄り添い語り合った。
「愛してる」「うん、わかってる」
「もし願いがかなうのなら、出会った頃に戻りたい」「そしたらまた一緒に旅ができるね」
「今の問題を片付けたら、またここに戻ってくる」「うん、私はずっとここで待ってるから」
アリスは優しく微笑んでいた。

70 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:37 ID:zQgD1sUQ
グレイブヤードの中、ジャンヌがウルにまた質問する。
「ねえ、ウルの幸せは見つかった?」
ウルは
・「自分らしく生きることが幸せさ」と答える→ED1
・「安らぎの中で生きることが幸せさ」と答える→ED2
ジャンヌは満足そうに「ウルが決めた幸せならそれでいいんだよ」と言い成仏。

ついに加藤とウルが対峙。
加藤は100年時をさかのぼらせるつもりだと言う。
加藤はウルに問う「なぜ不幸になるこれからを選ぶ?」
ウルは答える「違うね、この手で不幸を代えていく未来を選ぶんだよ」
最後の決戦、加藤が作り上げた時間の歪みの空間の中死闘が繰り広げられた。
なんとかウルたちは加藤を撃破する。
と同時に空間も壊れ出した。加藤は「ここから世界に戻るために、
自分の戻りたい世界を念じろ」と言って絶命する。

仲間たちは、それぞれ自分の幸福だった戻りたい世界に帰っていった。
ゼペットは死に別れた娘のもとへ。過去にもどってやり直すために。
ヨアヒムはプロレスのリングへ。ルチアは占い館へ。
アナスタシアと蔵人はいつのまにかラブラブで二人で現代へ。
狼ブランカは、日本で仲良くなった幼女のもとへ。

二人残されたカレンとウル。と、そこでヤドリギの呪いが発動し始める。
心配するカレンに「またすぐ会えるよ」と答えるウル。
「約束よ!私ウルに会いたいって願うから!」カレンが消えはじめた。
ウルはカレンに「ありがとう」と叫ぶ。

71 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:41 ID:zQgD1sUQ
21章(終りです!

ED1・ハッピーED「自分らしく生きることが幸せさ」と答えた場合

「ごめんな、約束は守れない」一人時空の歪みに残ったウル。
記憶が消えるくらいなら死を選ぶのが自分らしい生き方だと決断していたのだ。
覚悟を決め、微笑むウル。
突如鋭い岩が飛び出しウルの胸を突き刺し、ウルは絶命する。

グレイブヤード、枯れ木から生えていたウルの分身のもとに、
光に包まれたアリスが天から迎えに来る。
アリスと抱き合い昇天するウル。

1887年、日本。
ウルの父親の甚八郎が、道で倒れているカレンを発見する。
カレンの手には、咲からもらったウルの家族写真が握られていた。
その写真には、甚八郎と、カレンと、三歳のウルが映っており、
裏には「明治二十六年、甚八郎、アンヌ、ウルムナフ三歳」と書かれていた。

1914年、満州。
死を選んだウルだったが
無意識が望んでいた世界があった。
ここは前作のオープニング、アリスと出会う直前の世界。
アリスが乗った列車が近づいてくる。
「へへっ、わくわくしてきたぜ」
はたしてウルは未来を変えることができるのか?
運命の女と出会うまで、あとわずか!


72 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 10:41 ID:zQgD1sUQ
ED2.バッド「安らぎの中で生きることが幸せさ」と答える→ED2

記憶が消えてしまうのは嫌だけど
穏やかな毎日を生きられるのなら幸せなのかもしれない。
ウルは生きて世界に戻ることを願った。

グレイブヤードではヤドリギの呪いが完了、
巨木がウルの分身ごと消えていった。

1887年、日本。
ウルの父親の甚八郎が、道で倒れているカレンを発見する。
カレンの手には、咲からもらったウルの家族写真が握られていた。
その写真には、甚八郎と、カレンと、三歳のウルが映っており、
裏には「明治二十六年、甚八郎、アンヌ、ウルムナフ三歳」と書かれていた。

1918年、イギリス
記憶喪失になってすべてを忘れ、崖の上でたたずむウル。
ロジャーが発見して「父親の顔を忘れるなんて!」となぜか嘘をつき、
自分の家に連れ帰る。
この年、第一次世界大戦終了。完。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 10:46 ID:Dp+GgHIz
シャア大佐の本性が…

74 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 11:46 ID:zQgD1sUQ
>>69>>70の間に入れる文章忘れてました。結構重要なシーンなのに鬱。

最後の決戦に出向く直前、カレンはウルに好きだと告白する。
しかしウルの答えを求めることはせず、
「あなたが私を愛してくれたことを、私はわかってるし
私が命をかけてあなたを愛したことも、あなたはわかってくれたから、
それで十分なの」とウルに告げる。

まとめサイトの方ヨロ。


75 :新作シャドウハーツ2:04/02/27 15:08 ID:zQgD1sUQ
シャドウハーツ2・サブイベント「漢祭り」

ヨアヒムの師匠、グラン・ガマはヨアヒムを上回る強烈変態レスラーである。
最後の決戦前、ヨアヒムは師匠のもとを訪れ、
漢祭りを受けさせて欲しいと暑苦しく頼んだ。
漢祭りとは・・ガマをラスボスとする最強のレスラーになるための地獄の試練、
負けたレスラーは洗礼を受け、男の尊厳を奪われるという恐ろしい祭りなのだ。
突如リングが100階建てになり、頂上のグラン・ガマ目指して戦うことに。
ヨアヒムは一戦目、謎のカレーライスを頭にのせたレスラーに戦いを挑んだ!
(中略
とうとう100戦目・・・頂上まで上り詰めたヨアヒムとウルたちが見たものは
グラン・ガマならぬ、?型仮面をかぶったレスラー「グラン・はてな?」だった!
「負けて受ける洗礼とはなんだら?」とヨアヒムが聞くと
グラン・はてな?は「勝者に罰として体に一本スジを通されるのだ!!!」と絶叫。
「ま、まさか・・・」ウルは真っ青になって引きまくる。
ヨアヒムは蝶の仮面をつけグラン・パピヨンに変身!
「純潔を守るため、愛と正義の使者!グラン・パピヨン!参上だっち!」
そしてグラン・はてな?と地獄の対決!

ヨアヒムは勝った。そしてグラン・はてな?の仮面を譲り受ける。
仮面を取ったグラン・ガマは、次は漢祭りの最後の仕上げだと言って
ヨアヒムににじり寄った。
目の前の光景にあとずさるウル。
そしてリングに響き渡るヨアヒムの絶叫。
漢祭り・完



76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 15:37 ID:83g7qVJT
乙…
だけど新作は止めた方が…今プレイしてる途中なのに…


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 16:50 ID:eUSKiXZy
>>59
俺は別にあげても良いと思うけどな。下げて潜ってなんかあるわけでもなし。下げてれば荒れない、というのもいまいち根拠がない。
こういう人の力を必要とするスレの場合、むしろ積極的にあげた方が良いと思う。
>>76
新作ネタバレ用のトリップがあったんだがなぁ。どうも>>1が張り忘れたっぽい。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 17:57 ID:0gt6gyxS
漏れもあげてかまわないと思う

79 :Paet3で101〜595までまとめ書いた暇人:04/02/27 18:05 ID:LTB6g2x3
発売したばかりの新作について語る際は名前欄に
タイトルと新作ネタバレ用の共有トリップの #新作ネタバレ をつけて下さい。

>76 途中でこれ消してしまった…スマソ…_| ̄|○


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 20:01 ID:TGnmfKlm
俺も上げても(・∀・)イイ!と思う

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 20:06 ID:eUSKiXZy
じゃぁ、次すれからはネタバレ用のトリップとage進行推奨みたいなのを>>1につけるか。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/27 21:05 ID:zC39x/Za
推奨ってのはやりすぎかと

83 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 21:44 ID:zchuZkAH
矢島 透    主人公。
小林真理   透のガールフレンド。親の転勤に伴い引越し、透とは疎遠になっている。
小林二郎   真理の叔父。ペンション「シュプール」オーナーで料理が得意。
(小林今日子) 小林の妻。料理は不得意。
久保田俊夫  「シュプール」でバイトをしていたスポーツマン。
久保田みどり 元「シュプール」のバイト。俊夫と結婚した。
渡瀬可奈子  OL。美人。
北野啓子    可奈子の同僚で友人。ぽっちゃり型。
美樹本洋介  フリーカメラマン。
香山誠一    大阪の会社社長。前妻・春子とは離婚。
──以上が一年半前「シュプール」に滞在していたメンバー(前作に出てた人)──
香山夏美    香山の後妻。派手好き。
正岡慎太郎  ゲームのプロデューサーで女好き。閉所恐怖症。
村上つとむ   作曲家。怒りっぽい。
菱田キヨ    「三日月館」の管理人をしている老女。
我孫子武丸  「三日月館」の主人。

84 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 21:46 ID:zchuZkAH
『かまいたちの夜』というゲームがある。
雪山のペンションで殺人事件が起こるという内容のゲームだ。
そのゲームの中には透たちが一年半前にペンション「シュプール」に宿泊した時と
ほとんど同じ顔ぶれが登場しているのだ。
(『かまいたちの夜2』では、「シュプール」での殺人事件は現実では起こっていない事になっている)

透のもとへ一通の招待状が届いた。差出人は我孫子武丸。ゲーム「かまいたちの夜」の原作者らしい。
そこにはゲームへ出演してもらったことへのお礼と、
ゲームの売り上げで得た収入で購入した「三日月島」にある「三日月館」へと招待したい旨が記されていた。
真理と仲良くなりたい透は彼女を誘い、三日月島へ向かうことにした。

〜8月15日〜
透と真理は三日月島へ向かう小船の上にいた。真理の叔父、小林も一緒だ。
小林のもとへは招待状が届いていなかったのだが、妻の今日子が旅行に行ってて暇なのもあって、
「なぜオーナーの私が招待されてないんだ!」と勝手に参加してしまったのだ。
真理によると、我孫子武丸の正体はゲームの開発会社に問い合わせてもわからなかった、
しかしかなり事実を詳しく反映したゲーム内容であることから、当時そこにいたメンバーか
その関係者に間違いないだろう、とのこと。

船の船長は三日月島へ遊びに行く事にあまり良い顔をしない。
三日月島は地元の者には「監獄島」と呼ばれている。
かつてそこにあった底蟲(そこむし)村が廃村になった後、三日月島は岸猿(きしざる)家という旧家の
私設監獄となっていた。酷使され、死んでいった奉公人たち…今から宿泊するのは元監獄の館なのだ。
その後岸猿家は没落し、再度無人島となったが、最近になって我孫子が買い取ったというわけだ。
さらに船長は島に伝わる《わらべ唄》を歌って聞かせる。

85 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 21:47 ID:zchuZkAH
底蟲村の しん太郎どん 痛い痛いと 泣いてござる
何が痛いと 蟹コがきけば
悪たれ鼬(イタチ)の ふうのしんに 喉を切られて 話ができぬ
それで痛いと 泣いてござる
びゅう びゅう びゅうの ざんぶらぶん
びゅう びゅう びゅうの ざんぶらぶん

底蟲村の 女郎蜘蛛 嫌じゃ嫌じゃと 泣いてござる
何が嫌じゃと 狐コきけば
悪たれ鼬の ふうのしんに 手足もがれて 散歩ができぬ
それが嫌じゃと 泣いてござる

底蟲村の 山姥どん 怖い怖いと 泣いてござる
何が怖いと 鴉コきけば
悪たれ鼬の ふうのしんに 高みに立たされ 身動きできぬ
それが怖いと 泣いてござる

底蟲村の 風見鶏 来ない来ないと 泣いてござる
何が来ないと 童コきけば
悪たれ鼬の ふうのしんが 夏の終わりに 大雪降らせ
秋が来ないと 泣いてござる

底蟲村の 村の衆 今日じゃ今日じゃと 泣いてござる
何が今日じゃと 蛇コがきけば
悪たれ鼬の ふうのしんも わっかが解けりゃ 慌てて逃げる
それが今日じゃと 泣いてござる
びゅう びゅう びゅうの ざんぶらぶん
ざんぶらぶんの どうどうどう

86 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 21:53 ID:zchuZkAH
三日月島はその名の通り三日月型をした島で、風の神を祀った神社、岸猿家が作った人造湖などがある。
三日月館も島と同じく三日月型をした建物だ。その周りを高い暴波壁が取り囲んでいる。
船長は三人を送り届けると「今日は《かまいたちの夜》だ…」と謎の言葉を残して去る。
監視塔、堀には剣山状の刃物、少ない窓…館は元監獄らしい陰鬱な造りだ。

三人を出迎えたキヨに導かれ館内に入ると、そこには既に久保田夫妻、可奈子と啓子らが来ていた。
久保田夫妻も招待状を貰っていないと聞いて安心する小林。内心ビクビクしていたのだ。
可奈子・啓子はゲーム「かまいたちの夜」では「仲良しOL三人組」として描かれていた。
勝手に加えられていた三人目「河村亜季」には聞き覚えすらないと言う。
近況などを話していると、遅れて村上、さらに遅れて正岡もやってくる。
ゲームの続編制作に関わる彼らも我孫子武丸に会った事はないそうだ。
その後香山夫妻と美樹本も加わるが、我孫子が現れることは無かった。

87 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 21:57 ID:zchuZkAH
夕食の時間。それぞれ自分のネームプレートが置かれた席へ座る。
我孫子はまだ現れず、イラつく村上は正岡と言い争いを始める。
その時、突然明かりが消えた。パニックに陥る一同。
美樹本が蝋燭に火を点けると、誰もいなかった我孫子の席に
若い女性の写真と、ヘコミと血のりで事故車のように見立てられたおもちゃの車が置かれていた。
写真の所に置かれたプレートには「河村亜希 享年19歳」の文字。
透は写真の女性の面立ちに見覚えがあるような気がした。

再び火が消え、重々しい声が響き渡る。
「ようこそ、私が我孫子武丸です。ご参加ありがとう。
 訳あって姿を現す事は出来ませんが、私は間違いなくここにいます。
 皆さん二日間ごゆっくりおくつろぎください…」
電気がつくと、すでに写真と車は無かった。
美樹本がキヨに我孫子の事を尋ねるが、キヨは「我孫子はまだ来ていないはずですが…」と
知らぬ存ぜぬの一点張り。
村上は怒り狂い、みどりは「帰る!」と言い出す。
しかし船は明日の夕方にしか来ない、とキヨが言うとしぶしぶ観念する。

88 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:00 ID:zchuZkAH
一人一部屋が割り当てられ、それぞれ思い思いに過ごす。
外では防波壁の扉が閉められた。かなり風が強くなっているようだ。
啓子は先に眠り、みどりは具合が悪いと言って休み、その他の面々は応接室で歓談していた。
食堂での出来事のせいか、皆どこかピリピリしている。
可奈子が酔っぱらった正岡に付き添って彼の部屋に行った後、気晴らしに外へ出ようか、と話しているとキヨがそれは無理だと言う。
「かまいたちの夜が……始まりました」
それはこの地方で決まって暴風の起こる8月15日の夜の事で、50年ごとに特に強い風が吹くという。
今日がその50年目の夜なのだ。
ますます不安を募らせながら、一同は解散する。

〜8月16日〜
眠りについた透だったが、悪夢にうなされ夜中の3時に目が覚めてしまった。
風雨の様子を確認しようと廊下に出ると、小林もトイレに行こうと部屋から出てきた。
その時、絶叫が響き渡った。
真理を起こし、三人で声の聞こえた方向、みどりの部屋へと行くが、扉には鍵がかかっている。
真理が呼んできたキヨに許可を貰い、体当たりしてドアを開けると…
正岡が喉を切り裂かれて死んでいた。
透はそこで何かを踏みつけてしまう。それは蟹だった。
「しん太郎」が「喉を切られ」て死に、「蟹コ」が側にいたのだ。わらべ唄と同じように。

89 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:03 ID:zchuZkAH
皆に正岡が殺された事が伝えられた。
みどりは閉所恐怖症の正岡に頼まれ、部屋を交換したのだという。
警察に連絡しようにも電話線が切れており、携帯電話も電波が届かない。
招待客以外に殺人者が潜んでいるかもしれないと館を調べるが、誰も見つからなかった。
濡れた地面に足跡もついておらず、外へ逃げたとも考えられない。
となると、ここにいる誰かが正岡を殺したということになる。招待客たちは互いに互いを疑いだす。
(補足・正岡の死んだ部屋はC字型の館の片端にある。窓があるのはこの部屋と、もう一方の端っこにある物置部屋だけ。)

美樹本だけが自前のクルーザーでこの島に来た、彼が犯人だとしたらすぐに逃げられるじゃないか。
そう考えた透は真理と共に美樹本のクルーザーへ向かった。
だがそこに居た美樹本は「こんな物騒な所早く逃げ出したいが、そうもいかなくなった」と沖を指し示す。
海面の水位が下がり、島のC字の口を開けた部分に岩礁が突き出していた。島は円環状だったのだ。
これで島に閉じ込められてしまったことになる。

90 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:05 ID:zchuZkAH
三人で館に戻ると、みどりとOL二人が泣いていた。俊夫、小林、香山もそこにいる。
夏美が死んでいたのだ。
首に「狐」の襟巻き(夏美が持ってきていたもの)が巻きついている。これで絞め殺されたらしい。
右の手首には切断しようとしたのだろう、深い傷がついている。またわらべ唄と同じだ。
夏美の手に何かが握られている事に真理が気づいた。夏美の指を開かせると、中からマニキュアの瓶が出てきた。
緑色の珍しいマニキュアは、みどりが使っているものと同じだった。
当然みどりは疑われ、犯人ではないと主張するが信じてもらえず、俊夫と共にその場を離れた。
可奈子と啓子も「人殺しと一緒にいたくない」と自分たちの部屋へ行ってしまう。
香山は夏美の側に残り、他の者は応接室で話し合うが、殺人犯の正体がわかるはずもなく
疑心暗鬼になる一同。

昼食の時間になった。
食事をとらないわけにもいかないということで、夏美に付き添う香山以外の全員が集まった。
しかしスープが出されたきり、一向に食事が出てこない。キヨの身に何かあったのではないか…?
念のため二人一組になって館内をくまなく探すが、キヨは見つからなかった。
キヨが居たはずの厨房を詳しく調べてみると、キヨの出していた料理は全てレトルトだったことがわかる。
そこで何かに気づいた様子の小林だが、透が何を聞いても答えてくれない。
もう一つ奇妙な事に製氷機から氷が全て無くなっていた。

91 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:08 ID:zchuZkAH
食堂に戻ると、またもや「河村亜希」の写真がテーブルの上に置かれていた。
我孫子武丸の声が響く。
「私は……河村亜希を殺した犯人を……許しません…絶対に…絶対に…絶対に…」
声はテープレコーダーから流れていた。
「馬鹿馬鹿しい。ちょっと出てくる。島が元に戻っているかもしれないからな」
そう言って出て行く美樹本の後を透と真理は追った。
外に出た三人は衝撃的な光景を目にする。
館の監視塔、通称《縛り首の塔》にキヨがぶら下げられていたのだ。
その死体に鴉がたかっている…わらべ唄の三番の歌詞だ。

殺人犯は我孫子武丸…目的は河村亜希を殺されたことの報復。しかしこれでは無差別殺人と同じではないか。
「とにかくキヨさんを降ろしてあげましょう」と透は言うが、この状況下で賛同する者はいなかった。
仕方なく透は一人で塔に向かうが、塔の入り口には鍵がかかっていた。キヨを降ろすことは諦めるしかなかった。

92 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:10 ID:zchuZkAH
館内に戻ると、相変わらず誰もが怪しいという状況の中、可奈子が部屋の前に落ちていたというキヨの遺書を差し出す。
『私の手は血に染まっています。私は主人である我孫子の殺人を手助けしてしまいました。
 我孫子は正岡さまに復讐を遂げました。他の方には被害は及びません。
 我孫子の正体は…亡くなった夏美さまです』
夏美が犯人だったのかと納得する面々と、夏美の潔白を主張する香山。
結局、「自分の手で、しかも手首がひどく傷ついた状態で自分の首を占められるものだろうか」
「報復が終わったのならば、さっき流れたメッセージは何なんだ」と透と真理が主張した事で、
キヨの遺書は我孫子の用意したニセモノだろうということに落ち着いた。

透と真理は水位が元に戻ったかを確認しようと館の外へ出た。
真理は「館は島と同じように本当は円環状で、正岡殺しの時、犯人はやはり窓から侵入したのでは」と透に話す。
再び館に戻って《縛り首の塔》を見た透はあることに気づく。
「キヨさんの死体を降ろして確かめたい事がある」
真理、小林、村上、美樹本が協力してはしごを支え、透がそれを上っていく。
はしごの上で透は《失われた環(ミッシング・リング)》を見つけた。それは中庭の泉に残された足ひれだった。
それに気づいた瞬間、透は塔のに潜んでいた何者かに突き飛ばされ、はしごから落ちて気を失ってしまった…。

93 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:12 ID:zchuZkAH
しばらくして目を覚ました透は、第四の殺人を防ぐ為に皆を応接室に集めた。
だが、俊夫が呼びに行ったとき、部屋に閉じこもっていたはずのみどりは姿を消していた。
わらべ唄の四番目の歌詞は「かざみどり」…
「みどりさんが危ない!」と透たちはみどりの行き先の手がかりを探す。
どうやらみどりは我孫子に手紙で呼び出されたらしい。手紙には『人造湖に来い』とあった。

人造湖のほとりの小屋。
小屋の中の樽に、かき氷状の氷に首まで埋められたみどりがいた。またわらべ唄の見立てだ。
幸いなことにみどりは生きているようだ。俊夫がみどりを館へ連れて行く。
「さて……犯人はあなたですね」
透の呼びかけに応えて小屋の奥から出てきたのは、死んだはずのキヨだった。

館の泉は人造湖と繋がっていた。岸猿家が奉公人の逃亡を防ぐ為に作った仕掛けで、
防波壁の扉を閉じ、バルブを操作すると、館の庭に湖の水が流れ込む仕組みになっているのだ。
キヨは館を水没させ、物置部屋の窓から正岡の部屋の窓まで中庭を泳いで渡った。
これなら短時間で移動でき、庭に足跡も残らない。泉にあった足ひれはキヨが使ったものだった。
窓が無い館では、外の異変に気づく者はいない。暴風の騒音の中ならなおさらだ。
ドライスーツを着ていれば、びしょ濡れになる事もない。
だが食堂の仕掛けなど、キヨ一人では実行不可能なことがある。
キヨの協力者とは村上だった。村上は密かに皆を誘導して、仕掛けを準備する時間を作っていたのだ。

94 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:14 ID:zchuZkAH
透はキヨの正体に言及する。
「キヨさんの正体は……今日子さんです」驚く真理。
かつらをとり、老婆のメイクを拭うと、それは確かに小林の妻、今日子だった。
考えてみればキヨは招待もされていない小林の名を、小林が名乗る前から呼んでいた。
小林の様子がおかしかったのはキヨの正体に気づいたからだった。名前の事、料理が出来ない事、手紙の筆跡などで。

今日子が殺そうとしていたのは、久保田みどりただ一人だった。
正岡はみどりと部屋を交換していた為、暗闇で誤って殺してしまった。
夏美はキヨの部屋に忍び込み、あのマニキュアを見て年寄りがこんな物を持っているのはおかしい、と感じた。
『あんたが正岡さんを殺したんじゃないの』と疑われ、殺すしかなかったのだ。
(みどりが持っていた同じマニキュアは、かつて今日子の手からみどりに渡った物だった。)
そして疑いの目をキヨから逸らし、また行動しやすくする為に、キヨの存在を消したのだが、
透が真実に気づいてしまったため、急遽みどりを呼び出した。

95 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:17 ID:zchuZkAH
今日子の旧姓は岸猿。
没落した貧しい家に生まれた今日子とその弟。弟は口減らしのために他家へ貰われた。
今日子は両親を亡くした後、漁師と結婚するが、夫は事故で死に、二人の間に生まれた娘は里子に出された。
今日子の弟とは村上つとむ、娘とは河村亜希。
小林と再婚した今日子は、ある日宿泊予定者の中に娘の名を見つけた。
娘を一目だけでも見ることを今日子は楽しみに待っていたが、その日「シュプール」に亜希が来ることは無かった。
亜希はペンションの宿泊客のものと思われる車にはねられ、一晩中吹雪にさらされて死んでしまったのだ。
今日子は犯人を捜すためにその夜の出来事をモデルに小説を書いた。幸運にもそれはゲーム化され多くの人の目に触れた。
しかし犯人が名乗り出るはずもなく、今回の無人島招待を計画したのだった。
夫と従業員のことは疑っていなかったため、招待状を出さなかった。
しかし食堂で、河村亜希の写真とおもちゃの車に露骨に反応したのはみどりだった…。

今日子が動機を語り終えた。
抜け殻のようになってしまった今日子、村上。
いつからか外に居て話を聞いていたみどりは、自分の罪を告白した。「殺されても仕方が無いんです…」
その時遠くから低い波の音が聞こえてきた…「島が元に戻ったかもしれない」「夕方には迎えの船が来る!」
館に戻ろうとした透たちは海岸で蛇のような生き物、リュウグウノツカイを見る。
そして島に向かって高波が迫ってきていることに気づく。
五番の歌詞の最後が「ざんぶらぶんの どうどうどう」となっているように、
島の円環が解けた影響で津波が起きているのだ。

96 :かまいたちの夜2〜わらべ唄篇〜:04/02/27 22:19 ID:zchuZkAH
一同は丘の上に逃げようとするが、今日子はこの場に残ると言う。
呪われた岸猿の血は絶えるべきなのだと言って。そして小林も妻に付き添うのだった。
津波が迫る中小林は「いきなさい!」と透と真理に向かって叫ぶ。
丘の上に逃げたはいいものの、どうも波の高さは丘を上回るようだ。
透はとっさの閃きで三日月館に戻ろうと言う。館ならあの波に耐えられるかもしれない。
皆もそれに従う中、村上だけは「姉たちの最期を見届けたい」と言って丘に留まる。

館の中で波をしのいだ透たちが外へ出ると、島の被害は想像以上だった。
小林夫妻の姿も、村上の姿も無い。泣き出す真理。
『いきなさい』
小林の最期の言葉は『行きなさい』ではなく『生きなさい』と言っていたのではないか…透はそう思うのだった。

わらべ唄篇・完

補足
・透が河村亜希の写真に見覚えがあったのは今日子の面影があったから
・《縛り首の塔》を見て透が気づいたことは、キヨの死体(のニセモノ)から綿がはみ出ていたこと


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 00:39 ID:GJW/4BOe
かまいたち乙! 読みやすくて面白かったっす。
俺、SFC版のまともなEDすら一度も見たこと無かったんだけど
このシリーズに興味はあったんで助かったよ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 00:59 ID:T5F0Ip9G
PSのエンドセクターをお願いします

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 01:28 ID:y0qCyUjf
かまいたちの夜2って随分と評判が悪かったような感じがしたんだが、
結構普通のストーリーなんだな。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 01:52 ID:IKbwoDIZ
>99
それがねぇ…。ひねり方によってはもう少し良かったんだろうけどねぇ。他の章がねぇ。

ところで、この他のEDはどうなさるの?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 04:30 ID:N5DS2Fic
>>99
というかあれでそ。犯人当てがほとんど存在してないってことが・・・だとおもう。
1のときはミスればサバイバルエンドで殺されるのに2ではそれがないからねぇ。

しかも他の章もハッピーと呼べるような(ギャグではない死人でないEND)もBADとされてるから。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 08:44 ID:LgBeb0o5
デビルメイクライは最後までいったっけ?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 10:14 ID:6gsE+K7X
かまいたち乙です。

あまりにも退屈なストーリーだな。
糞呼ばわりされるのが良く判る。
我孫子は終わってるな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 12:31 ID:K0djM0qj
感じ方はそれぞれってことがよくわかるな(w

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 13:42 ID:CtjsZ8uB
我孫子の才能は1で尽きたのか、はたまたシナリオを任せた奴が糞なのか…。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 13:53 ID:1HcWe3sM
他のシナリオは我孫子タンじゃないぞ。
わらべ唄篇から分岐するサイキック篇は激しく糞シナリオだったが…

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 15:06 ID:7LOBAATA
我孫子が書いたのはラブテスター篇とわらび唄篇だけじゃなかったか

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 15:39 ID:rXclsXRT
ライブアライブが放置扱いになってるのに今気付いた。それなら途中まで書いたんだし、最後まで書くか。
あんまりストーリーはあってないようなもんだけど良い?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 16:59 ID:wPK0SP2K
>>108
依頼者じゃないけどお願いします
本当は一度自分でやりたいんだけど手に入らん

自分もかまいたち1で死にまくっただけに、2は普通に話進めて1回でEND行けたので
拍子抜けしたなあ。 犯人当て何度ミスしても聞き返してくれるし。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 19:37 ID:HC8hAlVp
かまいたち2をやった者です。
他の話もやったほうがいいですか?見たい人が居ればやらせてもらいます。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 20:30 ID:SQRVzpjD
>>110
ピンクシナリオキボンヌ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 22:45 ID:rXclsXRT
ちょっと困ってるんで聞きますが、この最終編は突然ラスボスのところにも行けるんだけどどうしたらいい?
話に整合性を持たすためにそこにいくまでのダンジョンの話を少し入れて良い?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/28 23:01 ID:eHLaV9z/
>102
デビルは途中までだす。お願いできるならお頼みします。

114 :108:04/02/28 23:45 ID:rXclsXRT
まぁいいか、書いてみて問題あったらお願いします。書き直しますんで。

115 :ライブアライブ最終編:04/02/29 00:19 ID:vW5ldv+B
各時代のボスを退けたのち、英雄達がいつもの日々を送っていると、どこからか不思議な声響いてくる。
「きたれよ 未だ人間に幻想を抱くものよ いざなおう 真実を知らしめんために」
次の瞬間、辺りが真っ暗になり、色んな時代が数珠つなぎになった奇妙な亜空間へと飛ばされる。
突然の事態に困惑しながらも亜空間を抜けると、そこは魔王・オディオになったオルステッドに滅ぼされた中世編の世界だった。

人間が一人もおらず、当然のように魔物が闊歩する世界に仕方なく同じようにこの世界に飛ばされて来た各時代の英雄たちに協力を募る。
滅びた村で昼寝しているアキラ。独り、放浪するサンダウン。勇者の山の山頂にたたずむ心山拳継承者。野草の群生地をうろつくポゴ。
バッテリーが外れて野ざらしにされているキューブ。看板の上に隠れているおぼろ丸。城の地下牢で相変わらず筋トレをしている高原。
彼等に突然襲われたり、懐かれたりしながらも、他にあてもなく元の世界に戻る手がかりを探す為に手を組む7人。

各地を巡っていくうちについに7人は邪悪な気配を感じる魔王山にたどりつく。魔王山に巣くう魔物を退けつつ、奥に進むと石像が並ぶ不気味な部屋が広がっていた。
驚がくする英雄たち。そこに飾られていた石像は自分達が倒していたボスキャラにそっくりだった。一つの確信を抱き、さらに進む英雄たち。
そして最頂部、オルステッドとストレイボウが殺しあった魔王像の前。そこに魔王・オディオ(オルステッド)がいた。
自分が英雄たちをこの世界に呼び寄せた事を明かすオルステッド。どうしても伝えたい事があると言う。
オルステッドは英雄たちに人間の愚かさを説く。そしてそれを守るために他者を傷つけ、時代の敗者達をかえり見なかった英雄たちを罵る。
そして、英雄たちの返答に失望したのか「お前らもここの世界の人間たちと同じだ」、と怒り、本性をむき出しにし、襲いかかってくる魔王・オディオ。
巨大な顔のパーツの化け物。もはやそこに人間・オルステッドの姿はなかった。

116 :ライブアライブ最終編:04/02/29 01:00 ID:vW5ldv+B
英雄たちがなんとか魔王・オディオ(オルステッド)を倒すと、魔力を失ったのか、元の人間の姿に戻っていく。オルステッドは英雄たちに自分にとどめを刺すように勧める。
(ここで分岐点。とどめを刺す事もできるが、ここでオルステッドを殺してしまうと、元の世界には帰れず、NEVER ENDという後味の悪い終わり方になってしまう。)
英雄たちは地面に這いつくばるオルステッドを無視し、来た道を引き返す。そしてあの石像の間。一足遅く、別行動していた英雄たちが駆けつけていた。
オディオを倒した事を伝えようとすると、背後から追いかけて来たオルステッドが「まだ終わっていない。知るがいい、オディオの意味を。」と叫ぶ。

そしてオルステッドの言葉に呼応するように7体の石像が次々、光りはじめる。
「それは太古なる昔より、はるかなる未来まで、平和なる時も、混乱の世にも、あらゆる場所、あらゆる時代に、戦いの火種となるもの。
 人間がいる限りその感情は途絶える事はない。その感情の名は『憎しみ』。あるいは、オディオという。」

次の瞬間、それぞれの石像に吸い込まれる。ボス達と闘った時間に引き戻され、各時代のオディオと1対1の勝負を強制される英雄たち。
しかし、この世界でさらに強靭になった英雄たちは次々にオディオ達を撃破していく。そして、全員無事、石像の前に戻ってくる。
その場に倒れるオルステッド。自らの敗北を悟り、自分がこのまま死ねば全員元の世界に戻れる事を伝える。
そして「誰でも魔王になる可能性がある」と不気味な言葉を残し、息絶えるオルステッド。そして英雄達は自分の時代へと帰っていった。

その後、ポゴ(原始編)には、べるとの間に子供が生まれ、キューブ(SF編)はカトゥーの元で幸せに暮らし、高原(現代編)は更なる強敵を求め旅立ち、
心山拳継承者(功夫編)は弟子を取り、道場を開設。アキラはいつもの面々と騒がしくも楽しい日々を送り、サンダウンは死に場所を求め荒野を再び放浪。
おぼろ丸(幕末編)は坂本竜馬の護衛として、襲いくる忍びを蹴散らしていく(おぼろ丸の場合、幕末編での最後の選択肢によって結末が変わる)
そして誰もいなくなった中世編の世界から禍々しい気が消え、次第に森や山が鮮やかな色を取り戻していく。

THE END

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 01:19 ID:vW5ldv+B
ライブアライブのよく感じがつかめなかった人のために。ライブアライブの紹介frash。
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/1415/01/livealive.swf

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 01:23 ID:4VbaJBgN
新作トリップなんていらね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 03:10 ID:1TOAgE/X
ライブアライブの人、モツカレー。
すっげ懐かしくなった。なんか一人一人の主人公で、中世に招かれる台詞が異なったりするんだったよな。

>「誰でも魔王になる可能性がある」
オルステッドってやっぱ可哀想だなァ

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 03:34 ID:lghPbrq4
>>117
なんかチカチカして目が痛い・・・

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 11:12 ID:UYZjfPTJ
ライブアライブ懐かしいな。
リメイクして欲しいナンバーワンなんだけど(´・ω・`)

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 11:24 ID:blX3QXKA
天地創造リメイクしてほしい

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 12:56 ID:VaxcYoKN
どーでもいいんだけどDODの新宿エンドを
教えて欲しい・・・。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 13:41 ID:kMQLY1f0
何故か現代日本に>自衛隊に撃墜>東京タワーにドラゴン突き刺さり

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 14:23 ID:bu6rpqyA
意味わかんねーな…

126 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 17:47 ID:2oopJZ3T
(島に向かうまではわらべ唄篇と同じ。
 陰陽篇ではキヨ、村上、正岡は登場せず、夏美は密教や陰陽道に詳しい人物として描かれる)

島に向かう船の上で、透は我孫子について船長に訊く。
我孫子は地元の漁村「網曳村(あびこむら)」の出身ではないか、と船長は言う。
さらに詳しく訊こうとする透だが、船長は「網曳村の話はしたくない」と口を閉ざす。
「あんたらも物好きだな。よりによって《かまいたちの夜》にあんな島へ行くとは…」

船長が帰っていくと、美樹本がクルーザーでやって来た。
透、真理、小林、美樹本の四人は「三日月館」へ向かう。
美樹本は「かつてこの館は岸猿家の私設監獄だった」と透たちに話す。
岸猿家は奉公人を「カト(家兎)」と呼び、家畜のように扱っていたという。

島や館には風に由縁するものが数多くある。
風の神を祀った神社や、悪い風を切るという意味で館の窓に取り付けられた「風切り鎌」などだ。
美樹本はそれらの意味を説明しながら「糞忌々しい風が」とつぶやく。
だが透がその言葉の意味を尋ねると、美樹本は自分の言った事を覚えていないようだった。

127 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 17:48 ID:2oopJZ3T
島の天候は崩れつつあった。さっきまであんなに晴れていたというのに。
館の応接室には、久保田夫妻、可奈子と啓子が既に到着していた。
遅れて香山夫妻がやって来た。合計十人だ。
我孫子が来るまで、館の探検をしていると、美樹本が食堂に集まってくれと言う。
皆が集まると美樹本は、「ぼくが《我孫子武丸》なんだ」と明かす。
美樹本は祖母が網曳村出身のため、このペンネームをつけたそうだ。

美樹本はふとしたことからこの島の事を知った。
祖母から岸猿家の話を聞いたときは作り話だと思っていたが、島が実在した為興味を引かれたのだった。
美樹本が調べたところによると、この島の前の持ち主・岸猿家は地元の網元にして神社の宮司でもあったらしい。
岸猿家の奉公人に対する残虐な仕打ちを知っていくうちに、ゲーム『かまいたちの夜』の
シナリオを思いついたのかな…と美樹本は語った。自分でもよくわからないようだ。
しかも、島を買うために何度か下見に訪れているはずなのに、その記憶が曖昧であることなど、
美樹本の行動と言動にはどうも不可解なところがあった。

128 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 17:50 ID:2oopJZ3T
夕食後、透は真理を誘って外に散歩に出た。透は二人きりが良かったのだが、香山と夏美もついて来た。
出かける四人に美樹本は声をかける。
「今日は五十年に一度の、《かまいたちの夜》と呼ばれる暴風の日だから、風が強まる前に帰って来てくれよ」
なぜ美樹本はわざわざこんな日を選んで招待したのか?と透は訝しがる。

散歩中、香山が何かに躓いて転んでしまった。
それは真っ二つに割れた石碑であった。なぜか側には美樹本のものと思われる、壊れたカメラが落ちている。
夏美が石碑に刻まれた文字を解読した。これは岸猿家の当主だった伊右衛門の霊を鎮める目的のものらしい。
ここで夏美がそれまでに気がついたことを述べる。
伊右衛門はかなり人々に恐れられていたようだ。
伊右衛門は風水を利用してこの島に気の力を集めていたのではないか。
何の為に気を集めていたのかはわからないが、溜まりすぎた気は《かまいたちの夜》の暴風で拡散するので、
気が暴発して悪影響が出るようなことにはならないだろう…。

129 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 17:53 ID:2oopJZ3T
風が強まり、防波壁の扉が閉ざされた。
応接室からみどりの悲鳴が聞こえた。
透たちが応接室に行くと、天井に赤い線が一本引かれ、そこからポタポタと滴が落ちている。線は血で描かれたものらしい。
その時、階上から絶叫が聞こえた。
急いで二階に上がると、啓子の部屋からすすり泣きが聞こえる。
すすり泣く啓子の脇、ベッドの上には…首にベッドのスプリングが食い込み、可奈子が絶命していた。
啓子からなんとか話を聞き出すと、「突然スプリングが飛び出して、可奈子の首に巻きついた」と言う。
部屋には『朱雀』と書かれた紙が落ちている…。
突如啓子が笑い出した。
啓子はそこにいる一人一人を指差し、「ここにいる全員が死ぬ」と老人の声で告げた。
「すべては岸猿家のため…」啓子は気を失った。

130 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 17:56 ID:2oopJZ3T
啓子を部屋へ運び、残りの者は応接室に集まっていた。誰も口を開こうとしない。
二階から大きな物音がした。
物音は美樹本の部屋からするようだ。誰かと争っているらしい。
「お前の思うようにはさせん!」と美樹本。
「たかがアビコの家兎に何が出来る」と老人の声。
透たちは美樹本の部屋の扉を開けようとするが、体当たりをしても開かない。
ようやく扉が開いた時、部屋の窓の下には、堀に植えられていた鉄杭によって串刺しにされた美樹本の死体があった。
まるで昆虫標本のように外壁に磔になっている。
そして部屋の床には『玄武』と書かれた紙。応接室の天井には、もう一本の線が描き加えられていた。

誰の仕業なのか。そもそも人間にあんな殺し方が可能なのか。さっきの老人の声は?
応接室で皆が話し合う。
とりあえず警察に連絡を、と電話を探すが、館には電話が無いようだった。
では携帯電話なら、と香山、夏美、俊夫が携帯を取り出すと、3人の携帯から奇妙な声が流れ出た。
『ひとつ、ふたつ、みつよついつつむつ、ななつやつ、ここのつ血に満たされば
 逆しまの力ぎんと溢れ、この世の法破れや、妙婆詞(ソバカ)。
 さすれば比斗神(ひとがみ)生まれるぞよ』

131 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 17:59 ID:2oopJZ3T
一同は美樹本のクルーザーで逃げようとするが、玄関には鍵がかかっていた。
美樹本の部屋に鍵があるはずだ…皆で美樹本の部屋に行き、鍵を探すが見つからない。
美樹本が鍵を持っているのだ。俊夫が窓から体を乗り出し、鍵を取ろうとした。
その瞬間、突然窓が閉まり、俊夫の体を挟み込んだ。
透たちが窓を引き上げようとするが窓は意思を持つかのように俊夫を絞めつけ、
俊夫の体は胴体で切断されてしまった。
どこからか『白虎』と書かれた紙が舞い降りてきた…。

夫の死を目の当たりにして気を失ったみどりは自室に運ばれた。
応接室の天井にはまた赤い線が増えていた。これで三本。
「こんな事になるなら今日子の言う通り、島に来なければ良かった」小林が呟く。
今日子は岸猿伊右衛門の孫に当たるらしい。
三日月館での岸猿家の非道な行いを聞き知っていた今日子は小林をひき止めたのだが、
どうしても行くときかない小林に、お守りと言って五芒星の描かれた木人形を渡したのだ。
「それはセーマンちゃうのん?」人形についた印を見て夏美が言った。

132 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 18:01 ID:2oopJZ3T
夏美、そして美樹本の部屋にあった岸猿家について調べた本によると…
・五芒星(セーマン)に対する印はドーマン(縦四本、横五本の線を引いた碁盤目状の印)
・ドーマンの描き順には、臨、兵闘、者、皆、陣、列、在、前の九字が割り当てられる。
 別の言い方では、朱雀、玄武、白虎、勾陳、南斗、北斗、三台、玉女、青龍。
(注・この説明はかなりいい加減に書いてます。陰陽道に詳しい人、間違いがあっても突っこまないでね)

ドーマンの描き順と同じ文字が死体の側に。そして一本ずつ引かれていく天井の線。
どうやら人が殺されるごとにドーマンの完成が近づいているようだ。
勝手に付いてきた小林を除く、館に集まった九人は何らかの儀式の生贄にされるために呼ばれたのだ。
愕然とする一同。その時夏美が天井に線が一本増えている事に気づく。
廊下を誰かが歩いてくる。
それは全身を血に染めた啓子だった。先ほど携帯から流れ出た祭文をブツブツと唱えている。
啓子は手にみどりの首を下げていた。みどりの首は『勾陳』と書かれた紙をくわえている。
「我は岸猿家当主伊右衛門。ここに五の贄を捧げ奉り給う」
老人の声でそう言って、啓子は自分の首に包丁を突きたてた。『南斗』の紙がひらりと落ちる。
天井に五本目の線が引かれていった。

133 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 18:04 ID:2oopJZ3T
応接室を離れ、食堂で残った五人が話し合う。
ドーマンの完成によって比斗神とやらが生まれるようだ。
伊右衛門は五十年かけて集めた気が最も高まるこの日、暴風によって気が散らされてしまう前に
ドーマンを完成させたいのではないか…。
突然、喉が渇いたといって厨房に行く夏美。

おそらく美樹本は初めてこの島に来たとき、伊右衛門を鎮める石碑を壊してしまったのだろう。
目覚めた伊右衛門の霊は美樹本を操って、生贄にするためにこの島に皆を集めたに違いない。
透が真理に自分の考えを話していると、夏美の絶叫が聞こえた。
食堂に逃げ込んできた夏美は全身火だるまとなっていた。そしてそのまま凄惨な最期を遂げる。
夏美の死体に『北斗』の紙が張り付いていた。

香山は夏美を失った悲しみと怒りで、先ほどから一人何も喋っていない小林にくってかかる。
「お前が夏美を殺したんや!」「私は無関係だ」小林は食堂を出て行ってしまう。
ひとりにして欲しいと言う香山を残し、透と真理は二階へ上がった。
だが透は香山のことが気になり、真理を先に行かせて食堂に戻った。

134 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 18:06 ID:2oopJZ3T
食堂から声がする。「見んといて……見んといて…」
透がそこで見たものは、香山の目をえぐり出す、炭と化した夏美の姿だった。
透は慌てて真理のいる部屋に逃げ込んだ。

五十年かけて溜めた気は、《かまいたちの夜》に吹き飛んでしまうはず…
つまり部屋の中で夜が過ぎるのをじっと待っていれば助かるかもしれない!二人は希望を持つ。
部屋の外で小林の悲鳴が聞こえた。「助けてくれ!」
小林を見捨てる事は出来ず、透は扉を開け、そして見てしまう。

胸に穴を開けた美樹本、首に鉄線を食い込ませた可奈子、喉の裂けた啓子、
真っ黒に炭化した夏美、両目の無い香山、自分の首を抱えたみどり、上半身だけで這いずる俊夫…。
死者たちがあの祭文を唱えながら、こちらに迫ってくる。
部屋に入り扉を閉じるが、廊下からは扉を開けようとする音が聞こえてくる。
外では風が強まってきている。もう少しの辛抱だ。
しかし突然、小林が「奴らも頑張ったが、間に合いそうにもないなあ」と言って、
隠し持っていた鎌で真理を切りつけた。喉を切られて真理は息絶えた。

135 :かまいたちの夜2〜陰陽篇〜:04/02/29 18:09 ID:2oopJZ3T
伊右衛門の霊は、美樹本を離れ啓子にとり憑いていたが、啓子が死んだ今は小林に憑いていたのだ。
小林の参加は伊右衛門にとって願ってもない幸運だった。
小林に憑いていれば、孫である今日子を守り、岸猿家を再建できるからだ。
「さあて、あと一人。もう時間は無い」
小林の姿の伊右衛門が透に切りかかった。同時に透は小林の首に手をかける。
鎌は透の肩に刺さったが、透はそのまま首を絞め続け、小林の息の根を止めた。

扉は開いていたが、死者の姿はない。《かまいたちの夜》が過ぎようとしていた。
悪夢は終わった…そう思ったとき、声が響いた。
「やれ嬉し やれ嬉し とうとう九執血で満たされおった
 ひとつ ふたつ みつ よつ いつつ むつ ななつ やつ ここのつ
 血に満たされ 今こそ逆しまの力 ぎんと溢れぬ」
九人目の生贄は誰でも良かったのだ。透でも、小林でも。
声は透自身が発するものだった。透の口から哄笑が溢れ出た…。

陰陽篇・完

比斗神=岸猿家にとっての守り神で、富をもたらすが、蘇らせた者以外にとっては邪神となる。
      呼び出すためには血のドーマン(生贄)が必要。

136 :リアルロボット戦線:04/02/29 18:16 ID:GXbCs9mN
主人公はムジカという女の子で、別世界のシャアの熱狂的なファンで機体も赤くするという
中々デムパかつ、ボク女。当初の腕は未完扱い。親のラズロは軍の高官でもある。

ウルスと呼ばれる世界に二分した2台勢力ノーザンブライト(主人公側)とアズロニアの戦闘を
激化させたのがこのゲームの核心とも言えるデュプリケートという技術。
デュプリケーターという過去の遺産(召喚するゲート)から別次元のロボット及び
パイロットの複製体(ブランチ)を召喚、戦時利用している。
ちなみに、ブランチには強さに応じてランク付けされており、デュプリケーターのEN面から、
強い奴ばかりを召喚…は不能。ただし、デュプリケーターさえ確保出来れば、
一度死んだブランチでも再召喚は可能(以前の記憶は残っていないが)。

その為使い捨て感覚で利用され、人権という面でもかなり悲惨な境遇にあったりする。
ムジカはブランチ差別を嫌うが、幼馴染のグレンは両親がブランチのテロに遭って
死んだ事も有り、異様なまでの嫌悪を抱いている。
ちなみに、シャアは過去に反乱を起こしたため、以後は召喚禁止となっている。

新たに発見されたデュプリケーターの捜索の為、ムジカの所属する部隊が派遣される。
そこでアズロニアの襲撃を受け、大ピンチ。早速召喚して何とか凌ぐぞって事で
出てきたのがテキサス攻防戦中のガンダム連中。ワーオ、アムロどころか
デュプリケート禁止のシャアも召喚しちまったい。アズロニア撃退に成功。
ちなみに、アムロ達は元の世界に帰りてぇって事(コピーされた自覚は無い)と
その後の身の問題からシャアと一時休戦、ムジカ部隊の戦力化。

アズロニアと交戦を重ね、しばらくした後、味方舞台に配属された聖戦士連中
(ジェリル・フェイ・アレン…ジェリルを手動操作出来る貴重な機会)が
突如牙をむく。彼らは戦力としてではなく、シャアを始末する為に配属されていた。
囲まれて絶体絶命のシャア、なす術も無く、撃墜され、行方不明になる。

137 :リアルロボット戦線:04/02/29 18:19 ID:GXbCs9mN
その後、親父のやり方に疑問を覚えたムジカは真意を聞こうとするも、投獄されてしまう。
獄中でラズロニア軍との戦いの中で捕らえたラルフ(通称ラズロニアの青い剣。
過去にZのマウアーと恋仲だったが死亡。再度召喚されたマウアーに
その記憶は無く、以後ブランチに嫌悪っつーか壁を作る)と会い、一時休戦・協力し、脱獄。

ノーザンブライトを敵に回してしまい、姉貴分であるレギとなし崩しに敵対する事となってしまい、
当然殺す気は無かったが、コクピットが爆発、結果レギは死亡。レギの婚約者ワイズは
自我崩壊、温厚な性格が一転、復讐の鬼と化し、容貌一変。

何かと交戦を続ける中でアムロやショウといった、ノーザン側のブランチを説得し、引き入れ
行方不明だったシャアとも再会する。実はシャアはムジカの祖父である事も発覚する
(親父ラズロの容姿は平凡w性質だけは確実に遺伝しているが)。基地外化したワイズと
度々交戦、グレンと戦い、和解を果たし、と色々あって基盤が整った後、
親父と対決、討ち果たす事になる。だが、戦争激化の大元である
デュプリケーターは依然健在。元を断つ為に月まで起つ。

月に存在したのはMD(マザーデュプリケーター)を守護する二人の少女。
MDの守護時以外はコールドスリープ状態で実際は恐ろしい年齢。
今のウルス人の祖先にあたる最後の純血種といった所か。
デュプリケーターの存在の危険さを訴え説得、MDの殲滅に成功する。

デュプリケーターの存在意義は絶滅しかけた旧ウルス人が存続する為の物で、
結果ブランチと旧ウルス陣人の交わりで現在の人類へと進化したとの事。
ただし、所詮はコピーである以上、デュプリケーターが完全に消え去った瞬間、
名残惜しさを残しつつ、仲間のブランチは消滅する。
この時、異常なまでにブランチを嫌悪していたグレンも突然の消滅を始める。
本人は知らなかったようだが、両親は共にブランチである事を告げられ、
自業自得だったと自嘲し、消えてしまう。

その後、ED。デュプリケート自体は異世界(ガンダムワールド等)に干渉しないはずだが、
なぜかムジカの事を無意識上に刻み込まれているサンライズの面々が出てくる。

138 :リアルロボット戦線:04/02/29 18:21 ID:GXbCs9mN
【注意】
このゲームはマルチストーリーなので、選択自体で主要人物の立場が大きく変わります。
このルートでは仲間の人が敵になったり…って感じで。オリジナルらしく、親父が中ボスのルートを紹介。
あと、親父の豹変理由と立場(軍の責任者だったか、単なる高官か・・・)がすっかり、記憶から抜けてまつ。
大筋は間違っていないはずだけど、補完訂正きぼん。オリジナルキャラ全部の説明は無理なんで、勘弁。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 19:19 ID:DfWUZxIE
新スーパーロボット大戦。

宇宙篇。ズフィールド倒して終わり。
合流篇。デビルガンダム倒して終わり。

これではダメか? ぶっちゃけ、ストーリーなんて全然面白くないんだよ!

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 19:19 ID:kkkQJD4K
スパロボなんてストーリー有って無いようなもんだしそれでいいんでない?

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 20:21 ID:ikg1a/Hm
6割は原作のエピソードだ品

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/29 20:33 ID:4VbaJBgN
寺田がクズだからしょうがない。
αシリーズも完結してないのに他のシリーズ出すし。
魔装とかSRX系は非難があったから出さないし。

真のクズですよ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 00:11 ID:zkA9cb5g
トレジャーハンターGってどんなシナリオだっけ?
親父探して立ちしょんしてクジラさんに乗って猿が(ry
ってのは覚えてるんだが…

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 02:13 ID:7717Zz24
アークザラッド
2に続く。

まさにこんな感じなんだが。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 04:25 ID:13Q32WLn
詳しくおながいします

>>143
当時、最後のどんでん返しが凄いと言われてたゲームらすぃ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 04:40 ID:bhQ7Hk+K
うろ覚えだが…
村長の息子と結婚させられそうになった巫女クルルは商人に騙され
アークデーモンの封印を解いてしまいます。
同じ村に住む少年アークは都に出て偉くなるぞーとハッスル中。
(父親が幼い頃から行方不明とかでいじめられっこみたい)
封印が解けて吹雪はじめたのを調べにいくアーク。
アークデーモンに遭遇し、やられますが精霊の力に目覚め撃退。
アーク=勇者、クルル=巫女で精霊の力を集め世界を救えと言われる。

スメリア国王に謁見、飛行船を借り受け世界中をめぐる。
スメリア国音楽隊のポコ、スメリア国の任侠トッシュ
千年前戦った7勇者の一人魔法使いゴーゲン、デブ商人チョンガラ
ラマダ僧の僧兵長イーガという一癖も二癖もある連中が
精霊に導かれた戦士として仲間に加わる。

スメリアに戻るも国王暗殺容疑を大臣アンデルに掛けられる。
なんか地下では炎の精霊王の人体実験みたいなのをやっていたり。
アークの親父はスメリア国王の兄、本来国を継ぐべき男だったとか。

いまさら出てきたアークデーモンをさくっとぬっ殺し
最後の試練として己の影に勝ち聖櫃(アーク)に認められたアーク達。
そこで大臣登場。母親と村人たちの命おしくば封印を解けと言われる。
聖櫃に封じられていた「暗黒の支配者」の封印解ける(ぇー
天変地異発生。飛空挺シルバーノアに乗り込むもクルル乗り遅れ(えー
世界的テロリストにされてしまったアーク一行は暗黒の手下達と
戦い続けることになったのでした。2に続く

アララトス迷宮地下50階にはマスコット幼女「ちょこ」がいて
仲間になってくれる(チョンガラの召喚獣扱い)蝶強い。
大臣アンデルは暗黒四天王の一人な。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 04:54 ID:bhQ7Hk+K
>>146はアークザラッドな。
世界を救えと言われた当の本人達が破滅のトリガーを引いてしまうという話。
2では急に貫禄がついているが1では事の重大性を理解していないDQNだ。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 09:48 ID:eDeedwof
みなさんオッツーです!(・∀・)

魔法大陸ウォズをお願いしたいのですが。
昔途中までしかやってなくて。今店で見かけないので…

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 10:24 ID:bhQ7Hk+K
ttp://www1.harenet.ne.jp/~nisynuts/content.html
超魔法大陸ウォズ攻略・解説ページ。

非常に香ばしそうなゲームだな。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 12:29 ID:RNfoUwch
新のシナリオは寺田じゃないけど…

あと新スパロボ頼んだと私だけどごめんなさい

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 12:49 ID:IHdVAxI4
只今、月姫を執筆中。
もうね、ゲーム自体のテキスト量も凄いけど
設定とか世界観が特殊で大変
遅くとも今月中には何とかしますので
(需要がもう無いかも知れないけど)

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 12:53 ID:OIrNIbqV
月姫って名前は良く聞くけど
どんなゲームか知らないので期待!

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 12:58 ID:FdBZReoZ
リクエストで月姫なんてでたっけ?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 13:05 ID:RNfoUwch
板違いじゃないのか?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 13:07 ID:3CuOlGPJ
ギャルゲー、エロゲーは板違いだろ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 13:40 ID:MNqfEuLy
リクは出ているみたいだけど、板違いだね。RPGじゃないし。
ところで、ギャルゲーでRPG要素があるのはどうなんだ?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 13:42 ID:2KKPMNEh
.       ∧ ∧   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.       ( ´∀`) < >>151 貴様は不要だ・・・。
     <⌒i。___!>.  |_____________
     /  ^ヽ ) /~i_!! ☆
     〉    /  ! E)/ カチッ
     /   /   || ̄
    i  /|    ||
    /   |.  |  ||
   /   /|  |. ||
   / /  / |.  |. ||          うわあああああ〜
 / /  |  |  |. ||             | |  | | 
/  /.   ノ. | !| |ノ.            |  || | ||
|  rー─/、_/ |.| ''ー、.          |∩ | |(\ ||
`ー'    (__}.'ー―'          _| .|___.ヽヽ.___
.                      /:::::|∧::::∧ | .| :::::::::/
                     /:::::::(´Д` ) .|::::::::/
.                    /::::::::::/    /::::::/


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 13:56 ID:xAV1VRHK
月姫おながいします

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 13:57 ID:FdBZReoZ
残念ながら18禁は禁止になっております。おひきとりください

160 :152:04/03/01 14:30 ID:OIrNIbqV
ごめん。エロゲーだとは思わなかった。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 14:32 ID:KX3b+Jul
じゅうべえくえすと

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 14:41 ID:WuSJCMUo
エロゲは葱板(エロゲネタ板)でスレ立ててやってくれ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 14:43 ID:mybGWkSr
田中の夢物語希望

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 15:00 ID:VsVo8H/J
>>162
葱でスレ立て提案してたヤツがいたが
情報交換系のスレになるだろうからエロゲ板に立てろみたいに言われてたぞ

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 15:13 ID:1KaI+Ch0
>>123
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1067654062/496/
鬱ゲースレより。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 20:23 ID:6otx6B9l
エロゲを差別しないで下さい

167 :515 ◆A.ilTwwjjQ :04/03/01 20:55 ID:leVOgO7L
>>166
実際ここはRPG板なのでエロに関しては載せない方向でいます。一般の方も見ているので……
それにエロゲーは月40本近くもコンスタントに出てくる(有名メーカーとかのゲームも出ない月が無いように思えます)
市場だし、膨大な量になると思うので、容量の問題もありますし。
コンシューマ化されたゲームに関しては…その辺とかはこのスレの皆で話し合って決めて欲しいです。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 20:56 ID:WuSJCMUo
>166
 いや、差別はしないけどよ。ちゃんと、テリトリーが決まってるから、
そこでやってくれってだけの話ですな。俺は、以前エロゲ板か葱板かに
これの類似スレを立てようかと思ったけど、エロゲーマーって、
ネタバレに酷く五月蠅そうな気配があるから、無用な荒れを呼びそうで
結局止めたんだよね。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 21:08 ID:h/9WT3/r
差別はしないけど区別はしようよ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 21:16 ID:FdBZReoZ
結論:ここはわりとジャンルについてはアバウトに扱うが(アクションRPGやシミュレーション系)、
   あくまでここは一般の板であり、18禁であるエロゲーなどは禁止。どうしてもやりたいというならしかるべき板にスレを立ててやっていってほしい。
   とにかく、このスレでは18禁は禁止。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 21:17 ID:GSHaY5x3
>>168
月姫ってゲームは実際にリクエストが着てるわけだし
エロゲ板に立てたら?意外と良スレになるかもよ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 21:24 ID:73TkDTp6
なんでこのくらいの区別も出来ないやついないんだ?
以前スパロボスレに
「PCエロロボゲーに参入して欲しい、なぜでないの?」
と、本気で言ってきたアホを思い出した

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 21:50 ID:/kFT47pT
ここでのエロゲー禁止に同意。
っちゅーか、普通の少年・少女漫画の重要人物が強姦シーンが出ると
読んでる香具師にトラウマを植えつける事って意外と多いと思うし。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 22:07 ID:bhQ7Hk+K
エロゲ話禁止なのは当然だが、過剰反応しすぎるのは問題だと思う。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 22:08 ID:SnM9L9ck
……だから禁止うんぬんを議論する以前に
問答無用で板違いと(以下略)。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:00 ID:FdBZReoZ
ま、この話もここまでにして以下は通常通りどうぞ↓

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:11 ID:M89cGBAG
↑1時間も放置してそりゃないだろ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:26 ID:8iNo3kbk
●未解決分
■PS2 ・スペクトラルソウルズ ・ライゼリート ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ブラックマトリクス2 ・カオスレギオン ・FFX-2インタ(ラストミッション)
・ネビュラ〜エコーナイト〜 ・鋼の錬金術師-翔べない天使-
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・るろうに剣心 十勇士陰謀編 ・テイルズオブエターニア
・聖刻1092 操兵伝 ・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・ビヨンドザビヨンド
・戦国サイバー藤丸地獄変 ・魔道物語(ぷよぷよ) ・ブレスオブファイア4 ・エンドセクター
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・「真・聖刻」 ・バズ-魔法世界 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG
・ラストバイブル3 ・イデアの日 ・マザー2 ・超魔法大陸ウォズ
■FC ・ラグランジュポイント ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿
・ボディコンクエスト ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系 ・バハムート戦記 ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参!
■携帯機 ・アークザラッド 機神復活 ・伝説のオウガバトル外伝 ゼノビアの皇子
・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)
・ダイナソア 〜リザレクション〜(PCゲー) ・田中の夢物語

●途中
■前スレから放置 ・ミッシングパーツ ・ワイルドアームズ(希望 エルミナ ゼット等の隠し)
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート)
・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
■現スレ  ・サモンナイト2 ・エストポリス伝記2 ・かまいたちの夜2 ・ジャングルウォーズ2

●最後まであるがテンプレ管理人様が未完成と判断  ・ボクと魔王 ・ワイルドアームズ3
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・仙窟活龍大戦カオスシード ・ガンパレードマーチ

テンプレ管理人様の要望により月姫は無くさせていただきました。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:47 ID:lx53XumH
もうほとんど忘れてしまったんだけど、
なんとなくよかったシャイニングウィズダム(SS)の詳細をきぼん

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:48 ID:Fh8oGaqX
デビルサマナーを知りたい…

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:51 ID:FdBZReoZ
>>180
サマナーのスレからリンクはって職人さん募ってみれば?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:52 ID:nB0z0DhA
イブ・バーストエラーは板違いですか?ジャンルがよく分からないんだけど。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/01 23:59 ID:RYz+DRmR
>>182
アドベンチャーだし実際にやったほうがいいんでないかい?あのシナリオは

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 00:02 ID:WCSr/WJJ
板違いです。
あれはアドベンチャーなはず。

麻弥子ちゃんは実はクローン!?

「笑って」

ED

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 00:05 ID:hquWJE0r
うーん。でも特に弾く理由もないはず。18禁じゃないんでしょ?
ならFFTのウイユベールもまとめサイトにあるし、別にやるだけやっても良いんじゃない?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 00:08 ID:bFLhZczZ
でもコンシューマ版も18推だしほとんど18禁と変わらんと思うぞ>EVE

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 00:11 ID:hquWJE0r
そうなんだ。ならやめておいた方がよさそうだな。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 00:12 ID:WCSr/WJJ
アドベンチャーつってんだろ。
そんなことなら俺はエクソダスギルティーをきぼんするぞ?
あれはジャンルRPGってなってたし。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 00:45 ID:zCyftvyl
ゴメン荒らすつもりはなかったんで、イブはいいっす。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 03:00 ID:2k4JlhfF
>>188
それならよいと思う

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 03:23 ID:T8p30R5R
家ゲかゲロに立てればよかったな

家ゲ板…○人が多い ×RPGは板違いとうるさい自治厨の存在
ゲロ板…○ジャンル問わず ×ハイーキョ
RPG板…○初代からここだった まとめ人のRPGのみまとめるという方針に適する
        ×他ジャンルでもやってくれという要望が出てきた

前スレ以前でも多少挙がってたんだけどな、
ゲロ板住人としては歓迎したい所だが。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 06:12 ID:9R8pNzRf
>>146
アークザラッドに関して訂正、追加させて頂きます

ヒロインの名前はククル
彼女が結婚させられそうになるのはスメリア王子(結局はアーク)
そそのかしたのはアンデルに買収された村長
炎の精霊は5大精霊のひとつ、火の精霊の下位精霊
主人公達が世界を回るのは5大精霊の承認を得て聖櫃を見つけるため
1の時点では闇黒の支配者の封印は解けていない
聖櫃を開けたことでアークは勇者の力、ククルは聖母の力を得た
また、それまでの旅の過程で得た力こそが聖櫃に入っていると言われていた
世界の滅亡を防ぐ最後の力(レベル60)とのこと
トウヴィルの地形が変わったのは精霊の力によって外界から隔離されるため
(ククルが暗黒の支配者を封じる隠れ蓑で、つまり地殻変動はスメリアのみ)
アンデルから迫られたのは聖櫃の引渡しのみ

です

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 08:36 ID:Qlx8gS38
>>188
PS版の記憶を元に

古代編…舞台は数千年前の時代。剣と魔法の世界です。
    義理の母にハァハァしている主人公の剣士アーレスがいろいろあって旅に出て
    義理の母似の娘に出会ってこれまたハァハァしちゃってあちこち連れまわしているうちに
    地(マッチョ)と水(ロリ)と風(セクシー)と炎(気が強い美女)の神官と戦って仲間にして
    なんか訳分からんけど炎の女神官と一夜を共にして一発命中で出来ちゃったもんだから
    一万数千年後の世界にタイムワープして逃げてそこでなんか偉い人になってて愛人作ってやりたい放題やってました.

現代編…舞台は西暦2000年頃のある島で発見された遺跡。
    トレジャーハンターの主人公カスミが幼馴染の姉妹と数年ぶりに再会する
    妹の方から好意を寄せられてるカスミだが遺跡発掘中に事故が起きて姉と二人きりで閉じ込められた時に犯っちゃいました(この場面、ムービー有り)
    遺跡の中を探索してると古代編でアーレスがハァハァしていた少女が眠っていたけど勝手に目覚めて連れ出したり
    カスミが過去に付き合って女が復讐にし現れたりとか収拾が付かなくなってきたので
    一万数千年後の世界にタイムワープして逃げ出してしまいます

未来編…舞台は過去に大戦争が起きた為荒廃しきった世界。科学技術は特権階級にのみ独占されていて民衆の生活は中世レベル。
    亡国の王女であるスィーが主人公。友達のラーライラとはレズ関係だと思います。
    優男から毎日言い寄られていたりする毎日ですが、義理の母が殺された事をきっかけに旅に出ます
    過去編、現代編からタイムワープしてきた主人公達がこの時代に集結してきています。

結末忘れちまった…

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 12:03 ID:qsxgTObV
>>192
訂正サンクス
記憶違いもいいところだな自分…

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 12:21 ID:NKyWl+8q
>>194
いや、まとめもしなかった俺より貴方の方が余程このスレに貢献してますよ。
貴方がいなければ本筋知る人もいなかったのですし。
要約お疲れ様でした。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 12:24 ID:+bl6b4Kr

ノーマルで発売して数年後エロゲー化して発売された奴はいいのかよ

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 12:41 ID:25nX6QLM
エロゲヲタ必死

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 13:42 ID:NMgC998q
知ってる人がいたら勝手に書けばいいじゃん
既出でなければ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 13:54 ID:iyVIsK1W
新スパロボ追加
東方不敗は宇宙人だった

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 14:24 ID:PBlDzIqL
エクソ
>閉じ込められた時に犯っちゃいました(この場面、ムービー有り)
PS版ではムービー有りません。暗転します。その後姉に服を着る動作はあるが。

>>196
少なくとも、そのノーマル版がRPGであればこのスレ的には全く問題がない。
エロ版は当然禁止。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 15:06 ID:GyGNI76V
エロでもRPGならたまにはいいだろ
潔癖症のおガキ様には困ったもんだ

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 15:19 ID:incayzDP
ルールのなんたるかを知らんアホには困るね


.hackリクエストしていいかな?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 15:40 ID:hquWJE0r
.hackってたしか前にリクがあって誰かが予約したまま放置になってなかったけ?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 15:43 ID:UrzzQzFf
>>201
そんなこといったらランスとかも対象になるんだが
ある程度自粛したらどうかね

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 17:07 ID:q5KGwhhf
 もうエロゲ板に類似スレを立てた方がいいんじゃないか。
さっきやってみたが、俺のホスト(OCN)じゃ無理だった。


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 18:21 ID:LBgMUetX
ブレスオブファイアーって、どんな話だっけ?
ママンが竜だったのは、二作目だっけ?あれ?
一作目と二作目がごちゃごちゃになっちまってワケワカンネェ。
教えて!エライヒト。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 18:45 ID:az1EvPhb
主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ
って何のゲーム?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 18:56 ID:5dDnUNos
>>206
竜が母親は2ですな。よし、BOF2引き受けたぁヽ(`Д´)ノ
大まかにしか書かないんで詳しく書いてくれる方いれば
おながいしますです。

209 :かまいたちの夜2〜官能篇〜:04/03/02 19:08 ID:sEVPQ++k
陰陽篇・透たちが散歩している所から分岐。
石碑が気になった透は、それを元の形につなぎ合わせる。

《かまいたちの夜》が始まった。恐ろしいほどの風の音がする。
透の部屋に真理が訪ねてきた。「なんだか恐くなっちゃって」二人は並んでベッドに腰掛けた。
透は思い切って真理の肩を抱き寄せ、見つめあった二人はキスをした。
今日の真理は妙に大胆だ…。我慢できなくなって、透は真理を押し倒す。
二人はベッドの上で抱き合い、愛撫する。
ついに、ついに一線を越えるのか…とその時。

部屋の入り口にみどりが立っていた。
「ぎょげええええ!」驚いて思わず真理の上から飛び退く透。
「そんな女に騙されちゃダメ」とみどり。
「私が彼とねるの」不敵に笑い、透の唇を吸う真理。
二人が透を奪い合い、透にあんなことやこんなことをしていた時。
「はじまってる〜」「私もする〜」突然、可奈子と啓子が服を脱ぎながら部屋に入ってきた。
四人の手によって服を剥ぎ取られ、
舐められたり噛まれたり吸われたりさすられたりこすられたりしごかれたりする透。
四人の女性にもみくちゃにされて痛い気持ちイイハァハァこんな幸せがあっていいのか。夢でも見ているのか?

「ここにおったんかいな」夏美が入ってきた。もしや夏美も、と思いきや違うようだ。
「あんた色情霊に取り憑かれてるで」
色情霊とは色欲に凝り固まって死んだ人間の霊だ。他の男連中はその力で眠りこけているという。
「あたしに任せとったらええねん。
 大阪では『悪霊ハンター・お夏』と呼ばれとったんや。すぐ除霊したるわ」
『悪霊ハンター・お夏』!丈の短い装束(陰陽師とか巫女みたいな感じ)にコスチュームチェンジし、
ポーズを決める夏美。…夢でも見ているのか?

210 :かまいたちの夜2〜官能篇〜:04/03/02 19:10 ID:sEVPQ++k
気持ち良すぎて、このままではPS2では表現できないモノを出してしまう…透は除霊を願い出る。
夏美によると、真理に対する透の欲望が霊を招いたという。
夏美の力によって透の中から悪霊が出てきた。
悪霊=岸猿伊右衛門は語る。
せっかく自由になったのに、石碑を元に戻され再び封じられるところだった。
そこでその場にいた透の並外れた色欲を伝って、透に取り憑いたのだ。
透に子作りさせて、透の子どもとして転生するために。岸猿家の再興のために。

悪霊は去った。
我に返った真理たちに説明する暇も無くボコボコにされ、ひとり全裸で横たわる透。
絶望感に打ちひしがれていると、ノックの音がした。
真理だ。夏美に事情を聞いたらしい。
真理は悪霊に操られていた時のことを、わずかに覚えていた。「私にしたこと、あれも全て悪霊の仕業だったの?」
もう失うものなんてないさ、と透は本音を語る。
「あんなことをしたのは、悪霊のせいだけじゃなくて真理のことを愛しているからだ」

透と真理は一晩中語り合った。透は今、無理をすることも飾ることもなく真理と話が出来た。
《かまいたちの夜》に感謝すべきかもしれない…たとえこの恋が実らなくとも。

官能篇・完

211 :官能篇 蛇足:04/03/02 19:11 ID:sEVPQ++k
夏美に除霊を頼まないと…

こんな気持ちいいこと終わらせるなんてとんでもない!と透が躊躇していると、夏美は呆れて出て行ってしまう。

「透ちゃん、ここだったのね」妙に甲高い声がした。声の主は…こ、小林さん!?
小林は赤いハンカチを咥え、身をくねらせながら訴える。「透ちゃんが、透ちゃんが、好きなのおお」
そこに香山が加わった。「わしもや、わしもや。わしも好きなんやああ」
香山はビキニパンツ一丁という姿だ。ワンサイズ小さめのものという所がミソだ。
美樹本が現れた。美樹本の格好は、素肌に皮ジャンとブーツだけを身につけている。
「やあ、俺のことは兄貴と呼んでくれ」と美樹本。
「兄貴は俺だ。そうだよな、透」これは俊夫だ。
なぜか俊夫は褌一枚で全身びしょ濡れ、伊勢えびの一杯入った桶を抱えている。白い歯が眩しい。

なんだなんだ、真理たちはどこに行ってしまったんだ。というかこのシチュエーションはなんなんだ。
考える暇を与えず漢たちが透に迫り来る…三日月館に絶叫が響き渡った。

官能篇バッドエンド・終

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 19:13 ID:sEVPQ++k
ちょっと気になってたんだが、もっと簡潔に書いたほうがいいかな?
長文ウゼー!という人多ければ以後改めます。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 19:20 ID:hYHbP5C9
ブレスオブファイア3の中盤ちょい前までなら書いたけど、どうしよう?
めっちゃ長くなったんで長文がうっとうしいっていうなら止めとくけど。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 19:22 ID:ukjvcejr
↑書いてくださるだけでもありがたいです。
俺は長文大歓迎だけど他の人はどうだろ?

215 :ガラスの少年:04/03/02 19:35 ID:I5UtNAUR
るろうに剣心
十勇士陰謀変書こうと思います。

あれってほとんどストーリーなかったような・・・

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 19:41 ID:nj7aHd7d
俊夫にわろた

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 19:54 ID:hYHbP5C9
>>214
そういってもらえるとありがたいです。短くまとめて、なおかつゲームの魅力を
損なわない文章を書くのがいかに難しいか、痛感させられましたわ。
特に反対もないみたいなんで、投下しようかな?



218 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 19:56 ID:WioC3Ev9
モノにもよるだろうが、ある程度の長文化はいいんでないかい?
それ以前に、書いてくれるだけでも嬉しいよ。



オレもバハムート戦記まとめてみようかな。…つっても、各キャラ固有ENDはまとめようが無いほど短いんだが。

219 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:01 ID:hYHbP5C9
いっちゃいます。


主要人物の説明

・リュウ
このゲームの主人公。竜族の最後の生き残り。喋らない。

・ニーナ
ウインディア国の王女。背中から羽が生えている。正義感強し。

・レイ
行き倒れていたリュウを救う半獣人の青年。犯罪行為で生計を立てては
いるが人を傷つけたりするのは嫌い。

・モモ
古代機械とゴースト紘の原理を研究している。どこか抜けてる。

・ガーランド
ある目的を持って旅している男。ある大武会の優勝者。いかつい。

・ペコロス
実験農場で生まれた作物の変異体。タマネギに似た外見をしている。

・ティーポ
リュウと同じく、レイが拾ってきて面倒を見ている孤児。くそ生意気。

ちなみに、魔力を持った生物が死後化石となったものを「ゴースト紘」と言う。
この世界では機械を動かすのにゴースト紘を必要とする。要はいろんな物の
エネルギー資源として役立っているってこと。あんまりそこらへんを理解せずに
やってるから、突っ込みあったらよろしく。

220 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:04 ID:hYHbP5C9
台詞は結構いい加減。こんな感じのことを喋っていたんだな、くらいに思ってね。


〜幼年期編〜

ダウナ鉱山で見つかったゴースト紘の中に眠っていた一匹の小さな竜。
彼こそが400年前の大戦で滅びたと思われていた竜一族の生き残り、
リュウであった。自分を閉じ込めていた鉱石から開放された彼は
鉱山からの脱出を試みるが、失敗。檻に閉じ込められた後、貨物車に
乗せられどこか遠くへ輸送されていくリュウ。
しかし彼は檻の中で暴れ続け、崖から転落してしまう。

貨物車から放り出されたリュウは、レイという獣人の若者に助けられる。
レイは追いはぎ、かっぱらいなどによって生計を立てて(?)おり、
リュウはこれを手伝わされることになる。リュウを連れて家へ帰ってきたレイ、
彼はティーポという名の少年と共に暮らしていた。

レイ、ティーポ、リュウの3人は早速仕事に取り掛かる。
ターゲットとなったのは、木こりのババデルであった。
彼が家から遠ざかったのを確認した後、彼らは見事潜入に成功する。
しかし家の中を物色している最中、ババデルが帰ってきてしまい、3人はこってり絞られる。
「こんなことばかりしていると、いつか痛い目に遭うぞ・・・?」ババデルは言う。
彼はレイに対して、「グラウス山へと向かえ。行けばわかる。」と言い、レイは
彼の言葉に従い、山へと向かっていった。残された2人はババデルのまき割りを
手伝わされるが、それを終わらせた彼らはババデルの制止を聞かずに、
レイに追いつくべくグラウス山へと向かった。


221 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:07 ID:hYHbP5C9
グラウス山に到着した2人は、山道の途中にある小屋でレイと合流する。
この山にはぬえという恐ろしい怪物がおり、ババデルはレイにそいつを
退治させようと、レイを寄越したのだ。
一行は、小屋の前でぬえと一回目の戦闘に突入する。
洞窟へと逃げ込んだぬえを追いかけ、ついに3人は洞窟の奥へと追い詰める。
激しい戦闘の結果、3人はこれを打ち破った。
洞窟の一番奥の部屋の入り口に立ちはだかったまま絶命したぬえ。
そんな亡骸の脇を通り抜け、奥へと進む3人。そこで彼らが見たのは
既に死に絶えているぬえの子供であった。ぬえは子供たちが死んでいることに
気づかず、せっせと餌を巣に運び続けていたのである。
そんな事実を知らずぬえを倒した彼らは、暗澹たる思いで山を降りていった。

本当に自分たちのしたことは正しかったのか?悩む3人。しかし
村人たちの喜ぶさまを見て、自分たちは間違っていなかったのだと安心する。

弾きもの扱いから、一躍村の英雄扱いされるようになった彼らは
ズルスルという人物から、村人に重税を課しているマクニールという人物の
家に忍び込んでくれないか、という依頼を受ける。金を奪えばマクニールに
一泡吹かせられるし、村人にもさらに喜んでもらえるのではないか?
英雄扱いですっかり図に乗っている彼らは二つ返事でそれを引き受けてしまう。

222 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:10 ID:hYHbP5C9
さて、簡単にズルスルの口車に乗った3人は早速マクニール邸に潜入。
一行に、やたらリアルな「ゴキ」なるモンスター(これがまたリアルな動きを
するんだ・・・)やマクニール家の先祖の霊が次々と襲い掛かってくる。
それらを打ち破っていき、ついにマクニール本人と対面。
先祖の霊が合体したモンスターが襲ってきたが3人はこれを撃退。
マクニールが村人から集めた税金をごっそり頂いて帰る。
そして、その夜の内に村人たちの玄関先に配って回った。

「これでもっと皆に感謝されるよね、にいちゃん!」ティーポがレイに言う。
ところが、今度はぬえを倒したときのようにはいかなかった。
村人たちの喜ぶさまを見ようと村に出かける3人。だが村人の反応は冷たいものだった。
「なんてことしてくれたんだ!」村人から浴びせられる罵声。
「皆、喜んでくれると思ってたのに、どうして・・・?」不安に駆られる一行の下へ
ババデルが現れる。彼は3人に「しばらく家で隠れていろ。」とアドバイスする。
その言葉に従い、家へと戻った3人が目にしたのは、業火に見舞われた我が家であった。
そんな彼らに追い討ちを掛けるように、ならず者で通っているバリオとサントの兄弟が
現れる。彼らはマクニールによって雇われて、3人を始末しに来たのだった。
懸命に抵抗する3人であったが、実力差は歴然としており、あっけなく敗れてしまった。
そして彼らは散り散りとなり・・・

223 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:13 ID:hYHbP5C9
場面は変わり、ババデルの家で目を覚ましたリュウ。森の中で傷つき、倒れていたリュウを
ババデルが家まで連れて行って看病してくれたのだ。彼が言うには、リュウのみが倒れており
レイとティーポの姿は見えなかったのだそうだ。一人きりになり、泣き叫ぶリュウ。
しかしリュウは、彼らは生きていると信じ、2人を探す旅に出る決意をする。
かつてレイが言っていた「ウインディアへ行く。」と言う言葉を信じ、リュウは出発する。

ウインディアへ向かうにはモーランジ山を越えねばならず、リュウは単身山を登っていく。
ところがその山頂で再びバリオ・サント兄弟に出会ってしまう。彼らはリュウが生きている
ことに驚き、確実に殺しておこうということで持っていた剣でリュウの胸を貫く。
その瞬間、リュウの姿がドラゴンに変化。これは金になると思った2人はリュウを連れ
ウインディアへと向かう。

リュウを檻に入れ、上からシーツを被せ中が見えないようにしてから国王との謁見に
臨んだ2人。散々煽った後、檻を覆っていたシーツを取ったのだが、中に居たのは
竜変身の解けてしまったリュウであった。2人とリュウは投獄されたのだが、
そんな彼らの前に現れたのがウインディア国王女・ニーナであった。
彼女はその純真さ故に、まんまとバリオ・サント兄弟の口車に乗ってしまい、彼らを
牢屋から出してしまう。新たな金づるを得て気分は上場な彼らを追うために、
リュウは扉を打ち破り彼らに追いつく。ここでもあっさりと敗北してしまうリュウだが
彼が戦っているうちにニーナは身を隠すことが出来たらしく、2人でそこから
脱出することになる。牢屋の下は地下墓地となっており、墓に仕掛けられた
謎を解いて2人は見事脱出した。

224 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:16 ID:hYHbP5C9
「困っている人を助けるのが私の務め。」と言い、王女の自覚も無く付いてくる
ニーナとともに旅は続く。が、出発してまもなく、またしてもバリオ・サント兄弟に
捕まってしまい、2人は闘都へと連れて行かれる。
闘都にて2人は酒場に監禁される。しかし、そこの主人であるファールという男が
重度のアル中で四六時中飲んだくれていたため、その隙を突き、逃げ出す事に成功。

迫りくる追っ手の手から逃れつつ、彼らがたどり着いたのは塔(っていう地名)だった。
そこで2人は、ゴースト紘と古代機械について研究しているモモという女性に出会う。
彼女を仲間に加えつつ、階下に迫った追っ手から逃れるために一行は最上階へと向かう。
そこはモモの父親が生前研究室として使っていた部屋で、非常時の為の脱出用のロケットが
備えられていた。それを利用し、3人は見事脱出に成功した。

近くの茶屋でモモの父の知人だというペレットなる人物に会い、自分の管理している
プラント(実験農場)まで来てほしいと言われる。そこではゴースト紘を使った
作物が作られており、突然変異で変な作物が出来てしまって困っていると
いうことだった。変異体は西のゴミ捨て場におり、一向はこれを撃破する。
変異体は自分をきちんと処分してくれと嘆願し、3人はその願いを聞き入れる。
そして溶岩の中に消えた変異体から生まれたのがこれまた変異体のペコロスであった。

225 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:19 ID:hYHbP5C9
タマネギのような風貌のペコロスを仲間に加え、一向はプラントへ帰る。
ウインディアへの帰路の途中、再びバリオ・サント兄弟に捕まった一行は
漢羅狂烈大武会へ出場することになる。そこで優勝すれば開放してやるとの
約束を取り付けたからだ。順調に勝ち進んだものの、決勝の相手は前大会の
覇者であるガーランドだった。彼はリュウをあっけなく蹴散らし、優勝の
見返りとしてリュウたちの身柄を要求する。困惑するリュウたちにガーランドは
「天使の塔」というところへ行こうと提案(強制だけど)する。

226 :ブレスオブファイア3:04/03/02 20:24 ID:hYHbP5C9
とりあえずここまで。幼年期編の最後までは書きたいと思ってます。

227 :名前が無い@ただの名無しのようだ:04/03/02 20:30 ID:SIT2cE3E
>>219
貴方は神だ

228 :かなり訂正:04/03/02 21:21 ID:rMtYX6R+
●未解決分
■PS2 ・スペクトラルソウルズ ・ライゼリート ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ブラックマトリクス2 ・カオスレギオン ・FFX-2インタ(ラストミッション)
・ネビュラ〜エコーナイト〜 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・.hack
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・テイルズオブエターニア
・聖刻1092 操兵伝 ・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・ビヨンドザビヨンド
・戦国サイバー藤丸地獄変 ・魔道物語(ぷよぷよ) ・ブレスオブファイア4 ・エンドセクター
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・クーデルカ
・ブラックマトリクス ・BAROQUE ・レジェントオブドラグーン
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・「真・聖刻」 ・バズ-魔法世界 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG
・ラストバイブル3 ・イデアの日 ・マザー2 ・超魔法大陸ウォズ ・ブレスオブファイア
・ロマンシングサガ2
■FC ・ラグランジュポイント ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿
・ボディコンクエスト ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール
・ファンタシースターオンライン2
■携帯機 ・アークザラッド 機神復活 ・伝説のオウガバトル外伝 ゼノビアの皇子
・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・テイルズ サモナーズリネージ
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)
・ダイナソア 〜リザレクション〜(PCゲー) ・田中の夢物語

●途中
■前スレから放置 ・ミッシングパーツ ・ワイルドアームズ(希望 エルミナ ゼット等の隠し)
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート)
・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
■現スレ  ・サモンナイト2 ・エストポリス伝記2 ・かまいたちの夜2 ・ジャングルウォーズ2
・エクソダスギルティー(結末) ・ブレスオブファイア3
●最後まであるがテンプレ管理人様が未完成と判断  ・ボクと魔王 ・ワイルドアームズ3
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・るろうに剣心 十勇士陰謀編
・バハムート戦記 ・ブレスオブファイア2
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・仙窟活龍大戦カオスシード ・ガンパレードマーチ
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

229 :515 ◆A.ilTwwjjQ :04/03/02 21:29 ID:FR6Wek2z
すみません、未解決チェックを致しましたので
ボクと魔王、ワイルドアームズ3等の表記を正しい物に変えました。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 21:41 ID:POtSbFI6
既出でないならタクティクスオウガ外伝をお願いします

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 21:44 ID:bGIIxMDD
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

ここのスレみるかぎりシャドウハーツ2にみえる。
発売時期や、ハードはわかないのかなぁ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 22:13 ID:t5JzYvkZ
シャドウオブメモリーズなんかもループ落ちエンドがあった。シリーズじゃないが
全エンド見た後に主人公がループを断ちきり笑顔で消えて行くシーンは泣けた。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 22:33 ID:dpn7+ccF
>232
あれはループじゃなかったような気もしたが。<シャドメモ
ついでなんで、良ければまとめていいかな?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 22:44 ID:MGIzTL/M
聖剣2知りたい。
せめてラストだけでも。
ガイシュツだったらすまん。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 23:03 ID:I5UtNAUR
>>234
ポポイが精霊の里にかえる。(主人公達とは二度と会えない)
主人公とプリムが雪山から大地を見下ろしている。
最後の〜fin〜の文字と共に木の上で空を見上げてるポポイの姿。
ラストはあっけなかったけどひょんなことから聖剣を抜き冒険に出る主人公がよかったなあ。
うろ覚えだけど主人公が最初の村でいじめっ子達と楽しくしてたから村に戻ってこれたんじゃないかな

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 23:11 ID:guGnlfw3
>235
おおサンクス。
長年つっかえてたもんがとれた。
ついでに聞きたい。プリムの恋人は死んだのか?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 23:40 ID:dpn7+ccF
聖剣2に関しては探したらこんなページが。
ttp://www.h2.dion.ne.jp/~koga_tj/game/sagyou/eseiken2.htm

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 23:42 ID:ZpsAUZxx
>233
ぜひ、お願いします。
あれは、結局アイクが親父だったってことなの?

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 00:11 ID:wE0kBm6I
>237
ありがとう。感謝。

240 :るろうに剣心〜十勇士陰謀編〜:04/03/03 00:20 ID:if1q6Hua
最初主人公は男か女か選べる。ストーリーにたいした差は無い。
ゲームの特徴としては最初から最後まで主人公はしゃべらない。(クロノトリガーのような感じ)
主人公は記憶が全く無く、覚えているのは名前と忘れることが出来ないほど染み付いた剣の腕。
                   〜序章〜
街中で愚連隊に絡まれている所を剣心に救われるが礼も言わず走り去ってしまう。赤べこに来た主
人公は、薫とぶつかるがその時に出来た傷なのか怪我をしてしまい、怪我を治療すると同時に記憶が
戻るまで居候してもいいということで神谷道場で暮らすことになる。 その頃各地で事件が起きつつあり
最初の事件をきっかけに主人公を含めた剣心達は事件の究明の旅をする事になる。
(事件と言っても村人が操られるとか、さらわれるとかそんな感じ)
                   〜本筋〜
各地の事件の黒幕は真田十勇士になぞらえた「今十勇士」と自分等を名乗り、主人公達が事件を解決す
る際に頭である真田の名を残し自害したり、残りの十勇士に殺される。
(10人の内4人程生き残るが前述した通りほとんどが壮絶な最後)。
ストーリーが進むにつれ主人公の過去も明らかになってくる。主人公は今十勇士に滅ぼされた里の生き
残りというありきたりなオチ。最後は真田(正確に言うと真田に成りきっている男)と主人公が一騎打
ちして勝利する。ラストダンジョンが崩れ真田と生き残っていた十勇士は運命を共にするかに見えたが
後日の新聞では発見されたのは十勇士の死体だけ。主人公は神谷道場のみんなに別れの挨拶をすると共
に人を救うるろうにの旅に出る。
                   〜補足〜
主人公の里がなぜ狙われたかはあまり覚えていないがなんか特殊な力があったとか日本を変えるのに邪
魔な存在だったとかそういう内容だったと記憶している。このゲームは本筋に関係ない話も多々あり
そのせいか主人公のキャラクターも薄い。なにより剣心関係のイベントが主人公より多い。
最初のキャラ設定で男か女にするかで取れるアイテム・仲間が違うが、クリアすると一部のアイテムを
持ち越して二週目ができ、その際に一週目と違うキャラを選ぶことによりアイテムをコンプリートできる。
隠しダンジョン(剣心達が夢の中で鬼退治をする)もあり、そこでは主人公最強の剣が取れる。






241 :235:04/03/03 00:25 ID:if1q6Hua
るろうに書くの疲れた・・。
>>236
うーんちょっと分からないです。
結構前の作品なんで記憶が錯綜してるのもありまして
書いた僕自身も聖剣は最後どこ行ったのか忘れていますからw
また刺さってるのかね。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 00:56 ID:F0/Lu6gF
WAのエルミナ、A:F版でいいなら書けると思うけど。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 01:44 ID:HyIAt7ap
>>209-211
乙。蛇足の官能編爆笑しまくった記憶があるな。
サイキック編も含めもっかいやりたくなってきた。ちくしょー早く返せ従兄弟め。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 02:31 ID:pfPS4OWV
>>126−135 乙!
かまいたちの夜の陰陽編、読んでいたら怖くて眠れなくなった・・。
ゲームをプレイしてたらもっと怖くて、最後までできなかっただろうな。

職人さん達、本当にありがとう!!
長編楽しみにしてます


245 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:30 ID:Jp3KGIDz
前々スレくらいで予約したものです。
Fをやり直していたらかなり時間がかかってしまって申し訳ない。
というわけで、WA+Fのサブイベント集いきます。
かなり長いのでウザかったらゴメン。一応新作トリップつけときます。

あと、WAに関してはこれ以上俺は書くつもりは無いので(書くこともほとんど無いし)
まだリクエストがきたら他の誰かよろしく。

※本編を知っていること前提で話を進めます。本編についてはまとめサイト参照。
※3つともサブイベントなので人によって発生時期が前後します。
 だいたいアークティカ城〜ED(かなり終盤)までの出来事。

246 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:33 ID:Jp3KGIDz
【希望のガーディアン復活イベント】
バスカー集落には「ゼファーの祭壇(F→風詠みの祭壇)」と呼ばれる遺跡がある。
集落には、そこで希望の西風(希望のガーディアンの通り名)の
本当の名前を呼べば西風が応えてくれる、という言い伝えがあった。
愛と勇気のガーディアンロードを復活させた一行は
最後のガーディアンロードを復活させるべくその祭壇にやってきていた。
愛のガーディアン「ラフティーナ」と勇気のガーディアン「ジャスティーン」の助力を得て
希望のガーディアンを復活させようとしたのだがそれも西風は応えてくれない。
枯れ続けるファルガイアに生きる人の心には、
愛や勇気以上に未来を信じる心「希望」というものがなかったのだ。
他の仲間たちやガーディアンたちが諦める中、
それでもロディだけは最後まで諦めなかった。

※以下、1とFで展開がかなり違うのでわけて記述。
1→最後まで諦めようとしないロディを仲間たちは励ます。
他のガーディアンロード達に、この世界にとって異端の存在であるお前には無理だと言われても、
それでもロディはファルガイアの未来のために西風の名前を呼びつづける。
そんなロディのくじけぬ心に応えて祭壇に西風が吹きぬける。
希望のガーディアン「ゼファー」は覚醒した。

247 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:34 ID:Jp3KGIDz
F→ロディの心に応えて一瞬だけゼファーの声が届く。
しかしロディの心の中に一点の「絶望」を感じ取ったゼファーは
その事を告げて再び眠りにつく。落胆する仲間たちと肩を落とすロディ。
彼はかつて滞在していたサーフ村での出来事を思い出していた(ロディのOPイベント参照)

過去に決着をつけるべくロディたちはサーフ村にやってきた。
小さいながらも表面上は平和で質素な農村だったサーフ村は
今では何故か紫色の霧に覆われて一歩先も見えない状態にあった。
ハンペンはこの霧の正体を、土地に溜まった禍々しい「瘴気」だと言う。
そんな村の中からロディに助けられた少年・トニーが現れ、続けて村の大人たちが顔を出した。
トニー以外の村人たちはいまだにロディに嫌悪の目を向けるが
現状を解決するために渋々事件の解決を依頼する。
ロディからかつてこの村で起きた事件のあらましを聞き、
その上でそんな村人たちの態度にセシリアやザックは「虫が良すぎる」と
腹を立てるのだが、当のロディは複雑な面持ちだった。

そんな時、瘴気の向こうから大量のモンスターが現れる。
その中にはかつてロディが倒したはずの魔物・ロッティングビーストが
身体中から瘴気を吐き出しながら近づいてくる。異常な瘴気の原因はこの魔物だった。
ロッティングビーストの前に村人がたまたま取り残され
ロディとトニーがその前に飛び出しARMを構える。
しかしARMを使うことによって再び拒絶されるのではと恐れるロディの心に反応してか
どれだけARMのトリガーを引いても弾丸は発射されなかった。
(ARMは使用者と精神的なシンクロができないと使用できない)
「何か手伝ってよ!」というトニーの言葉に促されて、
村人は何故かロディの肩に手を回し一緒にARMを構えた。
酷い仕打ちを与えたロディが村人を助けようとしている姿を見て
心打たれた村人たちが次々とロディの体を支え共に銃口を構える。

248 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:36 ID:Jp3KGIDz
そのときロディは、今は亡き祖父にかつて言われた言葉を思い出す。
「ARMとは使用者の精神を繋げて使う道具。
その技術を上手く使えば人と人同士の心をつなげる事が出来るかもしれない」
村人たちのその行動に応えて再びARMが起動。そのまま銃弾がロッティンッグビーストを撃ちぬく。
ひるんだ一瞬の隙をついて、聖なる果実ホーリベリーをその魔物の身体に撃ちこむ。
瘴気を吸い取るホーリーベリーの作用によって、ロッティングビーストは完全に滅び去った。

再びサーフ村を救ったロディに村人たちは感謝と今までの非礼を詫びる。
そして希望を取り戻したロディの前に、希望のガーディアン「ゼファー」が復活した。

補足。
OPでロディが封印したはずのロッティングビーストが復活したのは
村人たちがロディの事件後に洞窟のホーリーベリーを
採り過ぎた(寂れた村の特産物にしていた)ために封印が解けたから。

249 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:38 ID:Jp3KGIDz
【ゼットとセントセントールの少女】
かつてナイトクォーターズの一人・アルハザードの「実験」により
魔物が闊歩する廃墟と化したセントセントールの街。
唯一の生存者である少女(1→名前無し。F→「アウラ」という名前。以後便宜上アウラで統一)は
街に人々が戻ってくる事を信じて、危険な町に留まりつづけていた。
ある日、一行がそんな彼女を励ましにきた帰り、街の入口で聞き覚えのある声が響いた。
振り返ると、ゲートジェネレーターの暴走に巻き込まれたはずのゼットがそこにいた。
相変わらずのハイテンションでまくし立てる。
「まさかお前たち、俺様の小さな幸せを踏みにじろうとしているのではッ!?」
と言って真の力を解放し「モンスター・ゼット」となって襲い掛かる。
それを打ち破ると、今度は開き直って「いっそ殺してくれぃッ!」とわめき散らす。
しかし、いざザックが剣を構えると「うそー! あんた老け顔のくせに心がせまーいッ!」
と言っては命乞いをする始末。
その態度に色々なやる気をなくした一行は、とりあえず彼の言い分を聞くことにする。

なんでも、ゲートジェネレーターの暴走に巻き込まれるも、
命からがら逃げ出し、そして偶然この街の近くに転位されたという。
そのときにたまたま外に出ていたアウラに出会う。
魔族だと言って騒ぐようなら殺してしまおうかと構えていたのだが、
盲目の彼女にはそんなことはわかるはずもなく、
そのときゼットは生まれて初めて「普通に」接してくれる異性に出会い感銘を受けた。
それ以後、危険な街に住む彼女を見守るという言い分を掲げては
ちょくちょく街に訪れては彼女とおしゃべりしていたというのだ。
そんなゼットの態度を見て、すでに彼は無害だと感じた一行はそのまま街を立ち去った。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 03:40 ID:rBpilAHR
>>236
氏んだ

251 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:41 ID:Jp3KGIDz
※以下、Fでの追加イベント。
ゼットが街(というよりアウラ)を守っているために
魔物に襲われる危険はなくなったが
アウラ自身の望みはあくまでセントセントールの復興だった。
それには街を闊歩する魔物を追い払って、さらには
魔物を寄せ付けないための結界を復活させなければならなかった。
その方法を探しているゼットに、あるダンジョンで手に入れた
結界発生装置「プロテクターユニット」を譲り渡す。
早速アウラと共にゼットは結界を復活させ、街の魔物は一掃される。
しかし、それは同時に「魔物から街を護る」という名目で
留まっていたゼットが街を去る瞬間でもあった。
アウラにさよならを告げるゼット。
「また時々立ち寄ってくれますよね」と尋ねるアウラにゼットは複雑な心境で頷く。

話し変わって、振り向くとそこにはロディたち一行が待っていた。
「この世界には彼女のように苦しんでいる人々がたくさんいます。
一人のためではなく、みんなのためにその力を貸してください」
と、説得するセシリアの言葉に心動かされたゼットが、
差し出されたロディの手を取り共に戦うことを決意する。
「最強のイレギュラーであるこのオレが、最後の勝利へと導いてやるぜッ!」

252 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:46 ID:Jp3KGIDz
【エルミナ復活イベント】
時空のガーディアン「ダン・ダイラム」は
その強力すぎる力のために強力な封印が施されていた。
その封印をとき、ダン・ダイラムの助力を得ようと
「時空の輪(F→無限連環永久機関)」にやってきた一行。
ダン・ダイムラムは快く受け入れてくれるのだが、
その時に時空に漂う一つの魂をつれてきた。
それは人間でもあり、魔族でもあった誇り高き騎士・エルミナ(レディ・ハーケン)だった。
どちらの魂ともつかぬあやふやな彼女の魂は、時空の狭間にさまよいつづけていたのだ。
今ならダン・ダイラムの力で彼女の魂を呼び戻し、
さらに生命のガーディアンの力を持って復活させる事が出来るという。

もちろんその提案を受け入れ、エルミナの復活を望むが、ザックはもう一つ条件をつけた。
魔族としての記憶を消し去った上で生き返らせて欲しい、と。
しかしそれはアークティカの騎士でもあったころの記憶も、
ザックとの記憶もなくしてしまう行為だった。それを知った上でザックは頷く。
血塗られた記憶を抱えて生き返るより、
全てをやり直した方が彼女のためだと判断したからだ。
そしてエルミナは再びファルガイアに転生し、ダン・ダイラムも復活した。

所変わって水の街ミラーマ。
たまたま一行が酒場に立ち寄ると、そこには見慣れないウェイトレスが立っていた。
赤い髪をなびかせてテキパキと働く彼女は、まさしく転生したエルミナ本人だった。
彼女はしばらく前に全ての記憶をなくしてさまよっていたときに
この街にたどり着き、そのままこの酒場に就職したという。
気さくに話し掛けてくるエルミナは
「生活には慣れたけど、名前がイマイチしっくりこない」と呟く。

ザックはかつてアークティカ城で彼女から受け取ったリボンを差し出す。
何も言わず、ただ「受け取ってくれ」というザック。
ナンパならお断り、と受け流そうとしたが、その真剣な態度に逡巡する。
「……これは受け取れない。
 大切な思い出の品は、今日出会ったばかりの女に渡すもんじゃないよ」
その言い方に、かつてのエルミナの姿を見たザックは苦笑しながらリボンを戻す。
また会いに来るよ、と言い残してザックは酒場を後にした。

253 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:47 ID:Jp3KGIDz
※以下、Fでの追加イベント。
酒場を後にしようとする一行を、エルミナが呼び止める。
そして記憶を失ったときも握っていたという剣をザックに差し出した。
断わろうとするザックにエルミナは首を振る。
「記憶が無くても、これは私にはもう必要の無いものだとわかる。
だからあんたの旅に連れて行ってあげて」
そう言われてザックは剣を受け取り、酒場を去った。
「あんたが剣を必要としないように、俺があんたの守り手になってやる」

補足。
エルミナがミラーマに転生したのは彼女の生まれ故郷だから。
エルミナから剣を受け取ると、ザックが最強技を習得。

254 :ワイルドアームズ ◆l1l6Ur354A :04/03/03 03:50 ID:Jp3KGIDz
最後に整理。
>>246-248 希望のガーディアン復活
>>249>>251 ゼットとセントセントールの少女
>>252-253 エルミナ復活イベント

これにて名なしに戻ります。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 10:28 ID:mAckgRYc
前スレでFE紋章の謎書いてたんだが、リストから消えてるしもういらんか?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 11:05 ID:qyQoeAxX
>>208
ありがd。頼んだ!!
>>219-225
すげ。職人だな。この調子で続きも行ってくれ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 12:39 ID:R9Daf4Jl
つーか、ブレスオブファイア2は誰かが予約いれてたままだったんだよな。

258 :208:04/03/03 13:27 ID:b9kGSHEO
そうだったの…(´・ω・`)コマッタネ

259 :ブレス3の中の人:04/03/03 15:01 ID:ZpflkyAc
>>256
ありがとう。文章長いし下手だから叩かれたらどうしようかと思ったよ。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 16:07 ID:VnScGB/7
>240 乙です。前々から話が気になっていたので助かりました。
>228の途中に追加、なぜかPart4の最初から消えてた…>255の方すいません…_| ̄|○

■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャッシュ編、アーミック編以外)
・バテンカイトス ・ヘラクレスの栄光4 ・FF10-2(幻ED、アカギスフィア、隠ダンのトレマ会話)
・東京魔人学園符咒封録 ・「デジタル・デビル・ストーリー女神転生2」 ・チャイルズクエスト
・グランディア ・サモンナイト3(番外編、ウィル、釜以外ED) ・ロマンシングサガ(WCだけの話)
・ジルオール ・デビルメイクライ ・FE紋章の謎

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 18:20 ID:R9Daf4Jl
>208
いつから予約したのか確認したけど、一月22日だった。
一ヶ月ちょっと連絡もないし、書く意欲のある君がやってもいいんじゃない。


262 :ヘラクレス4:04/03/03 19:11 ID:IldUgHMG
旅の翼は覚えている場所へと瞬時に移動する道具。それさえあればアトランティスに帰れる。
山を降りて雪国からテルマ村へと着いたナナシたち。だが村人はダリィダリィーとやる気なさげ。
色々聞きまわるとなんと家から出ると何故かやる気が削がれてしまうというのだ。
ナナシたちには別段異常は無い。その事が逆にナナシ達2人の異常さを物語っているが、
とにかく道具屋に旅の翼の在庫は無いか尋ねた。
道具屋はだるそうに無いと告げ、欲しけりゃ自分で作れという有様。
異常を感じ、そんな彼らに起こる気も無いナナシ達は作り方を聞くのだった。
「北の森から水鳥の羽を取ってきて、それを旅の神ヘルメス様の神殿の泉に浸けるといいよ」
北の森に着くと歩行樹が闊歩するので迷い込むものがいないように門番がいた。
村人以上にやる気が無いのかだるいなどと言わずに最低限の事を確認して門番は道を空ける。
途中、動き回る歩行樹に襲われたりしながらも水鳥のいる森とこの森を分ける川に着いた。
しかし橋は壊れており近くには復旧に来た村人のテントがあるだけ。
そう、案の定その男もやる気がなくなったのだ。それだけでなく門番以上にやる気が無くなり、
放置していけば餓死するかもしれない有様。向こう岸に渡りたいと告げると何かに抗うように
材料さえ取ってくれば自分がやると約束する男。
そんな彼を信じて材料の丸太10本分、歩行樹を切り倒すナナシ。
そして男は力を振り絞り嘘みたいな速さで橋をかけ倒れた、生きる気力もなくなりかけているようだ。
だが自分達にはどうする事も出来ずに水鳥の巣に繋がる洞窟へと進むナナシ達。
するとそこには得体の知れない化け物がいた。

263 :ヘラクレス4:04/03/03 20:01 ID:IldUgHMG
その化け物の外観は腐り落ちた獣のような体から触手が腹を食い破り、
地面に接する部分には緑色の小さな芋虫が群がっている。
そして何よりも恐ろしいのは周囲からやる気――生きる力を吸い取るような「怠惰」の気配だ。
プラトンと二人がかりでなんとか化け物を傷つけていくと急に光の塊となってどこかへ行ってしまった。
腑に落ちないまま水鳥の巣へと向かう二人。途中迷子ゴッコをして本当に迷子になった精霊がいたりするが
デコゲーなので乗り移れる材料としか見ない二人。なんとか水鳥の巣へとつき抜け落ちた羽を拾う。
そして近くにあるヘルメス神殿でやっと目的の旅の翼を手に入れることが出来た。
アトランティスを念じる二人、そして旅の翼は二人を故郷へ送るのだった。

そこには何も無い。ただ大海原に頭を出す建造物だけで他には何も無かった。
「おかしいなぁ、ナナシ。お前ひょっとしたら間違えたんじゃないのか?」
そんなプラトンの軽口を聞いて怒るよりも建物と状況に既視感を感じるナナシ。
いないのはエピファーだけだ。エピファーだけいない?
嫌な事を考えたその時、プラトンが決定的なものを見つけてしまった!
「我らの愛と友情を」
そう、ここがアトランティスだったのだ。ギリシャ兵が攻めてきた上に9000年も経っている。
生きているのが自分達2人だけだとしてもアトランティスという大地は、故郷は待ってくれている。
そんな都合のイイコトを少し考えていたが、しかしそれも何もかももう終わっていたのだった。
プラトンも記憶を取り戻したようで、あの時の事を語り始める。
「全て無駄だったんだ!俺たちの本当の体も海の底!ちくしょー!!」
そして近くにあった岩の塊に蹴りを入れるプラトン。
岩は脆く崩れ去って、その……あの……え〜と、とにかく中からヘラクレスが出てきたのだ。
「うーむ、流石に待ちくたびれたぞ!!私は!ヘラクレスだ!」
いろんなことが起きすぎてワケがわからなくなったナナシ(つかプレイヤー)に矢継ぎ早に語るヘラクレス。
「むむ、そなた達は覚えているぞ!その知識と知恵に光り輝く目!
 そなた達、アトランティスのものだな」
→はい いいえ
「おお!やはりそうだな!9000年の永き眠りで待ち続けた甲斐があったというものだ!」
「9000年、ここで?なんなんだ、あんたわ?」
「私はヘラクレスだ。ゼウスと人間の母の間に生まれた男だ」
そして語るヘラクレス。邪悪な国を討伐してこいと神々の命令を受けてきたら普通の国だったので
文句を言いましたが誰にも聞き入れてもらえませんでしたおわり。
あんまりな実情に殴りかかるプラトン。それを胸で受け止め彼を諭すヘラクレス。
「気持ちはわかるが聞け!アトランティスは今やもう無い!かといってそなた達には未来がある!
 その未来の為に手助けするのが私の償いだ!」
「だからどうした!俺はイマンドラへ帰る」
帰る場所のあるプラトンは言いたい事を言ってくれますがナナシにはありません。
「まぁ聞け。そなたたちはどうやら普通の人間ではないようだ。
 何故そこまでしてそなた達が生かされているか知りたくは無いか?」
そしてそれを探すと決めたなら言ってくれとヘラクレスは言い、海を眺め始める。
とにかくここに居てもどうしようもないので一応探すと告げる2人。
そんな彼らにヘラクレスは沖のほうで変な船が見えると告げるのでしたチャンチャン。
以下後日

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 20:12 ID:fHXX8pyY
ヘラクレスの栄光4きたー
がんばってください!!!

265 :バハムート戦記(OP1):04/03/03 20:35 ID:tp8xC9js
遥かな昔、このバハムート大陸が出来て間もないころ、
そこには偉業の者達が、法も秩序も無く暮らしていた。
 やがてその中から、強大な暗黒の力を思うままに操る邪悪な一団が生まれた。
大魔王クリムトが率いる悪魔族である。
悪魔達はその後、長きにわたり大陸を邪悪な強権によって支配し続け、
抵抗する者はことごとく滅ぼされた。
しかし、時の流れは、このような一方的悪の支配をいつまでも許してはいなかった。
 悪魔族に最後まで抵抗した巨竜ベルフレイムとその一族の討伐に、クリムトが手を焼いていた頃、
その隙をつくように、それまで抑圧されていた善の力が、人間族を中心に広がり始めた。
 人々を統率したのは、後に、大陸に平和と安定の時代をもたらしたフォーリア王家の創始者達だった。
彼らは、悪の根源、大魔王クリムトを倒すべく、暗黒魔法に対し、地の精霊魔法を使う聖騎士団を組織し、来るべき戦いの日に備えた。
 ベルフレイム達ドラゴン族を葬ったクリムトは、その様な人間の動きを知るやいなや、直ちに全軍を引き連れてこれを潰そうとした。
無数の悪魔を迎え撃つ聖騎士団は、偉大な魔術師であり、また一流の剣士でもある二人の英雄、
レイモンド卿とバルマー卿に指揮され、勇敢に立ち向かった。
 そして、幾多の戦いが繰り返され、多くの血が流れた。
 いつしか戦況は硬直化し、人々に焦りの色が見えるようになったその時、レイモンドとバルマーは最後の決断を下した。
それは、古来より、暗黒の力の結晶として恐れられ、
レイモンドの善なる白き力によって地下に封じられていた、妖刀ベサルスネーガの復活であった。
ベサルスネーガは相手の精気を吸い取る魔法の剣であるが、それは同時に、使い手の命をも奪ってしまうと言われていた。
しかし、クリムトを倒すにはもはやこれを使うしかないと考えたバルマーが、
反対するレイモンドを説き伏せ、自ら剣を取ってクリムトに決戦を挑んだ。
 かくして、壮絶な戦いの末、ついにクリムトは倒れた。
だが、妖刀の暗黒の力を一身に受けたバルマー卿もまた命を落としてしまったのだった。

266 :バハムート戦記(OP2):04/03/03 20:36 ID:tp8xC9js
それから長い年月が過ぎ去った。フォーリア王家はクリムトを滅ぼした後、
フォーリア聖騎士団に治安を守らせ、およそ二千年余り、大陸を平和に治めていた。
 ところが、ここに至って、再び、暗黒の力の影がバハムートを脅かした。
一部の魔術師達がフォーリア王家に背き、忘れ去られた暗黒の力を求めて、禁断の暗黒魔法を使ったのだ。
これらの活動はフォーリア聖騎士団による厳しい弾圧を受けたものの、王家の威光はこれを機に少しずつ落ちていった。
それとともに、大陸に満ちていた善なる白き力も衰退し、善と悪のバランスが崩れると、
瞬く間に、邪悪を呼ぶ暗黒の力がバハムートを包み込んだ。
 あらゆる天災が大地を襲い、人も土地も荒廃した。後に言う「闇の時代」の到来である。
そして人々が混乱の中で目の当たりにしたものは、遠い昔に滅びた者達の蘇る姿であった。
東の湿原にクリムト、北東の火山にベルフレイム、
さらに、かつてフォーリア聖騎士団が地下に封じ込めた巨人族までも、ガイラムという王を掲げて地上に再び現れた。
けれども、それにもまして忌まわしいのは、フォーリアの王城の下で永遠の眠りについていたあの英雄バルマー卿が、
「闇の時代」がもたらした力により、恐怖のアンデッドとして蘇ったことだった。
これにより王家は崩壊し、大陸の指導者は消え去った。

 そうして、時代は、新たなバハムートの指導者を求め、戦乱の世へと移っていく・・・

267 :バハムート戦記(キャラ別END1):04/03/03 20:39 ID:tp8xC9js
・聖戦士ジーク=フォーリア
バハムートの法と秩序を二千年にわたって守ってきたフォーリア家の若き王。
闇の時代以降父王バーフの後を継ぎ、忠臣レイモンド卿と共に王家復興と大陸の平和を目指して立ち上がった。
幼少より剣士の訓練を受けた彼は、既に聖戦士の称号を持ち、剣の腕はレイモンド卿に勝るとも劣らないという。
また槍の使い手でもある。

 レイモンド卿
バルマー卿が生きていたころからフォーリア王家と関わり、王家の繁栄に貢献してきた。
善なる白き力を極めている彼は、永遠の命を得ていると言われるが、その白き力の正体は知られていない。
 
 ENDING
聖戦士ジーク=フォーリアは大陸に蘇った混沌たる邪悪をうち滅ぼし、闇の時代は終わりを告げた。
そして崩壊した王国を復興させ、新たなる時代の王として再び秩序ある平和な世界を導いたのである。

・狂戦士バストラル=バインドアウト
闇の時代の到来前、フォーリア王家に対抗し、蛮人達の帝国が築かれた。
皇帝ボルマンは、その後フォーリアの討伐軍によって倒されたが、落ち延びた残党が密かに皇帝の血を引く子供を連れ出した。
それがバストラルである。
成人後、真実を知った彼は、帝国再建を誓い、闇の時代の混乱に乗じて挙兵。ジークと反目することになる。

 ディーン=レスティア
バストラルの義弟ディーンは、闇の時代到来と同時に、あたかも生まれ変わったかのように頭角をあらわした。
ある意味でバストラル以上の実力を持つ彼だが、何故か義兄の補佐に徹している。

ENDING
 闇の時代に自らの力で帝国を築き上げた狂戦士バストラル=バインドアウトは、
大陸を平定後、ディーンを始めとする魔術師達を討ち滅ぼした。
そして力が時代を支配する時が訪れたのである。

268 :バハムート戦記(キャラ別END2):04/03/03 20:41 ID:tp8xC9js
・エル=モア(エルフロード)
 大陸の東の森に古くから住むエルフ族の勇者。
森一番の弓の腕と魔法の力を見込まれて、エルフ元老院の勅命を受けた彼は、
闇の時代の邪悪と混沌に終止符をうつ為、軍勢と共に森を出た。
妹のエル=ウィンは、彼の心の支えであり、他のエルフ達は、エル=モア兄妹が必ず、世界を救ってくれると信じている。

 エル=ウィン(エルフロード)
 エルフ族の勇者、エル=モアの妹にして最強の精霊使い。
弓や剣の腕こそ兄エル=モアに一歩譲るものの、
その精霊使いとしての力は大魔術師シェルファに勝るとも劣らない。

  ENDING
闇の時代にエルフの兄妹エル=モアとエル=ウィンは森の軍勢を率いて邪悪を討ち滅ぼし、
大陸を平和に導くことに成功した。
やがてエルフを中心とする秩序ある共和制が取られ新たな時代が始まるのである。

・大魔術師シェルファ=フレイア
 闇の時代と共に、流星のように現れた混沌の女魔術師。
かつてフォーリア王家に背いて弾圧された魔術師達の末裔を率い、大魔術師団を結成。
永遠の魔術王国を創る為戦陣に立ったと言われるが、真相は分からない。
彼女に関しては謎が多く、その氏素性も不明。彼女自身、悪魔の化身ではないかと言う噂もある。

 ENDING
大魔術師シェルファ=フレイアは遂に大陸の覇者となり、女帝として人々をひざまづかせた。
彼女は永遠の命を堪能し、己の意のままに行き、闇の時代が果てることは無かった。

269 :バハムート戦記(キャラ別END3):04/03/03 20:43 ID:tp8xC9js
・ガイラム=グリンダム(巨人族)
 巨人族のモットーは「世界の中心は俺達だ」である。
だが、欲の無い彼らは、自分達の領域さえ守られればそれで満足する種族だった。
しかし、巨人族の土地の資源に目をつけたドワーフが、
フォーリア王家を騙して彼らを地下に閉じ込めさせてからは、
ドワーフと人間を憎悪する凶暴な集団へと変化した。
復活した彼らの怒りはもう誰にも止められない。

ENDING
大陸を制覇したガイラム=グリンダム公は満足であった。
ドワーフに続いて、エルフ、人間どもを滅ぼし、
巨人族だけの世界を確立させ、バハムートの王として君臨したのである。

・大魔王クリムト
 最も古くから大陸に存在する悪魔族の王。強大な暗黒の力を使って、一度は大陸支配に成功したが、
フォーリア王家の英雄バルマー卿によって、葬られた。
しかし、今、大陸に暗黒の力が蘇るとクリムトもまた、
亡霊のように地の底から復活し邪悪な野心の下に殺戮を開始した。
一説では、暗黒の力とクリムトとは同じ起源を持つとも言われているが定かではない。

ENDING
 かつて英雄バルマー卿によって葬られた大魔王クリムトは、
再び大陸の覇権を我が手に掌握し、混沌たる闇の時代を存続させた。
そして、バハムートの復活を夢見るのであった。

270 :バハムート戦記(キャラ別END4):04/03/03 20:44 ID:tp8xC9js
・巨竜ベルフレイム(ドラゴン族)
 かつて、大魔王クリムトと対立し、激しい戦いの末に命を落とした、ドラゴン族の女王。
クリムトを呪い、復讐を誓って死んだ彼女の怨念は、
闇の時代の暗黒の力に呼応して、再びその力を天空に示すこととなった。

ENDING
 天空を舞う強大な赤きドラゴン、ベルフレイムにはもう敵はいない。
ベルフレイムは人間達に生贄を捧げさせ、邪悪なドラゴンとして君臨し恐れられ、
混沌たる闇の時代が終わることは無かったのである。

・バルマー卿(アンデッド)
 フォーリア王家の創始者バルマー=フォーリアはクリムトと戦って絶命した後、王家の城の地下で妖刀ベサルスネーガと共に長い眠りについていた。
だが、闇の時代、彼は暗黒の力に操られ恐怖のアンデッドと化して、自らの王家を滅亡に追いこみ、王城を死者の群で埋め尽くした。
死者達の目的を知るものはいない。

ENDING
 かつて大魔王クリムトを葬ったバルマー卿は、皮肉にも闇の時代の力で邪悪なアンデッドとして蘇り、
ついには大陸に生きているものを葬り去り、バハムートの歴史は彼によって闇に閉ざされた。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 20:47 ID:tp8xC9js
やはりキャラ別エンドはまとめようがないので、まる写しになってしまった・・・。

真ENDは明日にします。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/03 21:28 ID:evhWxClW
過去にファンタシースターオンラインEP2の
ストーリーを書いてくれるという人がいたんですけど、
どうしているんでしょうか?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 01:22 ID:MuCAwRY/
ブレス3は今やってくれてる人がいるけど4は未解決分に入ってるってことは
まだってことで、他に名乗り出ないなら少しずつだがやってもいいかね?

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 01:25 ID:SHrjXAg0
GO

275 :ブレス4:04/03/04 02:19 ID:MuCAwRY/
ってなわけでブレス4いきますわ。劇中セリフなしですがご容赦を。
まずはパーティーメンバーの紹介。

リュウ:唐突に裸で現れた主人公。その瞳の片方は未来をも見通すという
「竜眼」であり、唐突に竜の力に目覚め竜変身の能力「竜覚」や接触した他の
竜の力を借りる「竜召喚」を使う。基本的に無言。

ニーナ:第一王女でもある姉のエリーナを探しにウィンディア城を姉の婚約者
クレイとともに出奔する。とはいえ城の外の世界をほとんど知らないため時に
だまされかけることも。風と癒しの魔法が得意でお約束の有翼人。

クレイ:ニーナとともに旅をするフーレン族(腕っ節が強いトラ人間)の族長で
ニーナの姉エリーナの婚約者。族長らしい冷静な一面と種族元来の気性の荒さを
合せ持つ。腕っ節に任せた格闘とオマケのような威力の地の魔法で戦う。

マスター:物語が始まる前の時の大戦で呪いまみれになったチャンバという町で
出会う、全身鎧のナゾの人。「マスターはそういってます」などとちょっと
理解に苦しむ物言いをすることがあるがそれも事情があってのこと。当初は
硬くHPが高いが命中が悪く遅いという特性があるが中盤から「激硬・高HPの
魔法使い」という異色の存在に急変。

サイアス:ウィンディアの同盟国ルディアで傭兵をしており、外交問題に抵触
したリュウ達を監視する役についていたが、ルディアのやり方に反発し仲間に。
普段は寡黙ながら、戦闘では絶対クリティカル技や回復を使いこなすエース。

アースラ:ウィンディアら東側の国と争う西の帝国の軍人。捨てられた村にて
カイザードラゴンを暴走させたリュウをその半身であるフォウルに会わせるべく
帝国を案内するということでパーティーに加わる。
物によっては全体攻撃も可能な銃を使いこなす。

フォウル:帝国の建国者・初代皇帝にして竜。数百年したら蘇ると言い残し墓所に
引きこもったが有言実行し、皇都を目指すも権力欲に取り付かれた現皇帝により
追われる立場となる。半身であるリュウとリンクしており、システム的には
竜覚の一部・取得技・取得経験値の一部を共有している。
初期状態でLv60を越えており、普通にプレイしたレベルのリュウ達が
3人がかりでなんとか倒す敵も通常攻撃一撃で屠る反則に近いキャラ。
リュウ達と関わるのは最後の最後、最終決戦の時だけ。

276 :ブレス4:04/03/04 03:18 ID:MuCAwRY/
第一章 めざめしもの 
第一部 きざし
ニーナとクレイがウィンディア城を出奔して三日、彼女らは消息不明のエリーナ
の姿が最後に確認されたというセネスタに向かい砂船(砂上艇)を走らせる。
そのとき、砂漠の底から唸り声と地響きを伴って砂竜が現れる。砂船を押しつぶさん
ばかりに巨体をうねらせる砂竜を振り切ろうとする必死にクレイは舵を取るが、
結局振り切れずに体当たりを食らってしまい、砂船は砂漠のど真ん中で破壊される。

砂船はなんとか修理可能な破損状況だったのが不幸中の幸いだが、しかし肝心の
修理に使えるモノがない。近くにはサライという町があるようだが二人で行くと
残した砂船を持っていかれるかもしれない。そこでニーナは、自分ひとりでいって
くるから船をおねがいします、と提案し、クレイは不安を抱えるもそれを承諾。
かくしてニーナは一路サライを目指し歩き出すのであった・・・。

しばらく砂漠を歩いていたニーナは、砂漠に出来た陥没とそこに打ち捨てられた
荷車を発見。好奇心にかられて身を乗り出すとバランスを崩し陥没の底へ。
そこで背後に不思議な気配を感じ振り返ると・・・何もいなかった。
(ゲーム中ではプレデターみたいな感じでドラゴン「オーラ」が浮かんでいる)
が、次の瞬間裸で倒れる同い年くらいの少年を発見。裸の男の子相手にはさすがに
恥ずかしくて会話も何もあったものではないので荷車から服を拝借して少年に
着るように進言。服を着た少年とニーナは二人で陥没を抜け出し、そこで自己紹介。
少年の名前はリュウ。それ以外は何も知らない。それでは困ったということで、
ニーナは、彼に一緒にサライまで行けば知りあいだった人がいるかもしれないから
一緒にいこうと持ちかける。ニーナは持っていた王家の剣をリュウに渡し、
二人でサライを目指す。

道中文字通りのがけっぷちを歩くことになり、案の定ニーナは足を滑らせ転落。
急いでリュウが後を追うもニーナは有翼人なので飛べる。その姿に一瞬呆然とした
リュウは見事地面に顔面からダイブ。そのせいというわけではないが、ちょうど
いいところに休めそうな洞穴があるのでそこで一晩明かすことに。

場所はガラリと変わって皇帝墓所。予言の通りに復活したフォウルが墓所から
姿を現す。墓所を守らせていたしもべのオンクーを下がらせ、一路単身皇都へ。
そこに皇都から「竜が出てくるから殺せ」と命じられた帝国兵が。その話を聞いた
フォウルは竜の力・うつろわざるものの力がどのようなものなのか見せてやろうと
言いドラゴン「スピリチュアル」を召喚、帝国兵を跡形もなく焼き尽くす。

その瞬間、何かに弾かれたようにリュウが息を荒げ目を覚ます。

スピリチュアルの召喚により自分の力が不完全であり、半身と融合を果たさねば
ならないと悟ったフォウルは改めて皇都を目指す。しかし、またも妨害。今度は
ヨムと名乗る帝国の呪術師。ヨムはフォウルのドラゴンの力は氷属性に偏って
いるという半身を失っているが故の欠点を熟知しており、炎の魔人カームを召喚し
フォウルの抹殺を試みる。炎属性の傷という決して軽いわけではない傷を負いつつも
フォウルはカームを撃破。だが、カームは手傷を負わせるくらいしか出来ない
と知っていたヨムは最初から用意していた第2の作戦・森ごと焼き払い作戦を決行。
森からの出口であるつり橋でフォウルを追い詰めたヨミは魔人の炎の腕を召喚、
フォウルは避けようもなく炎の爪を食らい川に転落する・・・。

夜が明けて目を覚ましたリュウとニーナはサライを目指し歩き始める。

続きは後日のお楽しみ。・・・なんか書いてて24hTVみたくなっちったな

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 12:37 ID:NbnaP9F9
>>275-276
激しく乙。相変わらず職人のようで。
読んでたら、早く続きが読みたい小説のようだ。

>>208
前回のヒト、放棄なのか挫折なのかわからないし。
書いていいデショ。行ってくれ!

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 13:03 ID:oXdoVp+/
>>265-271
バハムート戦記キタ━━━━ヽ(・(ェ)・)ノ━━━━!!!!
一度だけアフォみたいに長い真のエンディング見せて貰ったことあるYO

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 16:31 ID:/VSYl7BF
SO3について教えて下さい。

SO3(SOシリーズ)の世界は、仮想のゲーム世界というのは目にしました。
ラスボスのルシファーは、現実世界のゲーム会社社長かプログラマーだというのも知ってます。

そこで質問です。

1.何でゲーム世界の人間である主人公らが、現実世界の人間と戦う事ができるのでしょうか?
どういう理屈で、プログラムが現実世界に干渉できるのでしょうか?
2.ラストダンジョンであるファイアウォールと螺旋の塔というのは、現実世界なのでしょうか?
だとしたら、その現実世界において、何を目的として建造されたのでしょうか?
3.イセリア、レナス、フレイって、物語上でどんな存在なのでしょうか?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:16 ID:3fl0F+74
>>279

それ朧に聞けば?
大喜びで教えてくれるぞ

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 18:52 ID:JGfs81Fu

>279
ここで聞く内容じゃないな。専用スレに逝ってくれたまえ。


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:04 ID:JGfs81Fu
そういえば、勢いで書いてしまったミッシングパーツ。
ADVだったな……。ゲーム進行の際にフェイズごと語るより、
ファイルのストーリー要約して書いた方(この書き方の方がはるかに難しいんだけど)が良いので、
消しちゃってください。>管理人様


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:17 ID:7Kl2XVEc
>279
やけに中途半端な知識だな。ゲームやったならちゃんと自分でイベント見てくれ。
やってないならそこまで突っ込んでも仕方ないと思うが。
あっちがこれ以上荒れても困るから答えてやろう。

1.主人公3人組がそうできるように遺伝子改造されてるから。3人それぞれの詳細はめんどいので省略
2.ゲーム内。現実世界でファイアウォール通ったらわけわからんだろ。
 社長自ら自分のキャラで主人公一行を殺そうとしたってこと。
3.クリア後おまけダンジョンのおまけボス。おまけだから意味なんてない。

284 :バハムート戦記(真章1):04/03/04 19:17 ID:BFdzzxaI
闇の時代の到来とともに崩壊したフォーリア王家。しかし、若き国王ジーク=フォーリアはフォーリア聖騎士団、
そして忠臣レイモンド卿とともに再びこの大陸に平和をもたらすべく立ちあがった。
 
 大陸の覇権を握ろうとする他勢力と戦いを続ける毎日。そんな最中、レイモンドはジークに対し、
レイモンド単身でアンデッドと化したバルマーを倒しに行きたいと願い出る。
ジークはこれを受け入れ、レイモンドはバルマー討伐の旅に出た。
しばらくして、ジークの下に「バルマー落つ」との知らせが入る。その後、レイモンドが到着し、
バルマーを倒したことを改めてジークに伝え、自らは再び軍師としてジークに仕えるのであった。

 やがて、レイモンド卿は軍師としてではなく、一剣士として前線でジークと共に戦うことを望む。
かつてはバルマー卿と共に大魔王クリムトを倒し、この大陸に平和を呼び込むことに成功した白き善の力の使い手にして、
ジークにとっては剣の師匠でもあるレイモンド。その彼の望みを無碍に断ることも出来ず承諾したジークではあるが、
一方で一抹の不安を捨てきれずにいた。
バルマー討伐から帰還したレイモンドが、理由は不明ながら、明らかに以前より衰弱していることに気付いていたのだ。

 そのジークの不安は不幸にして現実のものとなる。
再びクリムトを葬るべく戦いを挑んだフォーリア聖騎士団。しかし、戦いの最中にレイモンドがクリムトに深手を受けてしまう。
クリムトはジークの手により撃破されたものの、その時には既にレイモンドは虫の息であった。
自らの死を悟ったレイモンドは言う。
「私はもう駄目だ、ジークよ。よいか、バハムートを目覚めさせてはならん。大いなる邪気は奴のハラを満たしてしまう。
最悪のときは、奴の心臓を、この剣ベサルスネーガで貫け。最後に、わしの命をお前に託す。ジーク=フォーリア…」
そして、ジークにかつてバルマーと共にあった妖刀ベサルスネーガを渡すと静かに息を引き取った。
 ベサルスネーガ。本来ならば相手の精気を吸い取ると同時に使い手の命をも奪い取ると言われた妖刀。
しかし、ジークの手に握られたその妖刀が彼の命を奪うようなことは何故か無かった。
 これ以降、ジークはベサルスネーガと共に、レイモンドの遺志を継ぐべく戦いを続けることになる。

285 :バハムート戦記(真章2):04/03/04 19:19 ID:BFdzzxaI
数ヶ月後、ジークとフォーリア聖騎士団の活躍により、バハムート大陸は統一寸前の状態にあった。
しかし、彼らの前には狂戦士バストラル=バインドアウト率いる蛮人の帝国軍が立ちはだかる。
 そして決戦の時が来た。ジークはバストラルに対し一騎討ちを申し込む。バストラルはこれを承諾し、
二人は互いの軍勢が、そしてバストラルの義弟にして蛮人帝国の軍師ディーンが見守る中、戦い始める。
バストラルは決して騎士の礼などというものにこだわってジークの申し出を受けたわけではなかった。
彼には一騎討ちならば絶対に勝てるという自信があってのことだった。彼の自信を裏付けるもの、
それは彼の手にする伝説の戦斧、ウインドバーグにあった。
バストラルがかの戦斧を手にして以来、彼は常勝無敗を誇っていたのだ。
 
しかし、バストラルの余裕はやがて焦りに変わる。
今まで無類の強さを見せ付けていたウインドバーグの力が、ジークの持つ剣には通用しない。
その焦りをジークに付けこまれ、徐々に追いこまれていくバストラル。
「わが弟ディーンよ、助けてくれ!」
バストラルの声に反応し、魔法の呪文を唱え始めるディーン。
これを見たフォーリア聖騎士団は憤慨し、ジークを守るべく突撃を開始する。
しかし、これに呼応して蛮人帝国軍も進撃を開始した。戦場に怒りが、憎悪が、狂気が満ちはじめた。

この様子を見たジークの脳裏に、レイモンドの遺言が蘇った。
『バハムートを目覚めさせてはならん。大いなる邪気は奴のハラを満たしてしまう』
バハムートの目覚め、それが如何なる事象を指すのかは分からなかったが、
この状況はまさしくレイモンドが危惧していたものだということは理解できた。
「いかん、争ってはいかん!!」
しかし、ジークの言葉は遅きに失した。
「時、既に満ち足り」
ディーンの言葉と共に閃光が、衝撃が戦場を走った。
そして、閃光が薄らいだあとのジークの目に映ったものは、バストラルとディーンの二人だけであった。

286 :バハムート戦記(真章3):04/03/04 19:20 ID:BFdzzxaI
あれだけの軍勢が一瞬にして何処に?状況が理解できないジーク。しかし、それはバストラルも同様であった。
「オレ様の軍隊はどこだ?ディーンよ、何をした!」
バストラルの詰問に対し、ディーンは淡々と驚愕の事実を述べる。
自分はバストラルの義弟ディーンなどではないこと、本当のディーンは既に自ら葬り去ったことを。
自らの義弟を殺された恨み、そして今まで自らを欺いた怒りから、バストラルはディーンに突進、ウインドバーグを振りかざす。
しかし、いざディーンに戦斧を振り下ろそうとしたその瞬間、バストラルは忽然と姿を消した。後にウインドバーグのみを残して。
「ようやくバハムートが目覚め始めたか…。バーサーカーとは良く言ったものよ。
バストラルも所詮はただの気の荒い人間であったか。なあ、ジークよ。」
「バハムートの目覚めがそんなにうれしいか?レイモンドさえ警告したことを。
貴様は一体何者だ。バハムートの目覚めとは?答えろ、ディーン!」
「レイモンドが惚れこんだ割には感情的だな、ジークよ。わたしは人間でも悪魔でもない。
神だ。ディーンというのも本当の名ではない。
本当の名は別にある。もっともお前に名乗るほどでも無いがな」
神。この世界には、神が地上に現れたとき、世界が終わるという伝説がある。しかも、神には如何なる攻撃も通用しないと。

 ただ1人この平原に残ったジークに対し、ディーンは語り始める。
かつて最高の神が世界の終わりに備え、清き心の人間のために食料を確保する手段とすべく生み出されたバハムート。
かの存在は巨大過ぎるため、神の世界には置いておけない。
さらに、バハムートはエネルギー源としてオーラを、それも勢いのある負のオーラを欲する。
そこで、負のオーラの供給源として、バハムートの背にありとあらゆる生き物を生み出し、
争いを起こさせることでバハムートを餓えさせないようにした。
当然バハムートに負のオーラを与えなければ衰弱しやがては死に至るが、
反面オーラを与えすぎれば暴れ出して手におえなくなる。
実際バハムートはクリムトという存在を自ら生み出し、戦争を起こし負のオーラを供給するよう目論んだ。
 
 やがて、世界の終わりが近づいたため、ディーンは黄金のドラゴンに乗り、
充分に育ったバハムートを最高神に引き渡すべくこの地にやってきた。
ところが、ディーンと同じく神であり、バハムートを暴れさせぬよう管理すべく遣わされたはずのレイモンドは、
ここの人間と親しむうちに、この地に生まれた人間こそが心清き人間だとして、
彼らを守るために平和な世界を作り出すことでバハムートを餓死させようとしていた。
故にディーンは各地に邪悪を呼び起こし、戦乱を起こしバハムートを再び目覚めさせるべく働きかけたのだ。

287 :バハムート戦記(真章4):04/03/04 19:22 ID:BFdzzxaI
「私は闇の時代を巻き起こし、人間を堕落させ、脅威と殺戮を起こすことに、見事成功した。
クリムトやベルフレイムを復活させ、更にはレイモンドの親友であったバルマーを邪悪なアンデッドとして復活させた。
そして、バハムートは見事に目覚め始めたのだ。」
「バハムートとはもしや…」
「その通りよ。バハムートとはこの大陸そのもの。お前達は奴の背の上で歴史をかたどっていたのよ。
そしてバハムートの目覚めと共にお前達の歴史は幕を閉じる。バストラルのようにどんどん消えていくのだ。
だが、レイモンドの心を受け継ぎ、人間から神になったお前は除いてだが」

そして、レイモンドの力を受け継ぎ神となったジークに対し、自らとともにバハムートを最高神の手に引き渡すよう要求する。
しかし、ジークはレイモンドの遺志、そして自らの意思によりこれを拒絶し、ベサルスネーガをディーンに向ける。
「なるほど、ベサルスネーガを持っているのか。バハムートの心臓を打ち砕き、神すらも切り裂く恐るべき剣。
普通の人間が持てばオーラを奪われ死んでしまうが、レイモンドの力を受け継ぎ神となったお前には関係無いか。
神々の武器を持ったものに神の技は通用しない。先の光でお前とバストラルが生き残ったのはそのためだ。
面倒だが直接倒すしかない」

 ディーンは魔術師姿から一転、黄金の甲冑に身を包み、剣をジークに向ける。
「元は人間であった神などが、生粋の神たる私に敵うと思うのか?」
既にバストラルとの戦いで疲労の極地であったジークは、それでもディーンの猛攻になおしばらくは耐えぬいた。
しかし、もはやジークに勝ち目は無いように思われた。
勝利を確信したディーンに対し、うち捨ててあったウインドバーグを掴み背後から急襲する人影が!
「貴様、何故生きている。死んだはずではなかったか、バルマー!」

呪われしアンデッドの姿などではなく、生ある人間の姿でディーンと対峙したバルマー卿は語る。
「レイモンド殿はこの日を予見していた。
クリムト掃討戦のとき、クリムトを葬った私に全てを打ち明けられたレイモンド殿は、
我が魂を邪悪から守るため、私をクリムトと相討ちしたことにして、我が魂をベサルスネーガに封印した。
闇の時代の到来によりアンデッドにされたあと、レイモンド殿は剣より我が魂を解放し、
あろうことか、私を復活させるために自らの力の半分を使い切ってしまったのだ。
そして、完全に回復するまで、精霊の協力で大地の奥で眠っていたのだ。」

288 :バハムート戦記(真章5):04/03/04 19:24 ID:BFdzzxaI
「レイモンド殿は最後に、ジークと言う若者を助けてくれ、彼は私の子孫だと教えてくれた。
精霊の知らせで彼がクリムトに倒されたのを聞いて涙が止まらなかったよ。
私のために力を使うようなことをしなければ、クリムト如きに遅れを取ることなど無かったものを。
わたしのせいで死んだレイモンド殿のためにもお前を倒す!」

そういうと、バルマーはウインドバーグを携えディーンに立ち向かう。
「たかが人間がそんな玩具で私に敵うと思っているのか?」
「そんなことは百も承知の上!」
ウインドバーグを振りかざしディーンに突進するバルマー卿だが、
たやすくかわされると同時にディーンの剣が彼の胸を貫く。
しかし、そのまま彼はディーンを押さえ込んだ。
「ジークよ、今だ、ディーンを叩ききれ!我が命尽きる前に・・・」
「は、離せ、この野郎、離さんか!」
ジークは勢い良くディーンに突進し、奴の心臓を貫いた。鮮血とともに断末魔を上げるディーン。
やがて、彼の姿は消え去り、あとにはジークとバルマー卿のみが残った。

 急いでバルマー卿に回復の魔法をかけるジーク。しかし、バルマー卿の命脈は既に尽きていた。
「良くやってくれた。誇り高い我が子孫よ。後のことは頼んだぞ・・・」
「我が先祖よ、私は貴方のような素晴らしい英雄の血を受け継いだことを誇りに思います。」
バルマー卿はもう一度満足げに笑みを浮かべると、静かに目を閉じ消えていった。
その場に佇み、悲しみの涙を流すジーク。
しばらくして後、全てに決着をつけるべく、歩み始めた。


289 :バハムート戦記(真章6):04/03/04 19:26 ID:BFdzzxaI
バハムートの中心が眠る神殿。
その最深部にあるバハムートの心臓の前にジークはいた。
父王バーフの面影、レイモンドとの厳しい修行、愛する人との出会い、
邪悪との戦いの日々、そして愛する者、信頼するものを失う悲しみ、
様々な思いを胸に秘め、この戦いに終止符を打つべくベサルスネーガを心臓に向けるジーク。

しかし、今まさに心臓を貫こうとしたその瞬間、目の前に黄金のドラゴンが立ちふさがるように舞い降りた。
瞬間ディーンの言葉を思い出す。
『私は黄金のドラゴンに乗りこの地に降り立った』
剣をドラゴンに向けるジークに対し、ドラゴンは静かに語りかけた。
「私は確かにディーンとともにこの地にやってきた。しかし、私の目的は彼とは違う。
私は最高神の密命を受けここに来た。ジークよ、貴方に全てを話そう。」







その後、何が語られたかは誰も知らない。
やがて、バハムートを葬るべく、孤空の彼方より神々の軍団が現れた。
その前に、蒼き鎧をまとい、黄金のドラゴンに跨ったジークがただ1人立ちはだかったという。

FIN

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:28 ID:BFdzzxaI
乱文乱筆ご容赦。

最初は、真エンドの方も全文丸写しにしようかとも思いましたが、さすがに長すぎるのでやめました。まあ後半は結構マンマですが。



291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:40 ID:p9g9lMhz
フム(・∀・)フム

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 19:43 ID:BFdzzxaI
バハムート戦記補足

上の文では、レイモンド死亡時にジークがクリムトを倒したとしてありますが、
実際にはレイモンド死亡イベント後にクリムトを倒さないと、真ENDに行けない(イベントが発生しない)です。
もはやプレイする人はいないとは思いますが、一応。

293 :エストポリス伝記2 その7:04/03/04 20:36 ID:Ms0qVlgG
飛び飛びでスマソ

4人揃ったものの、イドゥラを追うことは難しかった。何故なら港町の船すべてが
先回りしていたイドゥラに壊されていたからだ。
そこで町一番の船大工ジャッドに「幻の木」という材料をとってきてくれることを条件に、
次の街まで運んでもらうことになった。幻の木を材料にした船は、ジャッドの夢でもあった。
マーティン号と名づけられた船で、ナーシサスの町に到着したマキシムたちは、
「未婚の」女性が、子供も含めてハーメルンの笛吹きのようにさらわれるのを見る。
ここで事件を解決して彼女ゲットとばかりにがんばるハイデッカ。

事件を起こしたのはもちろんイドゥラで、神のいけにえにするのだとか。
そして、ハイデッカのがんばりで事件は解決するのだったが、さらわれた女性には
皆恋人がいたのであった。落ち込むハイデッカを女の子が励まそうとするが、
お友達の男の子が迎えに来てしまった。ハイデッカに春は、来なかった……。

失態続きでとうとう上司のアモンという神にさえ見放されたイドゥラはアイリスを
とある神殿で人質にとり、マキシムたちに最後の戦いを挑む。
戦いには勝ったが、イドゥラは脱出魔法を封じた上で神殿もろとも道連れにしようと
した。ハイデッカの犠牲でアイリスが脱出魔法を使うことができた。
ハイデッカは、戻ってこなかった。

(ちなみに
 本篇でおまけダンジョンをクリアしたいのなら、ハイデッカが抜ける前に
 話をとめたデータを作っておいたほうが良いです)

294 :エストポリス伝記2 その8:04/03/04 20:47 ID:Ms0qVlgG
ハイデッカを失った悲しみにひたる間もなく、マキシム達は神を追う旅を
続けるのだった。が、徒歩ではやはり限界があった。
そこへ、船を買わないか、という話をとある町で持ちかけられる。
船の持ち主はレクサス・シャイアという変わり者の博士だった。レクサス博士は
強い「波動」を持つマキシムたちに興味を示す。ちなみに、博士の波動計によると
3人の強さはガイ<セレナ<マキシムらしい。
ジャッドが幻の木を手に入れたことを知った博士は、「エンジン」をつけた船を
ようやく作れる、とマキシムに協力してくれることになった。

船が出来上がるまでのあいだ、マキシムたちはなりゆきで街の花売り娘の代わりに
珍しい花をとってくることになった。
セレナは珍しい花を「プリフィア」と名づけた。

完成した船は「エクセリオン号」と名づけられ、レクサス博士も同行することになった。
途中立ち寄った王国で、また事件にまきこまれるマキシム達。黒幕は軍事大国
グラッセの王子クラウスだった。
ヒーローのように登場したマキシム達に、ガイは「聞いて名乗るのもおこがましいが」と
わりとノリノリで名乗りをあげた。
「俺は無敵の豪腕ガイ!そして正義の剣士マキシム!世紀の天才レクサス!」

「そして、魔法の人妻 マジカル・セレナ!!」

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/04 20:54 ID:Ms0qVlgG
とまあこんな感じで珍事件を解決していくマキシム達。
しかし、どこかの王国が財政難でなんだという事件を終わらせようとした瞬間、
遂にアモンがマキシム達の前に現れた。

アモンはあいさつがわりのように山奥の村を壊滅させてしまった。
マキシム達が壊滅した村に向かうと、アイリスが死んだ村人の為に祈りを捧げていた
ところだった。神と戦うには肉体的な力だけでは勝てない、とアイリスは語る。
精神の力、「波動」でなければ。
しかし人間の限界ではとうてい神には勝つことはできない。
何か、「波動を増幅するような」武器でもない限りは。
波動を増幅する武器は、「デュアルブレード」というらしい。

いつものように助言だけを与えてどこかへ去ろうとするアイリス。
マキシムは、いつかはあなたの正体を教えてくれますか、と尋ねた。
「そのとき、あなたは私だとわからないかもしれませんが」
と、アイリスは答える。
その言葉は、マキシムには届かなかった。アイリスの心の中での言葉だったからだ。

つづく

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 00:01 ID:UoijAijw
>>295
神様、乙!乙!!
続きも楽しみに待ってるよー(・∀・)


297 :ブレス4:04/03/05 02:10 ID:YjGMwsWn
前回(>>276)の続きいきます。
第2部 竜にかかわるもの
多少のハプニングはあったものの無事にサライの町に到着。リュウは自分の
知り合い探し、ニーナは砂船の修理に使えるものを探すことになる。
でも知り合いなんて見つからない。そんなとき商人に騙され余計なものを
買わされそうなニーナを発見したリュウは辛うじて阻止に成功。とりあえず
自分のことは諦めて、危なっかしいニーナと一緒に行動することに。

情報を集めるならやっぱり人が集まる酒場が一番だろうとの話を聞き酒場に
向かう二人。そこで飲んだくれのオヤジが、メシ奢ってくれるならいいこと
教えてやろう、というのでメシを奢る(ミニゲーム)。
財布を痛めつつもなんとか酔っ払うまえに満腹にさせることができ、情報屋
のことを教えてもらう。
その話を基に町を探しまわって情報屋を見つけたが、当然カネがなきゃ情報は
売れない・・・のだが、情報に見合う妥当な額を払うなら売ってやろうという
ことになる。ハイ&ローゲームで妥当な額を推理しその額を払うことに。

情報屋が言うには酒場の奥には闇商人がいるが、そいつに会うには酒場の親父に
合言葉を言わなければならない。でもその商人もう町出ちゃった・・・ってな
わけで急ぎその商人を追う二人。サライから程近いところで商人を捕まえて
合言葉を教えてもらえた。

サライに戻り酒場のマスターに合言葉を伝えて闇商人に会い、ニーナは早速
砂船の修理に使えるものを売ってくれないかと持ちかけるが、生憎と品切れ。
だが南の砂船の谷にいけば材料がありそうだから取って来いと言われ、その
言葉に従い砂船の谷へ行く二人。

壊れた砂船の残骸で出来た砂船の谷の奥に行くとオヤジと犬が。欲しいものが
あるなら自分で掘れ、との言葉に従いスコップと犬(アイテムが落ちてる所を
教えてくれる)をレンタルして、犬の鳴き声に従い砂漠を掘るリュウ。なんとか
砂船の修理に使えそうな「パーツざいりょう」を手に入れることが出来た。

これで砂船が修理できそうだということに喜びながらサライの酒場に戻ると、
そこには帝国の将校が。何でも竜がこのへんに現れたと聞きつけやってきた
ものの一向に情報が得られず暴れているようだ。その光景に尻込みするリュウ
をよそにニーナは単身その将校の前に躍り出て狼藉をやめさせる。
ラッソと名乗るその将校はそんなニーナを見て鉄鬼ジョを召喚する。

ジョを退けたニーナをよそに、尻込みしているリュウを罵倒するラッソ。
それに腹を立てたリュウは王家の剣を手にラッソに切りかかる・・・が、
障壁のようなものに守られたラッソに刃は届かず、逆に王家の剣を折られて
しまう。このままではと考えたニーナはリュウをつれて急ぎ町の外へ逃亡。
だが既にクレイの待つ砂船への道はラッソの手下により竜探索の名目で封鎖
されており、まもなくラッソに狼藉を働いたとして二人を捕らえる別命も
下ってしまう。そのとき酒場で騒動を見ていた客の一人がやってきて、チャンバ
という町を通れば帝国兵の包囲網から逃れられる可能性がある、と教えて
もらい、二人は一路チャンバへと向かうことに・・・。


298 :ブレス4:04/03/05 02:36 ID:YjGMwsWn
>>297の続き
なんとか帝国兵に見つかることもなくチャンバにたどり着いたリュウとニーナ。
だがこのチャンバという町はなにやら禍々しい空気が北の方から漂ってくる。
町の者が言うには、先の大戦の折に帝国が放った「呪砲」という兵器の直撃を
食らい町中が呪いに汚染されてしまったが、防呪鎧という頑丈かつ呪いを通さない
特殊な鎧を身に着けた職人たちによって呪い汚染を取り除こうとしているのだそうだ。

二人は呪い除去職人の親方に会い、町の北部を通してはもらえないかと頼むが、
防呪鎧も身に着けてない上素人を呪いまみれの場所に連れて行くわけには行かない
の一点張り。職人全員に同行を依頼するも悉く断られ立ち往生・・・そのとき、
北部から防呪鎧を身にまとった人が帰還。彼は「マスター」と呼ばれる人で、
最後の賭けとばかりにニーナは同行を依頼する。
あっさり断られるかと思いきや、マスターはリュウの顔を覗き込み、自分が
道案内すると言い出す。当然親方は反対するが、マスターは「マスターが
大丈夫だ、と言ってます」と珍妙な言葉と妙に説得力を醸し出す迫力で承諾
させてしまう。

そんなわけでチャンバ北部に向かう一行。途中呪いが濃すぎて生身では危ないと
リュウ・ニーナとマスターの二手に別れ行動したりしつつも何とかあと一息で
町の外・・・というところで突然に唸り声。なんと後ろから呪いのヌシとも
言うべき大きな骨の人面魚が橋を壊しながら追ってくるではないか!
気合でダッシュ(ゲーム中では○連打)して辛うじてちゃんとした足場に
たどり着き、この「スカルフィッシュ」を撃退することに。

「スカルフィッシュ」を退けチャンバから出ることに成功。3人は砂船の
パーツの入手がダメになったことや、道中出会った二人のことなどを報告
するべくクレイが待つ壊れた砂船の所へ。

クレイの待つ砂船にたどり着いた一向はそこでお互いに自己紹介をしたり、
道中で起こった事件のことを語り合い、そして夜も深けていった・・・。

続きはまた後日。
全4章13部構成ですが、今後しばらくの間お付き合いくださいませ。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 05:31 ID:y+xbosJL
読むのすらメンドクサイオレは逝ったほうがよいのかしら(・Α・)

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 06:41 ID:bnOQtMuv
>>299
ワラタ
おまい何しにこのスレ来てんだよw

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 06:53 ID:csnofoK1
【読むのも】ストーリーを教えてもらうスレ Part4【面倒】


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 08:43 ID:nx2GM8Ty
●未解決分
■PS2 ・スペクトラルソウルズ ・ライゼリート ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ブラックマトリクス2 ・カオスレギオン ・FFX-2インタ(ラストミッション) ・.hack
・ネビュラ〜エコーナイト〜 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・シャドウオブメモリーズ
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・テイルズオブエターニア ・ブラックマトリクス
・聖刻1092 操兵伝 ・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・ビヨンドザビヨンド
・戦国サイバー藤丸地獄変 ・魔道物語(ぷよぷよ) ・エンドセクター ・BAROQUE
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・クーデルカ
・レジェントオブドラグーン
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・「真・聖刻」 ・バズ-魔法世界 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG
・ラストバイブル3 ・イデアの日 ・マザー2 ・超魔法大陸ウォズ ・ブレスオブファイア
・ロマンシングサガ2
■FC ・ラグランジュポイント ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿
・ボディコンクエスト ・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール
・ファンタシースターオンライン2
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・テイルズ サモナーズリネージ
・アークザラッド 機神復活 ・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)
・ダイナソア 〜リザレクション〜(PCゲー) ・田中の夢物語

●途中
■現スレ ・サモンナイト2 ・エストポリス伝記2 ・かまいたちの夜2 ・ジャングルウォーズ2
・エクソダスギルティー(結末) ・ブレスオブファイア3 ・ブレスオブファイア4 ・ヘラクレスの栄光4
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャッシュ編、アーミック編以外) ・ジルオール
・バテンカイトス ・FF10-2(幻ED、アカギスフィア、隠ダンのトレマ会話) ・デビルメイクライ
・東京魔人学園符咒封録 ・「デジタル・デビル・ストーリー女神転生2」 ・チャイルズクエスト
・グランディア ・サモンナイト3(番外編、ウィル、釜以外ED) ・ロマンシングサガ(WCだけの話)
・FE紋章の謎
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜 ・デュープリズム
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・サモンナイト(カルマルート)
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・ブレスオブファイア2
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・仙窟活龍大戦カオスシード ・ガンパレードマーチ
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 16:50 ID:WAuuDt56
シューティングのストーリー
http://game4.2ch.net/test/read.cgi/arc/1071721451/l50

一応張っておきます。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 17:18 ID:O7SVwkE2
FF4と5をお願いします。

305 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:20 ID:shVL7Qci
(島に出発するまではわらべ唄篇と同じ。
 底蟲村篇の真理は大学で民俗学を専攻していたが、引っ越しの際に大学を辞めてしまっている)

島に向かう船の上で、船長が語る。
三日月島は地元の者には「天国島」と呼ばれている。
底蟲村が廃村になった後、島には岸猿家の別荘が建てられた。
岸猿家の者たちは豪奢な生活をおくっており、まさにそれはこの世の天国だと、人々は嫌味をこめて呼んだ。
昭和の時代になると、岸猿家の当主・伊右衛門は怪しげなものに興味を持ち出した。
『不老不死』の研究である。
金にあかせた生活と、研究は続けられが、そのうち島の者の消息が途絶えた。
岸猿家の番頭が別荘を訪ねていったが、別荘には誰もいなかった…。

306 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:21 ID:shVL7Qci
船長は島に伝わるわらべうたを歌って聞かせる。

みのむしぶらりんしゃん美味そにみえる
なんぼ美味そでも喰ろてはならぬ
喰ろたら一生生き地獄

みのむしぶらりんしゃん我慢がでけぬ
我慢でけぬなら喰ろうてごろじ
喰ろたらお山に捨てられる

みのむしぶらりんしゃんたぢまのもりが
とこよのくにで見つけねばよかった
喰ろたら生きるぞ万万年

「あんたらも物好きだな…よりによって《かまいたちの夜》に行くとは…」

館に行く途中、『網張(あみはり)神社』という神社を見つける。
船長は「《かまいたちの夜》の前にここにお参りしておけ」と言う。
神社の中は蜘蛛の巣が張って荒れ果てていた。
ここでは土蜘蛛を神として祀っているらしい。また、錆付いた剣もそこに納められていた。
透は神社の外で、茂みの中に人影を見る。この島には猿でもいるのだろうか…。

307 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:22 ID:shVL7Qci
「明日の夕方迎えに来る。気をつけることだ。《かまいたちの夜》には…『常世の虫』が目覚めると言うぞ」
透たちを館に送り届けると、意味深な言葉を残し船長は帰っていった。

透たちを柔和な顔をした老人が出迎えた。館の管理人、キヨだ。
応接室にいたのは、みどりと、この島の伝説を取材に来た美樹本。招待客はこれだけのようだ。
みどりは俊夫と結婚したが、俊夫は半年前に事故で死んだという。
我孫子が到着するまで島でも見物してくるといい、とキヨに言われ、
小林は湖へ釣りに、美樹本は山へ、みどりは中庭を散歩、透と真理は海へ泳ぎに行った。

浜辺にいた透たちのもとへ、すごい勢いでクルーザーが突っこんできた。慌てて逃げる二人。
クルーザーは岩礁に横腹をこすりつけ、止まった。クルーザーの中から出てきたのは香山だった。
クルーザーは壊れてしまったようだが、香山はこんなもんまた買えばいい、と豪快に笑った。
「ようこそ、歓迎するで。さ、わしの館へ行こうか」

308 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:24 ID:shVL7Qci
館へ向かう途中、香山は二人に「我孫子の正体は自分だ」と明かす。
ゲーム業界参入の第一弾『かまいたちの夜』が大当たりしたらしい。
(最初は『かやまたちの夜』というタイトルだったが、手違いで今のタイトルになったのだとか。)
今はかなり羽振りが良く、この別荘もクルーザーもゲームで儲かった金で買ったという。
そこでゲームに登場してもらったお礼に、透たちを招待したのだ。
小林夫妻は勝手にペンションを出したので怒ってるのではないかと呼ばなかった。(結局小林は勝手に来たが)
OL二人は仕事で来られないそうだ。
透はなぜこの島を買ったのか、理由をきいた。
香山は答える。「この島には…『徐福伝説』があるからな」
他にもここには姥捨て山伝説、人魚伝説、『タヂマノモリ伝説』などもあるらしい。

『徐福伝説』
始皇帝の命令で徐福は不老不死の秘薬を探していた。
『海の向こうの蓬莱島(ほうらいじま)にその秘密がある…』
徐福はそう言って航海に出、消息を絶った。
『タヂマノモリ伝説』
垂任天皇が病になった際、家来の多遅摩毛理(タヂマノモリ)を『常世の国』に派遣し、
食べると不死になる『非時香果(トキジクノカクノコノミ)』を探させた。

309 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:25 ID:shVL7Qci
姥捨山以外の三つの伝説は全て『不老不死』に関係している。
そして岸猿伊右衛門はここで不老不死の研究をしていた…この島にはきっと何かある。
香山は伊右衛門の研究を引き継ぎ、不老不死を実現したいのだと熱っぽく語った。
その時、透はわらべうたを思い出す。
あの三番の歌詞には『たぢまのもり』と『とこよのくに』が出てきたではないか。
それを聞くと香山は「ここには何かある!」と一層確信を増す。

館に着くと他の皆に香山が我孫子武丸だということが伝えられた。
二階の自室へ水着を置きに行った透と真理。それぞれの部屋に入った時、透は真理の悲鳴を聞いた。
透が急いで真理の部屋に向かうと…蜘蛛がいた。
蜘蛛は天井に張った大きな巣の中心に陣取っている。胴体だけで70センチはある。
真理を逃がし、蜘蛛と対峙する透。
部屋にあった傘を手に取り、蜘蛛の腹に何度も突き刺す。蜘蛛は廊下へと逃げ出した。

真理が呼んできた美樹本たちと合流し、蜘蛛の体液の跡を追う透。
廊下の突き当たりで天井に潜んでいた大蜘蛛が香山に襲いかかろうとしたその時、
いつのまにか菜箸を手にしていたキヨが、それを蜘蛛の頭に突き立てた。

310 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:26 ID:shVL7Qci
さっきの蜘蛛のような化け物がいるというのに、迎えの船が来る明日までこの島にいなければならないのか。
恐怖と不安で落ち着きをなくす一同。
「ちょっと待ってください」美樹本が声をあげた。
さっきの大蜘蛛は伝説の土蜘蛛なのではないか。
あんなものが存在するくらいだ、もしかしたら不老不死伝説も現実にあるのかもしれない。
もしそれが発見できれば大スクープだ。自分はここに残る…、美樹本は言った。
さらにみどりも残ると言い出した。
俊夫を失ってから、人は何故死ぬのか、何故愛する人と死に別れなければならないのかという疑問が、頭から離れないのだ。
本当は大学で研究を続けたかった真理も、民俗学の生きた資料を目の前にして帰ることは出来ないという。
しかし透と小林の反対にあい、しぶしぶと真理は部屋に荷物を取りに行く。

真理が透を呼んだ。
透が真理の部屋に行ってみると、さっきの大蜘蛛が張った巣に、蜘蛛の糸で妙な模様が描かれている。
それは『アフナイソトクカヘレ』と書いてあるように見えた。首をひねる透の横で、真理は顔を青くして読み上げた。
「危ないぞ。疾く帰れ」
蜘蛛が警告を?そんなまさか…。

311 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:27 ID:shVL7Qci
結局、透、真理、小林は帰ることになった。
クルーザーの無線機で送迎船に連絡はしたものの、船が来るのは夕方だという。
それまでここ待つと言う小林。しかし真理は「底蟲村に行ってみたい」と言い出した。
江戸時代に廃村となった村。管理人のキヨは底蟲村には絶対近づくなと言っていた。
一人でも行くと言う真理を止められず、また心配でもあったため、透と小林、香山も一緒に行くことにした。

村は驚くほど当時の景観を残していた。異様な量の蜘蛛の巣を除けば。
村の入り口には警告文が記してある。
『ココカラ先底蟲村 常世ノ入リ口ナリ 入ルナヨ
 入ルト死ヌルゾ 皮溶ケルゾ 肉腐ルゾ 骨砕ケルゾ 五臓六腑ミナタダレルゾ
 忌マハシキモノ多ク現レルゾ
 一名 スクナビコナ トイフソレハ スデニ死ニタルモノデアル』
スクナビコナとは国造りを手伝い、後に常世の国へと飛ばされたという体の小さい神様のことだ。
警告文を無視して村に入ると、そこにいた全員が何とも言えぬ嫌な感じを味わう。明らかに村の中は空気が異質だった。
小林が村に生えている灌木に近づいていった。透と真理も後を追う。

312 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:28 ID:shVL7Qci
奇妙な植物だった。
葉は無く、黒光りする枝に白い花と小ぶりのバナナのような黄色い実がついている。
香山によると、村の裏山にもこの木がたくさん生えているという。
料理人の小林は、この実が気になり味見してみた。「うん…いけるな。」
実を平らげ、他の三人にも食べろと勧める小林。
透は皮をむいてみた。ピンク色で甘い匂いがする。
だが…ねっとりしていて、粘液に包まれていて、妙に生々しい。まるで生肉のようだ。
改めて臭いを嗅ぐと、髪の毛が焼けるときみたいな臭いがするように感じる。
小林が見ている手前捨てるわけにもいかず、香山は一口だけ実を食べた。あまり口に合わなかったようだ。
真理が実を口に運び、噛み切ろうとした瞬間、透は悪い予感がしてそれを止めた。

廃屋を見に行こうといって、透はその場から真理を連れ出した。
廃屋の中には長持ちがあった。真理がそれに近づくと長持ちの陰から人影が飛び出してきた。
それは真理に襲い掛かり、真理を助けようとした透も組み伏せられてしまう。
サルのような姿のそいつの顔は、生ける屍、ゾンビというのが一番近かった。
首を絞められ、もう駄目かと思ったとき、天井から何かが落ちてきた。蜘蛛だ。
蜘蛛はゾンビにに飛び掛り、そいつの首を食いちぎった。
だが、首が千切れてなおゾンビは動けるようだ。そのまま廃屋から飛び出し、逃げてしまった。
騒ぎを聞きつけた小林と香山がやってきて、残っていた大蜘蛛を殺した。

313 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:29 ID:shVL7Qci
この島には大蜘蛛以外の化け物もいる…。神社で見た猿のような影はあの化け物だったようだ。
あんな目にあったため、真理もようやっと帰る気になった。真理だけではない、香山もだ。
クルーザーの所に戻ってきたとき、小林が腹が痛いと言って苦しみだした。
もしやさっき食べたあの実が原因だろうか…。
しばらくするととりあえず痛みは和らいだようだが、船が来るまではまだ時間がある。四人は一旦館へ戻る事にした。

透が小林を背負い、山道を歩いた。
ふと気がつくと香山の様子がおかしい。顔色が悪い。キョロキョロと辺りを見て何かを探しているようだ。
どこか具合でも悪いのか、と透が声をかけようとした時、
「ミ…ミ…ミミミ…ミミミミミミミミミミミミミミ…!」
突然、小林が大声をあげた。口から泡を吹いて叫んでいる。
透の背から落ち、小林は四つん這いになって凄まじい速さで走り出した。そして草むらに消えてしまう。
四人は小林を探した。
捜索を続ける透と真理の背後で音がした。
二人が振り返ると、そこには底蟲村で見たゾンビのような化け物の姿があった。
化け物が三体。そして化け物と一緒にいたのは小林だった。皆、あの実を貪り食っている。
香山がやって来て、その物音に気づいた化け物たちと小林は、やぶの中に消えていった。
香山は化け物が食べていた実の残骸を見て、ただ一言「……そうか……」とつぶやいた。

「あの実のせいで叔父さんはあいつらの仲間になってしまった…あれは食べてはいけないものだったのよ」真理が言うのを聞いて、透は閃いた。
わらべうたの「みのむし」とはあの木の実のことだったのではないだろうか。
「喰ろたら一生生き地獄」は、食べたら化け物になってしまうことを表していたのか…。

314 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:32 ID:shVL7Qci
館に戻ると、館は外も中も蜘蛛の糸で覆われていた。前に進むのも困難なほどだ。
他の者たちを探して食堂へ行くと、そこには蜘蛛に体液を吸い尽くされた美樹本の死体があった。
透たちはみどりとキヨを探し続けた。
みどりは物置部屋にいた。蜘蛛の糸に絡み取られぐったりしているが、生きているようだ。
みどりを助けようとすると、七体の大蜘蛛が立ちはだかった。
この数には太刀打ちできない…どうするかと迷っていると、キヨが火のついた松明を持って現れた。
炎で蜘蛛を焼き、追い払い、みどりを抱えて館から逃げる一行。
透たちは館の外に逃げたものの、十数体もの蜘蛛に囲まれてしまう。
すると、あのゾンビのような化け物たちが現れ、大蜘蛛たちに攻撃を始めた。しかし大蜘蛛に押され気味だ。
「蜘蛛が多すぎてスクナビコナでは防ぎきれません。早くこちらへ」キヨが言った。

「網張神社に、かつて大蜘蛛退治に使われた太刀、《蜘蛛切丸》があります。
 あれさえあれば、蜘蛛たちを根絶やしにすることができるのです」
なぜキヨはそんな事を知っているのか。そこまで知っていながらなぜ自分で行かないのか。
透たちは疑問を感じるが、今はそれどころではない。
みどりも目を覚まし、蜘蛛たちに行く手を阻まれながらも透たちは神社に辿り着いた。

315 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:33 ID:shVL7Qci
神社の周りには島中の蜘蛛がひしめいていた。
神社にあった錆びた剣《蜘蛛切丸》を振りかざすと、蜘蛛たちは後ずさっていく。
真理が透の袖を引っ張った。透が真理の指差す方を見ると、以前見たのと同じ蜘蛛の巣に書かれたメッセージがあった。
『ツルキヲタスナ』…剣を出すな…
『トコヨノムシアラワレ コノヨオワル』…常世の虫現れ、この世終わる…

《蜘蛛切丸》の威力は凄まじく、蜘蛛たちは無抵抗のまま殺されていった。
喜んだのも束の間、香山が剣を取り落とし、苦しみだした。
「とうとう来よったか……」香山は理性のあるうちに、と言って、透たちに自分の考えを伝えた。
自分や小林がこうなった原因…あの木の実はおそらく『トキジクノカクノコノミ』だ、と。
「体が…体が言うことをきかんのや!実をくれ!実…ミミミミミミミミ!」
そう叫んで香山は、小林と同じように走り去る。

透と真理はあのわらべうたを思い出す。あの歌にはなにもかも秘密が隠されていたのだ。
『タヂマノモリ』が持ち帰った木の実は、この世にとんでもない災厄をもたらすものだった。
あの実を食べた者は死ななくなるのではなく、ゾンビのような姿のまま死ねなくなるのだ。
そんなものが世界に広まったらどうなるか。
蜘蛛の巣に、文字が残されていた。
『モウテオクレ』
…もう、手遅れ…
「香山さんも小林さんもきっと『底蟲村』にいるわ」
突然、みどりが歩き出した。みどりからは今までとは違う、決意のようなものが感じられた。

316 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:34 ID:shVL7Qci
透と真理は底蟲村の前にいた。みどりは一人でどんどん先へ行ったため、見失ってしまった。
村の中の嫌な感じは以前より増したようだ。
しかし裏山の辺りまで来ても、蜘蛛もゾンビも姿を現さなかった。
透は真理の様子がおかしいことに気づく。
顔面が蒼白で、キョロキョロと辺りを見回している。真理はあの実を一瞬口に含んだが、まさか…。
透が躊躇いつつもそのことを訊こうとした時、真理が「あっ」と声をあげた。

裏山は『トキジクノカクノコノミ』だらけだった。一面にその木が生えている。
そして木の周りには、ゾンビのような化け物が群がり、実を貪っていた。
人相のすっかり変わった小林らしき人もいる。そして香山も。
香山は透たちを見て恥ずかしそうに苦笑いするが、実を食べるのはやめなかった。
「わしはもうあかん。頭はしっかりしとるんやが、体が言うことをきかんのや…」
真理もふらふらと木の方へ近寄っていく。透は無理矢理ねじ伏せて真理を止めた。
「私、実を食べていないのに…あんなふうになりたくない。透、私を殺して!」
透は無言で真理をつかむ手に力を込めた。

「この実は粘膜に触れただけで作用を起こす。すぐに吐き出しても手遅れじゃ」
声がして振り向くとキヨが立っていた。
「あんたは何者なんだ。なぜいろいろなことを知ってる」
つかみかかる透の手をかわし、キヨは語り始めた…。

317 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:35 ID:shVL7Qci
あの実…『トキジクノカクノコノミ』は木の実ではない。
『常世の虫』の卵なのだ。わらべうたにあった『みのむし』とは『虫の実』のことだった。
虫の実を食べた者は、理性を失い死ねない化け物『スクナビコナ』になる。
彼らはその名の通り不完全な幼体だが、稀に成熟する資質を持つ者が出る。
そして成熟した者は常世の虫となる。
今、底蟲村の地下に眠る常世の虫は、五十年に一度、この世を不死の国にするために地下から出ようとする。
それを食い止めていたのが、常世の虫を封印する為に島に置かれた土蜘蛛たちだった。
これまで何百年もの間、常世の虫の復活は蜘蛛たちに阻まれてきたが、
今回は透たちの手によって邪魔者の蜘蛛はいなくなった…。

キヨは『タヂマノモリ』だった。常世の国から『トキジクノカクノコノミ』を持ち帰った張本人。
島の『スクナビコナ』は、飢饉の時に『虫の実』に手を出し山に捨てられた底蟲村の村人たち(これが姥捨山伝説のもと)と、
不老不死を追求した岸猿家の人間の成れの果てだった。

キヨは透にも虫の実を食べさせようとした。もの凄い力で押さえ込まれ、もう終わりかと思ったが、急にキヨの力が緩んだ。
キヨの手を掴む人物がいた。
「何だかわからないけど、急にすっきりしちゃった。あんた、いいかげんにしなさいよ」真理だった。
真理はキヨに一本背負いをかけ、キヨが動けないでいるうちに二人は逃げ出した。

318 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:36 ID:shVL7Qci
突然大地が揺れて、二人は地面に投げ出された。
村の地下から、常世の虫が現れたのだ。激しい揺れの中で透は真理を見失ってしまう。
小山ほどもある巨大な虫の背には、無数の『トキジクノカクノコノミ』が生えている。
木のように見えていたものは虫の体の一部だったというわけだ。
「うれしや…うれしや…この世を常世に、常世をこの世に…トコヨコノヨトコヨコノヨ…」
キヨに合わせて『スクナビコナ』たちも唱和する。「トコヨコノヨトコヨコノヨトコヨ…」

虫の進行方向にみどりがいた。
みどりは全裸で、両手を広げて虫を阻むように立っていた。このままでは踏み潰されてしまう。
しかしなぜか常世の虫はみどりの前で立ち止まった。次の瞬間…。
みどりの目や口、全身の穴という穴から無数の微細な蜘蛛がぞろぞろと出てきた。
みどりは蜘蛛に捕らえられた時、卵を産みつけられていたのだ。今まで動いていたのはみどりの皮を被った子蜘蛛だったのか…。
蜘蛛は見る間に成長し、他の蜘蛛と融合して、一匹の巨大な蜘蛛になった。
二体の巨虫は押しつ押されつ格闘する。
劣勢になった常世の虫のもとへ行こうとしたキヨの足を香山が掴んだ。
「まだ人間でおるうちに、やることはやっとかんとな」
香山以外の『スクナビコナ』たちまでがキヨの前に立ちはだかった。「もう死にたい…常世に帰りたい…」
キヨが虫を助けに行けずにいるうちに、虫と蜘蛛の戦いには決着がついていた。
相討ちだ。常世の虫も大蜘蛛も死んでしまった。

319 :かまいたちの夜2〜底蟲村篇〜:04/03/05 20:37 ID:shVL7Qci
透と真理は村の外へ脱出した。
村の囲いの中から香山が顔を出した。「たったひとつ、心残りがある。会社のことや。透くん、わしの会社をついでほしい」
透が頷くと香山は何度も何度も礼を言い、村の中へ消えていった。
次の瞬間、村の地下から火柱があがり、村は地の底へと飲み込まれていった。
キヨも、虫も、蜘蛛も、香山たちも…全てが消え、村の痕跡すら残らなかった。

気がつくと二人は船上にいた。送迎船の船長が迎えに来てくれたのだ。
色々な事があったが、こうして生きている。何より真理が隣にいる。透は幸福感に酔いしれていた。
だから真理の話も聞こえていなかった。
「実を口にしたのに、私はどうして『スクナビコナ』にならなかったのかしら。
 キヨが言っていた『成熟する資質を持った者』って…もしかしたら私は…」

透が真理のほうを見た時、真理は甲板に膝と両手をついていた。
真理の背中が透の目の前でぱっくりと割れた。
そして中から…虫が現れた。
カラスアゲハのような真っ黒な虫は、透を一瞥して飛び立った。
真理の抜け殻を手にして呆然としている透の上に、月の青い光が降り注いでいた。

底蟲村篇・完

補足
・キヨやスクナビコナは、神社に張ってあった結界のために『蜘蛛切丸』を手にすることはできなかった。
・《蜘蛛ん太刀の夜》が訛って《かまいたちの夜》となった。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 20:38 ID:9FjDvkef
( ´・ω・`)つ旦 オツカレー

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 20:41 ID:OKham0rz
さっきのシューティングのストーリーのスレッド眺めてたら

レイディアント シルバーガン
http://www.game-no-kimochi.jp/spreview/ss/radiant_silvergun/

で泣きそうになっちゃった。天地創造みたいな感じで。
年取るとだめだな。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 20:42 ID:Uc621yOW
かまいたち2ってホントにハッピーED少ないなあ。
これが「完」かよ

ともかくモツカレー

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 21:11 ID:3QxltnFA
乙!
ハッピーEDは少ないが一度クリアしてからのギャグエンドは結構存在するぞ。
ストーリーよりもクモのリアルな動きが気持ち悪いシナリオだった…

324 :エストポリス伝記2 その9:04/03/05 21:23 ID:FPKmCdD7
光る玉が海底に沈んでいった、という話でもちきりになっている村があった。
そこでは、レクサス博士の知り合いのケビンという男が潜水艇を作っていた。
光る玉はアモンと関係がある、もしくはアモンそのものではないかと勘づいたマキシム
たちは海底に向かうことを決めた。
海底に行くために、レクサスの研究所のあるポートラビアの街でエクセリオン号に
潜水艇に変形させる機能をつけるように改造することになった。幻の木で作った船ならば、
それくらい改造を加えても大丈夫らしい。
さっそく設計図を、というところでまた事件が発生する。

犯人は先回りしようとしたアモンの手下……ではなく、エルフの女の子だった。
一から書き直すと時間がかかるので、女の子から直接返してもらうことになった。
エルフの里に続く帰れずの山の出口で、ようやく女の子を捕まえることができた。
女の子の名前はミルカ。ミルカは研究所から出る排水で、街に緑が無いことに
腹を立てていたのだ。そこへ、エルフの若者が現れる。「アーティ様」と呼ぶミルカ。
アーティの説得で設計図は返され、レクサスも研究所の設備を改良するために
街に戻っていった。
そこへ、またまた事件の知らせが入った。ミルカの母親のカレンが、光る玉に
連れ去られていってしまったというのだ!

325 :エストポリス伝記2 その10:04/03/05 21:33 ID:FPKmCdD7
カレンは「精神の神殿」という場所に連れ去られたらしい。
アーティを加え、早速マキシム達は神殿に向かった。
神殿の奥では、アモンが自らの波動をさらに高めるべく、カレンを脅している
最中だった。しかし、これはカレンの策でもあった。精神の神殿の最深部では
波動を高める装置があり、カレンはそれでアモンを撃退した。
その反動でカレンは、命を落としてしまう。
アーティはカレンの敵を討つことを、ミルカに誓うのだった。
ここに、伝説の戦士と後の世に語られる4人が遂に揃った。

「あなた達のお互いを想う気持ちは本物なのですか?」

潜水艇に乗ってたどりついた街で、マキシムはアイリスにそう尋ねられた。
らしくなく突っかかるアイリスに、ガイは戸惑いを隠せない。まるでセレナを
あおるように「ダラールの街の近くには真実の愛を映し出す鏡のある塔がある」
と告げていつものようにアイリスは立ち去っていくのだった。次の目的地は
ダラールよ!と物凄い剣幕でセレナは怒鳴る。
アーティは、初対面のせいもあるのか、不審な目でアイリスを見送っていた。

326 :エストポリス伝記2 その11:04/03/05 21:40 ID:FPKmCdD7
真実の塔の最上階では、アイリスが待っていた。互いを想う気持ちが本物で
あれば、鏡に姿が映るらしい。
確かめる間もなく、モンスターが部屋へ乱入してきた。そのはずみで、マキシム一行
は鏡に背を向けたまま戦う姿勢になってしまった。しかしアイリスははっきりと
見ていた。マキシムとセレナの姿が、映っていることを。

戦いのせいで、鏡は粉々に砕け散ってしまった。それでもマキシムとセレナの
心に不安はなかった。
「どうしてお互いの気持ちよりも、他人の言葉の方が気になったんだろう」
変ね、とほのぼのした雰囲気に包まれる。
いつのまにか姿を消していたアイリスに、またアーティは疑問を抱く。
いつものことだから、とガイにあっさり流されてしまった。

一行が去った部屋に、アイリスが一人で入ってきた。アイリスは魔法で鏡を
直していく。
「これで良いのですね、アレクディアス様」
真実の鏡には、青い髪の甲冑姿の女性が映っていた。

つづく

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/05 21:46 ID:8/ERY19x
>>326
イイヨ、イイヨ


328 :15:04/03/06 00:36 ID:WmBHIYx3
>>302
えっ…サモンナイト2は途中扱いか…
(;´Д`)
エンディングはそれこそ仲間の数あるわけだからそこまで求められると完結は難しいだろうなぁ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 00:42 ID:b1vjgvti
上のやつ読んだ限りでは、かまいたちの夜2って面白そうだな。
ベスト版出てるし、買ってみる。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 00:51 ID:78U13bWL
エストポリス来たけどジャングルウォーズ続きまだだろうか。急かすわけじゃないが続きが見たい。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 00:59 ID:clezRTqh
FF5のストーリーをうろ覚えの大まかなセリフでお楽しむください

「ボコ、行ってみよう」
「私はレナ、あなたは?」
「わしは、誰じゃ?」
「こいつはシルドラって言うんだ」
「お前、女だったのか!?」
「あんた、出番だよ!」
「シルドラーッッッ!!」
「ファリスが姉さんだったなんて」
「サンダーっ」
「ファファファ…」
「二度と戻ってこれないかもしれないぞ?」
「まいった、俺の負けだ」(リフレク、シェル、プロテスを掛けながら)
「親父が!?」
「エンキドウ おいてけぼりは 無しだぜー!」
「私を本気にさせたな!死の世界へ行くがいい!」
「愚か者め、その剣は偽者だ」
「ファファファ・・・」
「カメェェェッーー!!」
「ここは蜃気楼の町…」
「ピアノマスター」
「バ カ な」
「わが名はネオエクスデス」
「ハーレムPなのに浮いた話の一つも無かった俺って・・・」

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 01:01 ID:+kaplXZN
サーカディア(PS)希望。
ヒロインの傾きっぷりは伝説級だとか隠れた名作の一つという噂を聞いたので。

333 :ネビュラ エコーナイト:04/03/06 01:20 ID:YS55nZ7P
リチャードと、その婚約者クラウディアの乗った宇宙船が月に激突。
目覚めると、宇宙船はボロボロ、クラウディアもいなくなっていた。
宇宙旅行に来た乗客もどこかに消えていた。
クラウディアを探しに宇宙船を出たリチャードが見たものは
たちこめる赤い霧と、ただよう幽霊たち。

月には、ある企業がコロニーを作成しようとしたが
慢性的な酸素不足、食料不足などの問題に加え、謎の赤い霧が発生、
職員の行方不明事件などがおこり月面進出を撤退。宇宙基地は廃墟になっていた。
赤い霧に触れた幽霊は悪霊と化し、リチャードに襲い掛かってくるので
空気清浄機を動かして赤い霧を除去、幽霊を正常な状態にしなくてはいけない。
幽霊はみな、心残りの問題を抱えており、リチャードが
その望みをかなえてあげると、みな昇天していった。
リチャードは生存者が一人もいない宇宙基地の中で
青年の姿をしたアンドロイドと会う。
彼はある一室で、壁に絵を描いている。
それはリチャードが成仏させた幽霊たちの幸せそうな姿だった。


334 :ネビュラ エコーナイト:04/03/06 01:24 ID:YS55nZ7P
■一般人、旅行客
■ダドリー:酒飲み幽霊、ウイスキー探し出し、渡すと昇天
■カロール:父子家庭の幼女。宇宙旅行に来て墜落事故に会う。
 赤い霧に触発され悪霊となり人を襲いまくった。リチャードに、
 パパと取った記録映像を見せられ記憶を取り戻す。その後迎えに来た父親と昇天
■モンゾ:カロールの父。娘が悪霊になってしまい悲しみにくれていた。無事娘と昇天
■ポルックス双子:植物栽培室で、ライオンのぬいぐるみを探してくれと頼んでくる。取ってくると昇天
■ボルックス長男:双子の兄。両親が双子の妹ばかり可愛がると、拗ねていた。
 生前、双子が買ってもらったばかりのライオンのぬいぐるみを隠して嫌がらせをした。
 実はそのライオンは双子から自分へのプレゼントだったことがわかり昇天
■オリバー:デブ。死んでも食欲は落ちず、リチャードに好物のチョコをもらって昇天
■コベリン夫:怪我をして動けない妻のために、缶詰を開けようと床に打ち付けていた。
 コイツを悪霊から普通霊にするのに、恐ろしい苦労をするがなんとか赤い霧除去。
 缶切りを持っていって開けてやると、固形燃料だった。がっかりするコベリン夫。
 その固形燃料を使って、加工非常食を加熱して持っていくと昇天
■コベリン妻:エリートでプライドの高い夫は自分を置いてどっかに行ってしまった。
 そのまま死亡。夫との思い出の品であるピアスを渡してもらって昇天
■リチア:婆。「ルチルちゃんを探して!」
■ルチル:婆の猫。飼い主の下に連れて行き、婆と昇天。
■ナンシー:婆。亭主と、定年退職記念旅行に来てアボン。墓地で祈っている。
 亭主の死体を捜しだし、夫が書いたナンシー宛の感謝の気持ちを綴った手紙を渡すと
 実はプレゼントにネクタイピンを買ってあったけど落とした、と慌てるので
 リフトから何度落ちてもあきらめずにジャンプしてネクタイピンを拾ってあげて昇天。


335 :ネビュラ エコーナイト:04/03/06 01:28 ID:YS55nZ7P
●宇宙船職員
●ヴィクター:宇宙船職員、臆病。宇宙船のバッテリーを確保するため基地に潜入して悪霊に襲われ死亡
 そのまま怯えているだけの自縛霊に。彼がもっていたお守りを探し出して渡すと昇天
●ダン:宇宙船機長、お守りを渡した人。ヴィクターがバッテリーを持ってくるのを待っていた。
 当然ながらバッテリーをもらって昇天

▲宇宙調査隊。燃料補給のため月に立ち寄って悪霊に襲われアボーンした。
▲イワノフ:カロールに殺された。カロールが父親と会えた事を知って昇天
▲隊員3人:隊長とはぐれた目立たない調査隊員。リチャードが持ってきた無線機で隊長と会話して昇天
▲セルゲイ:隊長。施設の中を無言でうろつく、非常に気になる存在だった幽霊。
 リチャードが持ってきた無線機で隊員と会話して昇天
▲ライスカヤ:調査隊新人。こいつがミスったせいで、燃料が切れ月面に着陸する羽目になった。
 隊長に片思い。隊長の懐中時計をもらって昇天


336 :ブレス4:04/03/06 01:30 ID:zUC1Qw/S
夜も深けてきたので>>298の続きをば。

用水路を潜りたどり着いたはアスタナ基地の地下室。夢で見たとおりなら
ここにエリーナが・・・逸る気持ちを抑えられないクレイとニーナ。
人目につかないように忍び足で進む。たどり着いた応接間ではなにやら
話し込んでいるやつらがいるが、カーテンの陰に隠れれば見つからずに
抜けられるだろう。そして目前には次の部屋へ続く道が。
この先にエリーナが・・・!


というところで目が覚めた一行。みんなが同じ夢を見たという不可思議な
現象に戸惑う一行にマスターは、リュウが持つ竜眼が見せた予知夢だと
マスターが言っている、と説明。夢で見た施設はどうやら帝国のもののよう
なので、帝国にエリーナがいるということで間違いないのだろう。
ということで帝国を目指せばエリーナに会える、そのためにも当初の目的地
でありかつ対帝国の最前線にある町セネスタに改めて向かうことに。

道中ダムを通ることに。貴重品であるメタルを採取しようという人たちの
協力を得つつまもなくダムを越えられる・・・というところでまたも轟音。
なんと泥竜がダムに向かって来ているではないか!泥の藻屑になるところを
間一髪で逃れダムを後にした一行は、岸壁でカエルの楽師に出会う。
カエルの楽師が言うには竜がこれほど活発に活動するのは珍しいことだ、
何かが起ころうとしているのではないかと語り、うつろわざるものに関する
歌を一曲聞かせてくれる。どうやらリュウに何かを感じたようだ。

カエルの楽師に別れを告げた一行がたどり着いたのはキリア村。町中がワナ
だらけという町だが、ここにはセネスタへの抜け道がある・・・ものの、
通行許可をくれる村長はおらず、オウムが一匹いるのみ。しりとり好きな
オウムからうまく情報を聞き出してみると。村長は西の森に現れた獣をワナで
駆逐するべく出かけたとのこと。よくない予感と一刻も早くセネスタに行きたい
ということで一行も森に向かう。

たどり着いた西の森も村長仕込みのワナが盛りだくさん。時にワナに引っかかり
ながらも森の奥に向かうと、そこには子供の獣を今や捕らえんとする村長が。
仕掛けが作動し子供の獣を捕らえて一行を無視しておおはしゃぎの村長は
ついついそこに居もしない親獣をバカにする言葉を吐く・・・とコントのような
タイミングで親獣「ママン」登場。よくない予感的中ということで村長を
守るべく「ママン」と戦うことに。

リンゴで釣ってうまいこと「ママン」を倒し村長をキリア村に連れ帰した
一行は村長の家で一泊。その折、ここキリア村はセネスタへの抜け道があると
いうことで、それをなんとしても守らなければならず、そのためにワナだらけ
にしていたのだ、と語ってくれた。


そのころ、森で手傷を負い川に転落したフォウルはジンガ山地の世捨て人の
家で目覚める。


翌朝、景気付けにワナにはまった一行は抜け道を通ってセネスタの町を目指す。

337 :ネビュラ エコーナイト:04/03/06 01:32 ID:YS55nZ7P
★宇宙施設職員
★エーリオ:施設職員。パイプから空気漏れがあるのを気にかけていた。
 リチャードがガムテープで補強して昇天
★ヘンリー:施設管理者を何かのネタでゆすって投獄されていた。牢を開けてやり昇天
★クラーク:ヘンリーの釈放証明書を待っていた真面目で融通の利かない看守。証明書をもらって昇天。
★アラン:発掘作業員。廊下を歩いてるとオルゴールを取ってくれ!と窓をドンドン叩く。
★ネイサン:アランの親友。悪霊に襲われ、アランを逃がすため囮になってアボン。
 地球に残してきた妹からもらったオルゴールをアランが持ってきた。その音色を聞きながらアランと一緒に昇天。
★マーティン:仲間が自分を置いて逃げてしまい、浄水施設に一人閉じ込められ餓死(?)
 リチャードに気づいてもらって昇天
★ニース:神父。とことんリチャードの行く手を阻む、このゲームの最凶悪霊。
 赤い霧の対策の件で、施設管理者と対立、信者ともども冷凍室に閉じ込められて殺された。
 リチャードにロザリオを渡してもらい、昇天。

◆重要人物
◆ケネス:宇宙施設員、まだ施設が正常に稼動していた頃、落盤事故で死亡。
 その際、手に赤い石を握っていた。石はケネスの親友である管理者に渡った。
 その頃から赤い霧が出現するようになったと言う。
◆宇宙施設管理者:月面開発に固執していた人物。
 赤い石には願いをかなえる力があり、それを使って食料確保などしていたらしい。
 しかし同時に赤い霧出現。職員行方不明事件などが相次ぎ
 撤退を求める企業&職員と対立。最後まで生き残ってた模様。死んだケネスとは親友だった。


338 :ネビュラ エコーナイト:04/03/06 01:33 ID:YS55nZ7P
リチャードは月面施設で、唯一行けなかった天文台への鍵をとうとう手に入れる
EDへ

・全員を昇天させず天文台に行った場合
そこには花嫁衣裳をつけたクラウディアが居た。
実はリチャードは死んでしまっていたらしい。
そして生き残ったクラウディアは願いがかなうと言う赤い石に、リチャードに会いたいと願った。
赤い石は素直に願いをかなえてくれる代物ではなく、リチャードは復活したが
代償にクラウディアは絶命していた。クラウディアは「あなたは何を願うの?」と
赤い石をリチャードに渡そうとする。クラウディアはリチャードに会えたので昇天。
リチャードは床に倒れているクラウディアの死体のそばに近づいていった。
→受け取った場合:赤い石を見つめたあと、胸に突き刺して自殺(したように見える)
→受け取らなかった場合:クラウディアを抱きかかえてホールに運ぶ

・全員を昇天させた場合
死者の絵を描いていたアンドロイドに会う。
アンドロイドは自分はケネスだと言う。リチャードに思い出してくれと言って
地下にいけるエレベーターの起動の鍵を渡し、昇天。
地下の部屋に入ると、施設管理者のミイラ化した死体があった。
テーブルの上には婚約指輪と、クラウディアに宛てた手紙が置いてあった。

天文台に行くと、花嫁衣裳をつけたクラウディアが真実を話し出した。
クラウディアはリチャード死亡後、寂しさに耐えかねて
地球でリチャードのアンドロイドを作った。「それがあなただ」と。
そして月に来て赤い石にリチャードに会いたいと願ったが、
来たのは自分が作ったアンドロイドの方だった。
落胆するも、渡された本物リチャードの最後の手紙を読んで喜ぶクラウディア。
「あなたは何を願うの?」アンドロイドリチャードに赤い石を渡そうとする。
そして礼を言い昇天する。
アンドロイドリチャードは、クラウディアの死体に近づいていった。
赤い石を受け取った場合→赤い石を見つめたあと、地球を見上げる
受け取らなかった場合→クラウディアを棺おけに入れその指に婚約指輪をはめてあげる。そして宇宙に送り出した。


339 :ネビュラ エコーナイト:04/03/06 01:37 ID:YS55nZ7P
>>336
もう終わったのでどうぞ〜


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 02:00 ID:OExmnGRW
乙〜(´∀`)

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 02:02 ID:ljCnAk1r
>>339
ネビュラってスーパーカセットビジョンのシューティングかと思った

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 02:07 ID:TMmV9vgG
かまいたち2、の陰陽偏はまだましなEDなかったっけ?
書きたいんだけど、ソフトが手元に無いし、コワイからプレイできないしなぁ・・・

343 :ブレス4:04/03/06 02:12 ID:zUC1Qw/S
>>336の続き
第3部 消えた王女
抜け道を通ってセネスタについに到達した一行。最後にエリーナの消息が
確認されたと言うこの町で情報収集すると、エリーナが懇意にしていた孤児院
の子供たちの一人チノがエリーナのことを知っているという。だが、ただでは
教えられない・・・ということでチノと鬼ごっこをすることに。大人の知恵で
捕まえることに成功したが、こりないチノは孤児院の子供たち全員とかくれんぼ
して全員見つけられたら教えてやる、と言い出す。

セネスタの町中を探し回って7人いる子供のうち6人は見つけることができた
が、肝心のチノがいない。子供たちの話を総合すると町外れにある地下壕に
逃げ込んだようだ。しかしそこはつい最近までチャンバと同じく呪いに汚染
されていた場所であり子供一人では危険すぎる、と孤児院の院長が言うや否や
急ぎチノを連れ帰しに地下壕に向かう一行。

入口を封鎖する男が水売りのおねえさんに鼻の下を伸ばしているスキに地下壕に
忍び込み、魔物を撃退しつつチノを発見。でもチノは危険もなんのその、純粋に
見つかってしまったことを残念がった。

チノを孤児院に連れ帰しやっと話が聞けることに。なんでもエリーナはこの
町の大商人マーロックと共に町を出た、と言うではないか。そこで早速
マーロックの家に向かうとそこには用心棒「カーン」が仁王立ち。あまりにも
分かりやすいくらいに「オレを倒さねば中には入れん」オーラを醸し出す
カーンを4人がかりで袋叩きにしてマーロックの家に。

マーロックにエリーナのことを問い詰めるクレイとニーナ。だがのらりくらりと
回答を避けるマーロックはニーナをここに残して男どもは荷物を掻っ攫った盗賊を
捕まえて来い、情報代と用心棒を倒した損害を考えればそんくらいやって貰わないと
割に合わない、でもやってくれたら話はするし帝国につれてってやろう、と言いつける。
憤りを隠せないクレイをなだめすかして東にアジトを構える盗賊を捕まえに行くことに。

何とか盗賊をとっちめて急ぎマーロックの家に帰るとちょうどニーナによからぬ
ことをしていそうなところ。それを取り繕うように、今度は北の桟橋で荷物
整理とコンテナの積み込みを手伝え、と告げるマーロック。そろそろ怒髪天を
突きそうなクレイを必死になだめすかして桟橋に向かい、荷物整理と積み込み
(ともにミニゲーム)をする。

仕事を終えてどうでもよさそうなごほうびをもらってようやくニーナを解放した
マーロックは、エリーナを帝国に連れて行ったことを認め、約束どおり帝国に
つれてってやろうと言う。喜ぶ一行。そして西と東を繋ぐ町ハシビトの町へ向かう
一行。だが、その扱いは荷物そのものであった・・・。
密入国のためにはこれしかないという事情はあるため怒りの矛先を向けようのない
クレイをなだめすかしつつ砂船は砂漠を行く。


そのころ、なんとか体を起せるくらいに傷がいえたフォウルは小屋の主人で
あるババデルに礼をいい、そこから改めて皇都を目指すことに。
山を下る途中で、森で出会った呪術師ヨムと再び遭遇。今度は炎の魔鳥カフー
を召喚しフォウル抹殺を試みる。
カフーを病み上がりとは思えない絶大な力で退けたフォウルは、その力に
驚嘆するヨムをよそにドラゴン「スピリチュアル」に変身し空路で皇都を
目指す。が、させじとヨムは再びカフーを召喚しフォウルを追撃させる。

スピリチュアルと化したフォウルとカフーの激しい空中戦。だが、さすがに
いまだ傷が癒えきってないフォウルはカフーを振り切ることが出来ず、逆に
熱線を食らい森に墜落する・・・。

344 :ブレス4:04/03/06 02:45 ID:zUC1Qw/S
うはぁエコーナイト担当の人すまぬ。
では>>343の続き

荷物扱いでハシビトの町に到達した一行は、その町にある大帝橋を使えば
帝国領に入れるという話を聞く。しかもその日は運良く大帝橋が稼動する
日なのだそうだ。この幸運を利用しない手はない、ということで早速塔の
ようになっている大帝橋を上る。

頂上にたどり着くと、そこには呪術的な装置があり、絶妙のタイミングで
口が開く。どうやら大帝橋というのは呪術的な転移装置のようだ。

いざ帝国領へ、エリーナのところへ・・・というところで背後から一人の
男が。サライの町で暴れていた帝国軍将校ラッソが突如現れる。
サライでの屈辱を晴らすべく新たな鉄鬼イメカフを召喚し一行の抹殺を図る。

連続攻撃(コンボ)に弱いという致命的欠点を突きイメカフを破壊すると、
今度は大帝橋の様子がおかしい。どうもいまの戦闘の余波でせっかく開いた
大帝橋が閉じようとしているようだ。ということで更なる屈辱に震えるラッソを
尻目に空間の裂け目に飛び込む。

かくして帝国領にたどり着いた一行。大帝橋を下り近くのアスタナという町に。
巨大兵器「呪砲」が鎮座するこの町には水路があり、それは奥の基地にまで
続いているという話を聞く。そこであの予知夢を思い出した一行は水路から
基地に忍び込めばエリーナに会えるとひらめき、水道修理工のフリをして
水路に行き、潜水して基地内部への侵入を試みる。

基地内部と思われる部屋にでると。そこは夢で見た光景そのもの。ここに
エリーナがいるという強い確信を抱き、夢をなぞる様にカーテンの裏を忍び
歩き。この先にエリーナが・・・と思うもつかの間。その行動は基地主任で
ありかつ帝国の宰相でもあるユンナに気付かれ、先回りしたユンナは兵を伴い
一行を包囲する。

現在休戦状態にある帝国の、しかも軍事施設に東の国ウィンディアの王女や
フーレン族族長がいるとあっては外交問題に抵触しないはずがない、と語る
ユンナに対しクレイはここにエリーナがいるはずだと問いかけるが、それを
ユンナはそんな「人間」はいない、と一蹴。

そして彼らは東側の国ルディアへと強制送還されるのであった・・・。

かくして第1章終幕。
第2章はまた後日。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 03:37 ID:edP+cPKm
>329
後悔するかもよ。1やってないと犯人普通当たんないし、やってると出来の悪さにガックリくるし。
中古でウダウダやるってんならまあ…。とりあえずピンクのしおりで元をとるといい。

346 :サーカディア:04/03/06 09:30 ID:oPfGLK7f
んじゃ、サーカディアいきます。
幼い頃に両親をなくした主人公、弘樹は唯一の家族である
叔父の職業柄、頻繁に引越しを繰り返しながら生活していた。
そんなある日、弘樹は海底都市「ブルージェネシス」へ引っ越すことになった。
空港についた時、自分の名前を呼ぶ女性の幽霊を目撃するが、持ち前の
おおらかな性格のせいか、気にすることはなかった。

新居に着いたその日の夜、突然部屋で「ナビ」と名乗る生き物に出会う。
ナビは、「ナイトメア」と呼ばれる化け物に追われており、弘樹と「共生」
することにより超能力に目覚めさせ、その場をしのいだ。
この時、弘樹は精神世界「サーカディア」の存在に気づく。後にそこは
夢の世界であることを知ることになるが、弘樹は小さな子供が
自分のサーカディア内で呼んでいることに気づく。だが、それが
誰なのかはこの時は思い出せなかった。


347 :サーカディア:04/03/06 09:58 ID:oPfGLK7f
次の日、弘樹は共生してしまったナビをうざく感じながらも、
前日に学用品購入の際に知り合った女の子、優美と学校へ向かった。
この間、弘樹はナビから「世界を救え」「同じ超能力を持つ人間を探せ」
などといわれるが、当然スルー。しかし、学校の帰りに再びナイトメア
に襲われ、優美が餌食に。ここで、弘樹は事の重大さに気づく。
優美を助ける方法は、サーカディア内に
存在する優美のイデア(夢の世界)へ行き、本体の魂がナイトメアに
食われるまでに倒してくること。たが、他人のイデアに侵入している間は
生命維持に必要なエーテルが供給されず、常に死と隣り合わせの危険を
伴う。弘樹は、危険を顧みず優美のイデアに侵入し、無事に助けることが
できたのだった。

ちょっとここで一息

348 :かまいたちの夜2・底蟲村篇:04/03/06 10:22 ID:A/Nf2lsh
前の別の人だが追加
真理に実を食わせてるかと(口にさせてはならない)
真理とキスしたかでエンドが違う。
>1「真理が実を食べた、又は口にした」
  >「キスした」→「真理成熟、透化け物化」
  >「キスしてない」→「真理成熟」
>2「真理が実を食べてない」
  >真理・透無事脱出(たぶんこれがパッピーエンドだと思われる)

あと、うろ覚えだが、このどれかが船まで行かないEDだった気がする。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 11:52 ID:+kaplXZN
>346-347 こんなにも早く書いてくださるとは…、
本当に乙です!続きを楽しみに待ってます。

350 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:21 ID:pHJio/6Z
サモリネ投下します。

1
『ダオス戦役』も遥か昔の事となったアセリア暦4765年・・・
時空戦士の1人、クラース・F・レスターの子孫、フレイン・K・レスターは彼の召喚術の研究を受け継ぎ、
召喚術に必要な契約の指輪を探す旅をしていた。森の遺跡の最深部でフレインは妖精のような小さな少女マカロンと出会う。
魔科学技術で作られたアンドロイドである彼女は前の主人の死とともにこの遺跡で眠りについていたのだと言う。
久しぶりに外の世界が見たいというマカロンを連れてフレインは遺跡を後にした。

2
かつて人間の命を延ばすため、現在は禁じられている魔科学の研究を行っていたガレル・オーパス博士は、
限りある命の貴さに気付き研究を断念、研究の産物であるアンドロイド、ゼクスと共に残り少ない余生を静かに送っていた。
そこに突然現れたユークリッドの兵士。
ユークリッド王はゼクスを魔科学兵器として捉え、兵士たちにガレルの拘束とゼクスの破壊を命じていた。
刃を向けられたゼクスをガレルは身を持って庇い、そして息絶える。
父親を失った悲しみと怒りから、兵器として覚醒したゼクスは兵士たちを皆殺しにし、
自らを『魔王』と名乗りユークリッドの都に侵攻した。

351 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:23 ID:pHJio/6Z
3
圧倒的な力でユークリッドの都を攻めるゼクスの前に立ちふさがったのはフレインだった。
覚醒したばかりのゼクスをフレインは何とか撃退する。ユークリッド王はフレインに魔王討伐を命じた。
ゼクスが人間を恨む理由を知ったフレインは一度は断るものの、「断れば貴様が旅を続けられなくなる様な触れを出す」と脅され
「まずは説得を試みる」事を条件に、命を受ける事となった。

4
魔王軍に襲われているとの知らせを受け、駆けつけたミゲールの町は既に壊滅していた。
フレインは町の唯一の生き残り、双子の姉弟ベルガとボルガを救い出し魔王軍を撃退する。
魔王軍に殺された両親の敵をとるため、ベルガとボルガが仲間に加わった。
また、ミゲールの町の南の精霊の森で、フレインは荒れ狂った妖精に襲われていたエルミラを救い出す。
彼女はモンスター、特に夫を殺したオークを憎んでおり、彼女もまた魔王討伐に向かうフレインの仲間に加わった。

352 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:26 ID:pHJio/6Z
5
魔王に対抗する力を得るため、かつてクラースが精霊と契約した指輪のひとつ、
『シルフリング』を求めフレインはローンヴァレイにやってきた。そこで、指輪を求める剣士マークと出会う。
彼は7年前に両親を殺した敵が指輪を探していることを知り、ここにやってきたという。
指輪を求めるフレインと、指輪を探す敵を求めるマークの目的が一致し、
フレインは仲間となったマークと協力してシルフを倒し、シルフリングを入手した。

6
侵食洞で『ウンディーネリング』を手に入れたフレイン達は3つ目の指輪『ノームリング』を探して精霊の洞窟へ潜る。
そこで同じくノームリングを探す剣士アルフと遭遇する。マークはアルフを両親の敵と言うが、アルフは彼に見覚えが無いと言う。
アルフを撃退すると、彼はノームリングを諦め、代わりに『イフリートリング』を頂くと言い残し去っていった。

353 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:28 ID:pHJio/6Z
7
イフリートリングは暑い場所に安置されていると睨んだフレイン達は港でフレイランド行きの船に乗り込む。
しかし、港を襲った亜人盗賊団のリーダーがオークであったことで感情的になったエルミラが飛び出してしまう。
何とか港を守ったフレイン達はフレイランドの熱砂の洞窟に指輪が安置されているという情報を入手する。
熱砂の洞窟に着いたフレイン達は魔王軍のドラゴン、ニーグと遭遇する。
ニーグは魔王を利用し、モンスターの支配する混沌の世界を作ろうと企んでいた。
ニーグを撃退するものの、イフリートリングは持ち去られてしまう。

8
オアシスで得た情報を元に西の孤島に来たフレイン達。
そこにはニーグが持ち去ったはずのイフリートリングを手にしたアルフが。彼は魔王軍に雇われた傭兵だったのだ。
ここでマークとアルフの関係が明らかになる。マークの本名はマイラ。アルフを探すため男として振舞っていた女剣士であった。
そしてこの2人は兄妹であった。両親を手にかけた理由を問うマイラ。
しかしアルフは答えず、イフリートリングを置いて撤退していった。

354 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:30 ID:pHJio/6Z
9
指輪と魔王軍、両方の手がかりが途絶え途方にくれるフレイン。「ご先祖様ならこんな時どうしただろう・・・」
ここでマカロンがとんでもない提案をする。「それならば、連れて来ればいいじゃない」
マカロンには、物に込められた想いを辿り、その所有者の時代へ時空転移する能力が秘められていた。
契約の指輪を使い、過去からクラースを連れてきたマカロン。
クラースの提案で戦力の増強、時空戦士にまつわる品と指輪を探すこととなった。

10
ミゲールの町外れでクレスを、ユミルの森でアーチェを呼び出した一行。
次に向かったのはエルフの集落から盗まれたエルブンボウがあるとされる常闇の町アーリィ。
しかし町にはアンデッドがあふれ返っていた。現れたのは魔王軍のヴァンパイア、リーシス。
『清らかなる少女』ベルガに一目惚れしたリーシスに、見向きもされなかったアーチェは
『ロリコンナルシスト』と言う有難くないあだ名をつけた(藁
リーシスを撃退し、町を救った礼としてエルブンボウを入手したフレイン達はチェスターを新たに仲間に加える。
また、町の南東にある闇の洞窟で『シャドウリング』も手に入れた。

355 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:33 ID:pHJio/6Z
11
忍者の里ですずを、ミッドガルズでミントを呼び出し、6人の時空戦士が揃った。指輪も着々と集まってゆく。
『ルナリング』を求め12星座の塔を登る一行。最上階には魔王軍のメデューサ、メディベルが待ち構えていた。
魔王様の素晴らしさを説くメディベルにアーチェが一言言い放つ。「オバサン」
その一言にキレたメディベルを撃退し、ルナリングを取り戻した。

12
古代都市トールで、ついにゼクスと再会したフレイン。人類を滅ぼすのをやめる様に説得するが、彼は聞き入れない。
ゼクスは「お前たちにかまっている暇は無い」と立ち去る。トールには最後の指輪『アスカリング』があった。
指輪以上に優先する何かがあると睨んだ一行はゼクスの後を追う。
ゼクスを追って辿り着いたヴァルハラ平原で、再びメディベルと遭遇するフレイン達。
メディベルを倒し、彼女から情報を探る。おだてに弱いメディベルはあっさり秘密を喋った(藁
「この先に完成した魔王城には結界が張ってあり、それを解くには3つの結界装置を破壊しなくてはならない」
「3つの結界装置はフリーズキールの氷の洞窟、フレイランドの炎の塔、アーリィの鉱山跡にある」と。
一行は結界装置の破壊に向かった。

356 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:35 ID:pHJio/6Z
13
氷の洞窟の結界装置はメディベルが守っていた。秘密を漏らしたせいで左遷されたらしい。
これ以上魔王様に嫌われたく無いと必死のメディベルにアーチェがまたも
「元から好かれてもいないのに、オバサンの勘違いは・・・」と酷い一言。
これにマジギレしたメディベルは「これ以上嫌われるくらいなら死ぬ」と洞窟を爆破し、道連れを狙う。
フレイン達は間一髪洞窟を脱出した。

14
炎の塔の結界装置はアルフが守っていた。
彼はマイラに「両親を殺した理由を聞きたければ、全力で俺を倒してみろ」と言う。
どうしても真実を知りたかったマイラはアルフを打ち倒す。そして、ついに真実が彼の口から明かされた。
2人の両親は、魔科学兵器の密輸を行っていた。
その兵器で多くの人間が死んでいくことが許せなかった自分は両親を殺し、
マイラにその事実を知らせないように家を出た、と。
アルフは最期に妹に心配をかけたことを詫び、息を引き取った。

15
鉱山跡の結界装置はリーシスが守っていた。
魔王の理想、『欲望の塊である人間のいない、平和な理想郷』を掲げるリーシス。
彼は自分の、人間の血を渇望する体を呪い、人間の絶滅とともに滅び行く運命を受け入れていた。
敗れたリーシスは、ここしばらく人間の血を吸っておらず、もう体が維持できないことを明かす。
最期にベルガに別れを告げ、灰となって散った。

357 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:37 ID:pHJio/6Z
16
3つの結界装置を破壊し、魔王城に乗り込むフレイン達。
人間を滅ぼし理想郷を作ることを諦めないゼクスをフレイン達は追い詰めるが、
ゼクスは魔王城を浮遊させ、魔科学兵器『天罰の雷』で人間の大量虐殺を目論む。

ゼクスを倒そうとするフレイン達にゼクスは問いかける。
この城にマナを供給している自分を倒せば、城は落下し大爆発を起こす。
そして地上全ての生き物は汚染され死滅する。人間の絶滅か生物全ての死か選べ、と。

しかし、マカロンは言う。「同じ魔科学で作られたアンドロイドの自分ならその役目ができる」
その言葉を信じ、ゼクスを倒すフレイン達。ゼクスは人間に復讐を果たせなかった事、
そして父親が復讐を望んでいなかったことに気づかなかった事を悔やみ機能を停止した。

マナの供給が止まり、落下し始めた浮遊城をマカロンが支える。
しかし、マカロンの小さな体では浮遊城を支えるだけのマナが供給できなかった。
彼女はフレインに抱いていてほしいと願い、リミッターを解除した。
発光するマカロン。城の落下は止まり、マカロンは城を海に着水させた。
そして、フレインの腕の中でマカロンは眠るように機能を停止した。

358 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:39 ID:pHJio/6Z
17
事の全てをユークリッド王に報告したフレイン。王はフレインの望みをかなえると言う。
王を一発殴りつけ、立ち去るフレイン。彼を捕らえようとした兵士を王は止める。
「悪いのはワシだ、殺されても仕方は無い」、と。

トールの転移装置でそれぞれの時代へ戻る時空戦士たち。
故郷ベネツィアに戻り、普通の生活に戻ると言うマイラ。
故郷の復興をするためにミゲールに戻ると言うボルガ。
自分を見つめ直すため、また一人旅に戻るエルミラ。
彼らはそれぞれの目的のため、また別々の道を歩き始めた。

そして、召喚術の研究のため、さらに旅を続けるフレイン。
フレインの新たなパートナーとして彼について行くベルガ。
2人はマカロンに別れを言い、旅立っていった。

――ありがとう、フレイン・・・――

FIN

359 :TOWサモナーズリネージ:04/03/06 14:41 ID:pHJio/6Z
ストーリー分岐の未補完部分について
※時空戦士の内、すずは忍者の里のシノビの防衛に失敗すると仲間にならないそうです。
※会話イベントをこなさないとエルミラは途中で離脱し、魔王城で敵として現れます。
※普通に会話イベントを見るとベルガと旅に出るこのEDとなりますが、
会話数を調整することでマイラEDもあるらしいとの事。一人旅EDや他の人のEDとかがあるのかは全く不明です。

◎多少偏ったストーリー紹介の気がしますが、たぶん気のせいです。
・・・・・・リーシス燃え(ボソッ)

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 14:52 ID:+kaplXZN
サモリネキタ━(゚∀゚)━!!
自分も気になっていたので良かったです。
かなりいい話じゃないですか!・°・(ノД`)・°・
これで従来のテイルズと同じ戦闘だったら名作になっていたかも…
それにしても王様最低だ…

361 :350:04/03/06 15:08 ID:pHJio/6Z
>>360
話やキャラはいいんだ、ホント・・・システム周りとかがなぁ・・・
SRPGは好きなジャンルなのでTスタさんには頑張って欲しいところ。

SRPGで戦闘がアクションとはFCとかのSDガンダムっぽいですな(古)
でもそれやってみたい。携帯のタクティクスってどんな感じなんですかね?

362 :真・聖刻:04/03/06 16:39 ID:QSmXvBDO
神を模して作られた8体の機体をめぐって戦争があったそうな

盗賊団首領の息子シフォンは父親から青い珠を預かる。
その後、盗賊団壊滅。未成年なので死刑にならず牢屋へ。
キタン王女ミシェルダは牢屋でシフォンと仲良くなる。
そのころ占い師ビクニがあらわれ城の様子がおかしくなったので
シフォンを牢屋からだし協力してもらう事にする。
「そうか貴様があの錬法師!」「よくぞ見破った!」一瞬で正体発覚
陽のカーシャは主人公を試させてもらうと言って襲ってくるがボロ負け。
その程度の実力では候補者失格だとかわけのわからないことを言う。
青い珠の力でなんとか助かった。
女王の兄カーラングをたよって脱出する二人。
そこで毒物混入事件が起こる。主人公達は姫の嗅覚のおかげで無事。
犯人は街と同じ様に操られた使用人だった。解毒剤は発見できず。
地下にはかって万病に効いた聖泉があったとかで息子のルシュナスと
共に地下へと向かう。
聖刻の壁画の先にある聖泉に辿り着くがそこにあった水晶象が動き出す。
「やっと使命が果たせる…馬鹿な!選ばれしものが二人?
どちらに聖なる刻印を渡せばいいのか…取りあえず俺と戦え!」
お前が選ばれし者か…ルシュナスに近づく象。「危ない!」
主人公はルシュナスを押しのけ自分が刻印を受けてしまいました。
「…まぁいいや。俺の役割はすんだ。残り3つの刻印を探せ。
そうすりゃ、お前は地上を統べる王になれるだろう」
象は砕け地図と聖刻石を手に入れました。
王国軍が攻めて来たので従機兵をもらい脱出。地図の場所に行って見る事に
一方、リシュナスの元には陽のカーシャが現れていました。
途中の街で親父が投獄されている事を知り救出。
実は本当の親父ではないというタグマ。<白き騎士>にするため育てたとか
でも、主人公を鍛える為に盗賊団を立ち上げるのはどうよ?
そこに金のゼルウが現れ戦いを挑んでくる。謎の女アグーラが仲間に。
親父は死亡。

363 :真・聖刻:04/03/06 16:44 ID:QSmXvBDO
地図の場所、タクラマカン砂漠の遺跡に白の仮面があった。
かっての大戦のさい顔と体に別れ再生していたとか。
復活する為に必要な選ばれしものを育成する為親父を操っていたらしい。
自分を操らないという条件で体のある騎士の墓に向かう。
そこにあらわれる火のトゥーロン。東方聖刻教会・聖輪八門だと名乗る。
白き仮面の力を借りてパワーアップしたので倒す事が出来る。
また八門があらわれるが「まさか、裏切ったのか」と言って死亡。
騎士の墓で守護者ダーラと戦い正気に戻すも八門に体は奪われていた。
3つめの刻印をもらいキタンの国へ戻る。アグーラ別れる。
途中八門の水があらわれる。倒すとアグーラだった。見逃す主人公。
八門の月があらわれ幻術に苦戦、だがアグーラの援護で撃破。
カーラングへ帰還。謎の黒騎士にミシェルダさらわれる。
アグーラがミシェルダの実の姉。誘拐された第1王女だと発覚する。
主人公との戦いで頭をぶつけたショックで記憶が戻ったとか。ありえねー
八門のリーダーである風のゲマが全て仕組んだ事らしい。
黒騎士の機体は白き騎士の体と悪の仮面を乗せた物らしい。善の仮面だけでは勝てない。
簡単に人を信じるな。だが、一度信じたら最後まで信じぬけ。と
アグーラを再び仲間に加え、当面はキタンがおこそうとする戦争を止める。
黒騎士ころリシュナスはゲマも倒して俺が王になるのだと笑っていました。
城を解放し、姫を助けにかっての決戦の地へ。
ルシュナスを倒すと正気に戻り姫への愛は本物だったといって死亡。
その体を乗っ取るゲマ。「これで私は選ばれしものになったのだ」
だが、白の騎士の真の意思。真・聖刻はゲマを認めなかった。
黒の機体バルチサスと戦い勝利するも主人公もまた選ばれしものをみとめられず
眠りにつく。その前に一つだけ願いを叶えてやろうと言われるが…

何を望んだのかは謎。少なくとも王は誕生しなかった。
女王に即位したのはアグーラ。ミシェルダは地位も名誉も捨てシフォンと共に仲良く旅を続けている。
その10年後。中原に一人の赤ん坊が産まれ風の意味をもつフェンと名付けられた。
真の物語はここから始まるのである。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 17:15 ID:oH0JDTKB
>>275
うろ覚えで申し訳ないんだけど、
クレイはエリーナの婚約者じゃなかったんじゃないかな。
二人は幼馴染で相思相愛だけど、エリーナは国策で
どっかの国の王子さまと婚約してたと思う。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 17:38 ID:WYn9k/ww
>348
確かそれは全部船に乗るエンディングだったと思いますよ。


366 :ブレス4のひと:04/03/06 19:13 ID:waiTGqtB
>>364
うむ、おっしゃるとおり。改めて引っ張り出した攻略本見てみたらエリーナの
婚約者はルディアの王子で、エリーナがホントに惚れてるのがクレイで、そんな
二人を知ってるニーナはクレイを敬愛をこめて「にいさま」と呼んでいる、との
ことだ。「にいさま」に引きずられて間違ってしまった。申し訳ない。

ということで、まとめサイトの方、収録の際には>>275のニーナとクレイの
「婚約者」を「幼馴染」に直してくれると助かります。


367 :エストポリス伝記2 その12:04/03/06 19:17 ID:mXWf6Sgn
ダラールの街に戻ると、アイリスは西に向かったという情報が手に入った。
ダラールの西、チャッドの村に着くと、火山が噴火するとかでアイリスどころでない
騒ぎになっていた。火山に住むドラゴンがその元凶だ、と村の長老は一人で倒しに
行ってしまったらしい。成り行きでマキシムは長老を救出することになった。

火山でドラゴンをやっつけると、噴火の兆しは収まった。本当にドラゴンが元凶
だったらしい。そして長老は、デュアルブレードについて知っていた。
海底の人魚の国に行けばもっと詳しいことがわかる、と長老は「人魚の玉」をくれた。

早速人魚の国にたどりつくと、「デュアルブレードなのかはわからないが、海底神殿には
光り輝く剣がある」という話を女王から聞いた。それから、チャッドの長老は昔、
人魚の国の住人だったらしい。
人魚の国にもやはり困った事件が起こっていて、デュアルブレード探索のついでに
行方不明になった王女と国民を探してくれ、と頼まれた。

海底神殿には、人魚の王女と国民がいた。無事を喜ぶのもつかの間、王女以外の
人魚は雷が落ちて全員「殺されてしまった」。奥に只者ではない気配がある。やったのは、そいつだ。
神殿の奥には、デュアルブレードらしき剣があった。マキシムが近づこうとした瞬間、
只者ではない気配の持ち主が現れる。
この世に降臨しつつある邪神の一人、「恐怖」を司るディオスだった。
デュアルブレードをマキシムは手にしようとするが、ディオスもまたデュアルブレードを
手にしようと波動を放つ。マキシムでは力不足だったのか、見切りをつけたように
デュアルブレードは消えてしまった。

「貴様には資格がなかったようだな」

368 :エストポリス伝記2 その13:04/03/06 19:24 ID:mXWf6Sgn
次の瞬間、マキシム達はチャッドの村にいた。ディオスが瞬間移動させたようだ。
どうしてこんなことを、と思った瞬間、上空に巨大な島が浮かんでいるのが見えた。
そして、島からレーザーのような光が放たれ、村は全滅してしまった。

レクサスは空の島を「虚空島」と名づけた。虚空島に向かうには、エクセリオンに
空を飛ぶ機能をつけなければならない。そのためにはエンジンがもう1基いるが、
1から作っていては時間がかかりすぎる。
丁度、軍事大国グラッセにエンジンがあるらしい。このご時世に世界征服を企む
ようなとんでもない国だ。世のため人の為に、エンジンを頂戴してしまおう。
というわけで、一行はグラッセに侵入することになった。

「待っていたぞ、マジカルセレナ!」

グラッセで待ち受けていたのは、いつぞやのクラウス王子だった。クラウス王子は
兵士を放つが所詮マキシムたちの敵ではない。さっくり倒す。
「おのれマジカルセレナ!」
クラウス王子は奥の手とばかりにエンジンを搭載した戦車で襲い掛かってきた。
これも破壊したが、エンジンは無事だった。爆発に巻き込まれる前に、さっさと
一行はグラッセを脱出するのだった。

369 :エストポリス伝記2 その14:04/03/06 19:36 ID:mXWf6Sgn
エクセリオンの改造の途中で、虚空島がある場所で止まったという知らせが入った。
まるで何かに共鳴するかのように。
デュアルブレード無しで神に勝つような手も無い今、エクセリオンでまず向かうのは、
近くの村ということになった。

ナルビクの村は不思議な雰囲気に包まれていた。代々神に仕えるという使命が
この村にはあるらしい。なんでも遠い昔に神から「神授の兜」「神授の盾」「神授の鎧」という
武具をさずかったのだとか。虚空島が現れた今こそ、3つの武具をマキシムに託すとき、
と長老から3人の孫娘を紹介される。リサ、マリエル、クレアの3人は、3つの武具の
封印を解く鍵でもあるらしい。

早速リサを連れて最初の封印の塔に向かうマキシム達。
最上階で石版の封印を解こうとした瞬間、意外な人物が現れた。
1年ほど前に、この手で倒したガデスだった。エリーヌという神の力で、この世に
よみがえることが出来たのだ、という。
ガデスを倒し、マキシムは神授の鎧を手に入れる。
そしてリサは、塔に残ると言い出した。塔の石版には波動を高める力があり、
それで虚空島を封じる考えなのだった。

つづく



「神授のナントカ」はステータス画面だと「しんじゅのナントカ」になるのがなんだかマヌケ

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/06 20:57 ID:nxmCQBN5
エスポリ2すごい長いな…積んでるけど一周ぐらいしてみようかな

371 :エストポリス伝記2 その15:04/03/06 22:07 ID:mXWf6Sgn
エンディングまでいきます

マリエルを連れて第2の封印を解こうとするマキシムに、今度はアモンが
襲い掛かる。なんとか倒したマキシム一行だが、エリーヌをなんとかしない限りは、
いたちごっこなのだった。
封印を解いて神授の兜をマキシムは手に入れる。そして、マリエルの考えも
リサと同じだった。

最後の封印を、クレアと共に解こうとするが、今度は邪魔が入らなかった、まあそれは
良いことだと封印を解いて神授の盾を手に入れると、ディオスが現れた。
そして、マキシムを試すかのようにデュアルブレードも。
それはデュアルブレードを持つ者にこそふさわしい。我が物だ!
と、ディオスは全員を吹き飛ばす。それでもマキシムは立ち上がった。心配する
セレナに、あんな奴には負けない、とマキシムも波動を高める。
そして、デュアルブレードはマキシムを選んだ。裏切られた、と思ったディオスは
貴様らだけは絶対に許さん、と捨て台詞を残して去っていった。
クレアもまた塔に残った。そして、3人の波動を共鳴させて、虚空島の動きを
止めることに成功する。
しかし、永遠に封印できるというわけではなかった。3人の命が徐々に消耗していくからだ。

虚空島では突然の出来事にディオスはやや驚いていた。しかし、マキシム達が
すぐに乗り込んでくるわけでもないこともわかっていた。アモンが、こっそりエクセリオン
を壊していたからだ。


372 :エストポリス伝記2 その16:04/03/06 22:16 ID:mXWf6Sgn
エクセリオンを修理するために、一旦マキシム一行はポートラビアの街に戻った。
アモンは意外と詰めが甘いらしく、心臓部ともいえるエンジンは無事だった。修理に
時間はかからない。
修理している間、マキシムはセレナを呼び出し、君はここに、と言いかけるが、
その続きを言ったら私はあなたを軽蔑する
と、セレナに止められた。
必ず勝って、そしてラルフのもとに戻りましょうよ、と。
そんな二人を、ガイは複雑な思いで眺めていた。あいつらには、子供もいるしな
と思うと、胸騒ぎがした。

エクセリオンが修理を終えたとき、虚空島を封じる波動が弱まっているという知らせが
届いた。さらに良くないことに、街に大勢のモンスターが襲い掛かってきたのだ。
普通にダンジョンで出くわしても手のかかるモンスターがぞろぞろと……どうすれば
と思った瞬間、思いもかけない人物がくじらに乗って現れた。
ハイデッカだ!生きていたのだ。
地上は俺にまかせろ、とハイデッカはモンスターを引き受ける。ハイデッカの気迫に、
モンスターも気圧され気味だ。
エクセリオン号は虚空島に向けて飛び立つ。虚空島からいくつものレーザーが
エクセリオンを襲うが、エクセリオンは虚空島になんとか不時着した。

373 :エストポリス伝記2 その17:04/03/06 22:27 ID:mXWf6Sgn
ガデスとアモンをさっくり倒し、虚空島の奥へとマキシム達は進む。
途中の橋で、青い髪の甲冑姿の女性が現れた。お前がマキシムか、と女性は言う。
何者だ、といきり立つマキシムに、女性は名乗ることを渋った。
どうした、何故名乗らない、とマキシムが更に言うと、女性は観念したかのように
私の名はエリーヌ。殺戮を司る神だ。
と答えた。私がいる限り、四神は何度でも蘇る。
マキシムはエリーヌに戦いを挑み、勝った。エリーヌはお前は何のために戦うのだ、
と息も絶え絶えに問いかけた。俺には守るべき女がいる、と即答するマキシム。
たった一人の女の為に命をかけるのか。
俺にとっては命をかけるに値する女だ。
エリーヌは笑い、それがディオス様に通用するか試してみろと言って、消えた。

残る神はディオスだけとなった。
何故お前達のような邪神ばかり現れるんだ、というマキシムに、幸運や愛を司る
神もいるが、自分達のような者もいる。片方だけを手に入れることなどできない、と答えた。
そして、マキシムと自分を裏切ったデュアルブレードだけは許さないと言って、戦いに突入した。
なんとかディオスに勝った、と思ったそのとき、何故かマキシム一行の周りに
倒したはずのガデス、アモン、エリーヌが現れる。アーティによればこれは残像思念のような
もので、波動を共鳴させることで地上もろとも道連れにする気らしい。
マキシムもセレナ、ガイ、アーティの波動を合わせることでそれだけは阻止した。
しかし、セレナの身体に負担が掛かりすぎたせいか、セレナは絶命してしまった。
マキシムはセレナを置いて脱出することは出来なかった。
ガイは、マキシムの気持ちをくんで、アーティに脱出魔法を唱えさせた。

ここまでが、1のオープニングで語られた部分(大分変わった部分もありますが)

374 :エストポリス伝記2 その18:04/03/06 22:37 ID:mXWf6Sgn
ガイとアーティの去った虚空島に、ディオスの亡霊が現れた。
貴様だけは絶対に許さん、こうなったらこの島をパーセライトにぶつけてやる、
我が最後の恐怖を味わうがいい、と言って、ディオスは消えた。

もうマキシムに手段は残されていない。
どうすればいいんだ。
と、そこへ半透明のアイリスが現れた。マキシムはアイリスの姿から、波動を
感じた。エリーヌと同じ波動を。
何故、敵のあなたが私を何度も助けてくれたのですか、と問うマキシムに、
全ては絶対神アレクディアス様の意思です、とアイリスは答えた。
いずれ神と人は地上をかけて戦うときがくる。その時を示すのが審判の剣
デュアルブレード。アレクディアスはあと1000年はそんな時期は来ないと思って
いたが、地上にマキシムが現れ、デュアルブレードは共鳴した。
そしてマキシムを見極めるためにエリーヌが派遣された。アイリスとして。
しかしアイリスとしてマキシムを導いてきたエリーヌだが、使命を越えてマキシムを
助けるようなことをしてしまった。エリーヌには、それがわからない。
マキシムはアイリスにこの島を止める方法を教えて下さい、と言ったが、アイリスは
拒否した。自分は殺戮の神。そんなことをすれば自分を否定することになる。
それでもマキシムはアイリスに助けを求めた。すると、アイリスは残された最後の
力で動力部に続く道を開いてくれた。

虚空島の動力は3つの巨大な魔石から成っていた。波動をぶつけることで壊すことが
出来たが、1つ壊すごとにマキシムの身体にも限界が近づいてきていた。最後の
魔石をデュアルブレードの力を借りて壊したマキシム。
そこへ、半透明のセレナがマキシムを迎えに来た。マキシムもセレナのもとへ行った。

375 :エストポリス伝記2 END:04/03/06 22:45 ID:mXWf6Sgn
淡い青の光とピンクの光が世界中をかけめぐっていく。
ガイはタンベルでパーティーを開く予定だ。
アーティは目を負傷し、ミルカに心配されるがそれよりもタンベルに行きませんか、と言った。
ハイデッカはマキシムは世界で二番目に強いやつだから、きっと大丈夫だろう、
と豪語する。もちろん1番はハイデッカだ。
そして、光がエルシドの街を通り過ぎたとき
ティアは、不意に涙が止まらなくなった。
光がパーセライトの街に着いたとき、ラルフは片言で「ママ」と母親を呼んだ。

エストポリス伝記2 おわり。

そして約100年後、マキシムの子孫の少年の前に、ルフィアという名の少女が現れる。


キャラクターの心情を書き出すとどうしても長くなってしまいますね。
そのへんがこのゲームの醍醐味でもあるわけですが。
セーブは出来ないがお腹が減らない不思議のダンジョン「いにしえの洞窟」とか、
8個集めると願いを叶えてくれる「ドラゴンエッグ」とかおまけも色々あります。


376 :ブレス4のひと:04/03/07 01:11 ID:H7boZygL
>>344の続きいきます
第2章 うつろわざるもの
第4部 王家の剣
休戦中の帝国に勝手に立ち入っただけでなく軍事施設にまで無断で立入った
ということで東の連盟国のひとつルディアに強制送還された一行。クレイは
ニーナをそそのかして勝手に連れて行ったと釈明し一人で尋問を受けることに
なる。
そんなクレイを放ってはおけないニーナ。リュウとマスターを伴いクレイに
会いに行こうと拘留されている家を出るとそこで自分たちの監視役として
ルディアに雇われた傭兵サイアスが立ちはだかる・・・が、自分の役目は
監視することだけだ、と語る彼はクレイに会いに行くことはおろか家から出る
ことすら咎めようとせず、あまつさえ同行すると言い出す。

ということでクレイに合わせて欲しいとルディア城を訪れるも、宰相イゴーリ
により一蹴される。

何かクレイの立場を少しでも良く出来る手だてはないものか、何かクレイを
助ける手立てはないものかと考えた結果、クレイのふるさとに行けば何かいい
知恵を貸してくれるかもしれないと思い立ち、それをリュウとマスターに進言。
他に手立てもないのでその案を実行することにする。
サイアスはそれすら止めようとはせず、監視するのが自分の役目とだけ語り
一行に同行する。

フーレンの里への道中立ち寄ったバーウッズの森。一刻も早く通り抜けようと
していると、突然ニーナの姿が見えなくなる。
一方ニーナは周りの景色がいやに大きくなっていることに・・・否、自分が
小さくなってしまったことに気付く。リュウ達に危うく踏み潰されそうに
なりながらも自分が小さくなってしまったことをアピールしようとするが
気付いてもらえず、しかも小鳥に雛鳥と間違えられて巣に連れて行かれてしまう。

そんなこととは思いもしないリュウ達はニーナを探す。すると姿は見えない
ものの声がする。しかしリュウにはそこに妖精がいることに気がつく。
リュウに姿が見られていることに気がついた妖精たちは、竜眼なんて反則だ
といいつつニーナをいたずらで小さくしたことを認め、小鳥に連れ去られた
と証言。小鳥の巣がありそうな木にマスターが頭突きを敢行する。

巣がある木を揺らされて大慌てのニーナと小鳥。安心させようとその巨体で
ニーナに迫り巨大なミミズや虫をエサだといわんばかりに与えようとする
小鳥をニーナはなんとかやり過ごして巣から飛び降りると妖精の魔法が
解けて元に戻り、落下を防ごうとしたリュウを下敷きにして無事着地。
ごめんなさいと素直に謝る妖精たちに別れを告げ、フーレンの里を目指す。

やっとのことで辿り着いたクレイのふるさとフーレンの里。だが里の長老たち
では打開策は浮かばず、東に広がる草竜が住まうといわれる黄金平野にテント
を構えるクレイの母ターボなら何かよりよい知恵を貸してくれるはずだと教えて
くれる。

長老たちの家を出たところになぜかいた元マーロックの用心棒カーンを4人
がかりで袋叩きにして、黄金平野を渡るべく馬を借りようとする一行。
だが馬を乗りこなすには時間がかかる。そんなとき、一匹のオーム(大きな
宙に浮くオウム貝みたいな生き物)がなぜかリュウになつき、これならリュウ
ひとりとはいえターボに会いに行けるのではということで、リュウ一人で
オームに乗ってターボに会いに行くことに。

377 :ブレス4のひと:04/03/07 01:41 ID:H7boZygL
>>376の続き
かくして一人オームに乗ってターボに会うべく黄金平野を渡るリュウ。
事前に聞いた目印を頼りにしてターボのキャンプに辿り着いたリュウは事の
次第をターボに語る。ターボはリュウに、サライで折られた王家の剣をグー
の火山にいる鍛冶屋に頼んで元に戻せばクレイの立場もよくなるはずだと進言。
ちょうどそのときルディアでは、クレイが王家の剣の所在を追及されている
ところであった。

仲間たちのところに戻ったリュウはこのことを告げ、フーレンの里でグーの
火山の所在を聞き出し今度は皆で黄金平野を歩いて渡る。

火山の奥に住まう、防呪鎧つくりの名人でもあり鍛冶屋でもある老人は一行に
王家の剣を作ったのは自分だが、材料のフェアリィドロップがないから
パーウッズの森にいる妖精から貰って来て欲しいと依頼する。

かくして再び妖精が住まうというパーウッズの森に来た一行。そこで以前
会った妖精たちから、自分たちの住む世界が「ムンマ」とその子供5兄弟
に占拠され仲間も殺されてしまったと語り、ムンマ達を倒してくれたら
フェアリィドロップを譲ってくれるという。

妖精の導きによりムンマ達が占拠した妖精の世界へ。そこで敵対するものなど
いないが故に高いびきのムンマの子供5兄弟を一匹づつ倒すと親玉ムンマが。
打撃で巨大化・魔法で縮小という特性を持つムンマをなんとか倒し、妖精の
世界を救った一行はお礼にフェアリィドロップと今後の旅での相互協力を
提供してくれる。

フェアリィドロップを手に入れた一行はさっそくグーの火山に行き王家の剣
を作り直してもらう。

これでクレイの手助けが出来る、と意気揚々でルディアに戻ってきた彼らを
待っていたのはサライで折れた王家の剣の、置いてきてしまった刃のほう。
ラッソが拾ったのか帝国からルディアに送られており、これで八方ふさがり。
こうなれば無理やり城に忍び込んでクレイを救い出して逃げるしかない、と
いうことで夜を待つべく仮眠をとることに。


そのころ、カフーに撃墜され深手を負い森に墜落したフォウルは、ジンガ山地
に程近いソン村でマミという女性に介抱されていた。


夜も更けてきたところでルディア城への侵入を試みるリュウ達。
眠りこけている兵士を仲間を呼ばれないように1ターンで倒しながらクレイ
の元へ。クレイのところに辿り着いた一行は事情を話し、このままでは
らちがあかないということでルディアを脱出し、フーレンの里を目指す。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 01:49 ID:IeVCyTsl
>>342
陰陽編のマシなEDといえば・・・
館に入る前にギャグばっかかましてると
つきあってられんわーとかいって美樹本にとりついてたイエモンの霊が成仏するのと
倉庫に行く時、そのシーンに至る前にいくつかフラグたてておくと
壁の奥で白骨死体だったかミイラだか(これタブンイエモンの大本)を発見して退治してENDの二通りだった記憶が・・・

ちなみに倉庫行くときにフラグきちんと立てておかないと倉庫にある鎧の置物にぶっさされて死にます(要するに完ルートは倉庫いかなくてよい)
陰陽編で一番難しいENDがこの倉庫で発見退治ENDだと思われ
自分の中ではこのENDが陰陽編での完扱いになってます

379 :ブレス4のひと:04/03/07 02:14 ID:H7boZygL
第5部 風竜ラーウィ
ルディアを脱出しフーレンの里に辿り着いた一行。やはりいい手が思いつかない
長老たちはまたもターボのところに行ってみてはどうかと勧める。

ということで、黄金平野のターボのキャンプへ行き、事情を話す。ターボは
リュウのことに気がついたのかウィンディアにある風読みの塔を上り風竜
ラーウィに会って神託を受けてはどうか、と提案。翌日ウィンディアへの
道をふさぐ神殿の封を解く「みどりの玉」をもらい、神殿を越え、巨大ヘビ
が住まうアムの沼を越え、ニーナの故郷ウィンディアに到着。

ニーナの口利きで、ニーナの父であるウィンディア王に謁見した一行は、
風読みの塔に入るには城の地下にある洞窟にある「風切りのフエ」が必要で、
洞窟に入るには東のカスクの森に住まう風の巫女に会って許可をもらう事が
必要だ、と教わる。

カスクの森の風の奥にいる巫女に会うと、リュウを見て、将来動乱が起きる
とき「アルカイの竜」とよばれる竜が現れ世の行く末を決めることになる、
と語り、リュウと風竜が会うことに意味を見出し「風切りのフエ」を手に
することを許す。
森からウィンディアに帰る道中のキャンプで、これまで黙って付いてきた
サイアスがやはり黙って何処かへと去っていく。

ウィンディアに帰った一行は王に許可が貰えたことを告げ、城地下の洞窟へ。
時折吹き付ける強風、風を利用したトラップをうまく攻略して「風切りの
フエ」を手に入れ一路風読みの塔へ。

そのころ、一行のもとをはなれたサイアスは雇い主であるルディアの宰相
イゴーリのもとに帰っており、リュウ達の行動や、リュウが竜であるらしい
ことを告げる。

風読みの塔に辿り着いた一行は「風切りのフエ」を使い中に入り、吹き上げる
強風を利用しながら頂上を目指す。
頂上には巨大な風車とその先端に船のようなものが据え付けられていた。
どうやらこれに乗り風を受けて飛べば風竜に会える、ということのようだ。

いざ風竜に、と思ったそのとき背後から憎々しげな声。そこにはルディア
宰相イゴーリとその直属の暗殺部隊、そしてサイアスの姿が。サイアスの
報告を聞いたイゴーリはリュウが本当にリュウなら帝国の初代皇帝フォウル
のような神がかり的な力でルディアに世界の覇権をもたらしてくれるはずだと
画策し、邪魔者であるニーナたち、そして事情を知るサイアスを消そうとする。
これに静かな怒りを燃やしたサイアスはイゴールを裏切り、リュウ達とともに
暗殺部隊、そしてイゴーリを退ける。

当面の問題も解決したところで一行は乗り物に乗り、風の導きのままに空を
舞う。そこで雲を割って現れる巨体、風竜。風竜ははるか昔に自分たち竜を
召喚したチェクという村に行き、そこで己のこと、竜のことを知るといい、
と語り、チェクの村に程近い大雪山の頂上に導く。
そこで

380 :ブレス4のひと:04/03/07 02:40 ID:H7boZygL
>>379の続き。379の最後の「そこで」は消し忘れミスなのでスルーして下さい。

第6部 聖地
風竜の導きのままに大雪山に辿り着いた一行。雪玉で途切れた道を塞ぎつつ
山を下るとそこには風竜が行っていた、かつて竜を召喚したチェクの村が。

なぜか子供ばかりという不可思議な村を散策し長老に会う。すると長老は
リュウを「アルカイの竜」と呼び、リュウが竜であること、そしてマスター
の中にはどうやら竜が眠っているようだ、と語る。

翌日、一行はマスターの中に眠る竜と対面するため、チェクの長老の力を
借りてマスターの心の中に入ることに。

マスターの精神世界では4属性をつかさどる柱によって封印された、ディース
と名乗る女性が。封印を解きたかったらそこの柱どもをぶっ壊せという彼女の
言葉のままに柱(ボスモンスター)を倒し封印を解く。

これまで「マスターが〜と言ってます」と言っていたマスターの珍奇な発言は
彼(というかディースが封じられたことによりかりそめの生命を持った防呪鎧)
が内にいるディースの言葉を外に伝えていた、ということなのであった。

第7部 アルカイの竜

ディースの封印を解き実世界へ戻ったリュウ達はそこで一休み。


そのころ、フォウルはマミが作ったメシを食っていた。


翌日、チェクの長老はマスターの中にいたディースを、精神体だけの存在で
あるディースを受け入れるための巫女であるリームの中に移し、リームの体を
借りたディースは、かつて帝国はチェクの村で召喚された竜に対抗するべく
竜を召喚しようとしたが、ディースは不完全な状態で召喚されてしまったため
防呪鎧の中に定着してしまい、元々半身が足りなかったフォウルの半身リュウ
が今になってようやく姿を表した、と語る。


そのころ、体調が万全でないフォウルはそれでも皇都へ向かおうとするが、
マミの家を出たところで村人にマミとのことを冷やかされる。


ディースはさらにリュウの半身フォウルはかつて神がかり的な力で帝国を
築き上げ神皇とまでよばれ崇められた存在であるがあるとき眠りにつき、
半身であるリュウが現れた今眠りから覚めているだろうと語るや否や疲れたと
言い放ち眠りこけてしまう。

381 :ブレス4のひと:04/03/07 03:39 ID:H7boZygL
>>380の続き

そのころフォウルは、マミにかつて神皇とよばれた初代皇帝のことを語りだす。
翌日体調も行動するには問題ないくらいに回復したフォウルは体ならしもかねて
ソン村を散策。畑仕事をしていたマミと話をしていると突然村はずれから
逃げてくる村人たち。なんでも突如巨大な魔物があらわれ襲われたのだそうだ。
フォウルがそこに向かうと巨大な獣「パパン」が。傷も癒えたフォウルは「パパン」
を難なく撃退し村に戻る。そこで村人から感謝のまなざしと、怖れを込めた視線
を受ける。


ディースが眠ったままではらちがあかないので再びチェクの長老の力を借り
リームの精神世界へ。そこでディースは・・・逆ハーレムかホストクラブか
いい男どもをはべらせ優雅に振舞っていた・・・。

これだからニンゲンは無粋で嫌になる、などと愚痴をこぼしながらしぶしぶ
覚醒するディース。そこでリュウにいずれは半身であるフォウルと一体に
なる時がくる、と語る。

実世界に戻った一行とやっとこさやる気を出したディースは、かつてチェクの
人々が竜を召喚したとされるアルカイの神殿へ向かおうと言い出す。
野ざらしはよくないということでマスターだった防呪鎧を長老の家に運び込み
アルカイの神殿へ向かう。

道中、どういうわけかディースがいないただの防呪鎧のはずのマスターが動き
だし、一行の後を追う。どうやら長いことディースを内に封じていたことで
かりそめの命ともいうべきものが宿ってしまったようだ。
追いついてきたマスターを、ディースは自分が中にいなきゃただの鎧だと
激しくなじり、それをニーナが慰めて、しょんぼりとマスターはチェクの村へ
帰っていく。

アルカイの神殿の奥、竜を召喚したとされる場所でディースは世界各地に
存在する7体の竜を呼び寄せる。


そのころフォウルは、畑仕事をしていたマミから、地震が頻発するように
なると近くのヨギ火山が噴火する、という話を聞く。今回の地震はおそらくは
自分の覚醒、半身の出現などにより強くなった竜の神気に当てられた魔物の
仕業であるとにらみヨギ火山へ。火山の洞窟では神気にあてられ自らを神で
あると思い込み暴れだした「イワオカイン」がいた。しかし本物の神である
フォウルにはかなうはずもなく消滅する。

村に帰ったフォウルを迎えたのは、ソン村長老の冷ややかな視線であった・・・。


ディースの呼びかけに応じ意識体で表れた竜たちは、自分たちが神・うつろわ
ざるものと呼ばれる存在であり、元はここではない世界の住人であったがかつての
チェクの村人により世界の営みを安定的なものにするためにこの世界に呼ばれた存在
であると語り、世を乱さんとするリュウの半身に対抗するだけの力を授けよう
ということに。(このあと各地の竜に出会うと「竜召喚」を覚えられる)

382 :ブレス4のひと:04/03/07 03:41 ID:H7boZygL
>>381の続き。本文長すぎって言われちゃったよ。で、>>379>>377の続き。

リュウ達と各地の竜とが邂逅していたそのころ、チェクの村には帝国の軍勢が。
逃げ遅れた長老を逃がすべくマスターは帝国兵を撃退していくが、そこに
三度ラッソが。マスターは果敢に立ち向かうもラッソの一撃のもとに破壊されて
しまう。

リュウ達が村に戻った時には既に遅く、帝国兵が逃げた村人を追い出て行き、
無残に破壊されたマスターが転がるだけであった。隠れていた長老を始めと
する村人の話で捨てられた村に皆避難したと聞き、動かなくなったマスターを
長老の家に入れて捨てられた村へ向かう。

その晩、長老とディースは動かなくなったマスターを前に、共に長く生き過ぎた
もの、多くのものを見すぎてしまったものとしてうつろうものの儚さを語り合う。

捨てられた村に向かう前にテントで一泊した一行だが、リュウが起きると
そこには他に誰も居ない。不思議に思いテントを出るとそこには帝国兵に
とらえられた仲間と帝国の将校アースラが。村人が避難した捨てられた村に
行き、そこで村人や仲間の安否と引き換えにリュウを帝国に連れて行こうと
いうアースラの提案をリュウは断れるはずもなく、捕らえられたまま
捨てられた村へ。

そこで待っていたのは、ラッソによる村人の虐殺だった。
命令に背くのかというアースラの言葉を無視しさらに虐殺を続けるラッソ。
その行為に怒り立ち向かう一行の前に立ちふさがるは最強の鉄気アイトー。

一行は死力を尽くしアイトーと戦うも、ドラゴンと化したリュウの攻撃ですら
受け流すほどの力を持った堅牢な盾を持つアイトーを倒す手段など持ち得ない。
傷つき、倒れていく仲間たち。
そしてアイトーの巨刀がリュウを貫く。

リュウが凶刃に倒れるそのとき、リュウの中で何かが弾ける。
リュウの内に眠っていたカイザードラゴンが、怒りのままに目を覚ます。
カイザードラゴンのブレス攻撃・カイザーブレスの前にはいかな攻撃も
受け付けないと思われたアイトーの盾も粉微塵に吹き飛び、怒りの拳が
アイトーの体をただの鉄屑に変えていく。

アイトーの絶対の力を信じていたラッソはカイザードラゴンと化したリュウに
ただただおびえ、逃げようとするも腰が抜けて立つ事も出来ず、ひたすらに
命だけはと懇願する。

しかし、怒りの感情しか持ち合わせていないリュウはカイザーブレスを撃ち、
ラッソを、村を、消滅させる・・・。

これにて第2章閉幕。続きはまた。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 04:05 ID:7fOsaMQU
ブレス4のひと乙〜
クリアしたゲームなんで展開を知っているだけに
続きを読みたいような読みたくないような……。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 15:06 ID:GdWB/mvO
途中で積みゲーになったんだが結構長いのな<ブレス
エストポリスも積んでるし・・・久々にやってみるかのぅ。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/07 17:23 ID:7rzTQdAi
真・女神転生V nocturne マニアクス 
の追加シナリオはもう出てる?
出てなかったら希望

386 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:20 ID:cqkjhnP8
(わらべ唄篇で正岡の死体を発見したところから分岐。
 事件のことを真理に相談した透の意識は唐突に薄れ、ここからは真理の視点で物語が進む)

真理の〈力〉によって、透は気を失ってしまった。まさか、こんな時に〈力〉が始まるなんて。
正岡の死はわらべ唄と符合する点が多すぎる、と言って小林はわらべ唄を口ずさんだ。
真理は初めて聞いたときからこの唄が気になっていた。どこかで聞いたことがあるような気がするのだ。
小林にしたって、一度聞いただけですらすらと歌えるのはおかしい。
とにかく皆に知らせようと言う小林に、少し待って欲しいと言って、真理は正岡の死体に触れると…
――三日月館の内部、病室のような場所、いくつも並んだベッドとその上の子どもたち、薬品、
ベッドから垂れ落ちた手、シーツに染み付いた血――
断片的な映像が真理の頭の中にフラッシュバックした。

まだふらついてる透も含めた全員が応接間に集められ、正岡の死が伝えられた。
殺された、ということはこの島に殺人者がいるということになる。
電話線は何者かによって切られ、警察に知らせることも出来ない。
館を調べても何も見つからず、根拠のあるアリバイを証明できる者もいなかった。皆の間に不安が広がる。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 21:20 ID:s7ayGL/z
ドマイナーですが
エクサフォームお願いします

388 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:21 ID:cqkjhnP8
自室に戻ると、透が言った。
「気絶した時、真理の声が頭の中に直接聞こえた。それにあの時、僕は真理になって僕を見ていた」
僕に何か隠しているんじゃないか、と透に問われる真理。
透は自分にとって一番信用できる人物だ。そして透も自分を信じてくれる。真理は秘密を明かす決心をする。
真理には特別な力がある。
物に残った人間の記憶を読み取る能力だ。
人の記憶や思いを探る事も出来なくはないが、それは相手の肉体・精神ともに大きな負担をかけることになる。
先ほど透が気を失ったのはその為だった。(しばらく使えなくなっていた〈力〉が突然目覚め、コントロールできなかった)
ただし、〈記憶〉はそれを残した者の心理によって歪められている。(嫌いなものは醜く歪められ、その逆は好ましく映る)
そのため完全な事実が読み取れるわけではないが、犯人探しに役立つかもしれない。

真理は透と共に正岡の部屋を調べてみたが、たいした手がかりは見つからなかった。
そこで、もう一度死体の記憶を読み取ってみることにした。死体の頭部に触れると…
――男の姿、フクロウの図案、〈ガンツフェルト症候群〉という文字、燃える人間――
「何をしている」不意に美樹本が現れた。
死体の発見者の透と、真理の行動を怪しむ美樹本。しかし意外にも透は慌てることもなく毅然とした態度をとっている。
美樹本は「怪しまれるような行動は慎め」と言い残して出ていった。

389 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:22 ID:cqkjhnP8
朝食の時間は、島が閉じてしまったことが話題となっていた。これでは誰も脱出できない。
食事が済むと、真理は透を誘って外へ出た。二人きりになると透が言った。
「おかしな話だけど、僕はゲームをやってもいないのに河村亜希を知ってる気がするんだ」
「私もなの。河村亜希に見覚えがある気がする。…それからあのわらべ唄も」
それだけではなかった。二人とも、初対面のはずの村上や正岡にも以前どこかで会ったように感じていた。
そういえば二人が初めて出会ったときも同じような感覚を持った…。
しばらく歩いていると、村上と可奈子が言い争う声が聞こえた。
真理たちに気づくと逃げるように去っていく村上。それを可奈子が追いかける。
可奈子は真理とすれ違う時に囁いた。「思い出した?」

ハーバーで透がバッジを拾った。フクロウの図案の小さな丸いバッジ。
それは真理が正岡のビジョンの中に見たものと同じだった。真理はバッジの〈記憶〉を見てみた。
――五人の幼い子どもたち、〈ガンツフェルト症候群〉、そして子どもの頃の真理自身の姿――
真理は透に今見たものを伝えた。真理の中に何か引っかかるものがあった。

390 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:23 ID:cqkjhnP8
館に戻ると、館内は異様な雰囲気で女性のすすり泣く声が聞こえてきた。
声のするほうへ行くと、血の海の中で夏美が死んでいた。
両目が潰され、首には狐の襟巻きが巻きついている。両の手首はもがれかけていた。わらべ唄の見立てだ。
目を泣き腫らした香山が搾り出すように言った。
「こいつはこないだまでミナミのソープで働いとったんや。わしらはそこで知りおうて…。
 春子に死なれて、お前にも死なれたらどないしたらええんや!」
離婚したと言っていたが、春子は死んだのか…。
真理は隙を見て夏美の死体に触れてみた。
――泣いている子どもたち、春子や香山の姿――
真理は小林に肩をつかまれ意識を引き戻された。小林は悲しげに「そんなことはやめた方がいい」と言った。
消沈している香山を残して真理たちは部屋の外へ出た。

叔父は何か知っている…。真理は真相を確かめるべく小林の部屋に行った。
小林に確認するように真理は話した。

捨て子だった真理は今の両親に八歳の時引き取られた。それ以前にいたのは『愛護苑』という施設だ。
愛護苑は真理がいた当時、ミネルヴァ社という日本でも有数の薬品会社がスポンサーとなっていた。
そして小林は脱サラ以前、ミネルヴァ社の開発部にいた。
真理は小林の研究室で何日かを過ごした事がある。
そこには何人もの子どもたちが集められ、検査をし、薬品を与えられた。あれは確かに何かの実験だった…。

391 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:24 ID:cqkjhnP8
「どうして今さらそんなことを…」青ざめる小林。
真理は小林に拾ったバッジを突きつけた。フクロウのバッジは、ミネルヴァ社の社章だった。
「ガンツフェルト症候群って何。今ここで何が起こっているの」と真理は訊いた。
「知れば後悔することになる」と小林は言ったが、真理の決意は固かった。小林は話し始めた。

ガンツフェルト症候群とは、第二次性徴前の子どもだけがかかる、内分泌異常を伴う神経障害だ。
これにかかった者は、視覚や触覚などを失う代わりに五感とは別の知覚や能力が開花することがある。つまり超能力を持つ。
そして小林は症候群の原因となる毒素を研究していた。
「その毒素を私に?」真理が訊いたが返事はなかった。
突然部屋に俊夫が入ってきた。
「ミネルヴァのことで話があるんですけど」俊夫は問答無用で小林を連れて行こうとした。
真理が思わず俊夫の腕を掴むと、〈力〉が勝手に発動し、真理の意識は俊夫の中に入っていった。
その時見えたのは、小林を殺すビジョンだった。俊夫はミネルヴァ社のスパイなのだ。
透が真理たちを呼びに来た。「大変だよ。早く外へ」真理たちは気絶した俊夫を置いて外へ向かった。

外へ出た真理は、監視塔の先端に串刺しになった村上の死体を見た。死体はカラスにつつかれ、内臓がはみ出している。
「わらべ唄よ…」啓子が呟いた。わらべ唄を口ずさむ啓子。
「茶番はやめろ!部外者の目を気にしてる場合じゃないだろ」みどりの肩を借りて俊夫が館から出てきた。
「こいつらが犯人に決まってる。あの実験では女しか残らなかったんだ」俊夫は啓子たちを指して言った。
「ミネルヴァの犬が何を吠えてるの」啓子は俊夫の正体を知っていた。
俊夫はナイフを構えて啓子に向かっていくが、その腕は見えない力でねじ切られてしまった。
「姉さん、やっちゃってもいいの?」そう言って俊夫に近づいたのはキヨだった。
キヨから〈力〉があふれ、俊夫の首がぎりぎりとねじれていく。
「それくらいにしておけよ」それを止めたのは美樹本だった。美樹本は銃をキヨに向けた。
美樹本もミネルヴァ社の関係者だったのだ。

392 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:25 ID:cqkjhnP8
美樹本は語る。
一年半前、「シュプール」にはミネルヴァ社の関係者が集まっていた。
小林を監視していた俊夫、そのサポートをしていたみどりと、何か起こりそうだというので援軍として駆けつけた美樹本。
結局その時は何も起こらなかったのだが…。
「ちょっと待ってくれ」香山が話に割って入った。「何を言ってるのかさっぱりわからんわ」
夏美は誰に殺されたんだ、ミネルヴァとはなんだと詰め寄る香山を、美樹本はためらいもなく撃ち殺した。
続けて、俊夫が倒れた。もう死んでいるようだ…もし生きていたとしても、手首からの激しい出血で死は間近だろう。
次に美樹本は逃げ出そうと走り出したみどりを背後から撃った。
仲間じゃないのか、と問う小林に美樹本は言った。「俺のすべきことは被験者の回収と情報漏えいの阻止」
そして小林に銃口を向ける。そこに真理が立ちはだかった。「あなたに私は撃てない。私は…被験者のひとりよ」
「真理ちゃんも記憶が蘇ったわけだ。ミネルヴァの洗脳もあんまりたいしたもんじゃないな」と美樹本。
「被験者の回収ということは、実験はまだ続けられているのか。あれだけの事件を起こしたというのに」小林が言った。
その時美樹本が透の存在に気づいた。透は部外者だ。香山のように殺すつもりなのだ。
真理はとっさに〈力〉を使い、美樹本の意識の中に入り込んだ。

393 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:26 ID:cqkjhnP8
十三年前。
ミネルヴァの研究所ではサイ能力者(超能力者)を人工的に作り出す薬品の開発が進められていた。
試薬は子どもにしか効き目がなかった。愛護苑から、身寄りのない子どもだけが数十人選ばれ、ミネルヴァ社の研究施設に入れられた。
危険のない実験のはずだった。
しかし投薬が始まってから一週間目の夜。ほとんどの子どもたちが体調に異変をきたし死んでいった。
しかも同時に火災が発生し、研究所は全焼してしまった。
生き残った被験者は五人。
河村啓子・亜希の双子の姉妹、米倉夏美、田嶋可奈子、そして真理。
ミネルヴァ社は隠蔽のため彼女たちを処分しようとしたが、小林がそれを止めた。
記憶を消し、今後監視をつけて追跡調査をすることを条件に…。
事件の直後、小林はミネルヴァ社を辞めたが、彼にも俊夫とみどりの二人が監視につけられた。
研究は正岡と村上が引き継いだが、真理を除く被験者四人は、数年前示し合わせたかのように姿をくらました。
その後薬は完成。美樹本が被験者の第一号となった…。

真理の意識は美樹本から抜け出した。美樹本は気を失っている。
いわば美樹本も実験の犠牲者だ。あたりに転がる死体を見て、真理はやるせなさを感じる。
その時、啓子が俊夫のナイフを拾いあげて美樹本を殺そうとした。啓子を止める真理。
「あなたまだわかってないの」啓子が蔑むように言った。
死んだ夏美を除くと被験者の生き残りは、真理、可奈子、啓子、河村亜希…。
キヨが啓子の妹、河村亜希だった。
亜希は超人的なサイコキネシス能力を身につけたが、薬の影響でホルモン分泌が異常になり、急速に歳をとってしまったのだ。
「その苦痛があなたにわかる?こいつらなんて死ねばいいのよ!」
亜希は美樹本に向かって〈力〉を放つ。夏美や俊夫を殺したのと同じ〈力〉だ。
いつの間にか目覚めていた美樹本はそれに応戦する。二人の間で〈力〉が膨れ上がった。押される美樹本。
「やめてええ!」真理が叫ぶと同時に、透が空に向けて美樹本の銃を撃った。〈力〉の放出は途切れ、美樹本は倒れる。
透は真理に銃を渡し、美樹本を背負って真理と小林をうながした。「行こう。彼女たちから逃げるんだ」

394 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:27 ID:cqkjhnP8
山道で真理たちは休憩をとった。
啓子たちの狙いは自分だ、自分を置いていけ、と言う小林を真理は諌める。
あの三人は仲間のはずの夏美を殺したのだ。叔父さんにだって何をするかわからない…。
「どうせあの女は人殺しさ」そう言って現れたのは啓子だった。
可奈子が透視で真理たちの居場所を見つけ、啓子はここまでテレポートしてきたという。
正岡を殺した時も、同じようにテレポートで部屋に侵入したそうだ。
夏美はソープで働いている時に香山に目をつけ、正妻になるために香山の妻・春子を〈力〉で殺したのだという。
手に入れた豊かな生活を守るために、夏美は協力を拒んだ。だから殺した。
小林は処分されそうだった自分たちを救ってくれた。だから殺すつもりはなかったのだが…。
小林の姉にひきとられ幸せそうに暮らす真理を見て気が変わった、と啓子は言った。
「私たちは亜希がああなって暮らしていくのにも必死だったのに…」

「真理が私の姉に引き取られたのは偶然だ。それよりも何故洗脳が解けた」
問う小林に啓子は答える。
食卓に置かれたおもちゃの車は、可奈子の弟のものだった。可奈子の弟も実験の犠牲者だ。
ある日、可奈子のもとにそのおもちゃが届けられた。『ミネルヴァの実験を思い出せ』というメッセージとともに。
そこには五人の生き残りの名前も書いてあり、全てを思い出した可奈子は啓子たちを見つけ出した。
三人は実験の関係者に復讐する為に夏美に協力を求めたが断られた。
真理にも知らせようとしたが、その前にミネルヴァ社に気づかれてしまい、逃げ出すしかなかった。
危険を冒して「シュプール」に行った。その後、ゲームを利用して関係者に揺さぶりをかけ、正岡と村上の所在を知った。
そしてこの島に関係者を集めた。
わらべ唄は啓子たち姉妹が研究室で歌っていたものだった。
船長にわらべ唄を歌わせたのは、関係者に当時の事を思い出させ、それをテレパシーで探る為だった。
ミネルヴァ社と戦うために協力しなさい、と啓子は小林に言った。
真理は止めるが、小林は真理に手を出さないことを条件にそれを呑んだ。

395 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:28 ID:cqkjhnP8
啓子は亜希と可奈子をこの場に連れてこようと、〈力〉を使おうとした。
その時ヘリコプターが飛んできた。救助か?と真理は思ったが、ヘリからは銃弾が飛んできて啓子の体を貫いた。
小林が真理の手を引き、逃げようとした時、突如戦闘ヘリは爆音とともに炎上した。
「パイロキネシス…」小林が呟いた。

真理、透、小林は力なく館に戻った。とっさの事で、美樹本は山道に置きざりにしてきてしまった。
「さっきの爆発は真理がやったのか」と小林に訊かれるが、真理には覚えが無い。では可奈子か亜希がやったのか…?
あの戦闘ヘリはミネルヴァ社のものだ。美樹本が連絡したのだろう。
薬品は完成し、かつての被験者はもう研究の価値は無い。ミネルヴァ社の裏の顔を知るだけの邪魔者だ。
ミネルヴァ社に処分されるのが先か、可奈子たちに殺されるのが先か…。
絶望的な状況だが、透が言った。「可奈子ちゃんたちと協力して戦うんだ」

館に入ると、「啓子を見殺しにしたわね」と言って可奈子と亜希が小林に詰め寄った。
そんな場合じゃない、と真理が言うと同時に、ミネルヴァ社の私兵が館に突入してきた。こんな状況なのに透は妙に楽しそうだ。
小林は兵士たちに殺されてしまい、残る四人は二階へと逃げた。
階下で手榴弾が爆発し、その爆風が真理を襲った次の瞬間、炎が立ち昇った。
まるで龍のようにうねる炎は、侵入者たちに襲い掛かり、薙ぎ払った…。

396 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:29 ID:cqkjhnP8
二階の一室で真理は目を覚ました。しばらく意識を失っていたらしい。
「あれはあなたがやったの?」と可奈子たちに言われるが、何のことか分からない。
「パイロキネシス…あらゆるものを爆発炎上させる能力。こんな時には便利だよね」
そう言ったのは透だった。

実験で投薬を受けたのは子どもたちだけではなかった。他に三人の妊婦がいたのだ。
そのうち二人は流産したが、一人は無事だった。それが透の母親だ。
母の胎内にいた時から透には意識があった。
十三年前、透は胎内から〈力〉をふるい、研究室を焼き尽くした。
透の母親は火事で焼け死んだと思われていたため、監視もつかずに暮らしていた。
しかし八年ほど前にその存在がミネルヴァ社に知れ、母親の周りに不審な人物がうろつきだした。
その目を逸らす為に透は別の事件を起こし、母親を始末した。
可奈子に車を送ったのも透だった。被験者たちに実験の事を思い出させるために。
真理に近づいたのは、研究所にいた時から真理の事が好きだったから。
(透は真理と会う時には自らに仮想の記憶を植え付けていたため、真理が透の意識に触れたときも過去のことは読み取れなかった。
 真理の〈力〉に触れたのがきっかけで、今は透の偽の記憶も外れている)
透の成長は常人よりも速かった。体は青年だが中身は十三歳なのだ。亜希と同じ薬の副作用だ。
それを聞いて、真理は透の妙な子どもっぽさに思い当たる。

397 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:30 ID:cqkjhnP8
可奈子がミネルヴァの軍隊が迫っている事を感じ取った。
テレポートが使える啓子はもういない。今は手を組んで戦うしかない。
可奈子が透視で兵士の居場所を探り、透が焼き殺した。
兵を投入しても無駄だと悟ったのか、ロケットランチャーでの攻撃が始まった。
亜希が飛んできた弾を破壊するが、攻撃はまだ続いている。逃げなければいずれやられてしまう。
中庭の泉は海水だった。海と繋がっているはずだ。
真理たちは亜希の力で身を包み、透の炎を推進力にして水中を進み、館を脱出した。

出た場所は島の人造湖だった。(泉は海と湖の二ヶ所と繋がっている)
亜希は〈力〉の使いすぎか、気を失っているようだ。
透は可奈子に敵の居場所を訊いた。どうやら敵は館の方に集中しているようだ。
「よし、行こう」透は無邪気に笑って歩き出した。
館を見下ろす丘の上で、透は意識を集中した。そして〈力〉を放った。
館が炎に包まれ、豆粒のように見える兵士たちが一瞬で焼き尽くされる。
これは虐殺だ。ミネルヴァのやったことと変わらない…。真理は目を逸らさずそれを見ていた。

398 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:31 ID:cqkjhnP8
突然、透の周囲の空気が揺らぎ、透の頭が吹き飛んだ。
「そのバカがサイ能力者だったとはな」美樹本の仕業だった。
美樹本は可奈子を殴り飛ばした。亜希はまだ気絶している。
真理は美樹本のものだった銃を構え、美樹本に向けた。
「人を殺すってのは、なかなか思いきりが必要なんだ。お前にはできない」美樹本が真理に近づいてきた。
真理は銃を撃つが、銃弾は美樹本をかすめただけだった。
銃は美樹本に奪われてしまう。「言ったろ?真理ちゃんには無理だ。だが俺にはできる」
そう言って美樹本は可奈子を撃ち殺した。
次に未だ目覚めていない亜希に向かって発砲する。亜希の身体がとび跳ねた。
真理は後先も考えず美樹本に飛び掛かった。しかし美樹本は動かない。
亜希が最後の力で美樹本の動きを封じていたのだ。
真理は美樹本の手を掴み、意識を集中した。

美樹本の記憶が見えた。貧しい家庭、借金、金のために実験体になったこと…。
次に見たものはがきょとんとした顔で目の前に立っている真理自身の姿。
今、真理の意識は美樹本の中にあった。そして美樹本の意識は真理の中に…。
―おまえの心に、もう帰る場所はない。
美樹本の中の真理は美樹本の頭に銃口を当て、引き金を引いた。
人間相手にサイコメトリーをする際、真理の意識は数秒間相手の肉体に入り込む。
その時相手の肉体を操れるのではないか…危険な賭けだったが、それは成功した。
美樹本は死に、真理は生き残った。

みんな死んでしまったというのに、私は生きている…焼け落ちた館を前に、真理は考えていた。

399 :かまいたちの夜2〜サイキック篇〜:04/03/08 21:32 ID:cqkjhnP8
(サイキック篇は『完』と表示されるエンディングが三つあります)

真理の中には怒りがあった。
彼らは真理の愛したものを全て奪っていったのだ。許すべきではない。
同時に真理は恐れてもいた。
自分は復讐が始まるのを楽しんでさえいるのではないか、と。
しかし、他に選ぶ道はない。真理の心は既に復讐を選んでいた。

サイキック篇『復讐』・完


みんな死んでしまった。透や小林だけではない。ミネルヴァ社の人間たちも、何十人と…。
自分に生きる権利はあるのか。あれだけの死を目にして、なおも生きていけるのか。
答えは否だ。ひとりで生き延びても意味は無い。
真理は銃口を自分のこめかみに当てた…。

サイキック篇『疑問』・完


殺戮も、復讐もたくさんだ。もう悲惨な物事に出会いたくなかった。
ここであったことを記憶して生き延びること…それがわずかなりとも供養になるのではないか。
それを一生心の中に置いておくこと…それが自分に下された罰かもしれない。
真理は船着場へ向かった…。

サイキック篇『帰還』・完

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 21:34 ID:cqkjhnP8
なんか分かりづらいかも…_| ̄|○
意味不明な部分あれば聞いてください。できるだけ補完します。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 22:20 ID:6AIYxD5n
モツカレー。

コソーリ告白…実はサイキック編、アホらしいと思いながらも結構好きだったんだな。
しかしなんでこれが完なんだ。しかも三つも。




402 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 22:26 ID:0CDdbb74
●未解決分
■PS2 ・スペクトラルソウルズ ・ライゼリート ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ブラックマトリクス2 ・カオスレギオン ・FFX-2インタ(ラストミッション) ・.hack
・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・シャドウオブメモリーズ
・「真・女神転生V nocturne マニアクス」(追加シナリオ)
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・テイルズオブエターニア ・ブラックマトリクス
・聖刻1092 操兵伝 ・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・ビヨンドザビヨンド
・戦国サイバー藤丸地獄変 ・魔道物語(ぷよぷよ) ・エンドセクター ・BAROQUE
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・クーデルカ
・レジェントオブドラグーン ・エクサフォーム
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・バズ-魔法世界 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・イデアの日
・ラストバイブル3 ・超魔法大陸ウォズ ・マザー2 ・ブレスオブファイア ・ブレスオブファイア2
・ロマンシングサガ2 ・FF4
■FC ・ラグランジュポイント ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ボディコンクエスト
・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール
・ファンタシースターオンライン2
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・アークザラッド 機神復活
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)
・ダイナソア 〜リザレクション〜(PCゲー) ・田中の夢物語

●途中
■現スレ ・かまいたちの夜2 ・ジャングルウォーズ2 ・サモンナイト2(番外編) ・サーカディア
・エクソダスギルティー(結末) ・ブレスオブファイア3 ・ブレスオブファイア4 ・ヘラクレスの栄光4
・FF5 ・「真・聖刻」
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャッシュ編、アーミック編以外) ・ジルオール
・バテンカイトス ・FF10-2(幻ED、アカギスフィア、隠ダンのトレマ会話) ・デビルメイクライ
・東京魔人学園符咒封録 ・「デジタル・デビル・ストーリー女神転生2」 ・チャイルズクエスト
・グランディア ・サモンナイト3(番外編) ・ロマンシングサガ(WCだけの話) ・FE紋章の謎
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜 ・デュープリズム
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・サモンナイト(カルマルート)
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・ブレスオブファイア2
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・仙窟活龍大戦カオスシード ・ガンパレードマーチ
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 22:37 ID:o9L0zht5
グローランサーIVをお願いします神様。


でも、まだ新作の部類かな…?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 22:50 ID:OY+SKhqV
「真・聖刻」はあれで終わり。
多分小説に続くという意味だと思う。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 00:08 ID:SK+Zxc9Z
SFCのバズー!魔法世界をググると
ストーリー解説サイトやライター本人による補完サイトがヒットする。
興味ある人はそっち見たほうが良いんでないかと。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 02:13 ID:LVZadzxv
MOTHER2のストーリーどなたかお願いできませんか?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 02:19 ID:OpJW42hM
そうそう。バズーは調べたらすぐわかるから、もう名前からとっぱらっちゃって下さい。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 02:42 ID:BYz1WE0O
すんません、↓のスレでFFX-2インタ(ラストミッション)のネタバレを
書いてくださった方がおられるんですが、こっちのスレにも貼ってもいいでしょうか?
ご本人にはもう了承を得ました。
FFX-2ラストミッション ネタバレ総合スレ
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/ff/1078155258/l50

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 10:39 ID:gRuOSeY4
まとめサイトの管理人、おめでとう。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 19:07 ID:d/B99peg
お、ホントだ。おめでとー(・∀・)
忙しい中でもまとめサイトを運営してくれてありがd。
引越し頑張ってな〜

411 :15:04/03/09 19:26 ID:KvmkzWRT
サモンナイト2と3の番外編を書きたいと思いますがよろしいでしょうか?
リアルが忙しくて少し待たせることになりそうなので…

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 20:02 ID:wlkRCa/N
>406 ずっと前から要望きてますよ、未解決のSFCにあります
>408 & >411 ぜひお願いします

413 :メガテン3アマラ深海:04/03/09 21:16 ID:iMUTTPUM
まだ途中だが、分かる所だけ、カキコ。出来れば他の人が引き継いで欲しいデツ。

200X年、東京。東京受胎によって悪魔が住み着くボルテクスとなった世界を
某所に住む少年は老女と供にいる少年から禍魂(悪魔になる。)によって悪魔に
なる。そしてエレベーターに乗ろうとしたらいきなり謎の場所にでる。そこには
謎の車椅子の老紳士と喪服のじじょがいた。紳士は言う。
「付いてくるがいい。」
いわれるがままに付いて行く少年・・・ウィルオウィスプ。ガキ。そしてコダマ二対を
倒し。老紳士のいるところまで行くと、
「上々だ。」と不可解な言葉を残し、彼の前から去っていく。
少年も謎の場所から病院に戻った。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 21:26 ID:YypgHIIW
PSで出た、だんじょん商店街をお願いします。

415 :メガテン3アマラ深海:04/03/09 21:31 ID:iMUTTPUM
新宿衛星病院でフォルネウスたんをシキガミとピクシーたんのジオで苛め抜いた後、
病院から抜け出た時、

「ここがトウキョウか。」赤い服。銀色の髪。そして物騒ともいえる程の大きさの長剣。
手には2丁の拳銃。
「スシ。ゲイシャといってる場合じゃ無いな。」男はそう言いながらボルテクスとなった
トウキョウを彷徨う。(謎の男って名前には書いてあるけどバレバレだな。)

ヨヨギでピクシーたんをはずす奴はヌッ殺す。さておき、シブヤでネコマタたんと踊ったり、千晶?誰だ。それ。
ターミナルで聖という結構いいオッサンの助けを借りて、アマラ経絡へスペクターたん好きなのに何で仲魔にならないの?
と思いつつ。いざ、ギンザへ・・・と思ったら、


アマラ経絡で襲い掛かるスペクターを悪魔の力を宿し少年は倒し、光輝く経絡の向こう。ギンザのはずだった。
しかし、何が起こったのか?少年は見知らぬ場所へ来てしまう。そこにある不思議な妖気が漂う穴を除けば、
病院で出会ったあの老紳士がいた。無口な紳士に代わり隣のじじょが少年に話しかける。
彼女がいうにはメノラーという蝋燭のようなものが恐るべき能力を持った悪魔達。「魔人」に奪われたの事。
そして悪魔の力を身にやどす彼にメノラーを奪い返して欲しいという・・・。
彼女の頼みを聞くか聞かぬかそれはあなた(プレイヤー)の自由だが、説明書には世界の真相がわっかるよん。
とか書いてあった。かくして少年はメノラーを奪い返す旅に出る。それが紳士の思惑とも知らずに・・・・



キモくてスマソ。

416 :かまいたちの夜2〜惨殺篇〜:04/03/10 18:31 ID:/zN8Y43h
(わらべ唄篇でキヨの死体が発見された後から分岐)

中庭に手帳が落ちていた。手帳はキヨのものだった。
そこには自分が我孫子武丸だということ、正岡や夏美を殺した事が記されていた。
動機は今となってはわからないが、キヨが殺人に悦びと恐れを抱いていた事は明らかだった。

殺人犯とはいえ、キヨをあのままにしておくのは忍びなかった。
透が物置部屋に梯子を取りに行くと、香山がキヨを降ろすのを手伝うと言ってくれた。
二人で物置に入ると、不意に香山が「わあっ!」と叫んだ。
木彫りの置物を手に取ったところ、ぬるぬると嫌な感触がして驚いたのだそうだ。

梯子を運び出すと、塔の下に真理が待っていた。真理も手伝ってくれるようだ。
透は梯子に登ってキヨの死体に近づいた。
死体の目から白い物が零れ落ちた。
糸の塊のようなものがあふれ出て、はらはらと透の顔や下にいる真理たちに降りかかった。
手にぬるりとした感触があった。透が手を見ると、白いものは糸などではなく体長二、三センチほどの細い線虫だった。
驚いたはずみに透は梯子から落ちてしまった。

気がつくと透は自分の部屋に寝かされていた。館は静まりかえっている。
透は他の者を探し、隣の村上の部屋へ行った。
村上の部屋には血の臭いが充満し、服装からして村上と思しき首無し死体が壁に釘付けにされていた。
透は真理の姿を探した。
廊下を走っていくと、啓子の部屋のドアが開いていることに気づいた。
中を見ると、そこには三体の首無し死体がぶら下がっていた。死体からおびただしい量の血が流れ出している。
死体はどれも女性だったが、真理はその中にいないようだ。啓子、可奈子、みどりだろう。

417 :かまいたちの夜2〜惨殺篇〜:04/03/10 18:32 ID:/zN8Y43h
真理の部屋へ行くと、ドアには鍵がかかっていた。真理は中にいるらしい。
真理は透が一人であることを確認すると、扉の向こうに作っていたバリケードを取り除きはじめた。
「透くんやないか!」呼ばれて振り向くと香山と小林がいた。小林は香山に肩を借りてなんとか立っているようだ。
小林が透に何かを訴えるような目を向けた。
声は出せないようだが、その口が確かに『タスケテ』という形に動いた。
何があったのかと透が香山に聞くと、香山は小林を床に降ろした。小林の背中には鎌が突き刺さっていた。
香山は鎌を抜き取り、小林の首に当てた。
そして、よいしょ、どっこいしょ、と声を掛けながら香山は小林の首を切断し始めた。
透が金縛りにあったように立ち尽くしていると、ようやく部屋から出てきた真理が、その光景を見て悲鳴をあげた。
透は我に返り、真理の方を見た。真理が「危ない!」と叫んだ。
その声で身をかわしたが、香山の鎌は透の肩を裂いた。「うまいこと、よけたな」と香山。
透は真理の手を引いて逃げ出した。

館から逃げ出した二人は、気がつくと山の中にいた。
透の傷は浅かったが、二人ともショックが大きく、へたりこんでしまう。
透が気を失っていた時、真理は悲鳴を聴いたのだという。
真理が声のした方に行くと、俊夫の部屋から鎌と俊夫の生首を持った香山が出てきた。
真理は自分の部屋に逃げ込んだのだそうだ。

418 :かまいたちの夜2〜惨殺篇〜:04/03/10 18:33 ID:/zN8Y43h
背後で物音がした。「無事だったか」美樹本だった。
なぜ香山はあんなことを…と悩む透に美樹本は言った。「ふうのしんって何だと思う」
美樹本は地元の漁師にもらったという冊子を見せた。そこにはこんな文章が書かれていた。

底蟲村の村の衆 一人残らず死んでござる
なぜに死んだかきこうとしたが
悪たれ鼬の楓の津が 最後の一人も殺してしまい
島に残るはただ風ばかり
そして誰もいなくなったとさ…

『楓の津』と書いて『ふうのしん』…
確かにこの辺りには楓の木が多い。『津』は液体、つまり楓の樹液ということだろう。
美樹本は「香山さんはこんなものを触っていなかったか」と言って一本の枝を取り出した。
それは香山が物置で触った置物と同じ木の枝だった。枝の表面はじっとりと濡れている。
美樹本は枝を踏みつけた。割れた枝の中からは無数の白い線虫が出てきた。
「憶測だが、楓に寄生するこの線虫は人にも寄生するんだろう。
 そして寄生された人間はキヨや香山のようになるのさ」
そして美樹本は「今なら俺にも人を殺す快楽というものがわかるよ」と言った。
美樹本も虫の寄生した楓に触ってしまったのだ。糸のように細い線虫は毛穴からでも体内に侵入できるのだろう。
「香山もこの辺りにいるはずだ。俺はあいつを相手に自分の欲求を満たす。
 どちらが生き残っても君たちの敵になる…さあ、俺がまだ人であるうちに逃げるんだ」
透は真理の手を引いて走り出した。

419 :かまいたちの夜2〜惨殺篇〜:04/03/10 18:34 ID:/zN8Y43h
海岸まで行けば美樹本のクルーザーがある。
透たちは何かに追われるように走り続けた。途中、透たちは香山の『コレクション』を見た。
一本の木に果実のように生っている六個の生首。それを見た真理は気を失ってしまう。
「どや、なかなかのもんやろ」透が振り返ると香山がいた。香山は美樹本の首を持っていた。
香山は笑みを浮かべながら透に近づいてくる。
十分近くに来たところで、透は香山に飛び掛った。
しかし香山に押さえ込まれ、背中を切られてしまう。香山が透の首を掻き切ろうと、透の上に屈みこんだ。
その瞬間を狙って透は香山の眼球に指を突きたてた。たまらず香山は顔を押さえて立ち上がる。
透は香山の落とした鎌を持ち上げ、痛みでうずくまる香山に向かって振り下ろした。何度も何度も。
キヨの死体から落ちてきた線虫は透の体内に入り込んでいたのだ。
透の中に、殺人への悦びが沸き起こっていた。

透は真理の傍らに倒れた。
真理を殺したいという欲求。その欲求に負ける前に、気を失ってしまえばいい。透は目を閉じた。
真理が起き上がる気配がした。真理は透の手に握られた鎌をもぎ取った。
透は納得した。真理が生首を見て気を失ったのは、膨れ上がった欲望の大きさに押しつぶされそうになったからだったのか…。
横たわる透に鎌が振り下ろされた。

惨殺篇・完

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 18:44 ID:WIrEdToo
「透くんやないか」が「透くんやらないか」に見えた。
それはともかくおつかれ。

421 :メガテン3アマラ深海:04/03/10 19:02 ID:0+fDfFIx
>>415の続き
主人公とりあえずギン大地下道へ行く。そしてゴステンノウに会う為に進むとスクんでいるマネカタを見つけた。
近くに死神が現れたというのだ。先に進むと突如持っていたメノラーの炎が揺らめきだす。そして謎の空間へ・・・
そこにはスペインの闘牛士の様な服装を着た骸骨の頭を持つ悪魔がいた。彼の名前は「マタドール」
彼は主人公からメノラーを奪おうとする。
赤のカポーテで回避率と命中率を限界まで延ばし、強力な衝撃魔法や連続攻撃を行う血のアンダルシアなど強力な
攻撃を制し、主人公は先を急ぎイケブクロへ向かう。

422 :メガテン3アマラ深海:04/03/10 19:13 ID:0+fDfFIx
イケブクロに到着した主人公。早速ゴステンノウに面会する為に彼がいるマントラ本営(サンシャイン60)に
行く。本営に入ろうとした主人公をビルの屋上から眺める謎の男。彼は屋上から飛び降り主人公の前に現れる。
銃を突きつけ彼は言う。
「会えて嬉しいぜ。少年。お前もそう思うだろう?」
突如戦闘にはいる。
「10分以内に答えを出しな。カンオケかゴミ箱か。」
謎の男は背中に背負った大剣で斬りつけるリベリオン。二丁拳銃で連続的に攻撃するE&I。
二丁拳銃を器用に扱い、仲魔全体にダメージを与えるトゥーサムタイム。
途中、彼の挑発で逆上しつつも主人公は謎の男との戦いを制す。
「気に入ったぜ。少年。」彼はそう言うと自らの名を名乗る。
「俺の名前はダンテ。デビルハンター(悪魔狩人)をしている者だ。」
ダンテは主人公と戦い、彼にメノラーを渡した老紳士(ダンテはじじぃと読んでいるが・・・)
に何か企みがあるという事を悟る。そしてダンテは主人公の前を後にする。世界の真相に迫りたい時は
遠かれ速かれ、彼は主人公の前に現れるだろう。


423 :メガテン3アマラ深海:04/03/10 19:18 ID:0+fDfFIx
書き忘れていたのですが、マタドール倒したら「基礎のメノラー」という物を
入手できてそれで老紳士とじじょがいるアマラ深海のダンジョンに挑む事が出来る。
深海はカルパというダンジョンに別れていて、第一カルパから第五カルパまである。
第一カルパは基礎のメノラーで探索できる。そしてそこにある覗き穴を見た時、老紳士と
じじょが主人公の前に現れ、世界(ボルテクス界)の真相を教えてくれる。(カルパ毎に)
第一カルパではボルテクス界についてなのですが、すいません。内容を忘れました。
誰か知っている人がいたら書いてくれませんか?

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 19:30 ID:gAlYxoVk
グローランサー4予約していいか?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 19:36 ID:0+fDfFIx
誰かペルソナ2罪、罰のストーリーきぼんぬ。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 19:43 ID:hrQRHl1X
>>425
それは前スレで出たよ
まとめサイトへドウゾ

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 20:09 ID:0+fDfFIx
>>426
ありがとう。

428 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:14 ID:v5cIdT4d
408です。お言葉に甘えて貼らせていただきます。

ルカスタジアムでユウナが一人で階段をゆっくり登る
ユ「ねぇ、ずっと一緒だと思ってたのにね」
後ろから足音がする
ユ「え!?」リュック登場。リ「あれ〜?」
ユ「なんでリュックがいるの?」
リ「それこっちのセリフだよ。じゃ〜ん!」
リュック、ユウナがお互いに届いた手紙を見せ合う
ユ「リュックのとこにも?」リ「そういうこと」
リ「名前も書いてないから、いたずらだと思ったんだけどさ」
リ「来て良かった。ユウナん久しぶり!元気してた?」ユ「うん」
リ「いつでも会えるって思ってるうちに時間ばかり経っちゃってさ」
リ「次の指令は東ブロック最前列右から5番目だったっけ」
パインが物陰から登場。パ「つまり、これだろ」
リ「あ〜♪」パ「ごぶさた」ユ「パインにも届いてたんだ」パ「まぁね」
ユ「3ヶ月ぶり?」パ「随分たったな」リ「な〜に言ってんの、二人とも勝手に船降りたクセしてさ!」
3人がハイタッチする。パ「けど、腐れ縁だからな」
飛空挺に移る。リ「おかえり!」ユ「・・・・・・・ただいま」パ「アニキは?」リ「ダチと買出し中」
リ「それよりさ、新しい手紙!ユウナ、読んで、読んで!」ユ「うん。」
『ヤドノキへ向かえ。自分達の力で最上階にたどり着けば何かが見えるだろう』
リ「そんだけ?」ユ「そうみたい」リ「ヤドノキっていうと・・・」パ「ヤドノキの塔、噂は聞いた事がある」
パ「つい最近見つかった遺跡だってさ。だいたいの場所も知ってる」
リ「んじゃ、い行こ行こ!パイン操縦よろしく!」
ユリパ発進

429 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:15 ID:v5cIdT4d
ヤドノキの塔の麓
ユ「大きいねぇ」リ「じゃあ飛空挺でいっちゃう?」ユ「それじゃつまらないよ」り「やっぱり?」
パ「手紙にあったろ?自分達の力で最上階にたどり着けば何かが見えるんだろうって」
パ「指示のとうりにしよう」パインとユウナが塔に歩き出す
リ「どうしちゃったのって感じだったよ」
ヤドノキ20階登りますた。割と広い場所にでる。
パ「お疲れ?」ユ「ちょっとね。こういうの久しぶりだし」
(ユウナがリュックに向かって)ユ「大丈夫?」リ「軽い軽い♪」
リ「あたしはユウナんと違って毎日あちこち飛び回ってるし」ユ「まいりました」
パ「最近は海に沈んだ機械を探しているんだっけ?」
リ「そうそう・・・」(リュックが最近のルブラン様などについて話す)
ユ「・・・い・・・色々やってるんだね」パ「ま、リュックらしくはあるかな」
リ「手伝う?」ユ「う〜ん・・・」リ「何度も誘ってるのに全然ノッってこないんだよ」
ユ「だって、あんまり忙しいと目が回りそうだし」(リュック頭を抱えて)リ「なまったねぇ・・・」
ユ「なにそれ〜!」ユウナがリュックを軽く突き飛ばす。
ユ「付き合い悪いって思った?」
ヤドノキの塔をまた登ります。

430 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:16 ID:v5cIdT4d
36 :名前が無い@ただの名無しのようだ :04/03/04 17:08 ID:WCP8dMzL
円錐状の遺跡が立ち並ぶ場所にでますた。ヤシの木や水が美しいです。
ユ「随分古いみたいだね」パ「ここを見つけた連中は『ザナルカンドよりも古いかも』ってさ」
リ「ああマキナ派でしょ。あんまり調査できてないんだよね」
ユ「手紙にあったよね。『上まで行けば何かが見える』って」
ユ「なにが見えるかな?」パ「それこそ幻かも」(←ヤドノキは幻の意)
リ「ところでマキナ派といえばさ、ねぇねぇ、ギップル元気?」
パ「らしいよ。暫く会ってないけど」ユ「あれ、一緒じゃないんだ?」
リ「じゃあばららいは?ぬーじは?みんなで遊ぶんじゃなかったの?」
パ「そうもいかないって。みんな何かと忙しいから」
(新エボン党と青年同盟の後始末にヌ・ギ・バは忙しいらしい)
リ「めんどくさそ〜」
パ「まぁ、近いうちにまとまるんじゃないかな。バラライは年寄りの扱いがうまいし」
ユ「なら、もうすぐ四人で遊べるね」パ「暫くおあずけかな」リ「どうしたの?」
パ「いや、やりたいことがあってさ」ユ「やりたいこと?」リ「ああ!秘密なんでしょ!」
パ「ああ・・・まぁ・・・その」ユ「気にならない?」
リ「そりゃあ、あたしだっていつまでも人のこときにしてらんないし」ユ「それもそっか」
リ「人のこと気にしてばっかじゃいけないんだけどね」
またまた登りだしますた。

431 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:18 ID:v5cIdT4d
夕焼けが美しい場所に出ますた
リ「なぁに?」
ユ「不思議だと思わない?ビサイドから遠く離れているのに同じ夕日なんだ」
リ「・・・・おんなじ、だねぇ」
ユ「でもね、同じに見えても毎日違う顔してるんだよ」
ユ・リが体育座りで夕日を見る
ユ「最近気付いたんだけどね」リ「ふーん・・・」パ「ユウナはまだビサイドに?」
リ「そうそう。結局カモメ団に入る前に戻っちゃったんだよ」ユ「そんな事ないよ」
ユ「あの頃はいなくなった人のことばかり考えてたんだ。そういうの変えたくて島を飛び出したけど・・・今はもう忙しくなくていいから、立ち止まってぼーっとしてていいの」パ「のんびりしてるんだ」

ユ 「 カ レ も い る し 」

リ「うわ!カレだって!それでどうよ!どうなのよ?」
ユ「どうって・・・普通だよ」パ「例えば?」
ユウナ思い出し笑いする。さらに妄想する。
リ「あ〜あ、あたしがいくら誘ったって付き合ってくれないわけだよ」
パ「羨ましいのか」リ「そんなこと・・・なくないよ?」
リ「でもさぁアイツも帰ってきたのにずっと島にいるなんてもったいなくない?」
リ「飛空挺でガンガンとびまわるとかさ〜」
ユ「今はいいや。変にあせったりしたくないんだ」
パ「やりたいことがみつかるまで?」ユ「えーと・・・ちょっと違うかな」
ユ「見つからなくても大丈夫って思うんだよね。うまくいえないんだけど・・・分かる?」
パ「ゴメン」リ「わっかんないな〜。ユウナん、これからのことちゃんと考えた方がいいんじゃない?」
ユ「かもね」パ「ま、なにも変わらない方が不自然かな」
塔を登ります。

432 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:19 ID:v5cIdT4d
:ヤドノキたぶん40階
無数の星が輝いている場所に出ますた。もう夜です。
月?の様な大きな星が夜空を彩っています。
円筒形の遺跡がライトアップされて華を添えています。
リ「───んで、ステージを見張ってたら警備員に見つかっちゃったんだ」
リュックが焚き火の前で身振りを加えて話しています。
リ「そこであたしはパンチパンチパーンチ!」(パンチの身振りつき)
パ「そいつも災難だったな」(体育座り)
リ「どーせルブランの手下なんだから。パインだって何人もやっつけたくせに」
ユ「大暴れしたんだねぇ」(お姉さん座り)
リ「ユウナんが、じたばたしてる間にね」
ユ「あ、あれは・・・暑いし重いし・・・大変だったなぁ・・・」
3人は思い出し笑いします。
ユ「楽しかったねぇ」
3秒くらいの間があく。リュックが体育座りに。焚き火を囲む3人。
パ「本・・・書いてるんだ・・・」
リ「え?」
パ「色々あったからさ・・・形に残しておきたくて」
パインが身を乗り出します。パ「一緒に書かないか?」
ユ「形にしないと残らないのかな」
パインは残念そうな表情でうつむきます。
リ「大体パインは本書くってガラじゃないし」(←口調がシンラ)
リ「でもさ、昔の事を書く時間があったら、もっと新しい事やった方が良くない?」
パ「そういうリュックはどうなんだ?」
リ「あたしは色々だよ」
パ「あちこちに首突っ込んでるだけに見えるんだよな」
パ「じゃあ聞くけどさ・・・リュックは何になりたいんだ」
リ「う・・・え〜っと・・・・・・あれ?」
ユ「リュック〜?」(人差し指をリュックに向けてクルクル回しながら)
リ「考えてるけどさ、決まらないっていうか・・・思いつかないんだよね・・・(´・ω・`)」

433 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:21 ID:v5cIdT4d
:ヤドノキたぶん40階 :
物悲しい音楽とともにカメラは焚き火と3人から夜空へ
リュックが少し怒った表情で立ち上がります。
リ「だからってじっとしてるのもヤだし!忙しくしてないと落ち着かないんだよ、あたし!」(怒)
リュックがユウナに食って掛かります。
リ「でも!ユウナんだってさぁ!!」
ユ「なに?」
リ「ビサイドで毎日ボケーっとして時間ムダにしちゃってさ!!」
ユウナが怒りの表情で立ち上がります
ユ「ボケーって!?」(怒)
ユ「そりゃぁ、リュックみたいに飛び回ってないよ? でも今はそれがいいの!」
リ「どこが?何が?」
ユ「それは・・・海を見たりとか、散歩したりとか、御飯作ったりとか・・・」
リ「そんなの普通でしょ!」(ツーんとした態度)
ユ「普通にのんびりするのがいいの!リュックにはわからない?」(ムキになって)
リ「わかんない!なんにもしてないだけ!!」(かなり怒)
ユ「リュックだって忙しくして、ごまかしてるじゃない!」(怒)
リ「なにそれ!!!」(激怒)
パインがリュックとユウナの間に割って入ります。
パ「よせって!そういうのって人それぞれだろ?」(うんざりした表情)
ユ「だからって・・・好き勝手言われたらイヤだよ」(声のトーンは低い)
リ「あ!どーせパインは他人のことなんて、どーでもいいって思ってるんでしょ!」
ユ「リュックは人に構いすぎ!」
リ「とにかく!!ユウナん見てるとじれったくなるの!」
ユ「それがおせっかいだって」

パ 「 い い 加 減 に し ろ っ て ッ ! ! 」  ←先生ブチキレ!

パ「せっかく会えたのに・・・・・・・・なんでこうなるんだ・・・・・・・・」(パイン吐き捨てるように)
ユ「リュック・・・」
リ「そっちでしょ・・・」
パ「だからさぁ!」(怒)
3人のいる場所の周りの湖?が星とライトを反射して美しいです
ユ【あのころの私たちとは・・・違うんだね・・・】←一人語りです
3人は塔に向かいます。

434 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:22 ID:v5cIdT4d
:ヤドノキたぶん50階 :
小雨が降っています。当たり一帯に霧が立ち込めています。雲の中でしょうか?
リ「あ〜あ・・・どこまで上がればいいんだろ・・・」(うんざりした様子)
ユ「一番上でしょ・・・」(突き放すように)
リ「そこまで行ったら、な〜にが見えるってワケ?」
ユ「手紙出した人に聞いてよ・・・」
リ「それが分からないから聞いてるんだってのにね・・・」
パ「誰だと思う?」(唐突に)
リ「あたしら3人を知っている人だよねぇ・・・」
ユ「ルブランかな・・・」
リ「あいつだったらもっとハデだよ。 あたし、リンが怪しいと思うな・・・」
パインが二人の方に振り向きます
パ「どっちもハズレ・・・」

パ 「 私 な ん だ ・ ・ ・ 」

リ「なんで!?」ユ「そうなの!?」(二人同時にビックリ)
ここで『久遠』が流れます
パ「・・・どう言えばいいのか・・・・・・・くだらない話なんだ・・・
  みんなと別れて・・・しばらく独りで旅してさ・・・寂しいわけじゃないし・・・
  やりたいこともある・・・なのに・・・独りだと・・・何か足りない気がして・・・
  でもさ・・・また3人がそろったら、何か掴めるんじゃないかって・・・」
ユ「言ってくれたらよかったのに」
リ「ってことはさ・・・上まで行ったら、何かが見えるってのは・・・」
パ「そう・・・ただの思いつき・・・」
リ「カンベンしてよ、も〜・・・」(´・ω・`)
パ「ごめん・・・」(自・作・自・演)
パ「久しぶりにみんなで楽しめると思ったんだけどさ・・・なんだかうまくいかないな・・・
  昔はこんなことなかったのに・・・」
リ「昔って・・・・・・まだ3ヶ月だよ・・・」
パ「なんだったら・・・帰ろっか・・・」
ユ「待って。ここまで来ちゃったんだし・・・もう後戻りできないよ・・・」
リ「なんか・・・怖いね・・・その言い方・・・
  ね〜ぇ・・・あたしたちもさ・・・この先どうなっちゃうのかな・・・」
パ「このまま行けば・・・見えてくるかもな・・・」
3人は塔の最上階を目指します。

435 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:24 ID:v5cIdT4d
またまた夕日が美しい場所に出ますた。
眼下に広がる景色が木々に覆われ雄大です。
夕日に虹が架かっています。
パ「はぁ・・・嫌なこと、思い出してさ・・・」
パインの回想シーンへ
ヌ・ギ・バがミヘン街道の夕日(旅行公司前)にいます。
パ「寺院の追っ手から逃げ切ったと思ったら、いきなりヌージに撃たれて・・・・・・
  (ヌージがギ・バ・パを銃で撃ちます)
  気を失う前に最後に見たのが、あんな夕焼けだった・・・
  あの時、あいつはシューインに操られていたんだ・・・
  そのあと正気に戻ると、私達を手当てしてアルベド族に預けたんだって
  (アルベド族の男たちが手当てしています)
  そいつらは寺院の目をくらますために、私達を別々に運んだ・・・・・・」
視点は再びユ・リ・パへ
ユ「ヌージさんに聞いたの?」
パ「もう水に流したはずでも、時々思い出す・・・
  仲間がバラバラになった夕暮れとか・・・そのあとの長い夜とか・・・」
リ「あたしも・・・」

436 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:26 ID:v5cIdT4d
視点がバラード系の音楽と共にリュックの回想シーンへ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::                     :::::::::::::::::
:::::             ....:::::*          :::::::
            ....:::::
           〜、    *:::.
            ┃  @  ::.....
            | ̄| /
               | | /
            | |/
         ;-へ´⌒◎^i⌒」ヽ-、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´ ... .i、   "ヽ;;;;;ヘ,^'ーゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;-人^ へ::,,,  メ;;,,  ,,,,,,,;;;;::::::ノ;;;;;;;,´^ーヾ;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
リ「ほら・・・初めてザナルカンドが見えた時・・・
  このまま進んだら・・・ユウナん死んじゃうって、思ってたし・・・・・・
  だからって・・・ユウナんが行くって決めてるのに無理やり邪魔するのもヤだったし・・・
  どうすればいいのか、考えても考えてもわかんなくって・・・・・・半泣きで夕焼け見てた」

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^:〈 r'  ヘ、ゝ;|   i ‐、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ´;;〆| i l  〉 <、| ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ i  lL  /  |  i」 | i |;i
        ,,,    ,  ,,_ノ / l  ,i, |!  ノ   〉 \ ||.
            ,,    ヽ_ | ii. rノ|( ::⌒:;;(⌒;;;;))丿ー
 """"       .....  .,. .  ゝ_l l二(;;;(;;:: ));;;:)ー/^
  ∧_∧  ,,,ノノノノハ)  .     ( ´(;;(⌒;;::))) ..., ∧_
 彡ハミ ・) 川┃゚ ー)  "''" " . (⊃(;;::;;ノ;;ノ ュ , (メ一`
  (_∇i_l}(つ.|(Uゞ ソ〉    "'' '"  从人ノ.. ,. 、  ( ⊂/
  |ーl___|  ゝ_ヾ'ミミ>┛ ..,.. '  从火从  ^  . σ/_|__
 .(_(_) ノ'⌒^ヘ,┗ ,,   ... 人(  )人     (_(_
         "へ'"      // f I !ゝヽ\ ""'  ...、
  " "'"'''        '' ' "      ^ ‐b‐
         ...,.  ,,      ,.     ∫川∫   、
ユ「うん。 私だって・・・究極召喚のこと、なんにも知らなかったから・・・
  みんなと一緒に歩くのも  これで───」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::」
:::::::::::::::        ∧_∧     :::::::::::::::::::::|
::::::::           彡 ハ ミ      ::::::::::::/^
               (l_i∇i_l)         了;
               |ーl___|  ,,__=-―'~ ̄ヘ|i;;;
      __=-―~ ̄(_|_)ー^       イ;;
     /                   /;;;;
    /ゝーヘ-、_         _,,,-=ー;;;;;;
    〉 |i | 〈 | li ̄^=〜-Nー/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   / ソ クi ノ |/^ | ド,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

       最後かもしれないだろ・・・
    だから、全部話しておきたいんだ・・・

回想シーンから現在へ
リ「ねぇ・・・今のあたし達は───」(不安そうに)
ユ「なに?」
リ「・・・なんでもない」(かぶりを振って)
視点はその場の全景を写します。ユ・リ・パはさらに上階を目指します。

437 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:28 ID:v5cIdT4d
夜です。遺跡の中でユ(立ってる)リ(体育座り)パ(体育座り)が焚き火を囲んでいます。
ユ「もうすぐ・・・かなぁ?」
パ「だろうな」
リ「はぁ〜・・・」(ため息)
パ「どうした?」
リ「秘密・・・」(うつむいて)
ユ「じゃあ・・・当ててみようか・・・?」(ゆっくりと歩きながら)
リ「分かるわけないよ」(そっぽ向いて)
ユ「そうかな・・・
  久しぶりに会ってみたら、ユウナもパインもなんだか変わっちゃって、うまくいかない」
(リュック顔をあげる)
ユ「だから・・・これ以上一緒にいたら、ぶつかりあって・・・隙間が広がって───
  3人がバラバラになりそうな気がするから・・・もう帰りたい・・・」
ユ「どう?」(座っているリュックに中腰で)
リ「なんでわかるの?」(ビックリした様子で)
ユ「・・・同じだから」
リ「へ?」
パ「なるほど」(うなずいて)
ユ「私もなんだ」(ユウナその場にしゃがみこむ)
ユ「ケンカした時・・・気付いたんだ。 考え方・・・違うんだなぁって・・・
  もしかしたら・・・あの頃一緒にいられたのは・・・偶然っていうか・・・運がよかっただけで───
  もともと・・・うまくいかない3人なのかも・・・」
パ「このまま一緒にいればいるほど、気持ちが離れそうな気がした?」
ユ「あたり・・・臆病かな?」(人差し指を出して)
パ「・・・人のこと言えない」
ユ「だから、リュックも同じだってわかって・・・ちょっと安心したんだ・・・」(お姉さん座りに)
リ「そっかぁ・・・・・・」(うなずいて)
リ「そっか〜」(晴れ晴れとした表情で)
リ「そうなんだ〜」(足を伸ばして夜空を見上げる)
リ「なんかヤなもの見えちゃったら、どーしようって思ってたんだよね〜」
パ「あんなの適当に書いただけだって」
リ「でも気になっちゃってたの!」
ユ「意外・・・リュックも先のことが怖かったりするんだ・・・」
リ「なんにも考えていないみたいだよ・・・ムカツキ・・・」
パ「まだまだあるんだな・・・お互い知らないことって」
ユ「だから・・・ケンカしちゃうのかな・・・これからも、こういうこと、いっぱいありそうだね」
ユウナが笑顔で立ち上がります
ユ「じゃあ!見に行こうか! ・・・私たちの・・・これから。
  一緒に行けば・・・見えるかもよ?」
3人は立ち上がり最上階へ

438 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:29 ID:v5cIdT4d
塔の中では創始者という謎のジジイに追い掛け回されたりワープさせられたります。
気合で80階(最上階)に到達します。
5つの頭を持つ蛇?みたいなモンスターが出てきます。
【ねぇ・・・ずっと一緒だと思ってたのにね・・・】(ユ)
【いつでも会えるって思ってるうちに・・・時間ばっか、たっちゃってさ・・・】(リ)
【うまくいかないな】(パ)
倒した直後に敵は遺跡の奥へと逃げていきます
追いかけてトドメをさすと爆発炎上します。直後に光とともに階段が目の前に架かります。
【どーしちゃったのって感じだったよ】(リ)
しゃがんでいるリュックにユウナが手を差し伸べます
【付き合い悪いって思った?】(ユ)
【人のコト気にしてばっかじゃ・・・いけないんだけどね】(リ)
リュックが立ち上がります
【ま・・・何も変わらない方が不自然か・・・】(パ)
【あの頃の私たちとは・・・違うんだね】(ユ)
ユウナとリュックが小さくガッツポーズします
【けど・・・くされ縁だからな・・・】(パ)
3人は階段を駆け上がります
階段を登った先の大きな門の前で
リ「来ちゃったねぇ・・・ねぇ・・・何が見えるかな?」
ユ「まだ不安なの?」
パ「なんだったら・・・ここで引き返す?」
リ「それ却下!」
ユ「じゃあ・・・」
ユ「ユ」
リ「リ」
パ「パ」
ユリパ「せーの!」
門を3人で開きます。開けた先から光が溢れます。
階段を登るユウナ。眼下には綺麗な雲が見えます。
半径50mくらいの円形の場所に出ます。
リュックの身長程度の尖ったスフィア(草が生えてる)の前でリュックがゴソゴソしている
リ「あちゃぁ・・・・・・壊れちゃってるねぇ・・・」
パ「それとも・・・寿命かな?」
ユ「どっちにしても───」
ユリパ「スカ?」(3人ガックリ肩を落とす)

439 :FFX-2インタ(ラストミッション) ◆l1l6Ur354A :04/03/10 20:31 ID:v5cIdT4d
3人のいる場所の10mくらい上に巨大な逆三角形の遺物が浮かんでいます
ユ「心配して、損した?」
リ「ホントだよ。 も〜。 高ーい塔登って魔物に追っかけまわされてさ・・・
  ついでにケンカまでして・・・や〜っと着いたと思ったら、ガラクタばっかだし!
  パイン先生!! ここまで来れば、何かが見えるんじゃなかったの〜?」
パ「へぇ〜・・・なんにも見えないんだ?」
ユ「え?」
パ「あたしには・・・見えるけどな・・・」(遠くの景色を見つめながら)
夕焼け前の太陽と雲が美しい。流れ星が一つ横切る。青い蝶が舞っている。
さっきリュックが調べていたスフィアに赤く光る
パ「見えた?」
リ「見えたけど あたしたち・・・・・・」
ユ「バラバラだねぇ」
ユウナ・リュック・パイン笑いあう。その後ユウナは崖の方へと歩く
【少し離れていた間に 見るものも考えることも いつの間にかバラバラ】(ユ)
【並んで歩く時は過ぎて ひとりひとりが 違う場所に行くのかな】(リ)
【でも どうってことない】(パ)
【次に会うあてもなくて ひょっとしたら もう会えないのかもしれなくても───】(パ)
【笑いあったりケンカしたりの思い出は3人一緒に抱えていくんだね】(リ)
3人は肩を並べて太陽の方を眺める
【いつかの未来に それぞれが懐かしい日を振り返る時もあって】(パ)
【離れ離れの私たちが そのとき想う瞬間は───】(パ)
【そう きっと同じ】(ユ)

3人の背後の先ほどリュックが調べたスフィアあたりから水がうねって逆三角形の遺物に向かって
遡って流れる。遺物が回転しており水とのコラボレーションが美しい。
3人は帰路へ
エンディングムービーへ
夕闇の海岸線とともに『君へ』が流れる
FF10及び10−2の要所のムービーと歌詞がマッチしていて良い。

someday,somewhere in the sky...
may we meet again.

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 20:52 ID:Cv57xkyU
台詞かよ……。
文章にまとめる能力ないんなら書くんじゃねえよ。
無駄に長いし。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 20:58 ID:v5cIdT4d
↑文句言うならお前が書いたら?
自分じゃ書けない奴に限って能力も無いくせに噛み付きたがるよな。
あほが。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 21:10 ID:f689SZFX
はい。釣れた。藁。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 21:20 ID:zLTltu07
まあ書いてくれて乙。でもやっぱりまとめて欲しかったかも。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 21:29 ID:v5cIdT4d
あー悪かったな。良かれとしたことが不評で悪かったよ。
それにもとは>>408でも書いてあるとおりにFFFDQ板のネタバレスレからの
コピペで勝手に省略するのも失礼だと思ったんだよ。
なんか書いたら書いたで「長すぎで読む気起きない」とかすんげー我がままなROMばっかだな。
無償のボランティアにいちいち文句つけんなよ。
その調子じゃ書く奴なんて出てこねーぞ。
それに文句あるならぜひ>>443が自発的に的確に誰からも文句のつけようのない
素晴しい文章にまとめてください。お手本にするから。
とにかく今回のことで余計なおせっかいはもう2度とやらないことを誓うよ。


445 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 21:32 ID:mcf5o4dj
まあ待ちな。
長文が避けられないスレではナゼか文句を言う奴が出てくるもんだ。
気にしてたらスレが(あるいはまとめ人が)続かないぜ。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 21:46 ID:scsnDpfB
ゲームにもよるけどFF10-2の場合はセリフだけでもいいと思うよ。
そっちのほうが分かりやすい。

ところでクロノトリガーとDQ4をupしてもいい?
未解決分一覧のなかには入っていないけど。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 21:52 ID:mEgjgrsH
両方とも有名作品でいつか出るだろうし、やってもらった方がうれしい。
でも基本的にリクにないものは冷遇される傾向にあるから覚悟してね

448 :クロノトリガーup:04/03/10 22:03 ID:scsnDpfB
分かりました。冷遇覚悟でupします。
あらすじに関係のない部分はかなり省いています。
登場人物の年齢は公式設定を知らないので見た目です。

***************

三人の若者が五つの時代を超えて星を滅ぼす「ラヴォス」を倒す冒険をする。

原始:BC7500万年。高度な知能を持つ恐竜人と、進化の過程にある人類との戦い。
古代:BC13000年。天空には魔法の力を使い超文明を築いた魔法王国ジールが浮かぶ。魔力を持たない「地の民」は地上で過酷な氷河期を生きる。
中世:AD600年。ガルディア王国と魔王軍の戦いが繰り広げられている。
現代:AD1000年。平和な世界。ガルディア王国千年祭で賑わう。
未来:AD2300年。「ラヴォス」によって人類はほぼ絶滅し、生き残った人々もロボットに支配される日々を送る。


登場人物
クロノ(10代後半♂):主人公。現代ガルディア王国に住む。正義感が強い。刀を使う。母と二人暮らし。
マール(同上♀):現代ガルディア王国のマールディア王女。わがまま。クロノにほれる。弓を使う。
ルッカ(同上♀):クロノの幼なじみ。世話焼き。機械に詳しい。カエルが苦手。銃を使用。
カエル(?歳♂):中世出身の騎士。本名グレン。カエルの姿をしているが、中世ガルディア王夫妻の信頼を得ている。剣の達人。
エイラ(20代前半♀):原始時代の村の酋長。酒と強い男が好き。パワフル。素手で戦う。
ロボ(?歳多分♂):未来世界のロボット。礼儀正しくまじめ。内蔵武器で戦う。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 22:06 ID:ywfFOuEX
俺がFF10−2の書きますた。
こんなんなるなら>>408で誰か言ってやれば良かったのに。
まとめて欲しいならまとめてもいいよ。
もういらんならしないけど、して欲しいならする。
なんか後味悪いから。

450 :クロノトリガーup:04/03/10 22:11 ID:scsnDpfB
ガルディア歴(AD)1000年、「クロノ」はガルディア王国千年祭の会場リーネ広場で
「マール」という少女と出会い、エスコートすることになる。千年祭の最大の見せ物は、
幼なじみの「ルッカ」が彼女の父と開発した「物質移転装置」。マールが実験台を申し出るが、
実験中に彼女が持っていたペンダントと機械が反応し、マールは不思議な渦に飲み込まれ消えてしまう。
 クロノがマールの後を追って渦に飛び込むと、そこはAD600年の世界。時空を超えてしまったのだ。
魔物にさらわれていたガルディア21世の妃・リーネ王妃が保護されたことでガルディア城の人々は
安堵していた。しかし彼女はリーネに間違われたマール。リーネにそっくりなマールは、
実は現代ガルディア33世の娘マールディア姫だった。本物のリーネ王妃を助けなければ子孫である
マールは消滅してしまう。後を追ってきたルッカと、カエルの姿をした謎の騎士・「カエル」と
力を合わせて本物のリーネ王妃を救出。クロノはルッカが開発した「ゲートホルダー」を使い、
時空の渦「ゲート」を通ってマールとともに現代へ戻る。
 現代に戻ったクロノにマールディア王女誘拐の容疑がかけられる。
無実の罪を着せられて牢に入れられ、三日後に処刑が迫ったクロノは、ルッカの力を借りて
脱獄をする。堅苦しい城に嫌気がさしたマールも父王の静止を振り切ってクロノたちと同行し、
追いつめられた三人は森の中で偶然開いた時空の渦に飛び込む。
 抜けた先は荒廃した未来の世界。奇妙な生物と機械が外を徘徊し、
人間は「ドーム」でひっそりと暮らしている。ルッカはドームに放置されていた
壊れたロボットを修理し、「ロボ」が仲間に。
 さらに三人は情報端末で衝撃の事実を知る。AD1999年に「ラヴォス」という
未知の生命体によって世界が破壊され、人類はほとんど滅亡してしまったのだった。
三人は世界を救うために「ラヴォス」を倒す手段を探すことになる。

451 :クロノトリガーupその2:04/03/10 22:16 ID:scsnDpfB
 未来のドームのゲートを抜けた先は時の最果てと呼ばれる時空の交差点。戦の神スペッキオから
現代では失われた「魔法」の力を授かり、最果てにたたずむ謎の老人の助言を受けて現代へ戻る。
 「ラヴォス」を生み出したのは400年前に人間と対峙した魔王であるという情報を得て中世へ向かう。
ガルディア王国は魔王軍との決戦に備えカエルに応援を頼むが、カエルは聖剣グランドリオンがないと
魔王に対抗できないと言う。グランドリオンの材料は大昔にあったというドリストーンという石。原始時代を目指す。
 BC7500万年の原始時代では恐竜人と人類の生存競争が行われていた。イオカ村の酋長「エイラ」に招かれて
歓迎を受けるも、ゲートホルダーを恐竜人に奪われてしまう。エイラと協力してゲートホルダーを取り返し、
ドリストーンを譲り受けたクロノたちは、現代の武器職人ボッシュに依頼し壊れたグランドリオンを修理。
カエルとともに魔王に挑む。カエル=グレンはかつてグランドリオンの所持者・親友サイラスとともに魔王に挑んだが、
サイラスは殺され、自分はカエルの姿にされてしまったのだった。クロノたちは魔王を追いつめるも、
巨大な時空の渦が発生。さらに魔王は「ラヴォス」を生み出したのではなく、ただ召喚しただけであったと語る。
魔王ともども渦に飲み込まれる。
 クロノたちは再び原始時代に飛ばされる。エイラ率いる人類と、アザーラ率いる恐竜人たちとの
最後の決戦が始まっていた。エイラを助けてアザーラを倒すと、空よりエイラたちが「ラヴォス」と呼ぶ
物体が飛来し、地中深く潜り込む。エイラによればラヴォスとは原始の言葉で「ラ=火」「ヴォス=大きい」
という意味。ラヴォスは原始時代に宇宙から星にやってきた地球外生命体だったのだ。

452 :クロノトリガーupその3:04/03/10 22:22 ID:scsnDpfB
改行がヘタですみません

****************

ラヴォスの着地点に発生したゲートを通るとBC13000年の氷河期に出る。天空には魔法の力を操る
人々の住む王国・ジールが浮かんでいた。女王ジールはラヴォスの力に魅了され、海底に神殿を築いて
ラヴォスを復活させ、永遠の命を手に入れようとしていた。それには女王の絶大な信頼を得る
謎の予言者が一枚咬んでいるらしい。女王の野望を止めるために王宮に潜入すると、
マールの持っているペンダントが反応して封印された王の間への扉が開く。マールのペンダントは
女王の娘サラの持っているものとそっくり。ジールからガルディア王国へと受け継がれたのだろうか?
しかしその謎を解く間もなくジールの怒りを買って古代世界を追放され、謎の予言者によってゲートは封印されてしまう。
 再び古代に戻るため「時を超える翼」を求めて未来世界へ向かう。かつて時空の渦に飲まれて未来に飛ばされた古代の三賢者の一人・
知の賢者ガッシュが開発したタイムマシン「シルバード」を得て古代へ戻る。幽閉された命の賢者を解放すると、
その正体はなんと現代の武器職人ボッシュ。彼からラヴォスを召喚する「魔神器」を破壊するための「赤きナイフ」を託される。

453 :クロノトリガーupその4:04/03/10 22:26 ID:scsnDpfB
ジールは完成した海底神殿で娘のサラに魔神器を起動させ、ラヴォス召喚を始める。
魔神器を破壊すると赤きナイフが反応し、精霊グラン・ドリーン・リオンを宿した聖剣グランドリオンに生まれ変わる。
そして召喚されたラヴォスの前に謎の予言者=中世で時空の渦に飲み込まれた魔王が挑む。
魔王の正体はジールの息子ジャキ。ラヴォス召喚時に時空の渦に飲まれ、中世にとばされて魔王となり、
姉弟の人生を狂わせたラヴォスに復讐するために召喚を試みたのだった。
 しかし魔王はラヴォスに圧倒され、クロノは仲間を庇ってラヴォスに立ち向かい、消滅してしまう。
クロノの犠牲によってマールたちは生き残る。ラヴォスのかりそめの復活による影響でジールは崩壊し、雲が晴れて地上の氷河期が終わる。
 残された島ではジールの住人と地の民が協力して暮らすことになる。
魔王からクロノ復活の手がかりを得る(ここで魔王と戦うor仲間にすることができる)。
 時の最果ての老人=時の賢者ハッシュから失われた時を取り戻すという「クロノトリガー=時の卵」を授かり、
未来の死の山でクロノを復活させる。

454 :クロノトリガーupその5:04/03/10 22:29 ID:scsnDpfB
AD1999年に飛んでラヴォスを倒すとEDへ。倒した時期によってEDが変わる。確か全部で9種類。
↓は古代世界崩壊後にクロノを復活させた場合のメインED

 リーネ広場で祝祭が開かれる。広場のゲートから仲間がそれぞれの時代へ帰っていく。
仲間と別れた後、ルッカは未練が残らないようにシルバードを壊すことを提案する。
しかしその時クロノの母が誤ってゲートに飲まれてしまう。クロノたちはシルバードに乗って各時代を巡り、クロノの母を捜す。
 魔王はサラを捜す旅を続け、カエルは中世ガルディア城に凱旋(魔王を倒していた場合、人間のグレンの姿に戻っている)。
エイラは原始でいつも通り狩りの日々を送り、未来を変えてしまったために
存在が消えてしまうのではと思われていたロボも恋人のアトロポスと平和に生活していた。


おわり

455 :クロノトリガーup:04/03/10 22:32 ID:scsnDpfB
クロノトリガーは以上です
>>448
>>450-455

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 22:32 ID:YPOv1iT8
乙ー(・∀・)イイヨイイヨー

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 22:36 ID:3vYq3QVF
まだ全部読んでないけど、やっぱトリガーはいいな・・・
乙!

458 :DQ4upその1:04/03/10 22:36 ID:scsnDpfB
DQ4 導かれし者たち(PS版基準)
あらすじに関係のない部分はかなり省略しています。
キャラの年齢は、主人公は17歳と分かっていますが、あとは公式設定が(多分)ないので見た目です。

*************************

運命に導かれた8人の戦士が魔の陰謀を打ち砕いて世界を救う物語。
章仕立てで物語が進んでいく。全五章。一〜四章までの仲間が五章で合流する。


第一章 王宮の戦士たち
キャラ
ライアン(30代〜40代♂):バトランドの王宮戦士。剣の達人。まじめ。

 王宮戦士たちはイムルの村で頻発する子供の失踪事件の解決を命じられる。ライアンはイムルへ向かい、子供たちの消息を追って古井戸へ赴く。
子供たちが遊んでいたという不思議な靴を履くと、靴の魔力のによって、一瞬で湖の孤島に立つ塔に飛ばされる。塔の地下室には失踪した子供たちが囚われていた。
魔物たちが将来自分たちにとって脅威となる勇者となりそうな子供を見つけて始末するために、靴を利用して子供たちをさらっていたのだ。
ライアンは魔物を倒して子供たちを救出し、事件は解決する。ライアンはバトランドで歓待を受けるが、今回の事件を深く鑑み、魔物が狙う幼い勇者を探し出し護るために旅立つ。

459 :DQ4upその2:04/03/10 22:40 ID:scsnDpfB
第二章 おてんば姫の冒険
キャラ
アリーナ(10代中後半♀):サントハイムの姫。武術が得意。おてんば。
クリフト(10代後半♂):城に務める神官。治療術に長ける。アリーナにぞっこん。
ブライ(60〜70代老人♂):アリーナの教育係。魔法使い。口うるさい。

 アリーナ姫は武術の腕試しのために冒険に出たいと父王に申し出るが、一向に聞き入れてもらえない。
アリーナはある日ついに城を抜け出すが、彼女の身を案じた神官クリフトと魔法使いブライもお供することになる。
アリーナたちは行く先々で人々を助ける。テンペの村では村人を脅していた魔物を退治し、フレノールの町ではアリーナの名を騙る偽の姫の誘拐事件を解決する。
やがて旅をするうちに王の声が失われてしまったとの知らせが入る。アリーナたちの手に入れた秘薬により声を取り戻した王は、最近よく見るおかしな夢について語る。
地獄の帝王が地の底から甦り、世界を滅ぼす……王が夢の内容を大臣に話そうとした途端に声が失われたのだった。予知の力を持つ王は危険を察知し、アリーナに旅立ちを許し、
世界を見てくるように告げる。アリーナは武術大会が開かれるという隣国エンドールへ渡る。
 武術大会の優勝者にはエンドール姫モニカとの結婚が約束されていたが、モニカ姫はそれを望まず、王も自分の軽率さを悔やんでいた。
二人は女性であるアリーナに優勝してもらい結婚の約束を無効にして欲しいと頼む。アリーナは武術大会を勝ち抜いて決勝まで進むが、
決勝相手のデスピサロは姿を消し、優勝はアリーナの手に。しかしサントハイム城に帰ると、父王はじめ全ての人々は忽然と姿を消していた。
人々の失踪の謎を解くためにアリーナたちは再び旅に出る。

460 :DQ4upその3:04/03/10 22:42 ID:scsnDpfB
第三章 武器屋トルネコ
キャラ
トルネコ(30代〜40代♂):レイクナバに住む日雇い商人。妻子あり。おっちょこちょい。

 町の武器屋で働く日雇い商人のトルネコは、世界一の武器商人になるという大望を抱いて旅に出る。
商人たちの憧れる財宝・鉄の金庫を手に入れ、ボンモール王子リックとエンドール姫モニカの仲を取り持ち、両国の間に起ころうとしていた戦争を回避する。
褒美としてエンドールに店を出すことを許されたトルネコはついに自分の店を持ち、妻のネネに店番を任せて品物の仕入れにいそしむ。
そんななか、手にした者を天空へ導くという至宝「天空の剣」の噂を聞き、その剣を探すため、船を手に入れて世界中を旅したいと考える。
トルネコは隣国ブランカへのトンネル掘削に尽力し、新たな冒険へ旅立つ。

461 :DQ4upその4:04/03/10 22:44 ID:scsnDpfB
第四章 モンバーバラの姉妹
キャラ
マーニャ(20代前半♀):踊り子。攻撃呪文が得意。派手好きで金といい男に目がない。
ミネア(10代後半〜20代前半♀):マーニャの妹。占い師。回復呪文が得意。姉とは正反対で冷静。


 ジプシーの姉妹マーニャとミネアの父親エドガンは高名な錬金術師だったが、弟子のバルサックに殺害されて「進化の秘法」という研究を奪われてしまう。
姉妹は父の仇を討つため、一番弟子だったオーリンとともにバルザック探しの旅に出る。
 キングレオ城の王が替わり、新王は錬金術の実験をしているという噂を聞いた三人はキングレオ城へ向かうが、王は不在。
王の居場所を知っているのは大臣だけだという。三人はガスと魔物によって荒れ果てたアッテムト鉱山に赴き、手に入れた火薬で大臣を脅して、王の隠し部屋に潜入する。
そこにいたのはなんとバルザックで、「進化の秘法」で怪物に変身し、三人に襲いかかる。バルザックを倒すも、魔物の姿をした真の王・キングレオが現れる。
デスピサロの名を口にし王に許しを請うバルザック。三人はキングレオ王に圧倒され、牢に入れられてしまう。
同じく牢に幽閉されていた前キングレオ王は、息子である現王の暴走を止められなかったことを悔やみ、三人にエンドール行き定期船の乗船券を託し脱獄させる。
しかし城の兵士に見つかってしまい、姉妹を庇ってオーリンが犠牲に。姉妹は失意と復讐を胸に船で大陸を離れ、エンドールへと旅立つ。

462 :DQ4upその5:04/03/10 22:47 ID:scsnDpfB
第五章 導かれし者たち
キャラ
勇者(17歳♂♀ ←性別選べる)と一章〜四章までのキャラ

 勇者は自分の素性を知らないままにブランカの北の山奥の村で匿われて暮らしていたが、ある日ついに村がデスピサロ率いる魔物に襲われ、村人は全滅。
親友の機転でただ一人生き残った勇者は、デスピサロの名を胸にあてもなく旅立つ。
 エンドールで占いをしていたミネアは勇者を見出し、カジノで豪遊する姉のマーニャと合流する。ミネアによれば、魔物に立ち向かうために導かれた仲間は8人。残りの仲間を探しに馬車を得て旅立つ。
 港町コナンベリーから新たな大陸へ渡ろうとするが、大灯台の異常により船は出せない。灯台に巣食う魔物を退治し、同じく足止めを食っていた商人トルネコと合流。トルネコの船で南の新大陸へ渡る。
 南の大陸の街ミントスでは、魔法使いブライと、病に倒れた神官クリフトと出会う。クリフトの病を治すための薬を取りに行ったアリーナ姫を追ってソレッタ国へ行き、薬を入手。クリフトは全快し、アリーナたちが仲間になる。
彼女たちはサントハイムの神隠し事件の原因が武術大会で姿を消したデスピサロにあるのではと考え、彼を追って旅を続けていた。
 勇者を探すバトランドの戦士ライアンが向かったというキングレオ城へ赴く。王の前に引き出されそうになっていたライアンを救いだし合流、8人の仲間が全て揃う。
 かつてマーニャとミネアを圧倒したキングレオ王を倒し、城の大臣からバルザックがサントハイム城にいるという情報を得、サントハイムでさらに進化したバルザックを倒し、マーニャとミネアは仇討ちを遂げる。
しかしサントハイム城の人々は未だ戻らない。

463 :DQ4upその6:04/03/10 22:50 ID:scsnDpfB
 天空の武器防具をすべてそろえた者は天に昇り、竜の神と謁見できるという伝説を聞き、勇者たちは魔に対抗する手段を得るために竜の神に謁見しようと、それらを探す旅を始めることに。
水の都スタンシアラ国で天空の兜を、女性だけが住む国ガーデンブルグでは天空の盾を、海鳴りの祠では「天空の鎧」を手に入れる。
 ロザリーヒルという村ではエルフのロザリーと出会う。ロザリーはデスピサロの恋人。魔族の青年ピサロはデスピサロと名のり、人間を根絶やしにするために、「進化の秘法」を使って地獄の帝王を復活させようとしているのだった。
ロザリーはピサロの野望を止めて欲しいと願うが、エルフの流す「ルビーの涙」目当ての人間に殺されてしまう。デスピサロは人間への復讐心をいっそう強くする。
 地獄の帝王の居城はアッテムト鉱山の地中深くに埋まっていた。復活した帝王エスタークを撃破し、太古に失われた空飛ぶ乗り物・気球を手に入れ、財宝が眠るという世界樹に向かう。
世界樹の頂上で「天空の剣」を発見、ついに天空の武器防具全てが揃い、天空城へ赴く。勇者の出生の秘密も明かされる。勇者は天空人の女性と人間の樵の青年の間に生まれた子供だったのだ。
竜の神は新たな魔の帝王と化したデスピサロと「進化の秘法」を葬るように勇者たちを激励する。
 地底に降りてデスピサロの城を守る四体の魔物を撃破。そのなかの一体エビルプリーストこそ、人間を雇ってロザリーを殺させ、デスピサロを焚きつけた黒幕であった。
勇者たちは進化した怪物デスピサロを破り、「進化の秘法」は葬られ、世界に平和が戻る。

464 :DQ4upその7:04/03/10 22:52 ID:scsnDpfB
第六章(PS版のみ・クリア後)

 1000年に一度咲くという世界樹の花の効力によってロザリーが蘇る。
生き返ったロザリーの姿を見たデスピサロは正気を取り戻し、勇者たちの仲間に。
ともに裏切り者のエビルプリーストを倒す。


ED
 ライアンはバトランドに凱旋。
アリーナ・クリフト・ブライはサントハイム城に戻り、失踪した城の人々も無事戻ってくる。
トルネコはエンドールの店に戻り妻子と団らん。マーニャとミネアは父の墓前に報告し、モンバーバラで宴を開く。
(六章EDのみ追加:ピサロはロザリーヒルでロザリーと暮らす。)
勇者はただ一人故郷の村へ戻る。すると身代わりになって死んだはずのシンシアが蘇る。そこへ7人の仲間が迎えに来る。

おわり

465 :DQ4up:04/03/10 22:54 ID:scsnDpfB
DQ4up終了です。
>>458-464

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 22:57 ID:34Xm9w5O
>>428
おつかれさまです。
分かりやすくて良かったです。
自分はラストミッションのネタバレ知りたかったので嬉しいです。

気を落とさずまたこのスレに来て欲しいです。

>>448
2作もありがとうございます。
お疲れさまですー。

DQは未プレイだったので嬉しいです。
PS版でピサロが仲間になりの初めて知りましたよ

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 00:57 ID:3y4fWrb4
デビルメイクライ2をよろしくお願いします

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 01:08 ID:ez30ByiA
おお。久しぶりに見たら沢山来てる。
428さん乙!
会話文よかった。
466のいう通り分かりやすくて好きだ。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 01:13 ID:oGbOQ0gQ
>>449
俺も会話が全部網羅されててすごく嬉しかったです。
読む限り心理描写中心だから会話形式の方が読みやすくて助かります。
それに>>440>>443はゲームをするのも嫌なら長文読むのも嫌という
単なる我がまま嫌々房だから相手にすることないと思います。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 01:45 ID:o2cv5hVj
>>423

じじょって何だよ
淑女はしゅくじょだぞ
リア厨ですか?

471 :メガテン3アマラ深海 勝手に追加すまん:04/03/11 02:08 ID:pM6y2PTb
>>423
第一カルパのボルテスク界について
喪服の淑女の台詞をそのまま書いとく

カグツチ…これは創世をなす為の光です。
創世とは即ち、これまでの世界の滅びと引き換えに、新たな世界を誕生させる事です。
その新たな世界の行く末を、カグツチはその時々で選んだ生命体に決めさせるのです。
トウキョウにも、カグツチに選ばれ創生を為さんとする者が幾人か存在している事でしょう。
カグツチに選ばれた者が誰で、どのような意思を持っているか…
それにより生まれてくる世界の姿形が決定されるのです。
そして…この広大なるアマラ宇宙の中、その創世が為されているのはこのボルテスクだけでは無いのです。
あらゆる場所で、カグツチは生まれ…育ち…そして滅んで行くのです。
あなたの知らない何処かで、また幾万、幾億という世界が生まれ変わっている事でしょう。
それが…大いなる意思の元にさだめられたアマラの摂理なのです。
我が主と共に…いくつもの世界の興りを…そこにある生命の営みを…
そして最期の滅びの姿を見つめてきました。
何のために世界は生まれ変わるのか。という解きえぬ命題と共に…

希望があればカルパ事の淑女の話を書くけど…
でしゃばりだったら引っ込みます

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 02:46 ID:LwIbTEc2
無駄に荒れるのも嫌だしそろそろこの話題はやめようよ…

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 02:47 ID:LwIbTEc2
ごめん、もう終わってたのか…
リロードせずに書き込んでスマン

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 03:16 ID:YYxhSb1g
ここは暖かいインターネットですね

475 :ラグランジュポイント0:04/03/11 03:45 ID:iSskGQSA
背景はこのへん
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/retro/1070263978/2
詳しい背景設定はこっち
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/retro/1070263978/3

世界観は
 円筒形の巨大スペースコロニー「ランド1」…居住コロニー
 円筒形の巨大スペースコロニー「ランド2」…農業コロニー
 工業用宇宙ステーション「サテライトベース」…工業・研究所
 小惑星群「ヴェスタ」がいくつか
をまとめてイシス星団という。位置的には地球の公転軌道上、
太陽をはさんで地球の反対側にある。

ランド2にバイオハザードが発生し、イシス星団と地球との連絡がとだえて
派遣された調査隊も消息を絶っていた。
主人公ジンを含む第三次調査隊の宇宙艇が、ランド1のポートに着く。

476 :ラグランジュポイント1:04/03/11 04:11 ID:iSskGQSA
調査隊がポートでタラップを降りると、謎の機械兵の強襲をうける。全滅。
場面は変わって、ポートのある「イシスシティ」の救護室。
ベッドには、看護婦に見守られる瀕死の隊長。
パイロット訓練生として調査隊に加わったジンは隊長に任務を託される。
それは「シュトルテを探せ」というものだった。
シュトルテとは何か。アイテムなのか、人名なのか。

ジンは救護室を出てイシスシティで情報を集める。
シティ内各所には「情報ボックス」と呼ばれる端末があるが、
利用することができない。また、シティからフィールドに出るための
「ガレージ」さえ利用できないので、外を調べることもままならない。
これらを使うためには、イシスシティ市町に認識カードを発行してもらう
必要がある。だが、市長は「ヴェスタ1」へ避難している。
そこでジンは、シャトルでヴェスタ1へ向かう。
シャトルのあるポートはイシスシティの地下に位置している。
最初に襲撃を受けたのもここだ。地下に下りていくと、調査隊の仲間
「デニス・ロシモフ」がいる。陽気なハゲのマッチョ。
(仲間その1。同行してもしなくても良い。以下同)
ポートでシャトルに乗り、ヴェスタ1へ。
シャトルが到着した重力の小さい小惑星の地表を、宇宙服を着こんで歩き
ヴェスタ1(の居住スペース)に向かう。市長に会い、認識カードを
発行してもらう。市長やヴェスタ1の人々からシュトルテの情報を手に入れる。
シュトルテとは、イシス最高責任者「プレシデントファイブ」のところにいた
科学者の名前だが、バイオハザード後消息を絶っているという。

477 :ラグランジュポイント:04/03/11 04:14 ID:iSskGQSA
時間かかる…
またあとで。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 12:39 ID:Ch6kEAJE
よくファミコンの隠れた名作としてラグランジュポイントって名前は聞くんだけどこういう話なのか。なんか凄いSFだな。乙。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 14:39 ID:itg4EU63
ラグポイは(・∀・)イイヨー。
ラストの武器の異常な強さがまた心地好い。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 14:49 ID:yCaMi3Eu
ラピュセルってのを買おうと思ったんだけど
どの店いっても売り切れで探すのも疲れたんで
ストーリーを教えてくだされ

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 15:29 ID:ovi8aLmj
SFつながりでフェイスパラドックスをキボン。

482 :クロノトリガーup:04/03/11 15:53 ID:HIoe9ZMz
すみません、クロノトリガー>>453 省略しすぎたので書き直しました。

ジールは完成した海底神殿で娘のサラに命じて魔神器を起動させ、ラヴォスを召喚。
クロノたちが赤きナイフで魔神器を破壊すると、ナイフが反応し、精霊グラン・ドリーン・リオンを宿した聖剣グランドリオンに生まれ変わる。
しかしラヴォスは召喚され、そこへ謎の予言者=中世のクロノたちとの決戦の後時空の渦に飲み込まれた魔王が挑む。魔王は古代に飛ばされていたのだ。
魔王の正体はジールの息子ジャキ。幼少時のラヴォス召喚の際に時空の渦に飲まれ、中世にとばされて魔王となり、姉サラと自分の人生を狂わせたラヴォスを倒すために、中世で再び召喚を試みたのだった。
しかし魔王はラヴォスに圧倒され、クロノは仲間を庇ってラヴォスに立ち向かい、消滅してしまう。ジールはラヴォスの力を得て海底神殿を浮上させ、サラは発生した時空の渦に飲まれてどこかへ消えてしまう。
ラヴォスのかりそめの復活による影響でジールは崩壊し、雲が晴れて地上の氷河期が終わる。残された島ではジールの住人と地の民が協力して暮らすことになる。魔王からクロノ復活の手がかりを得る(ここで魔王と戦って倒すor仲間にすることができる)。

(ここから先はサブイベント)時の最果ての老人=時の賢者ハッシュから失われた時を取り戻すという「クロノトリガー=時の卵」を授かり、未来の死の山でクロノを復活させる。
浮上した海底神殿の最深部でラヴォスの力を得て変貌した女王ジールを倒す。
誰かが、なぜゲートは生まれたのだろうかという疑問を口にする。マールは、自分の寿命を悟った星が夢を見て、星の住人に自分の生い立ちを見せるためにゲートを開き、時空を超える旅をさせたのではないかと語る。

483 :クロノトリガーup:04/03/11 16:01 ID:HIoe9ZMz
クロノトリガーは
>>448
>>450-452
>>482
>>454
になります。すみませんでした。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 16:27 ID:/l+MFha5
ゲームボーイのONIシリーズきぼうしてみる。

485 :>>423:04/03/11 17:07 ID:ENoLJpAY
>>470
リア航です。間違えました。
>>471
乙です。出来れば後は頼みます。というより何故会話を覚えて・・・

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 17:24 ID:V4GWK02C
真・女神転生 ifお願いします。


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 17:30 ID:Ch6kEAJE
>>486
>>1を何回も読み直せ。理解するまで帰ってくるな。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 18:27 ID:ENoLJpAY
>>486
まとめサイトにある。>>1の所に。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 18:49 ID:761v0bL3
>488
ありがと。

490 :.hack:04/03/11 18:50 ID:JPZ9oL70
夕暮竜を求めて旅立ちし影を持つもの、未だ帰らず
ダックの竈(かまど)鼓動し、
闇(ダック)の女王ヘルバ、ついに挙兵す
光(リョース)の王アペイロン、呼応して
両者、虹のたもとにまゆみ
共に戦うは忌まわしき“波”
アルバの湖煮え立ち
リョースの大樹、倒る
すべての力、アルケ・ケルンの神殿に滴となり
影をもたざる者の世、虚無に帰す
夕暮竜を求めて旅立ちし影を持つもの、永久に帰らず
“EPITAPH OF THE TWILIGHT”
-エマ・ウィーラント-
訳:藤井紀和




491 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 20:26 ID:ENoLJpAY
真女神転生2はありませんが・・・
誰かお願いできないでしょうか?

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 20:41 ID:aedN+XT4
翔べない天使頼みます。誰か・・・・

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 20:48 ID:bapgdODC
前スレから放置されている「アカギスフィア」って、書いていいかな?
引き受けたヒトいないみたいだし。
…予約してたヒトを見落としてたんだったらごめん。
でも、詳しく書けばセリフばかりになっちゃいそうで心配。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 22:59 ID:p90xh71D
クロノトリガー書いた人じゃないんだけど
自分もまとめようと思って2週目以降のマルチED色々調べてるんで予約してもいいだろうか?
それともマルチEDはいらない?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 23:13 ID:yskCEfLz
>>494
是非宜しくお願いします。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 23:13 ID:w2GKY7vK
いるかいらないかで迷うくらいなら最初からやれ!!

497 :クロノ・T マルチED:04/03/11 23:32 ID:p90xh71D
それでは書かせてもらいます。

・開発室ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ、気が付くと時の最果てに似た別の空間(?)に迷い込む
 そこは「クロノ・トリガー開発室」
 このゲームに関わったスタッフに話し掛け、全員と話すと閉ざされた扉が開く。
 そこには鳥山氏、堀井氏、坂口氏の3名がいる、3人に話し掛けると強制的にスタッフロール→Fin

・反省会ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ、そのままスタッフロール→Fin
 暫くすると「Fin」の文字を押しのけマールとルッカ登場。
 「このまま終わるのは早すぎる」と反省会と賞して今までに出会った男性たちを評価し始める。(内容は割愛します)
 男性たちをボロクソに評価しているとクロノが登場、2人に勝手なことを言うなとお叱りになります。
 叱られた2人は反省。
 「ここにいつまでも居てもどうしようもないからどこか別の時代にいこう」とクロノに提案。
 どの時代にいくかしばらく考え、クロノは一言「今!」と言って走り去る。
 マールがそれを追いかけ一人取り残されたルッカが
 「ならもうテレポッド(時空を越える機械)は必要ないわね」とその機械をその場に置き去りにして2人の後を追いかける。
  Fin。

498 :クロノ・T マルチED:04/03/11 23:43 ID:p90xh71D
・マール=カエルED
 ゲーム序盤、カエルVS魔王のイベント発生前にラヴォスを倒すと見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代、リーネ広場へと帰還。
 広場で話をしているとマールに対して町民が
 「王女様、今日も私たちと同じ格好をしてる」etcの謎の言葉を言われる。
 そうこうしてるとマールの体に異常が発生(話すとゲロゲロという声が混じる、跳躍が凄いなど)
 この謎を解くためクロノ、マール、ルッカはマールの家ことガルディア城に向かう。
 すると国王のガルディア王が現れ、中世の頃の活動写真が倉庫から見つかったと言いクロノたちを連れて行く。
 その活動写真のフィルムにはリーネ王妃とカエルの結婚式が映されていた。
 活動写真がリーネとカエルのキスシーンになったところで→Fin
 ……と、マールがFinの文字を押しのけ
 「こんなのイヤーーー!!」と叫び暗転。

499 :クロノ・T マルチED:04/03/12 00:06 ID:X6UOLnaq
・魔物ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれる→スタッフロール
 スタッフロール中に「ヌウ」「マモ」「カエル」の3匹のモンスターが現れる。
 スタッフロールが終わりFinの文字が出ると3匹一緒に眠って暗転。

・カエルVS魔王ED
 中世で修復したグランドリオンをカエルに渡し、魔王城に行かずラヴォスを倒すと見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へ帰還。
 ルッカ宅にてクロノ、マール、ルッカがのんびりと平和を味わう中カエルが野暮用だと言いいなくなる。
 時代はかわり中世。魔王城。
 果敢にも1人カエルは魔王に友の敵を打とうと挑む。
 暗い音楽の中、剣劇と魔法の音が響き淡々とスタッフロールが流れる。
 音楽が止むと、魔王城の屋根に一人の佇む影が、それは勝者のどちらなのかは影になって見えない。
 月の逆光に照らされ微動だにしないその人物を背景にFinの文字が浮かぶ。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 00:13 ID:zatKWExb
このスレいいな。最近ゲームするのが面倒でさー。
ここであらかじめチェキして、面白そうなのは買うけど。
この方法だと、外れ引く心配ないし。

ところで、「藤丸地獄変」ってまだなの?
個人的に凄い好きなゲームだから、良かったら、隠し幕含みの真ED書くけど。
でも、時間かかるよ。本だなから攻略本を引っ張り出してこないといけないし。(w
あと、サイレントヒルの1のGOOD+とかなら書ける。
要望あれば、だけど。

501 :クロノ・T マルチED:04/03/12 00:15 ID:X6UOLnaq
・クロノ=魔王ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ、ロボは未来へと帰還する。
 場面は中世に移り、一人の少年が勇者として魔王を倒しに行く場面
 少年はついに魔王城最上階に辿り着き魔王に決戦を挑む。
 魔王の玉座にいたのはクロノ、左右にマールとルッカの姿もある。
 お互い臨戦体勢のままスタッフロール→Fin

・知られざる過去ED
 原始時代に行く前に見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へと帰還する。
 原始の時代では恐竜人と人間との決着がついておらずエイラと恐竜人が争っている。
 魔王は1人岬に佇み、放浪の旅に出る。
 Fin

502 :クロノ・T マルチED:04/03/12 00:26 ID:X6UOLnaq
・恐竜人ED
 原始時代で恐竜人との決着がつく前に見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれる。自分を呼ぶ声にクロノは目覚めると
 そこは自分の部屋であった。
 しかしクロノは何故か恐竜人になっている自分の姿を疑問に思わない。
 そのままクロノはリーネ広場に向かいマールと思われる恐竜人とぶつかり→Fin

・魔王ED
 古代時代で空中王国が滅びるまでに見れるED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれ現代へ
 場面はかわり古代時代、海底神殿へと向かう予言者(魔王)の姿が
 魔人器の間に続く扉の前に立ち予言者のローブを脱ぎ捨て魔王の姿をあらわす。
 「歴史がかわるというならかわれ、世界が滅ぶというなら滅べ!」
 「それで俺がいなくなろうと……それはそれで面白い!」
 その言葉を残し魔人器の部屋へと向かい→Fin
 (魔王=ジャキなのでこの時点でラヴォスが倒されるとジャキは中世にいくことはない=魔王の存在消滅ということになる)

・脇役集合ED
 ラヴォスを倒したクロノたちは光に包まれる。
 暗転したままスタッフロールへ、そのの中を全時代の脇役たちが現れる→Fin

503 :クロノ・T マルチED:04/03/12 00:28 ID:X6UOLnaq
大まかなものはこれで終了です、読みにくかったらすいません。

あと反省会EDでルッカが最後に置いていったものは
テレポッドではなくゲートホルダーの間違いです。

504 :500:04/03/12 00:29 ID:zatKWExb
うわ、クロノ職人さん、流れぶちきってスマソ。(;´Д`)

505 :DDS2魔界編:04/03/12 00:34 ID:CeMgzrXy
なんか一ヶ月以上放置されているし、DDSIIの続き書かせてもらうね

ついに魔界に着いた主人公たち
魔界の最初の村でイザナミとイザナギがさらわれていたことを知る
イザナギの連れ去られたという魔王アスモダイの待つ洞窟へ行く
アスモダイを倒し、イザナギを解放、「狂いの玉」を入手する

次にイザナミをさらった魔王ベリアルの城へ…
炎より生まれし悪魔ベリアル…その城は炎に囲まれているが、道中で手に入れた「潮満玉」の力で鎮火
ベリアル城に突入、ベリアルを撃破し、「怒りの玉を入手」

イザナミは既にベリアルに殺されてしまっていた
神をも蘇らせる「反魂香」を手に入れるため、魔王モロクの神殿へ
モロクは子供の生贄を求める邪悪な神、魔界の妖精の村の子供がモロクへのイケニエとして奪われたという
妖精の子供の救出を依頼される主人公
モロク神殿への道「怒りの門」の情報を教えてもらった

怒りの門を開き、モロク神殿へ向かう
途中、邪神エキドナを倒し「ださいの玉」入手
モロク神殿でモロク撃破、「迷いの玉」を入手する
妖精の村の長老からお礼に「怒りの塔の鍵」を貰えた
怒りの塔では悪魔ベルフェゴールが武器「ヴァジュラ」を守護していたが、撃破、入手

主人公たちは魔王アスタロートの持つ「恐れの玉」を手に入れるためアスタロート城へ
しかし、城への途中でアスタロートの眠りの罠に落ち、魔女がさらわれてしまった…
魔女がいないため厳しい戦いになったが、仲魔の助力を得てアスタロト撃破、「恐れの玉」入手

魔界を支配する魔王も残るはベルゼブブと大魔王ルシファーだけである
次の目的は蝿の魔王「ベルゼブブ」へ会うこと

ベルゼブブの待つ「ハエ穴」へ向かう前に蝿村で準備を整える
お腹をすかせている「美食家」がいたので、蝿村特製『ゴージャスセット』を奢ってあげた
(ちなみにゴージャスセットのメニュー、フナムシの踊り喰い・蛆ピラフ・カマドウマの唐揚・熱帯魚の握り寿司)
お礼にと「みあらかの石」を貰った

そしてハエ穴へと赴きベルゼブブと謁見
(元バエルのカエルを持っているかどうかで分岐)

506 :DDS2魔界〜END:04/03/12 00:36 ID:CeMgzrXy
→カエルを殺していた場合
魔王ベルゼブブと交戦することになる
勝利の暁には「ルシファーの剣」を入手し、みあらかの石がルシファー城への鍵「みあらかの指輪」へと変化する

イザナミを復活させ、その力で今まで集めた球が融合、「希望の玉」へ変化する
みあらかの指輪と希望の玉の力でルシファー城へ
ルシファー城でルシファーと謁見

「なぜ闘う?」と問いかけるルシファーを殺す主人公
「サタンも倒すが良い…」

ギンザの支配者「鈴木社長」こそが神の手先であり人間の敵でもある「魔王サタン」であった
「これからあなた達に本当の恐怖を体験してもらおう…ショウの始まりだっ!」
最後の悪魔サタンを殺す主人公たち

全ての悪魔を殺しつくした主人公は神に労いの言葉を受け、「千年王国」へと迎えられる
『悪意のはびこる世界は消え去った…ぼくたちは神になるのか…』
-デジタル・デビル・ストーリー女神転生II END1-

507 :DDS2魔界〜ENDその2:04/03/12 00:39 ID:CeMgzrXy
→カエルを持っている場合
魔王ベルゼブブは元は「バアル」という神であった
しかし唯一神により「バエル」と「ベルゼブブ」という悪魔に引き裂かれたという
「我らを神の姿に戻してくれ!頼む、救世主よ!」

承諾すれば二匹の悪魔は合体し魔神バアルへと戻る(断れば交戦、カエルがいない場合と同じ結末を辿る)
「ではルシファー陛下の元へ行きましょう」

ルシファーと会う主人公
「かつて人間はさらなる知恵を求め、神よりも私を崇めた
 それに怒った神は人間を滅ぼそうとした
 私は最後まで闘ったが、ついには魔界へと堕とされた…
 私とともに神を倒してくれるか?人の子よ…」

ルシファーとともにサタンへ会う主人公
「おや、誰かと思えばルシファー陛下!人間の奴隷とは、堕ちるところまで堕ちましたな!
 もう、あんたでは俺に恐怖を与えることはできない…」

サタンを倒し、神にも刃を向ける主人公
「呪われよ!地獄にて、世界の終わりまで!永遠の豪華に焼かれるのだ!」

とうとう神をも殺した主人公
「汝らはより苦しい道を選んでしまったのだ…」

気がつくと主人公は京浜第三シェルターにいた
人々は神も悪魔もいなくなった世界へと出て行こうとしている
「おい、お前ら何をしているんだ!ここは閉鎖するからさっさとシェルターから出ろ!」

全ての始まり、「デビルバスター」の置いてあったコンピュータルームに行ってみる
モニターには文字が…
『GAME DESIGN by A・NAKAJIMA』
-デジタル・デビル・ストーリー女神転生II END2-

508 :DDS2:04/03/12 00:42 ID:CeMgzrXy
すまん、訂正
永遠の豪華→永遠の業火

_| ̄|○メイゼリフ ブチコワシダ…

よければ「真女神転生」や「真女神転生II」もぼちぼちやっていこうと思う

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 00:46 ID:tyLl08mQ
>>500
要望に出てるのはじゃんじゃんやっちゃって。楽しみにしてるよ

510 :FF10-2カアギスフィア:04/03/12 00:53 ID:r+h6G14O
アカギスフィアの内容のみなので、詳しい内容を書こうと思います。
ちなみに、アカギスフィアは以下のお宝スフィアコレクションに対応しています。
アカギスフィア1→「アカギ記録1」
アカギスフィア2→「アカギ記録2」
アカギスフィア3→「アカギ記録3」
アカギスフィア4→「アカギ記録4」
アカギスフィア5→「アカギ記録5」
アカギスフィア6→「アカギ記録6」
アカギスフィア7→「アカギ記録7」
アカギスフィア8→「アカギ記録8」
アカギスフィア9→「アカギ報告1」
アカギスフィア10→「アカギ報告2」

前置きはこのくらいにして。

アカギの記録1
戦闘訓練中、ギップル・バラライが共に物陰に隠れ、相手(3番隊らしい)の出方を見ながら話をしている。
バラライは、ギップルがアルベド人なのに何故アカギ隊の試験を受けるのかと質問する。
それにギップルは「アルベドだって、スピラを守りたい。討伐隊に入りたいがアルベド人は仲間はずれだから無理。それにこういう武器(銃器)ならアルベドの出番だ」という。
ヌージ「無駄口をたたくな」と言いながら登場。
その後、それぞれの自己紹介が始まる。

511 :FF10-2カアギスフィア:04/03/12 01:01 ID:r+h6G14O
続きです。

■アカギの記録2
訓練中の砂漠(アカギの記録1と同じ場所、同じ訓練中)で、三人は魔物に追い詰められ、銃器の弾も底をついた。
危機が迫っているというとき、ヌージは魔物の前に自ら出て行く。
それを記録係(後にわかるが、記録係=パイン)が魔物を倒し、止める。
ヌージは死に場所を求めているがなかなか死ねないということを、ここで初めて知ったギップルとバラライ。
今も戦いを投げて死のうとしていたと、記録係に指摘されると、
「よく見ている。最高の記録屋だな」と皮肉をいう。
「不死身のヌージを討伐隊は忘れないでしょう」と、記録係に言われると、
「俺の命だ。好きにするさ」と言い、立ち去る。


■アカギの記録3
連絡船の甲板。空には星が輝く夜。
ミヘンセッションで使われる兵器について語り合うギップルとバラライ。
「シンすら倒す機械か。少し怖いな。」と言うバラライに対して、
「機械は使い方を間違えなければいいんだ」と言うギップル。
-空へカメラは向き、暗転-

シンを倒した後のナギ節について語る。「ナギ節が来たら何をするか」
「退屈しないように、3人で遊ぶか!」というと、
ヌージは独り冷めた様子で「ガキ」と言う。そして笑うギップルとバラライ。
「君も一緒にどう?」と記録係を誘うバラライのアップで暗転。

512 :FF10-2カアギスフィア:04/03/12 01:09 ID:r+h6G14O
■アカギの記録4
洞窟の前に立ち、最後の演習の説明をするキノック老師。
説明内容は以下の通り。
・洞窟の奥に、何かが居るらしいが情報は無い。
・奥まで調査におもむき、何を見たのか報告すること。
・生きて戻った者を合格とし、アカギ隊の一員とすること。
・人数分の武器はなく、自分で勝ち取るのも訓練のうちという。
「アカギ隊員選抜、最終演習始め!」
号令とともに、候補生達は一斉に武器を得ようと、置かれているところに群がる。
-暗転-
幻光の飛び交う洞窟内。
あたりを見回す3人の前に、幻光の影響か、候補生たちは叫びをあげながら同士討ちを始めている。
雄たけびをあげながら、周りに銃器を乱射している候補生がいるシーンで暗転。


■アカギの記録5
洞窟内。幻光が飛び交う中、まだ同士討ちは続いている。
何故殺し合いになっているのか疑問に思う3人。
洞窟の奥にあるモノは、キノック老師が言った通り「危険な存在」であることは間違いない。
バラライは、候補者同士で殺し合いなんてとんでもないコトで、降りると言い出す。
-暗転-
幻光のせいで混乱し、同士討ちをしている候補生。相打ちになる。
そんな中、ヌージは死を求めているのか、独りで奥へと進もうとする。
それをギップルは、後を追う。
奥へと進むと、また同士討ちしている候補生がいた。
しかし、二人が共に死ぬと、一人の体から幻光がどっとあふれ出し、そしてふくらむ。
ヌージが、死体の体からあふれ出した幻光の方向へと歩き出すと、その減光はヌージの方向へと飛び、ヌージの体へ入っていく。まるでとりついたかのように。
その直後、ヌージはうめき、頭を苦しそうに抱え込む。心配するギップルとバラライ。
しかし、ヌージはバラライへと銃を向ける。
たじろぎ、膝からガックリと崩れ落ちるバラライ。
ギップルは、ヌージを止めるべく「やめろ!」と叫び、ヌージへと銃を向ける。
バラライは、「お前もだ、ギップル」と、ギップルへと銃を向け、緊張感が増す。
数秒間の沈黙。
その沈黙はヌージの体にとりついた幻光によって破られることになる。
ギップル、バラライの体にも幻光がまとわりつき、とりつこうとしているかのように飛び交う。
それにより二人は呻き、叫びだす。
記録係は「やめて!」と叫ぶが、効果はない。
銃を互いに向け合ったままの長い長い沈黙。
カタリと音を立て、銃は互いにゆっくりとおろされる。

513 :FF10-2カアギスフィア:04/03/12 01:19 ID:r+h6G14O
■アカギの記録6
息を切らしながら、洞窟から生還する3人に、キノック老師は報告を求める。
中に入るとすぐに殺し合いになったこと。
それは幻光のせいであろうこと。
体に幻光がまとわりつき、不思議な幻が見えたこと。
その幻とは、大きな機械で、低くうなり、震えて、見たこともないものだったこと。(大きな機械=ヴェグナガン)
幻が見えると、「誰か」の怒り、恐怖、後悔、絶望という感情が直接体の中に入ってきたような感覚に襲われたこと。
報告が終わると、アカギ隊員として認められ、討伐隊司令部へ向かい、作戦終了まで老師を守れと命令される。
良かったと、喜ぶ3人は立ち去ろうとする。
しかし、兵士は三人の後ろ姿へと銃口を向けている。
その姿を見た記録係りは、口封じの為に抹殺しようとしているのだと察し、「逃げて!」と叫ぶ。
逃げる足音が残り、暗転。


■アカギの記録7
映像はとても暗く、乱れ、見て取れるものは、幻光の飛び交う様と、砂浜。
撮影者は、息を切らしながら彷徨う様子。
「みんな…どこ…?」という言葉のみが残され、暗転。
(周囲の状況から見てミヘン・セッションが失敗した直後に撮影されたと思われる)


■アカギの記録8
ミヘン街道・旅行公司前。夕焼けを眺めながら、逃げ果せた4人。
ヌージは記録者へ、「無事で何よりだ」と言う。
記録係はヌージへ自分が止めたせいで死ねなかった事を怒ってないかと問う。
それに対し、ヌージはひとつ貸しだ言う。
記録係は洞窟内で何を三人が見たのかが知りたいから一緒に居るという。
しかし、見たものの正体は解らないので、いつか解明し、そのときは話すと記録係へ約束する。
3人一緒にいるとまずいので、バラけることに決め、撮影も終える。
-暗転-
記念撮影と言いながら撮影を再開する。
バラライとギップルは同じ方向、ヌージは反対方向へとバラバラの道を行こうとしているシーンが映る。
そのとき、一発の銃声がする。と同時にバラライが倒れる。
さらに銃声が轟き、振り向いたギップルが倒れる。
誰!?と叫ぶように問いながら、カメラ(スフィアか。)を、銃声のした方向へと向けると、
そこには銃を構えたヌージの姿があった。
その体からは、幻光がまとわりついていた。
いつまで撮ってるんだよ!と一喝するヌージ。
カメラ(スフィア)の方向へ近づきながら銃を乱射する。暗転。

514 :FF10-2カアギスフィア:04/03/12 01:22 ID:r+h6G14O
■アカギの報告1
死体が散乱し、死体に幻光がまとわりついている、暗い洞窟内。
撮影は、報告の為にされたものであるようで、
男は「アカギ隊員選抜、最終演習の生存者はありません−以上!」
と宣言する。
しかし、男の上役らしき声が「勝手にまとめるな。よく数えてみろ」と言ったところで終了。


■アカギの報告2
アカギの報告1の続きと思われる。
撮影者が宣言しているところから始まる。
上役は「よく数えてみろ。死体が足りないだろう。候補生3人と記録係もいたはずだな」(ヌージ、バラライ、ギップル、記録係を指している。)と言う。
生存者は4人。「死にぞこないは4人。わかっているな」と抹殺を命じる。

515 :FF10-2カアギスフィア:04/03/12 01:26 ID:r+h6G14O
長文ですみません。
セリフのみで書くと、読みにくいという方も居られたようですので、
内容を書きました。
余計に読みにくくなってしまっていたらごめんなさい。

これ書いてて思ったんですが、
登場する4人のスフィア内容についても書いた方がいいのかなぁ?
リクエストした方の意図が詳しく汲み取れなかったので、
どっちがいいのか解らず、アカギスフィアのみの記入で、今回は終了。

516 :ブレス4のひと:04/03/12 01:35 ID:i6rvUnbg
あぶねぇ回線エラーのおかげで流れぶった切らないですんだわ。
んではブレス4の続きを少々。>>382の続きです。
第3章 ながれ
第8部 さだめの道行き

リュウ達がアルカイの神殿から捨てられた村へ向かおうとしている頃、フォウル
が滞在していたソン村に帝国軍が。村長が帝国に神皇と思しき力を持った者が
いる、と報告したようだ。帝国軍の目的がフォウルであることを察したマミは
かまどから逃げるようにフォウルに告げ扉を押さえる。
それに少し戸惑い、ためらいながらもフォウルは村の外に。

フォウルが村の外に出た頃、帝国兵はなぜかマミを拉致し、さらにフォウル
捜索を続ける。

マミのことが心配になったフォウルは村に引き返そうとするが、途中で村の
若者にマミの気持ちを無駄にするなと言われ、その言葉に従い村を後にする。

ソン村から皇都に行くためにはほこらを通らねばならないのだが、その扉は
供物を捧げることでしか開くことは出来ない。どうしたものかと思案する
フォウルの前に、いつぞや撃退した「パパン」が。「パパン」は自らほこらの
扉をこじ開けんが如くに突撃を繰り替えし、そして命尽きる。
自ら供物になった「パパン」の姿に驚きを隠せないフォウル。

「パパン」の姿にうつろうものの有り様の一端を垣間見、物思いに深けながらも
ほこらの洞窟を抜け、ソマの森を越えようとする。その時、禍々しい気配を感じる。

その時、ヨムはアスタナ基地では拉致したマミを呪砲発射のための「ニエ」
(生贄)にし呪砲によりフォウルを抹殺せんと画策。

そして、マミをニエにした呪砲が発射される。
呪砲はフォウルに直撃し、ソマの森を呪いまみれにする。

だが、フォウルは生きていた。ボロボロになりながらも、呪いまみれのソマの
森を越え、皇都へ向けて歩き続ける。


カイザーブレスにより崩壊した捨てられた村。
リュウはカイザードラゴンの暴走が納まった後眠り続けていた。
その一方で奇跡的に生き残ったニーナ達はこれまた奇跡的に生き残った
アースラを簀巻きにし帝国に乗り込むから道案内しろ、と迫る。
そうこうしている内にリュウが目を覚ましたので、今後のこともあるので
とりあえずチェクの村の長老に相談しに行く事に。

チェクの村の長老からリュウのこと、半身のことを聞いたアースラはカイザー
の力を鑑み、半身を会わせてみるべきだろうということで帝国への同行を
承諾する。さらに、事態を重く見たディースはリームの中では同行することも
ままならないということで、マスターの中に戻りマスター共々付いていくことに。

帝国に行くならハシビトの町の大帝橋、ということでラフト山をいかだで激流
下り(ミニゲーム)しつつ下山しハシビトの町への砂船が出ているシェドの町へ。

517 :ブレス4のひと:04/03/12 02:14 ID:i6rvUnbg
>>516の続き
ハシビトの町に行くには砂船が必要・・・だが、いつぞやのように荷物に
なって送ってもらうという手は使えそうもない。となると砂船を買うしかない
わけだが、船商人が提示した額はあまりに高額でとてもじゃないが買えない。
と、ちょうど砂船が出るという話が。船になんとかして同乗させてもらえないか
交渉するべく舟を止める手立てはないものかと思案していると、アースラは
おもむろに銃を抜き、砂船に向けて発砲する。

なんとか船を止めることに成功した一行の前に現れたのは、何の因果かマーロック。
先に帝国へ進入したときの一連の騒動で一行に負い目を感じていたマーロックは
その償いといわんばかりに砂船が買えるだけの額の小切手を切ってよこしてくる。
その小切手で砂船を買い、ハシビトの町へ。
(砂船で移動するときはタイムアタックレーシングのミニゲームになる)

ハシビトの町に付いたはいいが、いつぞやのラッソ(というかイメカフ)との
戦いの際に大帝橋は壊れてしまい復旧の目処が付かず帝国領に戻れないという。
大帝橋が使えないとなると、北のシオの海を越えなければ帝国領には行けない。
ということで今度はシオの海を渡る船が出る港町シュークを目指すことに。
(この世界の海は北に広がるシオの海以外はすべて泥の海で、そのせいで船
はシオの海でしか航行できない)

砂船に乗せて欲しいと頼む商人をアクロバティックにかつベストスコアを
出すべく激走する砂船に乗せて謝礼を貰ったり、ロープウェイで行き来する
ギガ山を越えたりしたところに関所が。クレイは衛兵に事情を話して通して
もらおうとするも全く取り合ってもらえないばかりか襲い掛かってきたので
クレイ一人で衛兵二人を撃退するも増援が。そこで、近くの荷台をトランポリン
代わりに大ジャンプで関所を飛び越え、一行はシュークへ。

かくして東大陸唯一の港町シュークに辿り着いた一行は早速船に乗せてもらえ
ないかと頼む・・・が、船長に水神の許可がない人間を船に乗せるわけには
いかないと断られる。ならばということで北にある水神のほこらへ。

水神のほこらで海竜に出会った一行はシュークに戻り、許可は貰ったから
船乗せてくれと頼むが、今度は船は女人禁制だからどうしてもというなら連れの
女二人には試練を受けてもらわねば、ということに。
第一の試練はマストの上での決闘で、相手を踏みつけ押してマストから落せば
勝ち、というもの(ミニゲーム)。ここはニーナが有翼人という大きな
アドバンテージを利用し勝利。
第二の試練は船倉で一晩明かす、というもの。なかなか寝付けない二人のところに
突如幽霊(ドッペルゲンガー)が。これを退けてさぁ寝よう・・・とするも
なにやらコソコソと動き回る声。良く見るとそれはネズミファミリー・・・と
いうことで、ついでにネズミ退治をすることに。
無事ニーナとアースラは試練を突破したことでもう船長は乗船を断る理由も
なくなり、いざシオの海へ。

潮風に吹かれながら航行を続ける一行。その時、なにやら海の底から泳いで
上がってくる謎の影が。それは海面近くで大きくジャンプ、船上に躍り出る!
・・・それはフーレンの里で袋叩きにしたはずのカーンであった。
嗅ぐと毒に犯されるほどの激烈な屁を振りまいてくる危険極まりないカーンを
6人で袋叩きにして海の藻屑にしてやる。

カーン襲来から数日、いまだ航行を続けていると不意に風が止まる。
風がなくては船は人力で動かす他ないがそれではとてもじゃないが持たない。
その時、マストに登っていたニーナは遠くに島を見つける。
船員たちが言うにはそこはおそらくシオの海を荒らす海の魔人の住処では
ないかとのこと。そんなやつを放ってはおけないということで、海の魔人が
住む火の山島へ向かう。

続きは後日

518 :ラグランジュポイント2:04/03/12 02:23 ID:CBc2er3a
(人々からの情報・続き)
バイオ軍(突然変異生物=ミュータントと殺戮兵器=クリーチャーから成る)は
イシスの5人の指導者プレシデントファイブのうち3人がバイオの体を手に入れて
組織したもの。
イシスシティがバイオ軍に襲われたとの情報。
これでバイオ軍の攻撃を受けていないのはサテライトベースだけとなる。

シャトルでイシスのポートに戻る。またもクリーチャーどもに襲われ全滅。
看護婦に助けられ救護室へ運ばれる。隊長は容態が悪化して死んだという。
認識カードを手に入れたことで情報ボックスとガレージが使えるようになるが、
イシスシティの情報ボックスからは、ランド2、ヴェスタ、サテライトベース
の情報が得られる。サテライトベースは、科学委員会トーゴ会長の指導のもと
レジスタンスの補給基地として活躍しているとのこと。

バイオ軍に襲われたイシスシティ。隣の「ファイバーシティ」では
サテライトベースから来たエンジニアが武器を作っているそうなので、
ファイバーシティから援軍を呼んでくるよう頼まれる。

519 :ラグランジュポイント3:04/03/12 02:27 ID:CBc2er3a
ガレージには「ソーラーカー」、「モービル」、「ホバープレーン」があるが
あとの2つは操縦できないので使えない。ソーラーカーは道路の上しか走れないので
道に沿ってファイバーシティ目指す。
途中出会った、第1次調査隊の生き残りからは、シュトルテの手がかりは
つかめなかったが「バイオカイザー」というおそろしい敵の存在を知らされる。
また、レジスタンスの戦士、サイボーグ部隊のキエサが残したメッセージと
マップファイル(地図)も入手。
ファイバーシティを目前にして、異形の敵「オレギ」に襲われる。
ソーラーカーごと、道の脇にひろがる地割れに突き落とされる。

落下した先には通路が広がっている。コロニーの形状をもう一度説明すると、
円筒状のコロニーはその内面が地面になっていて、その地面の下
すなわち円筒の外壁にあたる部分には配線その他のスペースがあるので。

通路を辿り、上にあがるとファイバーシティ内にぬける。
ここの情報ボックスには、バイオ軍と戦う同士を募るトーゴ会長の呼びかけの他
ランド2を調査中の「ポテト部隊」隊長スコット、「サイボーグ部隊」ウルフ隊長
などの報告も聞ける。サテライトベースから来たマツシタ博士によれば
相棒のモリタ博士は考えがあるといって飛び出していったそうだ。
ファイバーシティのガレージ前にはモリタ博士がいて、イシスシティのポートが
バイオ軍に奪われては大変なので、軍隊の町「アイアンシティ」に援軍を求めに行くという。
モリタ博士と同行しアイアンシティへと向かう。

520 :ラグランジュポイント4:04/03/12 02:31 ID:CBc2er3a
アイアンシティは、隣接する製鉄所・ロボ工場を持つ軍事・工業都市だ。
ここの情報ボックスでは、サテライトベースからの武器製造システムの完成情報、
サイボーグ部隊ウルフ隊長から、バイオ軍はランド2に「バイオの楽園」を完成させた
という情報が入る。アイアンシティに駐屯する「アイアン部隊」のダン将軍いわく、
イシスシティに援軍は出すが武器が足りない。工場を稼動させるために、バイオ軍に
襲われた「エレキシティ」の発電システムを動かし電力を復旧してほしいとのこと。
エレキシティに行くために「パイロボット1」をくれる。これでオフロード仕様の車
「モービル」を操縦できる。モリタ博士は製鉄所で武器のチェックを頼まれ別れる。
シティ地下ではアストロという男が部隊脱走を図ったかどで牢に入れられている。
「みんなダン将軍に騙されているんだ」と言っている。
製鉄所はアイアン部隊が警備していて入れない。ロボ工場ではトムトム博士が、
バイオ軍にさらわれた孫のタムを助けてくれれば戦闘用ロボットをくれるという。

地割れを渡る一本橋の道路を渡ると、アイアン部隊の前線基地があり、その先が
エレキシティ。居住者はなく、バイオ軍が巣食う。中に入ると幼児というか舌足らずの
乳児が現れる。これがトムトム博士の孫のタム。奥の発電システムに向かう途中
ラテン系の少女「クリス・ソマーズ」に会う。子供の面倒見がよく、アイアンシティでも
クリスを探している子供がいたくらい。トムトム博士に頼まれてタムを探しに来たそうだ。
一応、戦士。(仲間その2)
博士の孫だけあって、タムが発電システムを動かす。電力復旧に伴って、エレキシティの
情報ボックスに、ダン将軍がアイアン部隊にあてた集合命令が入る。
「例の作戦」の準備に入るとのこと。
外に出てみると、一本橋が壊れている。前線基地にはアイアン部隊の姿がないので
中まで入って行ける。ここは地下通路でアイアンシティに繋がっているので
橋がなくてもなんとか地割れを越えて戻ることができる。

521 :ラグランジュポイント5:04/03/12 02:39 ID:CBc2er3a
アイアンシティでは、アイアン部隊がいなくなっている。製鉄所に行ってみると
モリタ博士が閉じ込められている。たまたま残っていたアイアン部隊の兵を捕まえると
橋をこわしたのもダン将軍の命令だと吐く。お詫びにアイアン部隊のロックを解除する
「アイアンカード」をくれる。これでモリタ博士を救出できる。
モリタ博士が言うには、アイアン部隊はイシスシティのシャトルを狙っているらしい。
アイアンカードを使えば、アイアンシティ地下に囚われているアイアン部隊の
「アストロ・ラング」を救出できる。キザな青年で、彼の身の上を心配する女もいる。
(仲間その3またはその4)
また、ロボ工場はタムの声音でロックを開き中に入れる。中にはトムトム博士が
作ったロボット「チック」がいる。(仲間その3またはその4。ただし一度に連れて歩ける
戦闘メンバーはジン以外に3人までなので、人数オーバーするとその場では
同行できない。現状ではまだメンバーチェンジもできない)

イシスシティ。アイアン部隊が大勢現れ、また「セラミック騎士団」の少年が
アイアン部隊を退治するといって後を追って地下に降りて行ったそうだ。
地下では、セラミック騎士団の少年が返り討ちにあって死にかけている。
シャトルは奪われてしまったという。彼の「セラミカード」を「セラミシティ」の
サンダー司令に届けてほしいと遺言を残し、彼は死ぬ。

522 :ラグランジュポイント6:04/03/12 02:43 ID:CBc2er3a
大きな地割れがセラミシティへの行く手をはばみ、地割れの手前にはセラミシティの
前線基地がある。セラミカードを見せると地下通路を通りセラミシティに行くよう、
ただし通路には敵が潜んでいるので用心しろと言われる。
出口まであと少しというところで、タムが喜んで駆け出す。そこに異形の怪物出現。
タムを一撃で吹き飛ばし、タム絶命。一度遭遇したオレギだ。オレギとの戦闘。
途中でバイオカイザーからの通信が入り、オレギは戦いを中断して消える。
そしてセラミシティ内へ。

ここではイシスシティで調査隊を助けてくれた看護婦や、ロボ工場のトムトム博士などが
避難している。セラミック騎士団からの情報では、オレギたちバイオノイド3将軍の正体は
元は人間で、プレシデントファイブの3人とのこと。サンダー司令の部屋の前には
インディアンの羽根飾りとフェイスペイントをしたサイボーグ「キエサ・フランク」がいる。
マップファイルとメッセージを残してくれてたレジスタンスの戦士で、サテライトベースの
武器をランド1のレジスタンスに運んだりしているという。(仲間その5)
レジスタンスの間ではジンの活躍はすっかり評判になっているようだ。
サンダー司令にセラミカードを渡す。死んだ少年はピエールといい、司令の息子だった。
セラミシティのシャトル使用を許可され、シュトルテの情報が入れば教えてくれるという。
また、サテライトベースから来たオーダ博士は、トーゴ会長からのメッセージをモリタ博士に
に伝える。サテライトベースにモリタ博士用の研究所が完成したので帰って来いとのこと。
オーダ博士はこれから騎士団とともにランド1「オゾンシティ」の調査に向かうそうだ。

523 :ラグランジュポイント7:04/03/12 02:46 ID:CBc2er3a
ジンはモリタ博士たちとシャトルでトーゴ会長の待つサテライトベースに向かうことに。

セラミシティのシャトルのポート前にて、オレギと3度目の遭遇。今度は倒す。
オレギが人間の姿に戻る。
「俺は間違っていない。イシスを、地球を救えるのはバイオカイザー様だけだ」
と言い残して死ぬ。

シャトルのポート前。ここにも情報ボックスがある。
ランド2各地を調査するレジスタンスの活動状況が入っていて、
「ポテトタウン」のポテト部隊スコットは「ポテトディスク」に、
「コーンベース」のサイボーグ部隊ウルフ隊長は「コーンディスク」に
「オレンジキャンプ」のレジスタンスは「オレンジディスク」に
それぞれ収集した情報をインプットして待っているという。

そしてポート。行き先はサテライトベース、ランド2の3つのエリア(ポテトエリア、
コーンエリア、オレンジエリア)、そしてヴェスタ1、ヴェスタ2。
行動範囲が一気に広がる。

524 :ラグランジュポイント:04/03/12 02:51 ID:CBc2er3a
なんかストーリーだけじゃなく
攻略情報とかプレイ情報(仲間の人数オーバーとか)まで書いてしまってる…

途中に出てくる情報を書いているのは、
かなり先に会う人々の活動が情報としていろいろ伝わってくるところが
ラグランジュの面白いところだと思うので。

>>475-476  0 1
>>518-523  2 3 4 5 6 7

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 03:01 ID:N0CJJizk
乙。タム君……あれはリア消時代、トラウマになったよ。まさか赤ん坊を惨殺するとは思わなかった。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 03:30 ID:QvWw/ScO
バロックをいつまでも待ってます…

527 :グローランサーW行きます:04/03/12 04:21 ID:xZ9nu/GD
グローランサーWキャラ解説とりあえずパーティキャラだけ

クレヴァニ―ル…黒い唇にホストのような格好がイカス主人公。
    幼少の頃から傭兵団アルテンシュバイドで暮らしている。

レムス…道端で倒れていた所をクレヴァニ―ルに助けられて以来傭兵団で共に生活している。
    女みたいな顔してるけど男。

レジ―ナ…傭兵団の団長の娘で主人公達の姉のような存在。へそ出しルック。

フレーネ…遺跡で眠っていた少女。主人公と関係があるらしいが記憶を失っている。全身タイツ。

イライザ…北国イグレジアスの貴族の娘。現在は南国マーキュレイで執事や使用人と共に生活。

ヴァレリー…主人公が軍の訓練施設で同じチームになる男。

ヒエン…剣聖と呼ばれるほどの腕を持っている老人。この人も記憶を失ってちょっぴり腕が衰えている。

レオナ…異世界から迷い込んだ猫耳レオタード少女。猫言葉でしゃべる。

使い魔…D-TP型(ボーイッシュでショートヘア)D-LN型(クールで長い髪)D-LM型(天然系で魔女ルック)
    の3タイプから選べる妖精のような魔法生物。マスターにとことん尽くす。

世界観

グローランサーWの舞台になる大陸には3つの大国が一触即発の状態で
北国イグレジアスは南に位置する軍事国家デュルクハイムの領土を狙って数年に渡って戦争中
デュルクハイムの東に位置するヴァルカニアは現在の所中立を保っている

2000年前に魔法を使用した高度な文明を誇っていた人類だが突然『天使』とよばれる存在が現れて文明を滅ぼした
大陸各地に2000年前の遺跡が残されており、まれにその遺跡で眠った状態の子供が発見される
彼等は「ルインチャイルド」と呼ばれ、多くの遺跡はルインチャイルドが居ないと扉が開かない
現在は一般人には魔法はおとぎ話の中の存在位にしか思われていない。


528 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 04:30 ID:bkiFeSlM
ブレス4の人乙。
かなり詳しくて助かる。
自分クリアしたはずなのに8割くらい忘れてるな。



529 :グローランサーW:04/03/12 06:23 ID:xZ9nu/GD
ストーリーかなりうろ覚えなので間違いあったらごめん

クレヴァニ―ルとレジ―ナは買出しに街へ出かける途中で怪我をして倒れているレムスを発見します。
レムスを抱えて急いで傭兵団の野営地に戻るクレヴァニ―ルとレジーナ。
レムスは父親と旅をしていたが野盗に襲われて父親は殺されて自分は命からがら逃げ出して来たらしい。
そのショックでしばらくは口がきけないほどの状態に陥っていたが。傭兵団で面倒を見ているうちに次第に回復して行った。
傭兵団アルテンシュバイドの皆は気さくな人ばかりで皆が家族といった感じでした。
一年ほど経つとレムスはすっかり元気を取り戻し、クレヴァニ―ルを兄のように慕うようになります。

ある島で争いが起きて傭兵団に依頼が届いたので現地に向かうアルテンシュバイド
敵対勢力は『魔法』を使うという噂。ただの噂だと言う団員も居ればびびっている団員も居たりします。
団長のディクセンはクレヴァニ―ル・レジ―ナ・レムスの三人に偵察を頼みます。
偵察に向かった途中で敵と遭遇してしまいやむなく戦闘に突入する三人。
この戦いが初陣のレムスは何をすればいいのか解らないのでクレヴァニ―ルの指示に従い行動します。
レジ―ナやクレヴァニ―ルの助けで何とか無事に初陣を終えたレムスだが、初めて人を殺した事に恐怖を感じています。
その夜、一人で沈んでいるレムスを発見するクレヴァニ―ル。声を掛けようとすると側に居た団長のディクセンに止められます。
ディクセンは自分が行くと言ってレムスの所へ行き、年長者として、団長として、父としてのアドバイスをします。
次の日、ディクセン達は敵本隊との戦いに向かうがクレヴァニ―ルとレムスには別の仕事が与えられる、敵の物資輸送を妨害する任務でした。
輸送物資を奪ってしまえばこちらがさらに有理になるのでクレヴァニ―ルとレムスは輸送物資を傷つけないように敵兵を撃破していきます。
昨日初めて人を殺して沈んでいたレムスはもう何も気にとめずに殺しまくっています。
敵兵が死に際に『ぎゃぁあああああああ!!!!』とか『もっと生きたかった…』とか言ってるのも気にとめません。この辺から彼の本性が見え隠れしてきます。
昨夜のアレは演技だったのでしょうか…
一方、敵本隊と戦っている団長達は炎を吐く見慣れない兵器(火炎放射器)を使う兵士相手に戦っていました
火を吐く兵器を見た団員は『魔法だ!!』と言って怖れを為して戦意喪失する者まで居ます
団長のディクセンはそれを一喝し『これは魔法ではない、油を利用して炎を出す兵器だ』と言い火矢を使って兵器を兵士ごと炎上させてしまいます。
この兵器を切り札にしていた敵勢力は撤退してしまいます。

530 :グローランサーW:04/03/12 06:23 ID:xZ9nu/GD
そしてディクセン達は野営地に戻ります
無事に任務を果たし、団長達からも誉められて喜ぶレムス、調子に乗ってます。
次の日一気に決着をつけようと部隊を展開するアルテンシュバイド
戦闘中に何かいやな予感を感じる団長の右腕のバウアーは一旦戦線を退きます
その直後、突然戦場に爆発音が響き渡ります。
空から謎のビームが降り注いでいるのです
敵味方構わずその戦場に居る者全てに対し、無差別に謎ビームの攻撃が襲い掛かります。
突然戦闘どころでは無くなったので、団長は全軍撤退を指示して大急ぎで港へ向かいます。
なんとか港に辿り着いた時にディクセン団長は空を睨み付けていました
不思議に思ったクレヴァニ―ルが話し掛けると『お前にはアレが見えるか?』と団長
空を見上げると複数の翼を広げ頭に輪が付いた薄着の筋肉質の男が空に浮いているのが見えます。
側に居るレムスや他の団員にはどうも見えていないらしくクレヴァニ―ルと団長が何を見ているのか解らないようです。
団長は『ついに天使が現れたか…』と呟き何かを決意したようです。
そうしている間にも謎の攻撃は絶え間なく続いているので、とにかく今はこの場を離れる事を優先し大急ぎで船を出して島を離れます。

団長の指示が的確だったのか団員に深刻な被害は無く、なんとか近場の港まで辿り着く事が出来ました。
辿り着いた先は観光地として有名なマーキュレイ王国でした。
上陸して無事だった団員達にディクセンは突然傭兵団を廃業すると言いました
突然の宣告に驚く団員達に、団長は自分はある目的があった、今がそれを果たす時なのだと説得します。
信頼する団長の言う事なので、皆も納得したようです。
団長の右腕のバウアーは傭兵として生きる道しか無いと言うので、団長はバウアーにアルテンシュバイドを譲る事にしました。
次の仕事先をどうするか尋ねるとバウアーはイグレジアスとデュルクハイムが戦争中なのでどちらかに付くみたいです
団長の最後のアドバイスでバウアーは現在優位に立っているデュルクハイム側に付く事にしました。
他数名の団員はこれを機会に傭兵を辞めて、田舎に帰ったり、パン職人を目指したりとそれぞれ自分の道を進みます。


531 :グローランサーW:04/03/12 06:24 ID:xZ9nu/GD
クレヴァニ―ルとレムスもどうしようかと考えているとディクセン団長から『自分の目的の為にはお前の力が必要だ』と言われます。
今は詳しく話せないがとにかく付いて来いという事なのでクレヴァニ―ルは付いていく事にしました
レムスも行く当てが無いので行動を共にするとの事です。レジ―ナも父の力になる為に一緒に行くみたいです。
早速明日にここから西の港町トロックメアまで船で行く事になりました。
トロックメアはデュルクハイム領なので途中までは傭兵団の皆と一緒に行く事になります。

トロックメアに付くと、一休みする為に宿を取る事になります。
港町トロックメアの東側は堤防に囲まれていて、マイナス海抜になっている所が特徴の街です
クレヴァニ―ルとレムスは街の中を散策していると団長と若い女性が会話しているのを発見します
団長とは顔見知りらしい若い女性はどうやらどこかの軍人らしく、
ディクセン団長が傭兵を辞めたと聞き自分の所に来て欲しいと説得しているようです
団長は今は自分の目的があるから駄目だと断ります
とても残念そうな女性に、目的を果たした後なら、と言います
クレヴァニ―ルとレムスが近づくと団長は話題を変えて女性に二人を紹介します
挨拶を済ませると女性が名前を名乗ります
彼女の名はD・シルヴァネール、ヴァルカニア王国のロイヤルガード三人の内の一人でした
ロイヤルガードとは武力・知力・人柄全てにおいて優れていて一人で数百の兵を相手に出来ると言われるスーパー騎士です。
その存在は周辺国にとって脅威であり、うかつにヴァルカニアに手を出せない要因になっています。
そんな凄い人と知り合いの団長は凄い人なんですね、とレムスが言います。
その後宿に戻り、明日の出発に備えます。
団長の目的の為には世界中の遺跡を周る必要があるという話が出ます。
まずはここから一番近い『希望の遺跡』に行こうという話

532 :グローランサーW:04/03/12 07:06 ID:xZ9nu/GD
翌日、団長達は先に出発してクレヴァニ―ルとレムスは置いてけぼりにされてます。一緒に来いといっときながらこの仕打ちですか、団長。
街で森に怪物が出るという噂を聞いた事がきになりますが、急いで後を追って出発します。
途中トカゲやらクモやらと遭遇して撃退しながら団長達を追いかけていると
謎の見慣れない生き物に遭遇します
風船みたいな形に目玉が付いた生き物です、こんな生き物見た事が無いな、と近づくといきなり襲ってきます
この謎の生物はかなり硬く、クレヴァニ―ルとレムスではあまりダメージが与えられません。
一気にピンチに陥る低レベルな二人ですが、いい所にレジ―ナが助けに来てくれます
あまりに二人が遅いので様子を見に来たとの事。だったら置いていくなよとクレヴァニ―ルは思ったかもしれません。
レジ―ナの必殺技であっけなく死亡する謎の生物。逞しい姉ちゃんです。
クレヴァニ―ル達には先に行けと言って自分はこの死体を調べてみると言います。逞しい姉ちゃんです。
ようやく団長達と合流すると、田舎に帰る団員が挨拶している所でした
団員と別れを告げると団長達も目的地に向かって進みます。
遺跡が近づいてくると、傭兵団を引き継いだバウアー達とお別れします。

さらに団長に付いて行くと遺跡が見えてきました
大所帯だった傭兵団もバラバラになり、団長と共に居るのはクレヴァニ―ル・レジ―ナ・レムスとなんとなく付いて来た名もなき団員1名
合計5人だけになってしまいました。なんか寂しいです。
遺跡に入る前に一休みしていこうという事になり、レムスは薪を拾ってくると言って出かけます
名もなき団員はテントの設営をしています。
団長は遺跡の入り口の方に佇んでいます。
団長に話し掛けると島で見た空飛ぶ筋肉質の男について語ります。
どうやらあの時の空飛ぶ男は2000年前の文明を滅ぼした『天使』だそうです
団長の目的はその天使を倒す事にあり、クレヴァニ―ルが天使を倒す鍵を握っていると言うのです。
その為に世界中の古代の遺跡を巡り、天使に対抗する手段を探そうとしているのです。
団長にまずはこの遺跡に入れと言われ、そうしようとすると
突然謎の黒い服の男が現れ会話を遮ります。
団長はこの男と知り合いのようですが、あまり友好的な感じではありません。
何やら因縁があるようでこの男と団長は戦闘に突入します

533 :グローランサーW:04/03/12 07:08 ID:xZ9nu/GD
あまりにレベルが違う戦いに何も出来ないクレヴァニ―ル
騒ぎを聞きつけてレジ―ナが駆けつけます。団長とレジ―ナの二人がかりでも黒服の男は怯みません。
そして黒服の男にレジ―ナは心臓を貫かれてしまい死亡します
団長も黒服の男の謎の力の攻撃を喰らい跡形も無く消し飛びます
その直後駆けつけた名も無き団員も全く歯が立たずに死亡します
クレヴァニ―ルも攻撃を受けて気絶した所に黒服の男が止めを刺そうと近寄ります
絶体絶命のクレヴァニ―ル
しかし、黒服の男は突然空を見上げて、空に居る存在に気付き『さすがに分が悪いか…』と言いその場を去ります。
空に居たのはあの筋肉質の男天使です。無言で地上を見つめています。

しばらくしてクレヴァニ―ルが目を覚ますと薪を取りに行ったのが幸いして無事だったレムスがディクセン達の墓を作っていました。
レムスに何があったのか説明するクレヴァニ―ル。
レムスは悲しみに浸りますが、団長の遺志を継いで遺跡を周る事にします。
団長の言葉通りにまずは目の前の遺跡の中に入るクレヴァニ―ルとレムス
無限ループの罠がある遺跡ですが、団長が以前言っていた言葉をヒントに奥に進む二人
途中に謎の物体(セーブポイント)を発見するがレムスには見えてないようです
レムスにこれが見えないのか?と問うと、団長の死のショックで頭がおかしくなってしまったのかと言われてしまいます
そのすぐ側に扉があるのでレムスが開けようとしますが、びくともしません。
何をやっても開かないので壊れているのかと思うレムス
しかしクレヴァニ―ルが触れると勝手に開いてしまいました。不思議がるレムス
扉の先には謎の装置と謎の卵みたいなものがありましたが、またもやレムスには卵が見えていないようです
レムスには見えない卵を触っているクレヴァニ―ルを『ああ…本当に団長達の事がショックで変になってしまったんですね』と哀れみの目で見つめます
もうレムスに何言っても基地外扱いされるだけなのでレムスを無視して装置を動かして更に奥に進みます。
一番奥の部屋へ辿り着くと、またもや謎の装置に囲まれた部屋でした
確認しようと部屋に入った瞬間、クレヴァニ―ルは突然背中から血を噴出して意識を失ってしまいます。
突然の事態に驚くレムス。
その直後にデュルクハイムの警備兵がレムス達の居る部屋へ入ってきます。
不審人物が遺跡周辺をうろついていると通報されていたらしいです
そのまま警備兵達に捕まり、クレヴァニ―ルとレムスは逮捕されてしまいました。


534 :グローランサーW:04/03/12 09:12 ID:xZ9nu/GD
連行されたクレヴァニ―ルとレムスはデュルクハイム軍の施設で一人ずつ取り調べを受けています
何故遺跡に入ったのか?開かないはずの扉をどうやって開けたのか?
と執拗に聞かれます、勝手に開いたと言っても信じてくれません。
しばらく尋問官に問い詰められていると、なんか偉そうな立場の人が入ってきました
尋問官に退室するように命じ、自分が直に取り調べをすると言う偉そうな立場の人
彼の名前はルートヴィッヒ少佐というようです
ルートヴィッヒ少佐はクレヴァニ―ルに先ほどの遺跡で見つけた卵を見せます
これは使い魔の卵だそうで、設備が整った所で使えば使い魔が生まれるそうです
そう珍しい物でもないのでクレヴァニ―ルにくれてやるそうなのでありがたく頂いておきます
その代わりに遺跡の装置を動かした時に手に入れたメダリオンを奪われました
さらにルートヴィッヒ少佐は取引を持ちかけます。
無罪放免の替わりにデュルクハイム軍に入れ、と
断ればこのまま拘留されて裁判で有罪になり刑務所に送られます
受け入れれば軍属とはいえここから解放されます
選択の余地は無いに等しいのでクレヴァニ―ルには取引に応じる他ありませんでした。
遺跡で起こった出来事を全てルートヴィッヒ少佐に話すクレヴァニ―ル。
ちなみにカツ丼は出ませんでした。

そしてクレヴァニ―ルとレムスはデュルクハイム軍の訓練施設である「ラインファルツ基地」に送られます
寮も同じ施設内にあり、けっこう快適な暮らしが出来るみたいです
先輩達も面倒見が良い人ばかりですが、ブリュンティール先輩だけは何故かクレヴァニ―ルに冷たい態度を取ります
団長の遺志を継ぐとかどうでも良くなってきますが、レムスはしっかり覚えていました
(いずれ任務を与えられるようになれば、中には遺跡探索の任務もあるかもしれない、
それに志願すれば公然と遺跡を調べられるし団長の目的を果たす事にも繋がる)
とレムスは言います。やる気モード全開のレムス。
初めての講義の時に教官から魔石という物が全員に配布されます
この魔石を装備すれば魔法を習得出来るというのです
軍が御伽噺でしかなかった魔法を現代に復元させたというのです
この事は今の所軍事機密にされており、街や村等での魔法の使用は禁止されています
魔法を使えるという事で訓練生達は大喜び、魔法さえあればロイヤルガードにも楽勝だと言う馬鹿まで出ます。
そんな甘い考えを打ち砕くべく、教官は実地訓練を行うと言います
クレヴァニ―ルとレムスはブラック4というチーム名を与えられます
訓練の内容は実践形式で、全訓練生VS教官&先輩二人で魔法を使って戦えというものです。
調子に乗った訓練生は覚えたての魔法で教官や先輩に攻撃しますが、ほとんど効いていません
大抵は返り討ちにあって怪我してリタイアしちゃいます
身を以って自分たちの考えが甘かった事を思い知らせてくれた教官に感謝しつつ最初の訓練は終わります。

535 :グローランサーW:04/03/12 09:14 ID:xZ9nu/GD
しばらくしてブラック4に新メンバーが加わります
新メンバーの名はヴァレリーと言います
ブラック4の部屋に入ってきたヴァレリーに挨拶をすると
『この基地に配属されているって事はお前もルインチャイルドか?』と聞かれます
ルインチャイルドという言葉に聞き覚えが無いので質問すると
ルインチャイルドについて説明してくれます(>>527の世界観参照)
ラインファルツ基地にはルインチャイルドが保護するという名目で集められているらしい。
遺跡で起こった出来事を思い出し、クレヴァニ―ルはルインチャイルドだと確信するレムス。
ヴァレリーに希望の遺跡でクレヴァニ―ルが背中から血を出した事を話し、ヴァレリーもそうなのかと尋ねるが
そんな話は初めて聞いたとの事。クレヴァニ―ルの件は謎らしい。
クレヴァニ―ルの机の上に置かれている使い魔の卵を見たヴァレリーはそろそろ卵が孵りそうだと言います
急いでドールハウスを用意するようにとの事
ドールハウスは同じ基地の研究室の研究員から譲ってもらいます
ドールハウスに卵をセットしてクレヴァニ―ルの体の一部と用意した素材を使って使い魔を誕生させます
使い魔には様々な外観の物があり、動物型や人間型があるそうです。
ヴァレリーお勧めは人間型の女の子という事で人間型にします。
(使い魔の外観と名前は特に限定しないままで続けます)
名前と外観を決めてベッドで一休みしている間にうとうとしていると『マスター』と呼ぶ女の子の声が聞こえます
目を覚ますと目の前に手の平サイズの妖精みたいな女の子がいます。無事に使い魔が生まれたようです。
これから永いつきあいになるので挨拶をしておきます。
朝になって同期の訓練生や先輩から『ずいぶんかわいい使い魔を作ったな』とか言われます。喜ぶ使い魔。
もしかすると陰でクレヴァニ―ルの趣味かとコソコソ言われてるのかもしれません。
使い魔は魔法の素質かある人か魔法が使える人ではないと見えないので
街中で使い魔に話し掛けたりすると変な人と思われてしまうので注意だそうです

ヴァレリーが加わってすぐにクレヴァニ―ル達は休暇を取る事になります
ラインハルツ基地はディクセン団長の奥さんが居る村の近くなので
レムスが団長が亡くなった事を奥さんに報告に行こうと休暇願いを提出していたのです。
そういうわけで休暇の許可が降りたので、奥さんが居るリボッカ村まで向かいます。
忘れちゃいけませんけど、この国、隣国とバリバリ戦争中です。こんな簡単に休暇取れるものでしょうか?
リボッカ村の団長の奥さんの家に行くと奥さんが居ます
奥さんに団長とレジーナの死を報告すると、傭兵やってるので覚悟はしていたとの事
団長に手紙を送ってきていた人物が居る事を聞き、その人物に会えば団長が語れなかった事を知ってるかもしれないと考える
団長に送られた手紙を預かろうとするが、奥さんは手紙を無くしたらしくもう一度探してみるそうです
奥さんが手紙を探すのを待っている間に、村を散策しているとなんか困っている人達発見
話しを聞くと病気になった子供がいるが、薬になる植物がある森に怪物が居て迂闊に近寄れないとの話
クレヴァニ―ル達がデュルクハイム軍だと知ると協力を仰がれます
引き受ければ軍の功績になりポイント稼ぎになるので引き受けるべきだというレムス。計算高い奴。
村の人が襲われないように注意しながら森の奥に進むクレヴァニ―ル達
コウモリとか狼とかサソリとかを撃退しながら進む
そして森の奥で遭遇したのは…以前出会った風船目玉の怪物だった
なんとか怪物を倒すと村人は薬草を持って村にさっさと帰ります
残された怪物の死体を調べるクレヴァニ―ル達。
どの生物とも異なる容貌に謎は深まるばかりで、とりあえずこの事を上官に報告しようという事になる。
村に戻ると奥さんが手紙を見つけていたので手紙を受け取る
遅い時間なので奥さんの家に泊めてもらう事になります。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 09:58 ID:EOebb1XE
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・カオスレギオン ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2
・シャドウオブメモリーズ ・デビルメイクライ2 ・ラピュセル ・フェイスパラドックス
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・テイルズオブエターニア ・ブラックマトリクス
・聖刻1092 操兵伝 ・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・ビヨンドザビヨンド
・魔道物語(ぷよぷよ) ・エンドセクター ・BAROQUE ・レジェントオブドラグーン
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・クーデルカ
・エクサフォーム ・だんじょん商店街
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・ラストバイブル3 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6 ・FF4
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・イデアの日
・超魔法大陸ウォズ ・マザー2 ・ブレスオブファイア ・ブレスオブファイア2 ・ロマンシングサガ2
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ボディコンクエスト
・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール
・ファンタシースターオンライン2 ・シャイニングウィズダム
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・アークザラッド 機神復活
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝 ・ONI ・ONI2 ・ONI3 ・ONI4 ・ONI5
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・スーパーロボット大戦64(64)
・ダイナソア 〜リザレクション〜(PCゲー) ・田中の夢物語

●途中
■現スレ ・エクソダスギルティー(結末) ・サーカディア ・かまいたちの夜2 ・ジャングルウォーズ2
・ブレスオブファイア3 ・ブレスオブファイア4 ・ヘラクレスの栄光4 ・FF5 ・.hack
・「真・女神転生V nocturne マニアクス」(追加シナリオ) ・ラグランジュポイント
・FF10-2(幻ED、隠ダンのトレマ会話) ・グローランサー4
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャッシュ編、アーミック編以外) ・ジルオール
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・グランディア ・ロマンシングサガ(WCだけの話)
・東京魔人学園符咒封録 ・FE紋章の謎
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜 ・デュープリズム
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・サモンナイト(カルマルート)
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・ブレスオブファイア2 ・戦国サイバー藤丸地獄変
・天使の詩2 ・サモンナイト2(番外編) ・サモンナイト3(番外編) ・真女神転生 ・真女神転生2
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・仙窟活龍大戦カオスシード ・ガンパレードマーチ
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 10:21 ID:oh2Txz7H
>>527-535
グローランサーIVの神様乙&ありがd
リクしたの初めてだけど、教えてもらえると嬉しいもんだね・゚・(ノД`)・゚・
続きも首を長ーーくして待ってる。

538 :グローランサーW:04/03/12 10:21 ID:xZ9nu/GD
夜中、団長やレジ―ナの思い出の品を眺めている奥さんとレムスが話している
自分の身の上を話し、奥さんから自分を本当の母親だと思っていいと言われて言葉に甘えるレムス。
夫と娘を失って傷心の人にこれはチャンスとばかりに取り入ってますよ、こいつ。

翌朝、基地に戻る事を奥さん告げて帰路につくクレヴァニ―ル達
途中で爆発音が響く、村の方を振り返ると煙が昇がっている
急いで村の方に戻るクレヴァニ―ル達
村に近づくとまた爆発音
ようやく村に辿り着くと、リボッカ村は跡形も無く消え去っていた
上空を見上げると、黒い翼の女天使が居た
この天使が村を消し飛ばしたのだ
レムスとヴァレリーにもこの天使が見えるようだ
『せっかく家族が出来たのに…』と悲しみに打ち震え、天使に対する怒りが爆発するレムス。村人より自分の事かよ。
天使は何処かへ飛び去っていった
何もできないままクレヴァニ―ル達は基地へと戻る

基地へ戻りルードヴィッヒ少佐にリボック村の謎の怪物と村が消滅した事、天使の事を報告する
ルードヴィッヒ少佐からはこの件に関する事は口外しないようにと命令される
天使に関しても何か知っているようなそぶりを見せる
ヴァレリーとレムスが退室してクレヴァニ―ルも退室しようとすると呼び止められる
クレヴァニ―ルの使い魔を見て自分が渡した使い魔の卵が孵ったのか、ずいぶん可愛らしいなとか話してくる。ひょっとしてロリコン?

自室に戻るクレヴァニ―ル達
休暇が明けると任務が待っていた
任務はル―ミス・リヒトマン博士の遺跡調査護衛である
ルーミス博士は魔石を発明して魔法を軍に広めた大功績者との事
彼は遺跡や古代文明を研究している
思ったより早く遺跡関連の任務を与えられたので意気揚揚とするレムス。
ヴァレリー・レムスと共に博士の滞在先であるサウドリックの街へ向かう
魔法は軍事機密なので使用禁止である
長い道のりを経てサウドリックの街へ辿り着き、滞在先の宿へ入ると不審な男が大きな袋を抱えて出てくる所だったが気にしない
宿の従業員に用件を伝え博士を呼んできてもらう事にする
従業員が血相を変えて出てきた。さっきまで居た博士が居ないとの事
先ほどの大きな袋を抱えた不審な男が怪しい
すぐさま外に出ると使い魔からある提案をされる
普通の人には使い魔は見えないので使い魔が偵察して怪しい男を捜すという
使い魔の提案を聞き入れて偵察を行い、モゴモゴ動く袋を抱えた男を発見
裏路地から回りこんで不審人物達を捕まえると袋の中にルーミス博士が入っていた。
不審人物達は何物かの依頼でルーミス博士を拉致したらしいが、黒幕は不明のままだ
とりあえず不審人物を軍に引渡し御用にしてもらった後、ルーミス博士と共にサウドリック北の遺跡へ向かう


539 :グローランサーW:04/03/12 10:22 ID:xZ9nu/GD
北の遺跡へ到着すると閉ざされたままの扉がある
こちらにルインチャイルドが居るので扉は簡単に開いた
扉が開いた瞬間、遺跡が塔のように地面からせり上がってきた
遺跡に入るといきなり警報が鳴り響き、敵が次から次に出現する
敵が出現する穴を塞がないといつまでも出現する仕組みらしい
ルーミス博士に治癒魔法を掛けてもらいながら全ての穴を塞ぐと敵が現れなくなった
残りの敵を片付ける。遺跡内にあった投影装置をルーミス博士が興味ありげに眺め、持って帰る事にする
最上階に昇ると敵の大群が居たが、魔法を駆使してなんとか退ける
奥の部屋に辿り着くと、カプセルの中に眠っている少女が居た。ルインチャイルドだ
博士によるとルインチャイルドが発見される時は最高齢でも10歳前後という事なのだが
この少女は10代後半に見える、かなり特殊な例らしい
少女は眠ったままなので博士が覚醒処理を行おうとすると、突如爆音が響く
外を見ると村を襲った黒い羽の女天使が遺跡を攻撃している
遺跡の周りに防御シールドが張られているが、長く持ちそうに無い
覚醒処理を中断して博士は離脱の魔法を使い遺跡の外に出る
ぎりぎりのタイミングで天使の攻撃により遺跡は崩壊した

崩壊の巻き添えで外で遺跡の入り口を警備していた兵士は死亡してしまう
同僚の死を悲しむルーミス。またも天使の攻撃で人が死んだ事で怒りを露にするレムス。
その傍らで眠ったままだった少女が目を覚ました。
その直後『やっと会えた』とクレヴァニ―ルに駆け寄る少女
クレヴァニ―ルには心当たりが無いので頭をかしげるばかり
目覚めた少女に質問すると、少女もどうしてクレヴァニ―ルに駆け寄ったのか解らないらしい
どうやら覚醒処理が不完全だったので記憶を失っているようだ
幸い名前だけは覚えているらしい、フレーネと名乗る
目の前の惨状を天使が行った、天使は人殺しを楽しんでいると感情的に語るレムス
フレーネはそれに対し、本当に天使は人殺しを楽しんでいるのか?と答える
レムスはフレーネが憎むべき天使を擁護しているように思えて食って掛かる
怯えてしまうフレーネ。レムス、またやっちゃいました。
ヴァレリーが彼女は目覚めたばかりで状況が良くわかってないからその辺にしとけ、と仲裁する。
出合って早々に気まずい空気のレムスとフレーネ。
とりあえずフレーネを基地で保護する必要があるけど、こんな空気だとフレーネが参りそうだ
ヴァレリーが気を利かせて目覚めたばかりでいきなり動くのも難だからとフレーネを休ませる事を提案
クレヴァニ―ルとレムスはル―ミス博士を早く基地に送り届けてこの件を報告しろと言い
レムスとフレーネを別々に行動させる事に。ナイスフォロー、ヴァレリー。
ここで一旦クレヴァニ―ル・レムス・ルーミスとヴァレリー・フレーネの二手に解れて行動する。


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 10:45 ID:/Sy3xUXT
デビルメイクライ「2」は既出でしょうか?

541 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/12 12:01 ID:pzQYIiEj
【バロック】
前兆はあった。
例えば、恋人に弄ばれたあげく捨てられて自殺した少女の話がある。
彼女の遺した日記には、恋人との思い出や、彼女の味わった苦しみが生生しく記されていた。
しかし、その後の調べで、彼女の「恋人」はどこにも存在していなかったことがわかった。
少女は架空の恋人との、歪んだ妄想が生み出した思い出に苦しんで自殺したのだ。

それから、少女のように歪んだ妄想を発端とする事件や事故が相次いで起こり始めた。
人々はいつしか、歪んだ妄想とそれを抱える人々を「バロック」と呼ぶようになった。

【大熱波】
誰もがバロックを抱え始めた頃に、それは起きた。
マルクト教団という宗教団体の建造物「神経塔」を中心にして、
神の叫びとも言うべき熱波は世界中を駆け巡り、包み込んだ。
その日から全てのものは歪んでしまった。
ある人間は理性を失い、異形と呼ばれる存在となり、
ある人間は、自身が抱えているバロックに相応しい姿へと歪められた。

542 :グローランサーW:04/03/12 12:03 ID:xZ9nu/GD
基地に戻る途中、街道で女性と歩く優男とすれ違う
女たらし全開の台詞を垂れ流して去っていく
なんなのあの人?って感じのレムス。
特に気にする事も無くそのまま基地へと帰還
上官の部屋に行き遺跡崩壊と天使の件について報告するとまたも以降は機密事項扱いにつき口外するなと言われる
ヴァレリーが帰って来た、なんかさっきすれ違った女たらしと遭遇してフレーネが口説かれて捲くのに苦労したとか
フレーネは研究室に預けてあるが後から別の施設に送られるらしい。
トロックメア方面に山賊が出没するとの報告が入る
数十人規模らしい、討伐の為に基地から兵士が駆り出される
なんかフロアのテーブルでいちゃついてるカップルがいる、同期のラウルとエレナだ、なんかむかつく
とにかく疲れる一日だったので部屋に戻るクレヴァニ―ル達
翌日からは通常の訓練なので就寝する

翌朝、講義が始まると教官から魔石実用化の功績が認められて
ルードヴィッヒ少佐とル―ミス博士が昇進する事になったと告げられる
そのため、パーティーを行う準備があるので本日の訓練は中止との事
訓練生達にはそれぞれパーティーの際の役割が割り当てられる
クレヴァニ―ルには館内の警備が言い渡された
翌日、パーティーが開催されていると上座で見慣れない人物とルードヴィッヒ(昇進して中佐)が話しているのを見かける
ルーミスにあれは誰だ?と質問すると、彼はデュルクハイムの大統領のデリンガーだという事だ
このような場に一国の大統領が居る事は癒着とも取られかねないと気兼ねするルーミス
デリンガー大統領との話しが終わるとルードヴィッヒに別の男が話し掛けている
黒服の男――見覚えがある、あれは団長とレジ―ナを殺した男だ。
何故こんな所に居るのかは解らないが、この場でどうにか出来るはずもない。
話しが終わると黒服の男は外に出て行く
クレヴァニ―ルは男の後を追って話し掛ける
黒服の男はヴェスターと名乗る
この場で事を構えるつもりは無いらしい
斬りかかりたい気持ちを押さえて、クレヴァニ―ルはヴェスターを見ているだけしか出来なかった。

543 :グローランサーW:04/03/12 12:04 ID:xZ9nu/GD
その夜、基地がやけに騒がしい、何物かが侵入したらしい
急いで表に出るクレヴァニ―ル達、山賊討伐の為に兵士はあまり残っていない
ヴァレリーは他の部隊に応援を頼まれてそちらに向かって行った
建物の外に出ると侵入者が教官と戦っている
侵入者の姿を確認した兵士は絶望する
侵入者はロイヤルガードの一人ミュンツァ―卿である
残存兵の指揮をとっていたルーミスは先の山賊の件は警備を手薄にする為の罠だったと気付く
訓練生が束になっても敵わなかったエイブラム教官が呆気なくミュンツァ―卿に破られてしまう
ミュンツァ―の目的は魔法に関する資料のようだ
ルーミスは兵を指揮して研究室にバリケードを設置し出払った部隊が戻るまでの時間稼ぎをしようとする
訓練用の人形等を障害物として用いミュンツァ―の侵攻を食い止める
なんとかぎりぎりで時間稼ぎが成功するとミュンツァ―卿は撤退する
砦の東側に逃げたとの報告が入る、ブリュンティール先輩も戻ってきた
東側にはヴァレリーが向かったはずだと聞いてヴァレリーの安否を確認しにブリュンティールが向かう
クレヴァニールとレムスも後を追う
途中の橋でミュンツァー達と遭遇するがヴァレリーとブリュンティールは見当たらない
ミュンツァーの兵士がクレヴァニールに攻撃してきた
使い魔が身を挺してクレヴァニールを庇う、言葉使いが弱弱しいがマスターを気遣う
ミュンツァーは使い魔の行動に免じて見逃すと言い橋を破壊して去って行く
ルーミスがようやく追いついてきた、使い魔の様子をみて表情が強張る
早くドールハウスで治療しないと本当に死んでしまうと言う
クレヴァニール達は急いで基地へ戻った

一ヶ月後、ドールハウスで治療を終えた使い魔が戻ってきた
ヴァレリーとブリュンティールは行方不明になってしまった、ミュンツァーにやられてしまったのかもしれない
教官が戦死してしまったので、ルーミスが教官を務める事になった
ルーミスが教官に着任した時に任務が言い渡される
東の隣国ヴァルカニアとの和平交渉にルードヴィッヒ中佐が赴く為、それを警護せよとの事だ
場所は港町トロックメア。早速目的地に向かうクレヴァニールとレムス
以前団長達と来た時の思い出が蘇り、懐かしささえ感じるが今は任務の為に街を下見しておく事にする
街を見回っているとヴァルカニアのロイヤルガードの一人アルフォンス・Oが居た
ヴァルカニア側の代表として来ているらしい
挨拶程度に話をして宿に戻ると外から悲鳴が聞こえる
急いで外に出ると巨大な怪物が堤防がある方で暴れているではないか
アルフォンス・Oが巨大な怪物と戦っているが押され気味である
クレヴァニールも駆けつけるが怪物が放った攻撃に吹き飛ばされて気絶してしまう
空中には黒い翼の女天使が飛来していた。
そしてクレヴァニールの脳裏に謎の女性の声が響く
クレヴァニールの体が宙に浮いた
巨大な怪物は突然堤防に叩きつけられる
天使が一瞬地上すれすれまで飛んで来た
怪物が叩きつけられた衝撃でトロックメアの堤防が破壊され海水が街を飲み込む
トロックメアの半分が水没し、おびただしい数の死者が出てしまう
救助作業に当たっていたアルフォンス・O卿だがこの災害がヴァルカニアの仕業だと噂されている事を知り
すぐさまヴァルカニアに引き返す事にした
この事件はヴァルカニアの陰謀であるとされ、和平交渉は破談、デュルクハイムはヴァルカニアに宣戦布告
デュルクハイムは北のイグレジアス、東のヴァルカニアと二面戦争を行う事になってしまう

544 :グローランサーW:04/03/12 12:07 ID:xZ9nu/GD
翌日、目を覚ますとレムスは居ない。新しいチームの部屋へと行ったようだ
クレヴァニールは与えられた任務通りにトロックメアに向かう
指定されたトロックメアの宿でカーギルに会う。細目の怪しい人物だ。
彼に喉が渇いただろうから水を飲むといいと言われ水を飲む。
突然、視界が歪み倒れこむクレヴァニール。
水には薬が盛られていたのだ。
何がどうなっているのか解らないまま、クレヴァニールの意識は闇に落ちていく


とりあえず今日はここまでにします
まだ序盤ですけど

545 :グローランサーW:04/03/12 12:10 ID:xZ9nu/GD
すまんミスった>>543>>544の間

一旦基地に戻るクレヴァニールとレムス
戻った先でチームの配置換えを伝えられ、クレヴァニールとレムスは別のチームになってしまった
クレヴァニールを含む数名が講堂に残るように言われる
残された者は皆ルインチャイルドだった
ルーミスは各個人に特別任務が与えられると告げ、一人一人に目的地を告げる
クレヴァニールには明日早朝に港町トロックメアまで行き、カーギルという男に会えという事を伝える
この任務は極秘なので誰にも行き先は告げるなという事だ
クレヴァニールは部屋に戻る、レムスと同じ部屋で過ごすのは今夜が最後だ
使い魔はレムスとクレヴァニールの昔話にじっくりと聞き入っていた

546 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/12 12:30 ID:pzQYIiEj
【主要キャラ】
主人公:記憶と言葉を失った青年。
その代わりというべきか、深い罪の意識と、異形をイデアセフィロスに変える浄化能力を所持している。

上級天使:大きな偽物の翼(偽翼)をつけた金髪の青年。主人公以外で唯一まともな姿をしている人間。
大熱波以前から存在するマルクト教団という宗教の偉い人。しかしゲーム中では妙にピリピリしていて余裕がない。
天使銃という強力な武器を主人公に渡し、神経塔に潜って最下層に行くように言ってくる。

天導天使:上級天使の部下だった人物。偽翼……というか、二羽の鳥を背負っている。
熱波の影響で変な姿になってしまったが、元は美人秘書だったらしい。
ドクトル.アンゲリウスだか、アンゲリアスだか、そんな感じの本名がある。

コリエル:大熱波の原因を生み出した者たち。神経塔内に幽閉されている。
全部で13人いるはずだが、神経塔内には12人しかいない。

アリス:神経塔内で出会う、謎の浮遊少女。
自分のことを「ぼく」と呼ぶ。彼女も主人公のことを知っているようだ。

イライザ:神経塔内で出会う、謎の浮遊女性。主人公の「綺麗な水」を求めている。

創造維持神:マルクト教団が崇めていた神様。神経塔の最深部にいる。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 12:32 ID:CgOXcNiT
サイレント昼読みたい。

548 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/12 12:44 ID:pzQYIiEj
【その他のキャラ】
角女:自己を失った女性。すぐ傍にいる人物の心を読み、そのまま返す。
袋の者:他人の言葉を引用する形でしか物事を語れなくなった人。どうも女性らしい
物の者:アイテムコレクター。主人公のアイテムを保管してくれる。
首の者:首が妙に長い。天導天使と一緒になにかをやったらしく、それについて深い苦悩を抱えている。
カンオケ男:練習用ダンジョンを作っている男。練習ダンジョンで死んだ人の身ぐるみはいで生活している。
 「〜やがって下さい」「〜〜やがるんデス」など、妙な喋り方をする。

心読みの者:感覚球という物体と融合してしまい、
 他人の心を読めるようになってしまった婆さん。
箱の者:箱の中に娘がいる、というバロックを抱えた親父。
ウリムとトンミム:マルクト教団の信者で、作業天使と呼ばれる者たちの一人。
 外見は一人の人間の肩からもう一人分顔が生えている感じ。お互いに仲がいい。
殺戮部隊:上級天使の部下。数人いる。天導天使を追っている。
警備天使:上級天使の部下。スタート地点にある施設の警備をしている。
呪装天使:マルクト教団の元信者。とてもじゃないが元人間には見えない。
 アイテムの合成をしたり、肉や心臓を焼いてくれたりする。

549 :バロック〜歪んだ妄想〜:04/03/12 13:37 ID:pzQYIiEj
【-1回目・意識シミュレート】
歪んだ町に放り出された主人公は、
上級天使から天使銃という武器を渡される。
そして彼に命じられるまま、神経塔の地下へ潜っていくことになる。

なお天使銃は、どんな敵でも一撃で殺せる武器。
ただし弾数が限られているので、大抵は素手で殴るか、拾った剣で攻撃することになる。

-1回目は地下五階が最下層に設定されているので、そこまで降りる。
「さあ、天使銃を撃て。狂った創造維持神を浄化するんだ。
 お前の使命を頭に焼き付けろ! 最下層で銃を撃ち、世界を浄化しろ!」
上級天使の声に命ぜられるまま、奥にある物体=創造維持神を天使銃で攻撃するとクリア。
意識シミュレートが終わり、いよいよ現実の世界で目覚める。

(ちなみに-1回目では、途中で死亡してもクリア扱いになる。ただしクリアムービーが少し違ったものになる)

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 13:56 ID:JTUx4HQF
隠忍シリーズはIIIなら途中までざっと書ける。他のシリーズは難しいな。
ストーリーの内訳は覚えているが、あらすじしか書けない。まぁ、IIIも最期まで
書けないけど。

ONI(隠忍)III 〜黒の破壊神〜
《 あらすじ 》
開けてはならない禁断の扉なんてものは古い家ならいくらでもあったもんです。
 とある古道具やとて同じ。
ここには先祖の代から禁じられている扉がありまして、
代々その言い伝えを守って誰も開けたりはしませんでした。
ところがですよ、何代目かは忘れちまいやしたが、常葉丸って子供が倉の扉を開けてしまった!
 こりゃ大変ですよ。
なんと、倉に封じられていた妖怪どもが、みんな逃げちまいやした。
 もう、手もつけられないありさまです。
でも、ほっておけばどんな悪さをするか判ったもんじゃない・・・。
さてさて、お噺しはこうして始まりますが、これからどうなりますやら・・・。

・序章 常磐丸
天地丸(I主人公)と高野丸(II主人公)が活躍した時代から五百年後(三百年後だったか?)、
とある町で骨董屋を営む老人には一人の孫がいました。名を常磐丸。
早世した息子夫婦にかわり、この孫を大事に慈しんできた爺様ですが、天寿には
勝てませんでした。無くなる際、彼は孫にこう言い残しました。
「倉を決して開けてはいけない」
こうして天涯孤独の身となった常磐丸は、祖父の後を継いで骨董屋を営みはじめます。
しかし、好事魔多し。開けてはならない倉に異常なまでに興味を示す男がいました。
執拗な男の挑発に乗ってしまった常盤丸は、ついに倉の扉を開けてしまうのだった。

(序章幕)

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 14:07 ID:qBz49KMW
オッツー(・∀・)イイヨイイヨー

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 14:22 ID:VsypTsYJ
ウイニングイレブン7のネタバレおねがいします

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 14:32 ID:bkwI3SiF
グローランサ4、Gファンタジーで連載されてるんだがゲームとは全然違うんだな。

554 :ONI III〜黒の破壊神:04/03/12 14:47 ID:JTUx4HQF
・一章 清志郎
 猿別村の青年清志郎は、捨て子である。竜神の住まうといわれのあるところに捨てられていたこと、
生まれ持った法術の力ことから神の子と呼ばれ慕われている。貧しい人に無償で術を施すその善良な
る性格ゆえに、彼は様々な騒動に巻き込まれていく。
 妖怪にさらわれた娘の救出から、その力に目をつけた城主の家臣になったりと実にめざましい。
やがて、捨て子であるが故に育ての親思いであった彼は、城勤めを断り猿別村へ帰郷することにする。
 しかし、人々のために己の力を使いたいと考えていた清志郎を待っていたものは、愛する義母と"かよ"(義妹)の
笑顔ではなく、暴虐な城主によって無惨な形に変わり果てた二人の姿だった。

「おのれ 城主という名の下郎め! ゆるさん!!」
故郷の村人を皆殺しにした城主への怒りに打ち震える彼は、そこを探女という女につけ込まれ、
妖怪"若毘古"として目覚めた。

(一章幕)


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 15:04 ID:4PZthYaO
>>547
サイレントヒルは解決済み。
まとめサイト見るよろし。

556 :ONI III〜黒の破壊神:04/03/12 15:37 ID:JTUx4HQF
・二章 静那
 九州の田舎にある双葉流道場の師範の娘静那は骨董品に興味のある天才剣士。
子供の頃から父親をあっというまに打ちのめす男顔負けの剣士である。彼女には、生き別れになった姉"咲麻"がいた。
長ずるに及び剣士としての腕を磨いた彼女は、姉を捜す旅に出ようとしたが、父がそれを許さない。
「どうしても、旅に出たいのなら洞窟に置き忘れた私の刀を取ってこい!」
と言われた静那は、苦労惨憺(マジでゲーム難度凄いのよ、このゲーム)、ようやく父親の刀を手に入れる。
娘が手に取ってきた刀を見た父親の言葉はこうだった。
「やはり、錆びておったか……」
 子が親に殺意を抱く瞬間とはこういうものだろうか?(いや、殺さないよ)
なにはともあれ、許可は出た。旅に出た静那は、途中立ち寄った城下町で娘をさらう大天狗の噂を耳にする。
「まさか、姉様の失踪には阿了山の天狗が関係しているのでは」
そう思った彼女は、城下町の長老に自分を売り込みに行くが、これがまた静那の父親ばりに性格の悪い男
だった。さんざん嫌みを言われた後天狗退治に向けて静那は出発する。
 激戦を制して天狗にうち勝った彼女は、事の真相を知る。天狗は山の大樹の化身であり、城下町が町の
発展のために工事を拡張してむやみに山を削っていくことに我慢できず、抗議の意味を込めて娘をさらっていた
らしい。さらった娘をかえしたうえに、天狗は静那に姉の情報を持っていなかった見返りとして自分の宝物の
隠し場所まで教えてくれる。こちらは悪事の片棒を担いだだけに、とても申し訳ない気分にさせられる。
 こうして、手がかりを見つける片手間、天狗の財宝を求めて東の小豆島に向かった静那。
奥で見つけた財宝の一つに白い猫の絵が描かれた掛け軸があった。興味津々絵を眺める静那の体に、掛け軸が
突如として巻き付いた。気が付いた静那が目にしたのは鏡に映った己の姿。
彼女は、鮮やかな銀の毛並みをもった猫又に変化していた。

(二章 幕)


557 :ONI III〜黒の破壊神:04/03/12 15:55 ID:JTUx4HQF
・三章 チャンドラ
 またまた場面が変わって日本の中国地方。ここを旅する印度人の姿があった。
男の名はチャンドラ。印度人の陶芸家。陶芸家なのに芸人、しかも強いという謎の多い男である。
 彼の特技は召喚術。ツボの中から精霊だの妖怪だのを呼び出すのが得意技。
彼の渡来の目的は「咤枳尼天壷」(だきにてんこ)と呼ばれる壺を手に入れること。
 我々にはよく分からないが、「あれはいいものだ」らしい。
ともあれ、件の壺は桶山城の殿様が持っている。それを手に入れるべく彼が考え抜いた策が、
芸で名を売って殿様に近づくという王道であった。かくして、「レッドスネーク、かもんヤ〜」などと言う
異人どもの舞台荒しが始まる。
 しかし、場所によっては受ける芸と受けない芸がある。豊富なレパートリーを手に入れるべく、
新たな芸(ネタ)を持った壺を探すトレジャーイベントがあったりと割と忙しい。
しかも、そのネタが戦闘の手段になったりするのだから、これまたなんともかんとも。
 こうして、殿様への紹介状をもらった我らがチャンドラ。桶山城で技を披露し、殿様のハートをゲット。
「咤枳尼天壷」を褒美としていただく。

「綺麗な壷やなぁ うっとり‥‥ 白い狐の 絵ぇが描いてある」
間抜けな顔でチャンドラが見惚れるていると、壺の中から突然魔物が抜け出してきた。突然の事態に
あたふたするチャンドラを後目に、魔物はウルーピィ(ナイスバディなインド人女性)という
チャンドラの追っかけと壺を持ち去ってしまう。
慌てて追跡したチャンドラは、魔物を仕留めたものの、ウルーピィを救うことはできなかった。
こうして、謎だけを残して壺だけがチャンドラの手許に残った。

(三章 幕) 

558 :ONI III〜黒の破壊神:04/03/12 15:57 ID:JTUx4HQF
 続きは誰か他の人に任せる。俺の持っているゲームはソフトが壊れてて四章を確認できん。


559 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 17:07 ID:12NPr3Ho
>>507
女神転生IIって1の主人公ナカジマが仕組んだ事だったの?

560 :シャドウオブメモリーズ:04/03/12 17:15 ID:/Sy3xUXT
途中まで出来たのでアプします。

561 :シャドウオブメモリーズ:04/03/12 17:16 ID:/Sy3xUXT
シャドウオブメモリーズ
─プロローグ─
・アイク(主人公)は突然何者かに襲われ、命を落としてしまう。
薄暗い奇妙な空間で目を覚ましたアイクは、ホムンクルスと名乗る若い男に
「自らの運命を変えたいのなら『時空を超えるアイテム』を分けてあげる」と言われ、
そのアイテムを手にする。
その後、自分が死ぬ前(30分前)に居た喫茶店の中に戻っていた。
とりあえず外に出て、近くにあった『占いの館』に入るアイク。
占いおばさんに『死なない為には人が沢山居る所に居ろ』との助言を受けたアイクは、
最初の自分の死を回避する為に、アイテムを使って30分前に戻り、
街の通行人に「街の広場で何かイベントがあるらしい」とハッタリこき人を集める。
(30分後、つまり本来死ぬ時間になるまでに集められないと殺されて、
ホムンクルスんとこに戻っちまいます)
人が集まっていると、白いローブを纏った道化師がイベントをやっており、
アイクに近寄る事が出来ない殺人鬼の影が去っていき死を回避でクリア、となる。

562 :シャドウオブメモリーズ2:04/03/12 17:17 ID:/Sy3xUXT
─第一章─
命が助かったアイクは、街を歩いているとバーが火事になっているのを発見。
バーの周りに人だかりが出来ている。
アイクはその人だかりの中で、座り込んでシクシクと泣いてる少年に
「中に人が居るんだ。助けてよ!」と言われ、バカ正直に炎ゴウゴウのバーの中へ。
→当然死ぬがな!・・・一酸化炭素中毒(予想)で、アイクは死亡。
そして、ホムンクルスの居るあの妙な空間で目覚める。
よーし、パパこうなったらまた過去に戻っちゃうぞー的に火事の前に戻り、バーの周りをパトロールしていると、
何やら怪しい人影発見…。そっちに行ってみると…あッ!火のついたごみが捨てられてる!
アイクはボヤのうちに消火に成功、バーも火事にならなくて済んでこの死も回避クリア。

563 :シャドウオブメモリーズ3:04/03/12 17:18 ID:/Sy3xUXT
─第二章─
またまた命が助かったアイクは、今度は街の広場へ行ってみた。
するとすぐに、最初に居た喫茶店のウェイトレスの金髪の女の子(ダナ)がアイクに呼び掛ける。
忘れ物を届けに来てくれたという。一つはジッポライター、もう一つは不思議な赤い宝石。
アイクは、ライターは俺のだけど赤い宝石は俺のじゃ無いぜ?と言い、受け取りを拒む。
しかし、ダナと仲良く話をしていると、木の影に潜んでいた殺人鬼に公然と背中を刺され、
ダナの叫びの中アイクは死亡、ホムンクルスのもとへ。
とりあえず、また死ぬ直前の広場前まで戻してもらったアイクは、「あの木の影に犯人が…」と考え、
色々考えながらダナと話をしていると、時空を越えるアイテムが反応したので使ってみた。
すると、アイクの死に関係無いダナまで巻き込んで、その場から消えたアイク(&ダナ)。
一方、場面が変わりセピア色の街。夜の街の広場で、派手なドレスを着た女性が手足を拘束され、
オリの中に入れられてさらし者にされている。
その近くで町民の女性達が、「派手なドレスを着るからあんな目にあうんだよ」と話している。
女性達はオバサンだが、その中に一人、茶髪ロングの若い女の子(マルガレーテ)が居て、
派手めなドレスを着ていた。その為、オバサン達に「あんたもさらし者にされるよ!」
とイビられ、「派手なドレスを着ている事をいいふらされたくなかったら、私達にもドレスを作れ」
とか言われておどされていると、マルガレーテの前に時空を越えてアイクが登場。(笑)
悲鳴をあげるオバサン達。その騒ぎに気付いた中世風の服を着たガードマンらしきおっさんが様子を見に来る。
とっさに「この地は大昔?」と気付いたアイクは、携帯電話やライター等文明の利器を使って、
おっさんやオバサンを脅し、この場から去るように言う。アイクはマルガレーテと二人きりになる。
マルガレーテはアイクに、お礼をしたいからウチに来て欲しいと言う。
とりあえずアイクは着いてったが、はやく巻き込んでしまったダナを探さんといけない。
マルガレーテの弟(フーゴ)、病弱の母、錬金術師の父(ワーグナー氏)等に顔合わせをして、家を出た。
現在で殺された場所である街の広場に来てみると、広場のまん中に木を植えている男を発見。
この木が無ければ、殺人鬼が隠れるものが無いから俺は助かる!と驚愕の思想を持ち出したアイクは、
街の領主に命令されたフリをして「木じゃ無くて、花or銅像(選べる)を作れ」と男に言う。
現在に戻り、この死も回避クリア。しかし、ダナは居ないままである。

564 :シャドウオブメモリーズ4:04/03/12 17:20 ID:/Sy3xUXT
─第三章─
なんとなく街を歩いていると、アイクの携帯電話が鳴り出す。
相手は年の離れた友人(エッカート)で、どうやらアイクは彼の経営する美術館を見に行く約束をしていたらしく、
その約束の催促の電話だった。(ここで美術館に行かないで居ると、時間が来ると死亡)
美術館に着いて絵を見ていると、とある部屋でホムンクルスが出現。
ホムンクルスは、自分の力を示す為にアイクを20年前に送る。(ホムンの話を聞かず去ろうとすると死亡)
時空を越えるアイテムのパワーが抜かれているので、街を歩いてパワーのもとを探し、現代へ戻る。
この死の回避はどこへ消えてしまったのか…?すぐに次の章へ。

565 :シャドウオブメモリーズ5:04/03/12 17:21 ID:/Sy3xUXT
─第四章─
四章始まって間もなく、「死亡まであと10秒」のメーターが出ている。なすすべもなく時間は過ぎ去り、
アイクは後ろから背中を刺されて死亡。ホムンクルスの空間へようこそ。
ホムンクルスに助言を受け、現在に戻してもらったアイクは、時空を越えるアイテムで100年前までGO。
美術館の前に来てみると、エッカートに(ハゲ具合が)よく似た男(アルフレッド)に会い、話をする。
リビングでお茶を貰って飲んでいると、アルフレッドの娘(名前失念)がアイクに興味を示し、
「(アイクの)服が破けているから縫ってあげる」と言われる。
「出来上がるまでこれを着ていて」と差し出されたのは白いローブ。アルフレッドがお祭り?で使うモノらしい。
それと、同じくリビングで見つけたタマゴのおもちゃようなもの。中に紙が入っていて、手紙を書けるという。
アルフレッドの娘が要らない物らしく、何かを思い付いたアイクはそれを貰って、ある文章を書く。
白いローブ・お面を付けたままアイクは、タマゴ手紙とお手玉を持って現在へ直行。
着いたのは『プロローグ』の、広場に人が集まり始めた頃の時間。
アイクは、この時間の自分をおびき出すため、広場でローブ・お面のまま道化師のフリしてお手玉を始める。
元から人が集まっていたため、すぐに周りに人が集まって来た。そして、その時間のアイクも来た。
道化師役のアイクはどさくさまぎれに、この時間の自分にさっき書いたタマゴの手紙を投げ渡し、
急いで100年前に戻った。
この時間のアイクが手紙を見てみると、こう書いてあった。「何か硬いものを手に入れといてくれ」
この時間のアイクがハァ?と思いながら見上げると、道化師は居なくなっていて、お手玉だけが残されていた。
さて、100年前に戻ったアイクは、記念にみんなで写真を撮ろうっつう事になって、道化師の格好のまま撮る。
服を着替えると、まっ先に現在・死の直前に戻る。あの時と同じくアイクは、何ものかに後ろから刺される。
殺人鬼は去って行く……が、アイクは生きていた。
見ると、背中の所にフライパンが。過去の自分は、「硬いもの」を用意してくれたのであろう。
この死はこれで回避され、クリアとなる。
なお、この章は助かる方法が色々あり、アイテム「看板」で死を回避する、といった手もある。

566 :シャドウオブメモリーズ:04/03/12 17:23 ID:/Sy3xUXT
次からはマルチエンディングのための分岐となるので、
どう書いていこうか思案中です。

567 :藤丸地獄変(1〜3):04/03/12 17:31 ID:Izhwvc84
ゲーム開始時の隠れ里初期キャラクター

※煉釛藤丸:17歳。主人公。はぐれ透波のリーダー的存在。口悪し。
※オロチの傍太:8歳。蛇を自在に操る少年。伝説の大蛇「オロチ」を
蘇らせようとしている。毒の耐性を持つ。
※煙羅の助八:37歳。薬学のエキスパート。発色の煙を操る幻術の使い手
※送り屋岩鉄:43歳。骸骨のような外見に似合わず、拳で戦う打撃系。
※肉玉塀五郎:27歳。身体のほとんどが脂肪で刃物が通じない。
柔らかい身体を利用して、跳躍力に富んだ攻撃をする。
※切り回し騨丈:27歳。からくり開発に命をかける男。様々な形に変わる
からくり満載杖で戦う。
※裁縫屋甚也:33歳。体中縫い目がある不気味な男。手先が器用。
全身の傷口の中に様々な武器を隠しているという。
※地獄極楽:年齢不明。枯れ木のような老人。天気を操る不思議な力を持つ。
※霧隠才蔵:21歳。霧を自在に操る天才忍者。藤丸とは仲が悪い。
※傀儡の楽天丸:12歳。双子の兄。人形を操り攻撃を行う。
※人形遺賽天太:12歳。双子の弟。人形作りの腕は一級品。樹木と会話できる。

一幕・侵入者

戦国時代、武田信玄は透波忍軍という正規の忍者部隊とは別に、隠れ里で
「はぐれ透波」と呼ばれる忍者集団を秘密裏に育てていた。
だが、信玄の急死により、事態は思わぬ方向へと転がり出す。
悲報を伝えるべく隠れ里を目指す歩き巫女達は、山賊の鉢屋衆に襲撃される。
この事に気付いた藤丸達が出撃。鉢屋衆を撃退しつつ、朧影のかなめ、
韋駄天風子、百合、夕霧、小夜の5人を保護。
彼女等から信玄の死を知った藤丸達は、今後どうするか決断できないまま、
帰るあてもない巫女達もつれて、しばらく隠れ里での生活を続ける事にする。

※朧影のかなめ:15歳。巫女としての高い素質を持つ。回復術が得意。
※韋駄天風子:14歳。気の強いお転婆なくノ一。蹴り技が得意。
※百合:巫女の一人。
※夕霧:巫女の一人。
※小夜:巫女の一人。

二幕・裏切り者

長年信玄に仕えてきた正規の透波忍軍頭領・加藤段蔵は、はぐれ透波の
存在を知り激怒。信玄亡き今、その怒りの矛先ははぐれ透波に向けられる。
段蔵は手下を率いて隠れ里を急襲するが、逆に返り討ちにされてしまう。

568 :藤丸地獄変(4〜6):04/03/12 17:32 ID:Izhwvc84
三幕・伊賀忍軍急襲

信玄の懐刀だった透波忍軍を撃退したはぐれ透波の噂は、あっという間に
広がった。すぐさま腰を上げたのは百地三太夫率いる伊賀忍軍だ。
三太夫の命を受け、三大忍者と恐れられる「石川五右衛門」「楯岡道順」
「音羽の城戸」が隠れ里を訪れるが、三人はその場を手下に任せ、さっさと
引き上げてしまう。戦いの最中、かなめに一目惚れした黒兵衛が仲間に加わり、
他の忍者を全て撃破した藤丸達は、否応もなしに戦わざるを得ない状況に気付く。 

※黒兵衛:22歳。かなめに惚れて寝返った奴。微妙にロリ。

四幕・山越え

伊賀忍軍を退けたはぐれ透波の噂は、ますます全国に知れ渡ってしまう。
そんな中、信玄とライバル関係だった上杉謙信は、自国である越後に
招待する。罠を承知で越後に向かう決心をする藤丸達だったが、その
道中、山深くを根城にする狼の群れに襲われる。
戦いの最中、藤丸は不思議な洞窟を発見。洞窟の中には祠があり、祠の主は
血を飲ませてくれという。要求に従って血を与える藤丸に、声はこの先々で
四神の力を得られるだろうと言い残し、消えた。
狼の群れを蹴散らした藤丸の前に、群れのリーダーらしき一匹の犬が
現れる。忍犬として育てられながら、山に捨てられたこの犬に、藤丸は
留めを刺さなかった。その犬・鳶丸に寄りそう雌犬・綾。2匹はそのまま
はぐれ透波に仲間入りするのだった。

※鳶丸:5歳。忍犬として育てられるが、任務に失敗して捨てられた。
※綾:3歳。人間に捨てられた後、鳶丸と共に狼の群れで暮らす雌犬。


五幕・謀 六幕・葵と紅

謙信との和平条約を結んだはぐれ透波達だったが、その帰り道、数名が
毒に苦しむ事となる。そして、襲ってくる奇妙な集団。やはりこの会見は
罠だったのだ。
謙信の部下である軒猿衆を率いて襲ってきたのは、志摩葵。醜く生まれた
事を呪い、さらって来た女達を自分のように醜く変え、部下にしているという。
戦いの中で、そんな軒猿衆に姉をさらわれたという女剣士・かがりに出会う。
途中、千年樹に触れ、会話した賽天太は「千年樹の枝」を手に入れる。
志摩葵との戦いに打ち勝つと、葵は「お姉ちゃんはもっと強い」と言って
さらに奥へと逃げて行ってしまう。追いかける藤丸達。
はぐれ透波と戦う途中、かがりの姉は妹に気付く。すでに正気を失いかけて
いる姉に止めを刺さなければならない。それが彼女の願いなのだ。
そして、形見のかみかざりだけが残された……。
志摩紅・葵の姉妹を倒す際、才蔵は紅から一つの宝を与えられる。
それは、「妖刀・髭切り」。この事が、のちに大きな転機となっていく。

※かがり:16歳。猿女にされた姉を捜して、はぐれ透波の仲間になる。

569 :藤丸地獄変:04/03/12 17:34 ID:Izhwvc84
しまった。題名の数字を間違った(汗)。
とりあえず、できた分だけ。続きはボチボチ・・・。

570 :ブレスオブファイア2:04/03/12 17:54 ID:sDIIg0dn
主人公リュウは妹ユア、父ガナーと共にゲイト村の教会で暮らしていた。
ユアを探しに行ったリュウは裏手の丘でユアを見つけた。丘の岩肌には
ドラゴンの頭部が道を塞ぐように嵌っているのだが、ユアはここで昼寝
すると母親の夢が見られると言った。そしてリュウがそこで目を閉じたところ、
おどろおどろしい魔物らしき眼がこちらを凝視しているのが見えた。

その後村に戻ると先に村に戻っていたはずの二人がどこにもいない。
しかも村民はリュウも含めた一家の記憶がなかった。困惑しつつ、
ひとまず教会で寝泊りしていたところ、誰かが教会に忍び込んできた。
彼はボッシュというみなしご(犬顔♂)で、事情を話すと一緒に家族を探しに
行ってくれることになり仲間になった。しかし近くの洞窟内で、強力な
魔物に一蹴されてしまった。しかしその魔物はリュウが「使命の子」で
あると判断し、殺さずにどこかへと姿を消した。

―――それから10年後―――

リュウとボッシュはレンジャー(何でも屋)としてモトの町という所で生計を
立てていた。さっそく今日も依頼が来た。ペットを探してくれという内容に
嫌気が差したボッシュだが、依頼主のミイナがかわいいと知って乗り気になり
捜索に向かう二人。結局だいぶ遠くの廃墟にてペット発見。任務完了。

そんなある日、突如ボッシュが窃盗犯として追われる身になってしまった。
本人は濡れ衣だと言っているため、ボッシュをゴミ箱に隠して真犯人の
捜索に乗り出したリュウ。その過程で出場したコロシアムにて、対戦相手を
八百長のための毒針から救い、裏で糸を引いていた支配人を成敗した。
この時の対戦相手であるリンプー(虎人♀)と、八百長のことを教えてくれた
ランド(甲殻族♂)が一緒に戦ってくれることになった。
廃墟にて、ランドが廃墟を修理してくれるということで仲間から外れた。その後
モトの町に戻ると、ミイナの姉、ニーナ(有翼族♀)が妹を人質に取られ
姉妹共に連れ去られてしまう場面を目撃。追いかけて盗賊団を成敗し、
姉妹を救出。ニーナが戦力に加わった。

571 :ブレスオブファイア2:04/03/12 17:56 ID:sDIIg0dn
姉妹はウィンディア王国の生まれということで、王国まで一緒に行った。そこで
姉妹は王女であることがわかるが、女王はミイナの無事を喜ぶものの、
ニーナを追放してしまう。ミイナは白い翼だが、ニーナの翼は黒いため、
不吉だと判断され疎まれてきたという。
城下町に来た所で旅芸人が芸を披露しているのを目撃。しかし彼は芸に
かこつけてリンプーとニーナにちょっかいを出そうとする。そしてリンプーに
ボコられ、お詫びに一緒に戦うと言い出しパーティに加わった。彼はステン
(高山族♂)、猿のような外見をしている。

カペタン村にて(まだボッシュに濡れ衣を着せた犯人を探しています)、
涸れ井戸に村民が転落してしまい出られなくなったようなので早速救助に行く一行。
途中、エバ教信者・レイという男の協力も得て村民を救出した。
その後、村に現れた女性に話し掛けると、リュウ一人だけで人気のない小屋に
連れ込まれてしまった。そしてその女性と強引に『合体』させられることに…
その時リュウの潜在能力が引き出され、リュウはドラゴン化の能力を得た。
しかしその膨大なエネルギーにより小屋は大破してしまった。彼女は
火のシャーマン・サナモと名乗り、パーティメンバーと『合体』することで、その
キャラのステータスを高めることができるらしい。何にせよ宿無しのままという
訳にもいかないので廃墟まで連れてくると、ランドがだいぶ改修してくれた
ため、サナモはそこで合体小屋を設けたいとのこと。ランドがパーティに
加わり、廃墟を一人前の町にすることも目的となった。

シャロンの森にて。沼にいる巨大な蛙は魔女の呪いでこの姿になってしまったので
元に戻して欲しいとのこと。よって魔女のいる塔に向かうお人好しな一行。
途中水のシャーマン・セソを合体小屋に送りつつ美男子好きな魔女・ニムフを
責め上げたところ、解呪には乙女のキスが必要とのこと。
嫌がるニーナを巨大蛙にキスさせると呪いが解け、彼はタペタ王子(葡萄族♂)と
名乗りパーティに加わった。ちなみに外見は人間サイズの蛙。

572 :ブレスオブファイア2:04/03/12 17:57 ID:sDIIg0dn
彼の居城・スイマー城についたところ、既にタペタ王子は城内におり、どちらかが
偽者ということになった。さっそく捕まったタペタを脱獄させ、王家の指輪を
証拠物件として提示したものの、既に指輪は偽造されており証拠にならなかった。
タペタは今度は料理勝負を持ちかけ、リュウ達は最高級の食材を獲得すべく
城の地下に向かった。ごきぶりを倒し、究極の食材である金蝿を捕まえた一行。
最高の料理を用意したにも関わらず、審査員達は偽者を支持した。すると
タペタの妹ペタペがキレてしまい、城を爆破すべく城の中枢に向かった。
追いかけていくとペタペが倒れており、その先には本性を表わした偽者が。
スイマー城を乗っ取ろうとした偽王子クワドラを成敗し事件解決。ついでに
厨房で盗み食いしていたボッシュ事件の真犯人も捕まえめでたしめでたし。

ボッシュがパーティに復帰した後、真犯人である盗賊パティを尋問したところ、
盗んだものは元々自分のもので、盗みに入った屋敷の主・トラウトが窃盗団の
親玉だと言ってきた。その言葉を信じて屋敷に忍び込む一行。かくして本性を
表わしたトラウトを成敗、口封じのために捕らわれていた人々も救出し、一件落着。

ゲイト村にて、木々が枯れていくという現象が起こっているらしい。原因を
調べるには草人なる種族の協力が必要とのことで、各地を捜索する一行。
途中くじら岬にて、グランパというくじらをくじらベルによって手なずけることに成功。
海を渡り、見世物小屋にて捕らわれた草人を発見するが、法外な見返りを
要求する団長に怒りの鉄槌を下し草人救出に成功、アスパー(草人♀)が
パーティに加わった。大賢樹に聞いたところ、正直覚えてないということで、
思い出してもらうために大賢樹の意識内に入り記憶を正すことにする。
そのためのアイテム・セラピの枕を手に入れるため、一行は音楽の国に向かった。

で、音楽の国に来てみたが言葉が通じない。音楽には音楽で答えるため、
名人の笛を手に入れるべく、ステンの故郷・ハイランド城に向かった。

573 :ブレスオブファイア2:04/03/12 17:58 ID:sDIIg0dn
ステンは城に入りたくないとのことで城の近くで待たせ、城内へ。そこで
城内を取り仕切る女将軍シュプケーに見つかり捕らえられてしまった。
帰ってこない仲間たちが心配になってきたステンが城内に忍び込むと、
親友トゥルボーと鉢合わせになった。トゥルボーは城から出て行った
ステンを責め、戦闘になる。ステンは元々姫を守る側近であったが、
自分へのプレッシャーに耐えられず逃げ出してしまっていたのだった。
トゥルボーと戦い、今の意思、すべきことを伝えたステンは、トゥルボーと
協力して仲間の救出に向かった。仲間と合流し、王国の軍事力を
我が物にしようとするシュプケーを成敗したが、シュプケーが城の大型兵器を
暴走させてしまい、城は倒壊してしまった。姫を支えられるのはお前だけだと
再び城でみんなをまとめろと言うトゥルボーに、ステンは俺にはやるべきことがある、
それが終わったら必ず戻ってくると言い、名人の笛を持ち城を後にした。

音楽の国に戻ってきた一行は王女が酷い肥満に苦しんでいることを知る。
痩せる魔法を知っているゲドという男を探すことになった。彼は元々宮廷魔術師
だったが、結構なエロ男だったため追放されていたのだった。
さっそくゲドを連れ戻し、王女に魔法をかけてみたが失敗。結局一行が王女の
体内に入って魔物を退治し解決。セラピの枕を手に入れた。

セラピの枕を使い大賢樹の記憶に入り込んだ一行は記憶を喰らう魔物を退治し
記憶を取り戻させることに成功。ゲイト村の木々が枯れたのは何者かが自然の力を
吸収しているのが原因だという。ひとまう大樹海を抜けて南へ行くよう言われた。
途中風のシャーマン・スプーナを合体小屋に送りつつ南へ行くとファマ村に着いた。
ここはランドの故郷で、ランドの家に行くと母親に畑を耕すよう言われたので
一仕事していた。その頃母親はエバ教徒の教会を建てるために土地をくれという
要求を拒否していた。母親はナマンダ教を信仰していたためだ。それはともかく
仕事を終わらせたら今度はナマンダ寺院にお祈りしてくるよう言われ寺院へ。
戻ってくるとランドの母親がおらず、エバ教徒は土地を譲ってもらったと言っていた。

574 :ブレスオブファイア2:04/03/12 17:59 ID:sDIIg0dn
母親はエバ教徒にさらわれたと判断した一行はエバ大教会に乗り込もうとしたが、
大教会は高い山に囲まれており今までの移動手段では行くことができない。
そこでニーナは大鳥になる能力を身につけるべくウィンディア城に向かった。
城での試練を乗り越え翼の証を手に入れたニーナ。しかしミイナがそれを持ち出し
大鳥化の儀式を行ってしまった。ミイナは姉の役に立ちたかったのだった。
大鳥に乗ってエバ大教会のある町・エブライに来た一行。しかし信者でない一行は
教会に入ることができず困っていたところ、エバ教へのレジスタンス活動を行う
クラリスという人にレジスタンス本部があるコットの砦に行くよう言われた。
レジスタンスのリーダー・ティガと協力し、大教会に攻め込む準備を整える一行。
そんな中、リンプーに惚れたティガに勝負を挑まれリュウはあえて敗れた。

一旦リンプーは仲間から外れ、大教会を襲撃した。しかし教祖バハルクの力で
別働隊のティガとクラリスが殺されてしまった。光のシャーマン・セイニィを小屋送りにした後、
地下牢でランドの母親を救出したがバハルクの仕掛けた罠にはまり母親は殺されてしまった。
目の前で母を見殺しにされ号泣するランド。そして一行の前に立ちはだかったのは、
かつて共に戦ったエバ教徒・レイだった。彼はリュウと同じ竜族の末裔で、その力を
解放し巨竜となってリュウに襲い掛かってきた。強烈なブレス攻撃の中、リュウの力が
解放され、究極竜・カイザードラゴンとなったリュウはカイザーブレスでレイを滅殺する。
大教会最深部に辿り着いた一行だったが、結局バハルクには逃げられてしまう。
そして、エバ教が作ったと思われるエバ神復活装置を破壊すると、大教会は爆発、
崩壊していった。

ゲイト村の丘に向かったところ、村民が竜のいる崖に爆弾をしかけていた。木々が
枯れたのはこの竜が原因だと思ったらしい。そして竜がどかされると、崖の間から
凄まじい数の異形の魔物たちが飛び出して来た。竜は魔界との通路を塞いでいたのだった。
ゲイト村に新しく来た神父はパティがこの竜のことを知っているから探して欲しいと
言うので、廃墟改め共同体に住み着いていたパティを連れてきたところ、神父は
パティを生贄に魔界との通路を完全に開くと言い出した。神父に偽装していたバハルクを
成敗した一行はパティがリュウの妹・ユアであることに気付き、再会を喜んだ。
そして魔界へ赴き災厄の元凶を絶つため、一行は通路を進んでいった。

575 :ブレスオブファイア2:04/03/12 18:00 ID:sDIIg0dn
内部は大規模なダンジョンになっており、無限の塔と言われている。魔のシャーマンを
小屋送りにしつつ潜っていくと、竜族が住む村・ドラグニールに到着した。ここで
リュウは、自分は竜族の女性バレリーと人間の男ガナーの子供であり、バレリーは
巨竜となってずっと魔界と地上の通路を塞いできていたことがわかった。さらに奥へ
進む一行。そしてダンジョンの奥で、暗闇の中聞き覚えのある声がした。幼い頃
リュウ達を殺さなかった魔物・バルバロイは今こそ決着の時と、リュウと一騎討ちをする。
使命の子と最高の戦いができたと満足し、バルバロイは息絶えた。

そして最深部にて、一行は邪神デスエバンと対峙した。デスエバンの強力な力で
クリスタルに閉じ込められ砕かれていく仲間たち。リュウはクリスタルからは脱出したものの
金縛りにかけられ、仲間が砕けていくのを見ていることしかできなかった。その後
呪縛を打ち砕き、リュウは単身デスエバンに特攻した。そしてリュウはアンフィニを発動、
力の全てを開放した。

リュウの心に、仲間たちのことが思い浮かんだ…
リュウは、竜族のことを思った…
リュウは、世界を思った…
リュウには、共に戦う仲間と守るべき世界があった…

仲間たちが復活。リュウは使命を果たすべき時が来たことを知った。
戦闘開始。終冬。「滅びの夢を見よう…」デスエバンが消え去り、地上に帰る一行。
しかしリュウは思い出していた、途中ドラグニールで言われた竜賢人の言葉を。
「よくぞ我ら竜族の宿願を果たしてくれた…伝説通り邪神は砕け散ったのだな?」
しかし、あの時デスエバンは砕けはしなかった。消え去っただけだった…
デスエバンは再び眠りについたに過ぎないとわかった時、自分の使命を果たすため
リュウは母と同じように巨竜となって魔界との通路を塞ぎ、いつか現れる宿命の子を
待ち続けるべく眠りについた。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 18:01 ID:sDIIg0dn
おしまい

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 18:26 ID:r+h6G14O
>>570-575
ブレスオブファイア2の神様!
乙!
待ってました。
全部やってても、ずいぶんと忘れてるもんだな。
ありがd

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 18:42 ID:Vus8fKNK
だれか鬼武者3よろしくおねがいします

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 18:59 ID:rEt5zJt6
ブレス2なんですけれど、リュウの父を助けていればエンディングで共同体を使い
魔界の通路を塞いでくれる、でいいんですよね?

580 :15:04/03/12 19:26 ID:eiVJLMYK
2・3番外編の書き込みの前に背景を…

2の番外編は最初の護衛獣召喚の際、1に登場したモナティが召喚されます。物語は途中まで本編と殆ど同じストーリーが進み、物語の佳境で誓約者ルートに入ります。いわば2番外編は2本編のパラレルワールドのような位置付けと思われます。

3番外編は2から一年後の話となっており、時系列としては

3─(約20年)→1―(約1年)→2─(約1年)→3番外編

となっております(多分)。

581 :2番外編@:04/03/12 19:44 ID:eiVJLMYK
主人公は召喚師の試験の際、術を暴走させてしまう。…失敗か…と諦めかけたが、そこにはモナティが召喚されていた。主人公は彼女を何とか言いくるめ、試験をパスする。
試験は乗り切ったものの、モナティをどうするかという厄介な問題が残ってしまった。ネスティの話によると主人公の起こした暴走は二重誓約と呼ばれているもので、マスターがいるにも関わらず新たに誓約が上書きされてしまうという現象である。
モナティのマスター(1主人公)がいるのは聖王国の辺境サイジェント。首都ゼラムからそこへ行くだけでかなりの時間がかかってしまう。任務の事もあり、それは不可能なことであった。
主人公はサイジェントへ行くまでの期限付きでモナティに護衛獣をやってもらうことにした。

582 :サモンナイト2番外編A:04/03/12 19:56 ID:eiVJLMYK
話は本編と殆ど同じ筋道を通る。ただ、モナティと面識のある人物が多々いるのでそれらの人々との掛け合いが見られる。
ギブソン&ミモザと再会して一年前の出来事を懐かしみ、カザミネには相変わらずタヌキ娘と馬鹿にされて怒ったり、隠密行動中のシオンに無視されてヘソを曲げたり…
それ以外は禁忌の森でクレスメントの遺跡を発見するまで本編と殆ど同じ道を辿る。

583 :サモンナイト2番外編B:04/03/12 20:17 ID:eiVJLMYK
自分の出生を知り、殻に閉じ篭る主人公を叱咤したのはモナティであった。彼女は事態を打開するために自分の本来のマスターである誓約者に助力を求めようと提案した。
一年前の「無色の反乱」。それを鎮圧したのは名も無き世界から召喚された少年(少女)であり、誓約者として目覚めたことから派閥関係者から「エルゴの再来」とも言われていた。
しかし、事件は隠蔽され、事実を知るのはごく一握りである。その背景には派閥の面子やら政治的なものやら複雑な事情(?)が絡んでいたらしい。

長い船旅を経てサイジェントへ到着。モナティはフラットの面々と再会した。しかしその再会を喜ぶ暇もなく、デグレアの旅団が襲いかかる。司令官ルヴァイドは何かに取りつかれたようで明らかに様子がおかしい。

584 :オブファイア2:04/03/12 20:19 ID:iy2tql3j
グッドエンドと大鳥化について勝手に補足

・大鳥化
ニーナがやろうとしていたのにミイナが行ってしまった大鳥化の儀式は
飛翼族が本来持っていた大鳥化の能力を取り戻すための儀式。過去の飛翼族は
皆自由に大鳥に変じ、また元の(人間的な)姿に戻る事もできたのだがブレス1の
ニーナ(2のニーナ・ミイナ姉妹の先祖)が他の種族の男(ブレス1のリュウ?)と結ばれたために
能力が退化し現在では一度大鳥化すると二度と元の姿には戻れない上、知能も普通の鳥並に
そしてそれまで生きてきた人としての記憶も無くし、完全に鳥になってしまうという代物
つまりミイナはこのままずっと鳥として生きていく事になる
#余談:大鳥はゲイト村で魔界への通路が開かれてしまうと全く使えなくなってミイナカワイソウ

・グッドエンド
エバ教の総本山、大教会の地下のエバ神復活装置に繋がれている男がおり、ここで装置のみを
破壊して男を救出すると幼い頃に妹と共に行方不明になったリュウの父親、ガナーである事がわかる

また、元廃墟だった共同体の地下には正体不明の装置があり、機械に詳しい
エイチチというエェ乳した女性とガナーの二人が揃うと装置が復活、共同体は浮上し空飛ぶ街となる

その上で魔界へと向かいデスエバンを倒すと、リュウが地上へ戻りデスエバンが
完全に消滅したわけでは無いと悟り、母と同じ道を選択しようとした時に
空飛ぶ共同体がかっ飛んでくる(飛ばしているのはガナー)
そして魔界への通路をリュウ変じた巨竜ではなく、共同体で塞いでED


585 :584:04/03/12 20:20 ID:iy2tql3j
うわ、割り込み申し訳ない、終わったかと思ってた…
あとタイトル「ブレスオブファイア2」です。重ね重ねスマソ

586 :サモンナイト番外編C:04/03/12 20:30 ID:eiVJLMYK
イオスの呼びかけで正気を取り戻すルヴァイド。彼等はデグレアの実情を話す。デグレアはレイムと三人の召喚師に牛耳られ、聖王国との戦争にひた走っていることを。
事態を重く見たフラットの面々は自領を攻められ、面子を潰されて怒り心頭のイムランや守備隊長キムランも加え、ゼラムへ向かった。
ゼラムへ戻ると、国は臨戦体制に入っていた。国王が正式にデグレアへ宣戦布告をし、戦争に突入していたのだ。主人公一行はレイム達の目的がクレスメントの遺跡であることを突き止めると禁忌の森へ向かった。
森ではレイムや三人の召喚師が遺跡に細工をし、機能を手に入れようとしていた。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 20:34 ID:dag6TffQ
俺が書いたのバッドEDってわけではないんだけどね…
個人的に好きだったED書いたょ。
ちなみにバハルクを殺した後、再び母巨竜に扉を封じてもらうのが
バッドED。

588 :サモンナイト2番外編D:04/03/12 20:46 ID:eiVJLMYK
遺跡に着くとレイム、三人の召喚師は悪魔としての本性を現し、襲いかかってくる。それらを撃退し、誓約者・調律者・セルボルトらによってメルギトスを封印する。メルギトスは最後に「また会いましょう」と不気味な言葉を残し、消えていった。

戦争終結後、主人公とモナティとの別れの時がやってきた。本来のマスター・1主人公と一緒にサイジェントへと帰っていった。
護衛獣を失った主人公。そこへ異性パートナーが慰めるのであった。

―了―

589 :サモンナイト3番外編@:04/03/12 21:08 ID:eiVJLMYK
聖王国において召喚師は蒼の派閥、金の派閥があり、派閥設立のいきさつから両者は長年深刻な対立関係にあった。
しかし、聖王国・デグレア間の戦争がきっかけで両者の関係は改善の兆しを見せ始めていた。
クレスメントの遺跡がメルギトスに支配されたいきさつから両派閥は遺跡の危険性を認識。各派閥の長、エクスとファミィの命により合同チームを結成し、遺跡の調査をすることになった。
★調査団メンバー
2主人公(蒼)
護衛獣
ネスティ(蒼)
アメル
ミニス(金)
ケルマ(金)
フォルテ
ケイナ
ロッカ
リューグ
モーリン
パッフェル
メイメイ
ジャキーニ

対象となる遺跡はかつて無色の派閥がエルゴの王を生み出そうとした遺跡で3の舞台となった島である

590 :サモンナイト3番外編A:04/03/12 21:23 ID:eiVJLMYK
島の調査を始める一行。船に残ったメイメイ、ジャキーニ、パッフェルは各々過去を思い出していた。三人ともこの島にいたことがあるのだ。
メイメイはここで居を構え、商売をしていたことがある。ジャキーニはここへ遭難し、同じく遭難していた対立グループと抗争を繰り広げた。部下の一人はこの島の女性と恋に落ち、島に残った。
だが、パッフェルほどこの島に強い思い入れを持つものはいないであろう。彼女はこの島に来たことが人生の大きな転換点となったからだ。
一方、主人公一行は島の住人に侵入者と思われ、襲撃を受けてしまう(住人が外から来る者に過剰反応をする理由は本編参照)。

591 :サモンナイト3番外編B:04/03/12 21:49 ID:eiVJLMYK
あわや全面衝突というところで3生徒が事態を収集する。島の住人は無色の派閥や帝国の軍人に手ひどい仕打ちを受けたため、外から来る者には警戒感を抱いてしまうのだ。
2主人公一行も事情を説明し、遺跡の調査の協力を取り付ける。


2主人公は島を散策していた。仲間たちはあちこちで住民とふれあっている。そんな中、3生徒とパッフェルが話し込んでいる姿が目に入る。

パッフェルには悲しい過去があった。彼女はかつて無色の派閥の暗殺者ヘイゼルとして物心の付いた頃から多くの人を命令のまま害してきた。当然、この島で遺跡の制圧の任務が課せられた時も多くの人を殺していた。
この島で深手を負い、仲間から見捨てられ、自暴自棄になっていた自分を救ったのが先生(3主人公)であり、彼女にとってはかけがえのない恩人である。

ちなみに先生は護人や海賊一家とともに島を出ていて不在である。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 22:08 ID:X6UOLnaq
まとめ職人さんたち乙。
マザー2ならまとめれそうなんで今うぷしてる人が一区切りついたら投下します。

593 :サモンナイト3番外編C:04/03/12 22:08 ID:eiVJLMYK
島に突如として異変が起きる。謎の影が発生し、住民を襲い始めたのだ。一行は3生徒と協力し、事態の収集に動き出す。どうやら発生源は遺跡の様である。
遺跡に棲み付く影を一掃し、最深部に至ると一行は聞き慣れた声を聞く。レイム=メルギトス。彼は滅んだはずであるが、バラバラになった意識の一部が遺跡に取り付いてしまったらしい。
クレスメントの血を引く2主人公、ライルの末裔ネスティ、アルミネの転生であるアメル、実力を発揮した護衛獣、そして抜剣者として覚醒していた3生徒によりメルギトスの破片を破壊する。


調査も終わり、島を出発する調査団。船が島から離れる一方で島に向かう船とすれ違う。先生が島に戻って来たのだ。パッフェルは甲板に出ると一心不乱に先生の名を呼ぶのであった。

―了―

補足
・島では時間の流れが遅く、住人は3の時間からあまり年を取っていない
・パッフェルはメイメイに傷を治してもらった際、若返ったらしい

594 :15:04/03/12 22:16 ID:eiVJLMYK
>>585
こちらこそ時間がかかってすまん。携帯じゃこれが精一杯だから…。

それでは名無しに戻ります

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 22:34 ID:XjOAEyAf
そろそろ容量がやばくないか?
現在468KB

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 23:19 ID:0ISOssU+
本当だな。まじでヤバい。次スレは新作ネタバレのトリップを忘れないようにしてくれ。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 23:33 ID:0ISOssU+
試しに立ててみようと思う。まだ少し容量余裕あるよな?一応、テンプレみたいなもの作らないか?

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 23:45 ID:dag6TffQ
次スレもここでおk?

599 :テンプレ1:04/03/12 23:58 ID:0ISOssU+
ここでいいでしょ。テンプレ軽く作ってみた。なにか修正、付け加えたいのがあったら頼む。

自分でやるのが面倒だけどストーリーが知りたい、という
ゲームのストーリーを教えてもらうスレです。

515 ◆A.ilTwwjjQ さんが作った今までのまとめサイト
http://storyteller515.hp.infoseek.co.jp/

まずこちらで既出かどうか調べてからリクしましょう。

前スレ
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1077619823/l10
前々スレ
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1072109254/

発売したばかりの新作について語る際は名前欄に
タイトルと新作ネタバレ用の共有トリップの #新作ネタバレ をつけて下さい。


600 :テンプレ2:04/03/13 00:06 ID:oM2E2WdD
ストーリーを書いてくれる方へのお願い。

・要望に出ているゲームのストーリーはどんどん書いて下さい。 
 ただ要望に出ていないものは敬遠される傾向にあります。レスは期待しないで下さい。それでも良いというならどうぞ。
・この板は一般板なので18禁のゲームのストーリーの要望、紹介はご遠慮下さい。
・時間を置いて数回に分けて投稿する際には、最後に「続く」と御書き下さい。そうする事でストーリーの投稿の混交を防げます。
・これを書こう、と思われた際は「○○○○を書きたい」と意志表明し、予約していただけると、投稿の重複が防げて大変ありがたいです。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:12 ID:oM2E2WdD
問題ないなら0:45分頃にスレたてに挑戦します

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:18 ID:9dVE3oBc
新作とリップをつける基準でどれくらい?
個人的には上に出ているグローランサー4(去年11月発売)や
ワイルドアームズF(同期)もまだ新作扱いだと思うんだが。

603 :魔神転生II 〜SPIRAL NEMESYS〜:04/03/13 00:20 ID:Q4ZaC+JZ
[Chaptor1 1996 TOKYO]
1995年、東京は悪魔を指揮する男によって占領され、新たな支配体制の元に置かれた。
その1年後、主人公ナオキは、1年前に事故によって死亡したという
両親の死の真相を探るためにパルチザンに志願する。
そしてパルチザンのメンバー(トモハルとカオル)らと共に
悪魔から東京を解放する戦いに参加する。

渋谷を解放したナオキは、次に目黒技研(一年前の事故現場)向かった。
そこは悪魔の巣窟になっていただけで、何の情報も得られなかったが、
そこで謎の女(カレン)と出会う。カレンはナオキにある人から預かったというプログラム
"D.I.O."を手渡し、「あなたにはそれを使う資格と義務がある」という言葉を残し立ち去る。
そのころパルチザンの本部が悪魔集団に奇襲されたとの報が入る。
本部に戻るがと既に壊滅状態になっており、
さらに悪魔集団を操る男オギワラがナオキ達の前に立ちふさがる。
カオルはナオキを逃がすために一人オギワラに戦いを挑む…

ちりぢりになりながらもなんとか逃げ延びたナオキは、
池袋近くの公園で一人の女の子に出会う。彼女(アヤ)はトモハルの妹であり、
パルチザン本部から行方不明になったトモハルを一緒に探すことになる。

以前カレンからもらったプログラムD.I.O.を起動してみると、
それは悪魔と交渉や召喚を行うためのものであることが判明、
D.I.O.を駆使して悪魔の群れを撃退する。

そうして各都市を悪魔から解放してゆき、二人は敵の本営が置かれているという
永田町までたどり着く。本営に潜入しそこを守るボスこそ倒したが、そこにはオギワラは居なかった。
疑問を感じつつも、結果的に東京は悪魔軍団から解放された。

だが、ナオキが本営内にある妙な機械に触れたとたん、二人は何処へとワープしてしまう。
気が付くとそこは上野公園。しかし…

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:50 ID:j7W0Tnt+
●未解決分
■PS2 ・鋼の錬金術師-翔べない天使- ・スーパーロボット大戦スクランブルコマンダー
・ライゼリート ・カオスレギオン ・スペクトラルソウルズ ・ブラックマトリクス2 ・鬼武者3
・デビルメイクライ2 ・ラピュセル ・フェイスパラドックス ・ウイニングイレブン7
■PS ・里見の謎 ・クロックタワー3 ・聖刻1092 操兵伝 ・ブラックマトリクス ・クーデルカ
・フロントミッション2 ・フロントミッション3 ・テイルズオブエターニア ・エンドセクター
・魔道物語(ぷよぷよ) ・ビヨンドザビヨンド・レジェントオブドラグーン ・だんじょん商店街
・新世代ロボット戦記ブレイブサーガ ・聖剣伝説レジェンドオブマナ ・エクサフォーム
■GC ・バイオハザード0 ・ファンタシースターオンライン3
■SFC ・ラストバイブル3 ・ダークハーフ ・ウィザードリィ5 ・ウィザードリィ6
・伝説のオウガバトル ・ダークキングダム ・ルドラの秘宝 ・トレジャーハンターG ・FF4
・超魔法大陸ウォズ ・ロマンシングサガ2 ・ブレスオブファイア ・イデアの日
■FC ・ドラえもんギガゾンビの逆襲 ・太陽の神殿 ・ボディコンクエスト
・ミネルバトンサーガ ラゴンの復活
■セガ系  ・「真・女神転生デビルサマナー」 ・女剣士アスカ見参! ・サイバードール
・ファンタシースターオンライン2 ・シャイニングウィズダム
■携帯機 ・テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン ・アークザラッド 機神復活
・オウガバトル外伝 ゼノビアの皇子 ・タクティクスオウガ外伝 ・ONI ・ONI2 ・ONI4 ・ONI5
■その他 ・剣神ドラゴンクエスト ・OTOGI〜百鬼討伐絵巻(XBox) ・田中の夢物語
・ダイナソア 〜リザレクション〜(PCゲー) ・スーパーロボット大戦64(64)

●途中
■現スレ ・エクソダスギルティー(結末) ・かまいたちの夜2 ・ジャングルウォーズ2
・ブレスオブファイア3 ・ブレスオブファイア4 ・ヘラクレスの栄光4 ・FF5 ・.hack
・「真・女神転生V nocturne マニアクス」(追加シナリオ) ・ラグランジュポイント
・FF10-2(幻ED、隠ダンのトレマ会話) ・グローランサー4 ・BAROQUE ・ONI3(四章〜)
・シャドウオブメモリーズ ・戦国サイバー藤丸地獄変 ・サーカディア ・マザー2 ・真女神転生2
■Part3から放置  ・アンリミテッドサガ(キャッシュ編、アーミック編以外) ・ジルオール
・バテンカイトス ・デビルメイクライ ・グランディア ・ロマンシングサガ(WCだけの話)
・東京魔人学園符咒封録 ・FE紋章の謎
■それ以前から放置 ・ミッシングパーツ ・デュープリズム ・サモンナイト(カルマルート)
・ジェネレーションオブカオス ・FF8 ・HOSHIGAMI〜沈みゆく蒼き大地〜
●執筆予告がある物 ・ラングリッサー2 ・天使の詩2 ・真女神転生
●すべての謎が明らかになるまで永久に未完成 ・カオスシード ・ガンパレ
●題名不明
「主人公がEDで死亡、その後シリーズの1に戻って実は無限ループだったと言うオチ」というゲーム

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 00:55 ID:oM2E2WdD
立てたよ。移動宜しく
http://game5.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1079106441/2n-

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 01:09 ID:3NQxVkGL
>>602
半年くらいでいいんじゃない?


607 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 02:03 ID:NpN9tCW3
あ〜見るの遅かった。テンプレ改行してくれって書きたかったが…

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 03:17 ID:sE9IC2Zc
>>559
DDS2最大の謎だ
一つだけわかるのは、「中島がデビルバスターを造った」ということだけだな…
その中に入っていた「魔王パズス」が中島の仕業なのかどうかは不明

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 10:23 ID:9kpT23O2
前スレで、アカギスフィア書いた人です。
FF10-2幻EDとトレマの会話もついでに書こうかと思ってます。
もうちょっと待ってて。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/23 14:19 ID:4xsC54cx
ほしゅ

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/14 17:32 ID:2g+8yfFO
放置age

612 :ブルーフォレスト物語〜風の封印〜:04/04/14 22:52 ID:NtD/xFyl
・幼少時 序章ヴァルエルス編
アトリ「コラ おきなさいヴァルエルス いつまで寝てるの?早く起きなさい」
母アトリの声に、主人公ヴァルエルス(以下ヴァル)は起きた
ヴァル「んん?  もう朝か おはようアトリ」 
主人公は朝っぱらから、母に頼まれ村の神社におにぎりを持ってお供えに行く
神社には偶然にも幼馴染のハールーシャが居た  何か研究の材料の植物を取りに行く予定らしい
山のふもとの神社にお供えを置いた後彼らは、ついでに自分達の好きな場所 風の気持ちい場所裏山の崖っぷちに行く
目的の場所へたどり着いた   そこでハールーシャはヴァルにあることを告白した
ハールーシャ「実は僕、エテルシアに行って文官になりたいんだ。 君は性格も明るく力もあるから
 村の力仕事ができるからに好かれてるけど、僕は少し頭がいいだけで、ちっとも役に立てない
 でも、学問が豊富なエテルシアに行けば、自分のとりえを可能性を十分に発揮できるかもしれない」
ヴァル「・・・ハールーシャ」
ハールーシャ「ま、こんな話はどうでもいいとして、この山に来た理由は、告白だけじゃなくもう一つ
 用事があるんだ。 この山に薬草があるんだけど一緒に探してもらえないかな?」
ヴァルはハールーシャの頼みを受けて、一緒に研究の材料を探しに行く。 しばらくすると
薬草を見つけることができた。 少し高い位置に生えていて手が届かなく手こずったけど
ようやく手にいれることができた・・・・。  しかし、後ろを振り返ると!
ゴブリン「ぐへへ こんなところにがおいしそうな人間の子供が2匹もいるぞ」
なんと邪悪なゴブリンたちにいつの間にか囲まれていた 
ヴァルは自分だけ逃げようとした。 ハールーシャ「あ! ヴァル!」
しかし、すばやくゴブリンはヴァルを捕まえた
ゴブリン「くく・・無駄だ  お前らはここで食い殺されるんだ!」
ハールーシャ「ひっ・・・!」 だがその時ヴァルの体が激しく光った
ヴァル「食い殺される・・・? 殺す?  」
その瞬間ヴァルの髪は鮮やかな青色染まり目の色も赤に変わった 
ヴァル「殺すだと?  この俺を?ふふ面白い」
変身したヴァルはいとも簡単にゴブリンを殺してしまった。
ヴァル「お前弱いくせに生意気なんだよ」   なんとヴァルは次々と鬼のようにゴブリンを
殺し、殲滅した。  そしてヴァルは無言でハールーシャに顔を向けた
ハールーシャ「う、うわぁあぁぁ〜〜〜〜」


ヴァルエルス幼少編 終わり

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/14 23:17 ID:ziwp6JWO
>>612 乙。でもこっち古いスレ・・・ってしかもpart4じゃないか

479 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)